1. TOP
  2. 妊娠12週目、つわりは?流産は?お腹の大きさやエコーの様子は?

妊娠12週目、つわりは?流産は?お腹の大きさやエコーの様子は?

 2017/03/29 妊娠
 

徐々に体調も落ち着きだす妊娠11週目を過ぎ、妊娠12週目も入るとどのように過ごしたら良いのか?気になる妊婦さんも多いかと思います。

お腹がふくらみはじめる妊娠12週目は、赤ちゃんの成長を実感し母親としての自覚もより強く感じる時期。ですがそれとともに、ダウン症や流産などのリスクについても常に念頭に置かなければならない時期でもあります。

そこで今回は、妊娠12週目の妊婦さんに向けて、お腹の赤ちゃんの成長具合やつわりの状況、この時期に心がけたい過ごし方などをお伝えします。

好きなところから読めます

妊娠12週目、お腹の赤ちゃんの大きさ・成長具合は?

妊娠12週目はお腹の赤ちゃんの成長とともにお腹のふらみも11週目よりもさらに目立ってきます。この時期のお腹の赤ちゃんの大きさは60~70mmほど、体重は約15~20gまで成長します。赤ちゃんの成長ペースは1日約1.5mmでしたが、妊娠12週目からは少し緩やかになります。

各器官については、重要臓器の心臓、腎臓、肺、脳などの機能し始めている器官に加えて、肝臓、脾臓などの消化器官も機能が開始されます。また、鼻と口から肺までの気管や膀胱が発達するため、羊水を飲んでは排泄という呼吸の練習が繰り返し行われるようになります。この動作はお口をパクパクとさせるため、まるで呼吸をしているかのように見えます。なお、この時期には声帯はすでに生成されているので産まれた後に泣く準備はできています。

見た目に赤ちゃんっぽさが出てくる

また、妊娠12週目は見た目に赤ちゃんぽさが出てくる時期です。眉毛やまつげ、産毛なども生えてきて透明だった皮膚も不透明になり丈夫な皮膚に近づいてくる時期です。

【参考】妊娠12週目のエコーの様子

妊娠12週目のエコーで性別はわかる?

妊娠12週目に入ると性器の形成が始まっている時期なので早い人だとエコーで性別を確認することができます。ただし、基本的に性別の確認はエコーでの目視のため、赤ちゃんの向きや体勢によって性器が隠れて見えないことがあります。そのため、一般的にはハッキリとした性別の確定ができるのは妊娠18~19週くらいと言われています。

妊娠12週目のエコーでダウン症の有無はわかる?

妊娠12週目のエコーでダウン症の有無を判断する場合には浮腫と言われるむくみなどを見ますが、詳しく判断できるのはまだ難しい段階。体の部位はほとんど作られていますがエコーでは赤ちゃんの体勢や大きさの測定にも誤差が出ますのでエコーだけでは生まれてみないと分からないというのが実情です。

ダウン症の場合は首に厚みが出る傾向があり、厚みによっては確率が10倍になるとされています。ですが、妊娠12週目では首が太くても健常な赤ちゃんが生まれることが多いようです。

首の厚みが大きいほどダウン症などの染色体異常や心臓の奇形などの可能性が高くなるとされています。また、この時期にクアトロマーカー検査などの血液検査を受けると、ダウン症の確率が分かりますが、妊婦さんの年齢によっては羊水検査が薦められることがあります。

エコーでは頸部浮腫が10週~11週頃に観察されますが、厚みが3mm以上だとダウン症のリスクが高くなります。この頸部浮腫は13週以降から小さくなる性質があるため、12~13週の時期に計っておかないと後に調べることが難しくなります。奇形についてはエコーの目視で確認できますが、染色体異常の場合は分からないため、後の15~16週で血液検査でダウン症を含めた4種の遺伝異常のリスクを調べることができます。

羊水検査は、妊娠15週以降にはっきりと調べることができる検査で、羊水から胎児の染色体をチェックします。妊娠週数が上がると分析不成功率も上がります。また、1/300の確率で流産などのリスクがあるので念頭に置く必要があります。

なお、羊水検査は保険がきかないため、費用が15万円程度かかり、検査結果は3週間くらいかかります。もし異常が分かって堕胎の選択をする場合は、中絶できる週数を超える前に受ける必要があります。

