1. TOP
  2. 妊娠13週目の症状や心掛けたい過ごし方は?お腹の様子や大きさは?

妊娠13週目の症状や心掛けたい過ごし方は?お腹の様子や大きさは?

 2017/04/02 妊娠
 

妊娠12週目を過ぎ、徐々につわりもおさまり過ごしやすくなり始める妊娠13週目。

妊婦さんのお腹の大きさもより顕著になりだし、お腹の赤ちゃんの反応も増えてくる大切な時期です。

そこで今回は、妊娠13週目を迎える妊婦さんに向けてこの時期の適切な過ごし方や注意点、お腹の赤ちゃんの様子などをお伝えします。

 

妊娠13週目、お腹の赤ちゃんの大きさや様子は?

妊娠13週目のお腹の赤ちゃんの大きさは、個人差はありますが20g~40g程度に成長します。なお、赤ちゃんの大きさは、つい平均の大きさと比べてしまうこともあるかと思いますが、今はまだ詳細に分からない時期なのであまり気にし過ぎないです。

他にもこの時期には赤ちゃんの身体の輪郭がしっかりと分かってきて手の指や爪も形成されてきます。なお、内臓の器官はすでに完成していますが、肝臓や脾臓を使って自身で血液を作り出したり、腸の位置が大人と同じ箇所に収まるなど、出産したらすぐに自分だけの力で成長できるように、さらに発達します。

– 反射・反応にも変化が

これまではお口をパクパクさせたり、足を交互に動作させる原始反射が起きていましたが、妊娠13週目には掌握反射と言われるもう一つの反応が見られるようになります。

なお、掌握反射は手に触れた握ろうとしたりする動作のことで、自然にママにしがみつくのもこの動作のおかげなんです。

お腹の中では、握る動作を繰り返し行なったり親指をしゃぶるなど掌握反射の練習をして、外に出た後のための準備をしています。

なお、掌握反射が見られるようになると胎動が感じられるまであと一歩ですので、その時期までもう少し待ちましょうね。

性別はわかる?まだわからない?

妊娠13週目では、女の子は膣や卵巣が作られ、男の子は精巣などが作られます。ですがまだ性別は確定することはできません。

個人差で成長が早いとエコーで生殖器を確認することができることがありますが、足を閉じていたり見る角度によって見えづらいということもあって正確には分からない時期なんですね。

なお、性別がわかるのはもう少し先の赤ちゃんが大きくなる妊娠5ヶ月以降になります。

【参考】エコーでの様子

出典:「妊娠13週1日エコー」YouTube

 

エコーからダウン症かわかる?

なお、ダウン症かどうかはエコーで検査することは可能です。リスクもないため実際に多くの妊婦さんが調べられています。エコーによるダウン症の検査においてよく聞くのがNT(nuchal translucencyの略称)。

NTとはリンパ液が後頭部に溜まってむくんでいる状態のことをいいますが、このリンパ液が高等部に溜まり厚みが3mm以上になっている場合はダウン症の可能性が高くなると言われています。

NTの状態や妊婦さんの年齢によって医師がダウン症の確率がどの程度なのかを判断します。もし、ダウン症の可能性が高いと判断された場合はさらに確実性の高い検査が行われることになります。

NTの厚さの確実性については、ダウン症の可能性が高いと診断されたとしても何も問題がないこともあります。そのため、エコーでNTが厚いと診断されたとしてもあまり気にし過ぎないようにしましょう。

ダウン症の検査の知識やダウン症児に対する正しい理解などは今の段階からでも徐々に深めておくといいでしょう。

妊娠13週目、流産の可能性は?

妊娠13週目は徐々に落ち着いてくるタイミングではありますがまだ安定期前であることには違いありません。そのため、流産の可能性には気を配っておく必要があります。

胎盤が固定されて完成に近づく時期でもあり早期流産のリスクはこれまでと比べかなり減り、母子ともに体調は落ち着きはじめます。

ですが、確率は低いとはいえまだ流産の可能性がありますので油断は禁物、特に気をつけておきたい流産は以下のようなものがありますので、症状と対策をしっかり把握して必要に応じて早めに対処しましょう。

切迫後期流産

流産しかけている状態ですが、赤ちゃんの心拍が確認されていれば妊娠を継続できます。原因は受精卵側の染色体トラブルや母体側の感染症、疾患など様々。症状として、おりものの変化や出血・下腹部の張り・痛みなどが見られます。症状が見られた場合はすぐに病院で診断を受けてください。

