1. TOP
  2. 妊娠3週目の症状は?この時期に気を付けたい過ごし方12選。

妊娠3週目の症状は?この時期に気を付けたい過ごし方12選。

 2017/02/09 妊娠
 

妊娠3週目に妊娠の兆候が見られたときに、その後の症状や赤ちゃんの状態など気になるママさんは多いのではないでしょうか?

この時期は妊娠によるホルモンバランスの急速な変化によって、様々な症状が出やすくなります。ですが、妊娠3週目に起こりうる症状や状態を把握しておけば、安心してストレスも少なくして過ごすことができます。

そこで今回は、妊娠3週目を迎えるママに向けて、体に現れる症状や状態、気を付けたい過ごし方12選などをご紹介します。

▼妊娠した!?気になりだしたら早めのケアが大切▼

妊娠中におすすめ!お腹の赤ちゃんに安心・安全の葉酸サプリ

 

妊娠3週目のママの体の状態を知る

妊娠3週目は生理が終わって約2週間が経過した時期ですが、妊娠が成立するかどうかを決める大切な時期です。

排卵日に受精が成立していれば、妊娠3週目の1週間で着床が始まって子宮内膜に潜り込みます。受精が成立していなければ生理の準備が始まる時期になります。

無影響期

無影響期は薬を飲んでも赤ちゃんへの影響を受けない時期を指します。そのため、この時期に飲む薬は特に心配する必要はありませんが、妊娠4週目からは赤ちゃんの発育に影響を受けやすくなるので注意が必要です。

高温期?基礎体温は?

基礎体温は排卵日の翌日から高温期に入りますが、妊娠3週目も高温期は継続します。そのため、体に熱っぽさやだるさなどの症状も続きます。高温期を抜けたら妊娠3週目が終わったという目安にもなりますね。

妊娠超初期症状が出る人もいる

妊娠3週目は妊娠超初期症状によって熱っぽい、だるい、などの風邪に似た症状や胸の張り、痛みなどの症状が出る人もいます。

エコーではまだ見えない?妊娠3週目の赤ちゃんの状態とは?

妊娠3週目の赤ちゃんはまだ大きさも0.1ミリ程度ですので、エコーではっきりとした形で見ることができない状態です。4週目後半あたりから胎嚢が子宮内に確認されはじめて、妊娠5週目くらいから心拍が確認できる胎芽の形が見られるようになります。

胎芽(まだ胎児になる前)

胎芽とは妊娠8週未満の胎児になる前の赤ちゃんのことで、まだ人の形になる前の状態です。心臓の拍動などをエコーで確認できる時期は妊娠8、9週目くらいからで、手足の形が見られる胎児として確認ができる時期は骨が作られ始める10週目以降です。

胎嚢ができはじめる

胎嚢は赤ちゃんを包む袋のような形状をしていて、妊娠3週目の後半あたりから作られ始めます。妊娠5週目くらいになると胎嚢がはっきりと見えてきます。

絨毛

絨毛は排卵後に受精した受精卵を子宮内膜と結合して着床するために、子宮内膜へと絨毛を生やして固定させる働きをします。また、絨毛は最終的に胎盤構造の一つとして、母体とお腹の赤ちゃんを結び酸素と栄養を運ぶための役割も果たします。

受精卵が育つ基本環境が整う

着床した受精卵は細胞分裂を繰り返して妊娠3週目には、内細胞塊と外細胞塊に大きく2つに分かれます。

卵子の内側にある内細胞塊は身体を形成する細胞へと分化されます。卵子の外側を囲む外細胞塊は栄養膜とも呼ばれますが、胎児へと成長するために必要な器官に分化されます。

また、妊娠3週目はまだ胎盤が作られるまでは母体から栄養を受け取れませんので、卵黄嚢という器官から栄養を得ることになります。卵黄嚢は妊娠2ヶ月くらいに胎芽とつながった状態を確認できますが、胎盤が作られてくると退化していきます。その他に胎盤や羊水腔など胎児へと成長するための基本環境が整っていきます。

【妊娠メカニズム】妊娠3週目は着床出血が起こる?