妊娠12週目はつわりが落ち着く?基礎体温の低下にも注意

妊娠12週目はつわりが落ち着いてこれまで辛かった諸症状も徐々に治まっていく時期。個人差は多少ありますが、大体の妊婦さんは妊娠12~16週にはつわりが治まると言われています。

なお、つわりが治まる理由は胎盤ができあがるためです。つわりと大きく関係している妊娠によるホルモンバランスの変化が胎盤ができあがることによって治まっていきます。また、胎盤ができあがってつわりが落ち着くと基礎体温も低下するので注意しましょう。

体重管理には注意を

体重増加は母体や胎児への負担が大きくなるため体重管理には気をつけましょう。とくにつわりが落ち着くとそれまでの反動で食欲が増え必要以上に食べてしまうことで体重増加につながることもありますので注意が必要です。

例えば、大きくなった子宮を支えるために必要なホルモン「リラキシン」は関節を緩める作用もあるため、体重が増えすぎると腰痛のリスクが高くなります。しかも、これからお腹が大きくなると寝返りがうちにくくなるので腰痛を悪化させやすくなります。

食べ過ぎには十分に注意して、つわりが落ち着いてきたら適度な運動を心掛けて体重増加を防ぎましょう。

妊娠12週目に入ると流産の確率は減りはじめる?

妊娠12週目に入ると流産の確率は減ると言われていますが絶対に流産しないわけではありません。この時期からの流産は、確率は低いですが妊婦さん全体の約1.6%の割合で起きることがあるといわれてます。

腹痛や出血には注意を

妊娠12週目に腹痛や出血などが見られる場合は流産が起こるリスクがあるため注意が必要です。

妊娠12週未満の初期流産は、胎児側の問題で起きることが多いですが、妊娠12週目以降からは母体側の問題で起こりやすくなると言われています。その原因の多くは、子宮奇形や絨毛膜羊膜炎、子宮頸管無力症などが考えられています。事前に検査を受けることで流産のリスクを減らすことができるので、腹痛や出血などの異変に気づいたら早めにかかっているお医者様に診てもらってください。

感染症には気をつけよう

妊娠中はお腹の赤ちゃんを攻撃しないために、一時的に母体の免疫力が低下している状態。そのため、カンジダや性器ヘルペス、性器クラミジアなどの感染症には特に気をつける必要があります。

感染症にかかると流産や早産、出産時の感染など母子ともに危険が及びます。また、その他気をつけなくてはいけない感染症は以下のような種類があります。

  • B型肝炎ウイルス
  • C型肝炎ウイルス
  • 梅毒
  • 風疹
  • はしか
  • 水疱瘡
  • トキソプラズマ
  • りんご病
  • リステリア菌
  • 尖圭コンジローマ
  • 淋病
  • HIV感染症
  • HTLV-1

など。

感染にかかると重大なトラブルに繋がることも多いです。そのため、おりものが多い、かゆみなどの異変がある場合は早めに医師に相談するようにしてください。定期検診を受けることで見つかるケースもありますので、定期的に検診は受けるようにして予防に努めましょう。

万が一、中絶しなくてはいけないときは?

妊娠12週からの中絶は中期中絶になり妊娠22週未満なら可能になります。手術方法は後期流産と同じ掻爬手術で、手続きについても同様です。費用については病院によって差はありますが20~50万円くらい掛かります。妊娠週数が進んでいるほど費用は高くなり、母体へのリスクも高くなる傾向があります。

ですが、当然ながら中絶せずに無事出産するのが一番ですので、この時期は妊婦さん自身はもちろん、お腹の赤ちゃんにとっても健康的な生活を過ごしていけるよう心がけてください。

妊娠12週目の妊婦さんにかかりやすい変化や症状

妊娠12週目に妊婦さんに起こりうる様々な変化や症状をご紹介します。

お腹のふくらみがよりわかりやすく

個人差はありますがお腹がふくらみはよりわかりやすくなります。事前にマタニティウェアやマタニティーブラなどを準備しておくと、きつく感じたときにすぐ着用することができます。マタニティウェアの代用としてワンサイズ大きいウェアを着ても大丈夫です。