後期流産

母体側原因があることが多い流産で、妊娠12週~22週未満に起きる流産のことを後期流産と言います。原因は子宮筋腫や子宮奇形・子宮頸管無力症などが考えられます。お腹の張りや生理時のような出血が見られた場合はすぐに病院で診てもらってください。

いずれの症状も自己判断は危険です。違和感を感じたらすぐに病院で診断を受けて適切な処置をしてもらいましょう。また、痛みを伴わない稽留流産の可能性もありますので定期検診はちゃんと受けるようにしてくださいね。

妊娠13週目は、徐々につわりが落ち着く頃に

妊娠13週目は個人差にもよりますが、徐々につわりが落ち着いてくる時期ですので、つわりの辛い症状に悩まされず、楽に過ごせる日が増えてくるでしょう。

なお、まだつわりが続いている方は安定期の妊娠16週頃になると一層すっきりしてきますので、もう少しだけ頑張っていきましょう。

つわりが落ち着けば妊娠している身体にも慣れてきてストレスも少なくなりますから、今のうちに虫歯の治療などやっておきたいことを予定したり済ましておくといいかと思いますよ。

徐々に妊娠線予防のケアも意識しはじめよう

妊娠13週目を迎えたら妊娠線予防のケアにも意識をむけてみましょう。早めに妊娠線予防のケアをしておくことで、このあと今よりお腹が大きくなってきてもお腹に線ができるのを遅らせたり薄くさせたりと、早めのケアがあとあと役立ちますよ。

【参考】保湿・妊娠性予防クリーム『ベルタマザークリーム』

 

妊娠13週目の妊婦さんに多い症状やこの時期の様子など

お腹のふくらみが顕著に

妊娠13週を迎える頃には、お腹が大きくなったと実感するようになります。お腹が大きくなると普段から着ている服が窮屈に感じるようになり、締めつけでストレスを感じる妊婦さんも少なくありません。

お気に入りの衣類が普段どおり着れなくなりますし、無理に着ると体に負担がかかって余計にストレスを感じるようになってしまいます。マタニティウェアや大きめの服など、ゆったりした服を着るようにしましょう。

関連記事:【選び方から解説】マタニティルームウェアのおすすめ20選。

 

乳房・乳輪の変化や黒ずみなど

妊娠13週目に入ると母親になるための身体の変化として、乳房や乳輪が大きくなり黒ずみが現れてきます。

個人差によって、乳房や胸付近に青っぽい整脈が見られるようになりますが、妊婦さんにはよくあることですのであまり深く考え過ぎずに普段どおり過ごしましょう。

めまい・立ちくらみ

妊娠中は自律神経が不安定の状態ですので、急に立ち上がったりするとめまいや立ちくらみといった症状が出ることがあります。

立ち上がるときは手を使ってゆっくり立つように心掛けましょう。お腹も大きくなってくるこの時期に転倒の恐れがあるめまいや立ちくらみは母子ともに大変危険です。

便秘

この時期はお腹が大きくなるとともに子宮が腸を圧迫するため、便秘に悩まされる妊婦さんが多くなります。便秘は放置しておくと重くなっていくので注意が必要です。

適度な運動や消化しにくい食べ物を控えたり、ココアなど便秘に効果的なものを飲むようにしてお腹すっきりを心掛けましょう。

妊娠中はむくみやすくうっ血しやすい時期。そのため、その影響で痔になりやすくなります。痔は便秘を放置し続けることが大きな原因とされているので注意が必要です。また、妊娠中はお腹の赤ちゃんの影響で免疫力が低下している状態ですので普段よりも治りにくくなっています。

痔にならないためにも日常から便秘の対策をしていきましょう。

腰痛

赤ちゃんが大きくなるこの時期は、腰への負担がかかりやすくなるため、腰痛に悩まされることがあります。腰痛を患うと日常生活に支障が出ますので、立っていて辛いと感じたら、すぐに座るようにして出来る限り腰への負担を減らしましょう。

関連記事:立つのが大変、腰が痛い。そんな妊婦さんにおすすめの座椅子8選。

腹痛

妊娠13週目に起こる腹痛は様々なリスクを伴いますので早めのケアが大切に。なお、この時期の腹痛の主な原因は以下の3つが考えられます。

1.冷え

妊娠すると子宮が拡張して骨盤を圧迫させるため、血行が悪くなって冷えやすくなります。妊娠中は下腹部や腰回りが冷えやすくなりますのでカイロなどを使って温かく過ごすようにしましょう。