着床出血は妊娠3週目に起きやすい特徴的な症状の一つで、微量の出血がみられます。

出血の原因は受精卵が子宮内膜に潜り込んだときに子宮壁を傷つけたことによるものです。出血量は生理と比べて少なく1~2日で終わることが多く、質感はおりものと似ていて薄い赤色、薄いピンク色、薄い茶色をしています。

着床は3週目の後半ごろ

妊娠3週の前半はまだ受精卵が子宮を目指している状態で、着床は3週の後半ごろになります。自覚症状として着床出血が起きることはありますが、気付かずに過ごすケースがほとんどです。

着床出血になる確率は1~2割ほど

着床出血は全体のおよそ1~2割ほどの方に見られる症状です。

子宮が疼く?着床痛がある人も

子宮が疼くことが稀にありますが、特に心配はいりません。

また、そのときに出血があったとしても着床出血の可能性が考えられます。4週目に入ったときに妊娠検査薬を使って陽性反応が出た場合、その出血は着床出血だったということになります。

着床痛は受精卵が着床したときに起きる症状で、腹痛などの痛みを伴い、痛みの大きさや場所は個人差によって様々、とされていますが、実はまだ着床痛の存在は医学的に証明はされていません。一説では排卵痛を勘違いして、着床痛という言葉が口コミで広まったのではないかと考えられています。

着床した部分からホルモンが分泌

受精卵が着床した部分からhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)と呼ばれるホルモンが分泌されると、プロゲステロンとエストロゲンが分泌が促されて妊娠状態を維持するように働きかけます。

hCGが一定の分泌量に達すると妊娠検査薬に反応する性質を持っており、hCGが尿中に含まれる濃度によって陽性か陰性を判定できます。なお、hCGの分泌量がもっとも分泌される妊娠7週~10週につわりの症状が一番激しくなることから、hCGはつわりと密接な関係があると言われています。

着床後の体の変化が起こる?

着床後に絨毛から妊娠が成立したことを知らせてくれる成分「hCG」が急速に分泌されます。hCGが増え始めると体内のホルモンバランスが急激に変化して、妊娠の準備を進めていきます。

妊娠3週目期で起こりうる妊娠初期症状例16選

妊娠3週目期に妊娠初期症状が確認できたら妊娠が成立したサインと判断できます。ここでは妊娠初期症状の特徴ともいえる16個の症状をご紹介します。

1.おりものの変化

妊娠3週目期におりものの量や色に変化が見られた場合は妊娠初期症状の可能性が考えられます。

2.腰痛

妊娠初期症状によって起きる腹痛は、生理痛の重い鈍痛よりも痛みの度合いが大きい特徴があります。

3.腹痛

妊娠すると体内で増え続けるホルモンの影響によって、骨盤周りの靭帯が緩んでしまい腰痛になることがあります。もとから筋力が弱かったり、腰痛持ちの場合は腰痛になりやすいので注意しましょう。

4.微量の出血

受精卵が子宮内膜に着床したときに微量の出血がおりものと混ざって出ることがあります。また、生理予定日より早く出血が確認できて、少しの量の出血がすぐに止まれば着床出血の可能性が考えられます。

5.胸の張り

妊娠して体内でホルモンが増え続けると、血液量が増えて胸の張りを招くことがあります。生理前にも胸の張りを感じることはありますが、生理予定日を過ぎても治まらなければ妊娠初期症状と判断して良いでしょう。