関連記事:マタニティインナー(下着)の選び方・おすすめ通販店舗を総まとめ

関連記事:【選び方から解説】マタニティルームウェアのおすすめ20選。

 

胎盤が完成してくる

妊娠12週目から胎盤が完成しはじめる時期で、妊娠15週までにはほとんどの妊婦さんは完成します。胎盤が完成すると胎盤を通じて赤ちゃんに栄養が渡るようになります。また、一定の分子量を超える成分を遮断するフィルターの役割も果たします。

この時期に注意しないといけないのが喫煙やアルコール類の飲み物。アルコールやニコチンなどの成分は分子量が小さいため、胎盤を通じて赤ちゃんに届いてしまいます。これらの成分は赤ちゃんにとって有害です。妊娠中は禁煙、禁酒の生活を努めましょう。

子宮が大きくなり、子宮底長が測れるように

この時期は子宮が大きくなり子宮底長が測れるようになります。子宮底長は妊婦さんにとってのお腹のふくらみの一番上の部分で、逆さになっている赤ちゃんにとっての底の部分から恥骨までの長さのことを言います。子宮底長を計ることによって妊娠週数の確認や赤ちゃんの発達具合が分かります。

なお、今はエコーで大きさが測れるため最近は子宮底長を測らない病院もあります。

肌トラブルやかゆみなど

妊娠すると新陳代謝が活発になり皮脂が過剰に分泌されるためニキビなどの肌トラブルやかゆみなども起きやすくなります。ですから、お風呂に毎日入るようにして清潔を保つように心掛けてください。また併せて、女性ホルモンの色素沈着作用によって乳首や乳輪が黒ずんだり顔や肌などにシミができやすくなります。

ニキビを治す薬の中には妊娠中は使えない成分が含まれていることがあるので注意が必要です。この時期に起きる肌トラブルは、出産後には元に戻りますので、あまり気にせず過ごしましょう。

関連記事:突然、妊娠中に増え出す『背中ニキビ』の原因と対策7選。

 

トイレが近くなる

子宮が大きくなるこの時期は、膀胱が圧迫されることによってトイレが近くなることがあります。トイレを我慢しすぎると膀胱炎につながりますので我慢しないようにしてください。

頭痛

妊娠12週目は、つわりが治まっても代わりに頭痛で悩まされる妊婦さんが多くなる時期。頭痛が酷いときは横になったりお仕事をしている方は休むようにしましょう。また、市販の薬も飲まないようにしてください。薬が必要な際はかかりつけの病院に連絡をして先生に診てもらって妊婦さんが飲んでも安心できるお薬を処方してもらいましょう。

なお、湿布や塗り薬でしのぐこともできるようですが、偏頭痛は冷やす、緊張型頭痛は温める、というように症状によって用途が逆になるので注意してください。

鉄欠乏性貧血

妊娠中は胎盤を通じて多くの鉄分がお腹の赤ちゃんの発育に使われるため鉄欠乏性貧血になりやすくなります。鉄欠乏性貧血にかかるとめまいや動悸などの症状が現れるので、鉄分不足にならないように気をつけましょう。食事だけでは補えない場合は、鉄分サプリなどを活用したり、医師より鉄剤などを処方してもらって鉄分を補給しましょう。

関連記事:妊娠中に鉄分サプリメントを摂取するのがおすすめの7つの理由

関連記事:妊婦の鉄分不足に注意!起こりうる症状・影響と鉄分補給方法まとめ

 

妊娠12週目で心がけたい過ごし方15選

1.食生活に注意を

つわりが治まると、食欲が出てきて食べ過ぎてしまう傾向があります。摂取した栄養はお腹の赤ちゃんへ胎盤を通じて送られて、成長のために使われます。栄養が偏ると赤ちゃんの発育に影響が出ることがあるので、バランスの良い食生活を心掛けましょう。赤ちゃんの発育のために摂取したい栄養素は、「たんぱく質」「カルシウム」「鉄分」「葉酸」などです。

関連記事:妊娠中の栄養補給はお腹の子ども影響する。【母子の栄養補給対策】

 

また、身体を冷やさないことも大事ですので、温野菜やスープ、生姜などを取り入れた食事をとるなどの工夫もしていきましょう。なお、つわりで十分に栄養が摂れない場合はサプリメントを活用するのも良い方法になります。