2.子宮周辺の筋肉が緊張している

妊娠するとお腹の赤ちゃんが大きく成長するため、子宮周辺の筋肉が緊張したり、子宮を支える膜や靱帯が引っ張られることによって腹痛が起きます。

3.便秘

妊娠中になりやすい便秘も腹痛を起こす原因となることもあります。

いずれの症状も妊娠中の腹痛は様々なリスクが伴いますので自己判断はせず、かかりつけの医師に診てもらうようにしましょう。特に、出血も見られる場合は流産や子宮外妊娠の危険性がありますのですぐに病院で検診を受けてください。

頭痛

妊娠13週目に起きやすいマイナートラブルの一つ「頭痛」、多くの妊婦さんが悩まされています。

妊婦さんの中には頭痛が酷くて1週間起き上がれなくて1日中寝たきりになってしまったというケースもあります。お風呂に入ったり整体、肩のマッサージなどをすると頭痛が治まることがありますが、体質によっては全く効かないという方もいます。

普段の頭痛なら頭痛薬を飲めば住むところですが、妊娠中に自己判断で市販の薬は絶対に飲むべきではないので対処が難しいところです。

【参考】

妊娠中に起こる頭痛には主に2種類あり、原因や症状、対処法も異なってきます。頭痛で悩まされている場合は以下のどの種類の頭痛に属するのか?を把握し正しく対処していきましょう。

偏頭痛

偏頭痛は頭の片方がズキズキと痛むのが特徴で、主な原因は妊娠によるホルモンバランスが作用することで起こると考えられています。

脳内の血管が拡張されて血液量が増え、収縮することによって痛みが伴います。時間は数分から長いと数時間続くこともあります。

症状については個人差があり、吐き気や嘔吐、耳鳴り、めまい、目の充血、鼻水などの症状や、極稀に意識の混乱が生じることもあります。

対策としては、暗くて静かな部屋で横になり、目を閉じて安静にして過ごしましょう。部屋の明かりや外光、騒音などを避けることも重要ですので、アイマスクや耳栓などを上手く活用してみてください。

また、痛む部位を冷えたタオルを当てるのも有効です。偏頭痛は温めると痛みが増大する特徴があるのでお風呂の湯船に浸かるのではなくシャワーだけで済ませましょう。

その他、カフェインを摂取するのも有効とされていますが、妊娠中はカフェインの過剰摂取には注意しすべきですので、極力カフェインを摂取しての解消法は避けてください。

筋緊張性頭痛

筋緊張性頭痛は肩こりや首こりが原因で起きやすくなります。肩こりや首こりになると、筋肉内の血液の循環が悪くなることで筋肉の中に老廃物が溜まりやすくなります。すると、その周辺の神経を圧迫してしまい、筋緊張性頭痛が起きてしまいます。

症状としては、顔全体や後頭部、首筋などが痛む特徴があります。以下の状態を長く続けていると、筋緊張性頭痛が起きやすくなりますので注意してください。

  • 長時間うつむく姿勢をしている。
  • 長時間パソコン操作などで同じ姿勢をしている。
  • 合わない枕を使用している。
  • 体が冷えている。

このような状態が続けていると、筋肉が収縮し、肩や首がこってきて筋緊張性頭痛が起きやすくなります。

対策としては、血行を良くすることが大切になりますので、痛む部位に温かいタオルを当てたりお風呂の湯船にゆっくり浸かるのがおすすめ。そのほか、首や肩、腕を動かすことでも血行促進を助けますし、ツボ押しマッサージなども有効です。

なお、筋緊張性頭痛は精神的なストレスによっても起こることがありますので注意してください。

頭痛が酷くてどうにもならない場合には、かかりつけの医師に相談して安心して飲める痛み止めの薬などを処方してもらいましょう。

尿トラブル

この時期、“排尿感があってトイレに駆けつけたのにでない”という状況が続く場合は「排尿困難」の疑いがあります。

排尿困難は子宮後屈の妊婦さんに多くみられる傾向があり、子宮がまっすぐの状態のまま大きくなると尿道を塞いてしまうことが原因で起きる、もしくはリラキシンの作用によって子宮や膀胱を支える骨盤底筋が緩むことで起きる、などと考えられています。

状態によっては病院で適切な処置が必要になる場合がありますので、症状が辛いと感じたらまずは医師に相談しましょう。対策として、枕を腰に置いて横になる・水分をしっかり補給する、などが有効です。

貧血(鉄欠乏性貧血)