6.身体がだるい

妊娠初期症状には風邪と似た身体のだるさを感じることがあります。身体をちゃんと休めているにも関わらず、だるさが治まらない場合は妊娠初期症状といえます。

7.ねむけ

妊娠3週目期に見られる強いねむけは、ホルモンの変化による妊娠初期症状と判断することができます。

8.便秘

妊娠初期症状に伴う便秘はホルモンの影響によるものです。栄養分や水分を身体にためようとする働きによって、腸の働きが鈍くなると便秘を招くことがあります。

9.味覚・嗅覚の変化

妊娠初期症状には食べ物の好みが変わる味覚の変化と、においが敏感になる嗅覚の変化の2つの変化が妊娠3週目期に現れやすくなります。また、つわりの症状が早く来ている場合は、味覚と嗅覚の変化が妊娠3週目に起きやすいと言われています。

10.つわり

妊娠初期に訪れるつわりの症状は、hCGのホルモン分泌の影響によるもので、一般的には妊娠4週からと言われています。ですが、個人差で約6%の確率で妊娠3週から妊娠初期症状に伴うつわりを感じることがあります。

11.吐き気

つわりの症状がすでに現れている場合は、妊娠3週目に妊娠初期症状に伴う吐き気を感じることがあります。

12.胸やけ

胸やけも吐き気と同様につわりの症状が現れている場合に招きやすい症状ですので、妊娠初期症状とみて良いでしょう。

13.肌荒れ

妊娠初期症状はホルモンバランスの変化によって、肌の水分量が減少して肌荒れを招くことがあります。

肌質ががらりと変わることが多いため、今まで使用していたスキンケアが合わなくなることが多くなってきます。肌荒れはシミ、そばかす、敏感肌など個人差で症状は様々で、体中に肌質の変化を感じることがあります。

14.風邪に似た症状・むかむかする、など

妊娠3週目に胃のむかむかなど風邪に似た症状が確認できた場合は、妊娠初期症状といえます。

15.涙もろくなる

妊娠初期症状に伴い涙もろくなることがあります。テレビなどいつもと違うタイミングで涙が流れたら、妊娠の兆候と言えるかもしれません。

16.食欲が増す

妊娠初期症状として食欲が増すことがあり、空腹時はいつもより少し気持ち悪くなる傾向があります。

【参考】その症状「生理?妊娠?」どちらか見分ける方法は?

妊娠した目安となる妊娠初期症状ですが、生理前にもよくなる症状と共通する点が多いのが特徴です。そのため、生理か妊娠かどちらか見分ける方法は残念ながら見つかっていません。

妊娠しているかどうか見分けるには、ご自身で生理前によくなる症状との違いをしっかり認識することが重要になります。

妊娠初期症状と生理前の症状は似ている点は多いですが、意識して思い出しながら違いを確認するようにしましょう。そうすると、妊娠が成立しているかどうかを見分けられるようになりますよ。

関連記事:娠超初期症状はいつから?月経前症候群(生理前症候群)との違いは?

 

妊娠3週目だと病院に行くべき?

妊娠3週目につわりなどの妊娠だとわかる症状が出ると、妊娠の確認のために病院へ行きたくなるママさんは多いと思います。ですが、妊娠3週目は病院に行っても妊娠しているかどうかはまだハッキリとはわからない時期でもあります。

妊娠3週目は妊娠が成立する着床のタイミングではありますが、一般的には病院に行っても妊娠の確定をもらえる可能性は低いとされています。

妊娠3週目だと妊娠検査薬の反応はどう?

妊娠3週目だと妊娠が成立する着床が起きますが、妊娠検査薬の反応はどうなのでしょうか?

妊娠検査薬が反応しないことが多い

妊娠3週目は妊娠が成立する着床が起きますが、妊娠検査薬の反応が出るかどうかは別の問題になります。というのも、妊娠検査薬は着床後に分泌される「hCG」の分泌量によって反応が左右されるからです。

妊娠検査薬は着床後に分泌されるhCGの尿中濃度が、50mIU/mL以上で陽性反応が出る仕組みになっています。一般的には妊娠5週目くらいにhCGの尿中濃度が50mIU/mLに達すると言われていますので、妊娠3週目では妊娠検査薬が反応しないことが多いです。