関連記事:妊娠中におすすめ!お腹の赤ちゃんに安心・安全の葉酸サプリ

 

2.お酒(アルコール)・カフェイン・煙草は控える

妊娠12週目は妊娠5~11週目までの重要臓器が作られる器官形成期よりも赤ちゃんへの悪影響は少ない時期。ですが、ヒトとして生活するための器官が全て完成されているわけではありません。お酒やカフェリン、煙草はこの時期も引き続き控えましょう。

3.薬に注意を

薬は市販のものは避けるようにし、妊娠していることを医師に伝えた上で安心できる薬を処方してもらってください。

4.検診回数の変化

妊娠12週目になると検診回数が1~2週間に1回から月1回に変わります。検診回数が月1回になるとお腹の赤ちゃんが心配になるかもしれませんが、周りの人に頼りながら心を落ち着かせて過ごしましょう。

5.出生前診断をうけよう

妊娠12週目に出生前診断を受けると、ダウン症や染色体異常かどうかを調べることができます。

出生前診断の方法は、エコー検査、母体血清マーカーテスト、絨毛検査、羊水検査、NIPTなど種類はいくつかあり、状況によっては診断方法が異なります。出生前診断を受けるかどうかは、ご夫婦によってそれぞれ考え方や受け止め方も変わってきます。

ご夫婦で話し合いをして出生前診断を受けるかどうかを判断し、どんな結果が出ても向き合える気持ちが大切になります。出生前診断を受けるかどうかについてはカウンセリングが受けられる病院もありますのでお悩みなら一度相談してみましょう。費用については、1万~20万円と病院や診断方法によって差があります。

6.無理はしない

妊娠12週目はつわりが治まりはじめる時期ですが、体調はまだ安定していないので無理はしないようにしましょう。疲れたと思ったらすぐに横になって休んだり、体調に変化を感じたら、早めにかかりつけの先生に診てもらってください。

7.子宮が大きくなることで注意したいトラブルは

子宮が大きくなると膀胱を圧迫されるため、頻尿や尿漏れのトラブルが起きやすくなるので注意してください。その他、お腹の赤ちゃんが大きくなると骨盤が広がりその時に増えるホルモンの作用によって腰痛が起きることもあります。また、大きくなった子宮が腸を圧迫することで、下痢や便秘などのトラブルが起きることもあります。

8.お腹を圧迫しない

妊娠12週目は普段から着ている服だとお腹がきつくなってくる時期です。お腹を圧迫している服を着用し続けるとストレスを強く感じてしまう、マタニティウェアなどゆったりした服を着用するようにしましょう。

関連記事:妊婦さん用パジャマの選び方は?おすすめのマタニティパジャマ15選

 

9.寝る姿勢に注意

お腹が大きくなって寝返りがうちにくくなると腰痛を悪化させてしまうため、寝る姿勢には注意しましょう。

寝る姿勢でおすすめは、身体の左側を下にして横になって、右足は軽く曲げ、左足を真っ直ぐに伸ばすシムスの姿勢です。抱き枕があるとこの姿勢をキープしやすいですよ。

また、普段の立っているときと座る姿勢が悪いと腰痛を引き起こしやすくなります。普段の姿勢が悪いことが原因で起きる腰痛の多くは背中の筋力不足によるものです。妊娠が原因で座骨神経痛を発症される妊婦さんも少なくありません。普段の姿勢を正しくするだけでも背中に筋力はつきますし、加えて適度な運動、体重管理を心掛けることで腰痛を防ぐことができます。

10.マタニティインナー(下着)選びを大切に

妊娠12週目のお腹がふくらみはじめる時期はマタニティインナーへの着替えどきです。締めつけ感がなくてゆったりとしたつけ心地ですので、快適に過ごせます。

マタニティインナーを選ぶときの大切なポイントは、伸縮性と吸湿性、保湿性の優れた下着を選ぶこと。妊娠周期が進むと、サイズが合わなくなったりすることがあるため、臨月まで使えることを前提に伸縮性のあるマタニティインナーを選ぶと安心できます。綿100%よりもポリエステルやナイロン、混紡などの素材のほうが伸縮性があるのでおすすめです。吸湿性や保湿性があるマタニティインナーを選んでおくと、妊娠中の冷えや汗をかきやすい時期も安心して過ごせます。