この時期、胎盤が完成するに近づくと同時に、赤ちゃんに栄養を送るための血液の量も妊娠後期の最大量まで増加します。

妊娠13週目から1ヶ月で大きく成長するこの時期は栄養が含まれる増えた血液が胎盤へ集中して集まり、赤ちゃんへ優先的に使われます。そのため、母体側に必要な血液は不足しやすい状態になり、貧血(鉄欠乏性貧血)を起こりやすくなります。

妊娠中に貧血状態が続くと赤ちゃんへ栄養が届きにくくなるので注意が必要です。貧血を防ぐには普段の食事から意識して鉄分を摂取していきましょう。なお、体調によって食事の準備が厳しい場合は鉄分のサプリメントを活用したり、医師から処方される鉄剤などから鉄分を補給するようにしましょう。

関連記事:妊娠中に鉄分サプリメントを摂取するのがおすすめの7つの理由

 

葉酸欠乏性貧血にも注意

お腹の赤ちゃんの成長が著しいこの時期は、葉酸が不足ぎみになるため葉酸欠乏性貧血が起こりやすくなります。

葉酸は肝臓で貯蔵できる成分ですので普段の生活においてはそれほど話題になりませんが妊娠すると状況は変わってきます。

葉酸不足は胎盤の形成に悪影響が出る可能性がありますし、赤ちゃんの健やかな発育を妨げてしまいます。そのため、葉酸の多く含む食べ物を意識して摂るようにして不足分はサプリメントで補うようにしましょう。

関連記事:妊娠中におすすめ!お腹の赤ちゃんに安心・安全の葉酸サプリ

関連記事:いつまで必要?妊娠したら葉酸の摂取がお腹の赤ちゃんに優しい理由

 

妊娠13週目で心掛けたい過ごし方9選

1.体重管理はしっかりと

妊娠13週目に入るとつわりが落ち着きはじめ、ホルモンの影響で食欲が出てくるために体重増加に悩まされる妊婦さんも多くなってきます。体重が増えすぎてしまうと様々なトラブルの原因になることがあるので体重管理はしっかりと注意したいところです。

体重トラブルには便秘が多く、逆に痩せやすい人で妊娠中の体重増加が少ないと低出生体重児のリスクが高くなります。

妊娠中の体重増加の目安は標準体重の人は7~12kg、痩せ気味の人は9~12kgほど。今の時期から週1回の体重測定を習慣づけておけば妊娠16週目からの本格的な体重管理が進めやすくなりますよ。

2.寝てばかりで過ごすことの良し悪しはその人の症状による

妊娠してつわりが酷いと、寝てばかりで過ごしてしまう妊婦さんも多くいますがそれが悩みになることも。妊娠13週目はつわりのピークが過ぎる時期と言われているので、周りの出産育児を経験されている方からもしかしたらお叱りの言葉を受けるかもしれません。

ですが、つわりの辛さは苦しむ本人にしか分かりませんし、つわりの症状が落ち着く時期には個人差があります。そのため、寝てばかりで過ごすことは一概に悪いことでは無く、その人の症状具合によります。

この時期は体調を落ち着かせるのが第一ですので周りの声は気にせず自分の体と相談して割り切っていきましょう。

3.マタニティマークはつけるべき?

マタニティマークをつけることでの弊害(過度な妊婦アピールの誤解など)、万が一にももしかしたら傷つくような言葉を言われることがあるかもしれないなど、一部の方からそういった事例があると聞くと「マタニティーマークをつけるべきなのか?」迷われる方もいるようです。

ですが転倒など、万が一の緊急時にお腹の赤ちゃんを第一に考えると、やはりマタニティマークはつけておいたほうが安心できますし、基本的には多くの方が好意的な目で見てくれるのも事実。

大事な赤ちゃんを守ってくれるマークですのでしっかりとつけておきましょう。

4.市販薬に注意

妊娠13週目は、器官形成期を過ぎている時期なので外部からの影響は胎児の発育を阻害させるリスクは少なくなります。ですが、市販薬の使用には注意が必要です。

胎児の発達状況は個人差がありますし、口蓋や性器などの形成はまだ未完成。頭痛などの症状が酷い場合はかかりつけの産院の先生に相談し、安心できるお薬を処方してもらってください。

5.産婦人科検診の頻度

この時期の産婦人科検診の頻度は月1回~4週間に1回程度になります。超音波検査が、膣からの経膣プローブから、お腹の上から子宮内の様子を観察する経腹プローブに変更されるケースが多いです。