妊娠しているのに陰性反応が出ることが

妊娠しているのに陰性反応が出ることがありますが、これはhCGの尿中濃度がまだ50mIU/mLに達していないからです。体調の変化で間違いなく妊娠していると思う場合は、4週目以降にもう一度妊娠検査薬で反応を確認してみましょう。

化学流産の可能性にも注意

着床後に陽性反応が出たのに着床が継続できない状態になることを化学流産と言います。化学流産の原因は主に染色体異常によるものですが、一般的によく起きる現象ですので心配する必要はありません。

妊娠検査薬のレベルが向上したことことで、フライング検査でも陽性反応が出ることがあるため、妊娠したと勘違いをしやすいので注意が必要です。

妊活を頑張っていて陽性反応が出たらうれしい気持ちになりますが、それがフライング検査によるものだと着床が継続できない状態の化学流産ということになります。その場合は数日後の検査では反応は消えてしまい悲しい気持ちになることがあります。

もし検査をしなければフライングをすることも無いですし、遅めの生理と認識されるので、普通に気付かないで次は頑張ろうという気持ちになります。ですから、妊娠3週目に妊娠検査薬の使用をされる場合はフライング検査による陽性反応は、化学流産の可能性があるという認識を持って注意して使うようにしましょうね。

関連記事:フライング検査で確認を!そんなときにおすすめの妊娠検査薬17選

 

妊娠3週目に入ったら気をつけること12選

妊娠3週目に入ったらお腹の赤ちゃんの健やかな発育のために、気を付けたい過ごし方を12個ご紹介します。

1.生活習慣の見直し

妊娠3週目は妊娠が成立したという自覚を得られることは少ないかもしれませんが、今から生活習慣を見直して体調を整えることはとても重要です。

生活習慣を見直してママの体調を整えることで、お腹の赤ちゃんに良い影響を与えることができますし、早産や流産、発育障害などのリスクを減らすことができます。ですので、今から良い生活習慣を心掛けて、お腹の赤ちゃんの健やかな発育のための環境を作ってあげてください。

2.タバコをやめる

タバコを吸うと子宮に栄養を送るための血管が収縮されてしまうため、赤ちゃんに悪影響を及ぼすリスクが高くなると言われています。また、喫煙者から出る副流煙も悪影響を及ぼす可能性があるので近づかないように注意しましょう。

3.カフェイン・アルコールを控える

妊娠3週目に入ってアルコール類を飲むと胎児性アルコール症候群の発症リスクが高くなると言われています。カフェインについては胎児発育遅延や流産の可能性があるので控えたほうがいいです。

4.必要な栄養素を摂取

妊娠3週目に入って意識して摂取しておきたいのは以下の栄養素です。

<妊娠3週目に摂取しておきたい栄養素>

  • たんぱく質
  • 糖質
  • 脂質
  • 葉酸
  • カルシウム
  • 鉄分
  • ビタミン
  • ミネラル

など

中でも妊娠3週目に入って特に摂取しておきたい栄養素は葉酸です。葉酸は細胞分裂を活性化させてお腹の赤ちゃんの正常な発育に大きく役立つ栄養素です。葉酸を十分に摂取することで赤ちゃんの二分脊椎や無脳症などの神経管閉鎖障害の発症リスクを低減してくれます。

関連記事:妊娠中の栄養補給はお腹の子ども影響する。【母子の栄養補給対策】

 

5.カラダが温まる食事を摂取

カラダが温まる食事を摂取すると、ホルモン分泌の活性化や血行促進、冷え予防などに役立つため、体調が整いやすくなります。

6.良質なたんぱく質を摂取

良質なたんぱく質は細胞を作るために必要な栄養素です。

バランスを考えて動物性たんぱく質と植物性たんぱく質の両方から摂取するようにしましょう。妊娠中は脂身の少ないササミや魚などをメインにして摂取すると良いと言われています。