また、安さを重視して選んでしまうと、妊娠周期が進むとサイズが合わなくなったり、洗濯すると糸がほつれたりするなど、なにかと不便です。ですから、なるべく布地や縫製がしっかりとしたものを選ぶようにしましょう。

関連記事:マタニティインナー(下着)の選び方・おすすめ通販店舗を総まとめ

 

11.マタニティブルーに注意

妊娠や産後に不安を感じて気分が落ち込むマタニティブルーもこの時期に起こりがちな現象の一つ。

マタニティブルーはホルモンバランスの乱れによって起きると考えられている症状です。解決方法として、妊娠や出産についての知識を学んだり、周りのママ友や出産経験のある知人に相談してみるといいでしょう。また、マタニティ向けのアロマテラピーなどは女性ホルモンを整える効果が期待できると言われていますので、一度試してみても良いでしょう。

12.妊娠線のケアをしはじめよう

お腹が大きくなる前に妊娠線のケアをはじめておくと予防につながりやすくなります。妊娠12週目はちょうどお腹の大きさにわかりやすい変化が出やすいタイミングですのでぜひこのタイミングで予防ケアを始めてください。お腹が大きくなって皮膚が引き伸ばされると、ひび割れたり赤い筋ができたりします。また、お腹のほかにも乳房や太ももにもできたりすることもあります。

この妊娠線を予防するためには、肌に潤いを与え、柔らかい状態にしておくことが大切になります。そのために、毎日のお風呂上がりにクリームやオイルを塗って保湿するようにしてください。

また、体重増加を緩やかにすることも、妊娠線の予防には大切になります。妊娠線は産後は目立たなくなりますが、完全には消えてくれません。ですが、最小限にくいとめるためにも継続して保湿をしていきましょう。

【参考】保湿・妊娠性予防クリーム『ベルタマザークリーム』

13.もしセックスをするなら

妊娠の経過に問題はなく、腹痛や出血、切迫流産などの心配がなければしても安心です。ですが、精液には子宮を収縮させる成分が含まれているので必ずコンドームを使用しましょう。お腹を圧迫させる激しい動作は避け、お腹が張るなどの違和感がある場合はすぐに中断してください。

14.高齢出産の方はまめに診断を受けることも考慮して

高齢出産の方はリスクが高い傾向にあるためまめに診断を受けることも考慮しておく必要があります。赤ちゃんの健康状態を常に念頭に置いて過ごし、妊娠初期から週に1回は診察を受けるようにしましょう。

関連記事:高齢出産の8つのリスクと注意点。どうやって不安を乗り越える?

 

15.パパにもしっかり相談を

妊娠中の不安や悩みはパパにもしっかり相談してみましょう。男性は頼りにされるとうれしく感じるそうです。体調が悪いかったり疲れているときは、パパに頼って掃除や洗濯などの家事を手伝ってもらってなるべく負担を減らしてください。

健診はパパに付き添ってもらって、一緒にエコーで赤ちゃんを見たり先生の話を聞いたりしてください。すると、父親としての自覚も芽生えてくるので、普段よりも頼れるようになりますよ。もしパパが煙草を吸っている場合は、副流煙が心配になるので、家の中では吸わないように話をしておくと安心できますよ。

まとめ

以上、妊娠12週目の妊婦さんに向け、お腹の赤ちゃんの成長具合やつわりの状況、心掛けたい過ごし方などをお伝えしました。

つわりが落ち着く妊娠12週目、体重管理やバランスの良い食事を心掛けるなど新たな問題と向き合う時期でもあります。もちろん簡単な問題ではありませんが、赤ちゃんに会えるまでパパや周りの人に頼りながら楽しくマタニティライフを過ごしてくださいね。

【参考】

この一週後は「妊娠13週目の症状や心掛けたい過ごし方は?お腹の様子や大きさは?」で紹介しています。

この一週前は「妊娠11週目の症状、お腹の大きさは?つわり・流産・胎児の様子は?」で紹介しています。

 

\ SNSでシェアしよう! /

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

IKURICH編集部

IKURICH編集部

IKURICH編集部です。育児ママの毎日がちょっとでも豊かになるような情報を発信していきます。よろしくお願いいたします。