6.レントゲンに注意

妊娠13週目は外からの影響で赤ちゃんに悪影響が及ぶリスクは低いと言われることもありますが、必ずかかりつけの産婦人科の先生に相談のもとで行うようにしましょう。

7.お酒・カフェイン・煙草は控える

お酒は「これくらいの量なら安心」といった定義はされていないので、極力アルコール類を飲むのは控えてください。

煙草は流産や早産、低出生体重児のリスクが高くなり、産後の発育にも悪影響が及ぶとされます。

コーヒーや紅茶、緑茶などに含まれるカフェインは分解に時間がかかる性質があるため、胎盤を通じてお腹の赤ちゃんも摂取してしまい影響が及びますので極力控えるようにしたいところ。

なお、コーヒー・紅茶などを普段から好んで飲まれている場合、我慢してストレスになると逆に悪影響が出ることもあるので徐々に減らしていって最終的に1日1杯を目標にするように頑張りましょう。

また、ノンカフェインのコーヒー(デカフェ)や麦茶あノンカフェインですので代用品として安心です。

8.食生活からの体調をしっかりと

この時期はつわりも落ち着きだす一方、食欲が増加しやすいタイミングですので「食べる」ことに意欲が増えてきます。

ママの摂取するものはお腹の赤ちゃんに大きく影響しますので良い食生活を心掛けておくと妊娠経過も順調に進みやすくなります。

また、この時期は便秘に悩まされる妊婦さんが多くなるため、便通対策として食物繊維を多く含むゴボウ・カボチャ・タケノコ・菜の花・いんげん・おからなどを食事に取り入れることをおすすめします。

なお、妊娠中の食生活で大切な以下の5つのポイントを参考にして「体重管理」にも心掛けていきましょう。

1.食事は1日3食、決まった時間にとる

栄養バランスを心掛け、1日30品目を目標にして食材に偏りのない献立を考えてみましょう。1日2食や食事の感覚が開きすぎると空腹感が増し、食べ過ぎにつながりやすくなるので注意しましょう。

2.毎日野菜も一緒に食べる

ビタミン群や食物繊維も豊富で、しかも量を食べても低カロリーですから毎日の食事に積極的に取り入れましょう。

3.塩分、糖分を控えたメニューを

塩分の摂り過ぎは妊娠高血圧症候群のリスクが高くなるので1日10gを目安にして摂取してください。また、糖分の摂り過ぎは体重増加につながりやすくなりますのでこちらも注意を。

4.市販品や加工食品よりも家庭内調理を

つわりも落ち着き始めるこの時期、徐々に自炊の割合を増やしていきたいところ。つわりがひどいときは動くことも難しですから市販の惣菜や加工食品に一時的に頼るのは良いです、やはり栄養が偏ったり見た目以上にカロリーが高いkとが多いので、体調が落ち着いてきたら積極的に家庭内調理にしていきていところです。

関連記事:妊娠中の栄養補給はお腹の子ども影響する。【母子の栄養補給対策】

 

5.よく噛んでゆっくり食べる

よく噛んでゆっくり食べることは消化吸収に良いだけでなく満腹中枢が刺激されるので次の空腹までの時間を引き伸ばしてくれます。9.葉酸摂取は引き続き意識しよう

葉酸は妊娠してから妊娠12週までお腹の赤ちゃんの重要な各器官の形成に必要な栄養素として活躍してくれましたが13週目以降も同様です。

そ妊娠13週目からも口蓋や性器などは発育途中ですので引き続き葉酸を意識して摂取してください。また、お腹の赤ちゃんだけでなくママ自身の健康管理にも葉酸の摂取は大切ですよ。

関連記事:妊娠中におすすめ!お腹の赤ちゃんに安心・安全の葉酸サプリ

関連記事:ベルタ葉酸サプリで注目の株式会社ビーボに聞いた『葉酸』が必要な理由【取材インタビュー】

 

まとめ

今回は妊娠13週目を迎える妊婦さんに向けて、適切な過ごし方や注意点などをお伝えしました。

妊娠13週目はお腹の大きくなって体調にも変化が出る時期なので戸惑うことも多々あると思います。応援してくれる周りの人やお医者様に助けられながら、穏やかな生活を目指し、残り3分の2の大切な時期を過ごしていきましょう。

【参考】

この一週前は「妊娠12週目、つわりは?流産は?お腹の大きさやエコーの様子は?」で紹介しています。

 

\ SNSでシェアしよう! /

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

IKURICH編集部

IKURICH編集部

IKURICH編集部です。育児ママの毎日がちょっとでも豊かになるような情報を発信していきます。よろしくお願いいたします。