7.先天性異常のリスクに注意を

先天性異常のリスクは妊娠3週目だけに限らず0~12週までの時期は注意が必要です。葉酸を十分に摂取するとリスクを低減することができると言われています。

8.葉酸サプリを摂取

厚生労働省より葉酸の十分な摂取は「胎児の神経管閉鎖障害発症リスクを低減させることができる」と妊婦さんに通知されています。

また、葉酸は食事から十分の量を摂取するのが難しいということもあり、葉酸サプリから1日あたり400ugの葉酸摂取が推奨されています。このように葉酸サプリを活用するメリットは大きいですよ。

関連記事:妊娠中におすすめ!お腹の赤ちゃんに安心・安全の葉酸サプリ

 

9.妊娠3週目飲んでしまったで薬や予防接種の影響は?

妊娠3週目に飲んでしまった薬や予防接種の影響は、生まれてくる赤ちゃんへの悪影響の心配はいりません。理由は妊娠0~3週目までは無影響期と言われる時期で、赤ちゃんは薬や予防接種の影響を受けない時期だからです。

無影響期に薬や予防接種の影響を受けた場合は以下の状態になります。

  • 着床しない
  • 流産して消失する
  • 完全に修復されて健児を出産する

この3つの内いずれかの状態となり、「正常の経過をたどる」「妊娠が成立しない」のどちらかになるため、赤ちゃんへの影響はないとされています。

ただし、妊娠4週~7週目までは器官や機能に影響を受けやすい時期になるため、奇形などのリスクには注意が必要です。生ワクチンや不活性化ワクチン(インフルエンザ)には注意しましょう。
※不活性化ワクチンは生ワクチンよりは問題視されていません。

10.早めに産婦人科を受診する事も念頭に

妊娠3週目の時期は産婦人科で受診しても妊娠しているかどうかわからない時期ですが、もし万が一ママが病気を抱えている場合は早期発見と早期治療につながります。ママの身体が元気なことは赤ちゃんにとっても大切なことですから、もし気になる場合は早めに産婦人科を受診しましょう。

11.適度な運動もする

適度な運動をすると血液の流れが良くなるため、子宮や卵巣に十分な栄養を送ることができます。

また、毎日の運動を心掛けることで代謝を高めつつホルモンの分泌を活性化させられます。すると、自律神経が整ってノンストレスや良質な睡眠につながりるなど多くのメリットがあります。

おすすめの運動はウォーキング、ジョギング、サイクリング、ヨガなどの長時間に渡って行う有酸素運動です。

12.実家に帰るべき?(里帰り)

妊娠して出産を迎えるにあたって、自宅だと大変だから実家に里帰りするべきか、しないべきか悩みどころだと思います。ですが、産後が順調で旦那さんが協力的で相談できる相手がいるなら、気を使わなくて済む自宅のほうが楽になることが多いですよ。

実家に里帰りしても父方の祖父母が苦手だったり、親が話しを聞いてくれない、などの弊害があると逆にストレスになって大変になることがあります。母親や姑に自宅へ来てもらったり、産褥ヘルパーやネットスーパーなどの活用など工夫すれば自宅でも十分可能ですよ。

まとめ

今回は妊娠3週目のママに向けて、体に現れる症状や気を付けたい過ごし方についてお伝えしました。

妊娠3週目はこれから始まる妊娠の準備期間として、毎日の良い習慣を心掛ければ、お腹の赤ちゃんの健やかな発育につながります。

妊娠の兆候が見られたらうれしい気持ちになりますが、その一方で不安も感じると思います。ですが、正しい知識を持って過ごせば安心してお産を迎えることができますよ。

【参考】

この一週後は「【妊娠4週目】ママの症状・お腹の状態・15の注意点を総まとめ。」で紹介しています。

この一週前は「妊娠超初期症状はいつから?月経前症候群(生理前症候群)との違いは?」で紹介しています。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

IKURICH編集部

IKURICH編集部

IKURICH編集部です。育児ママの毎日がちょっとでも豊かになるような情報を発信していきます。よろしくお願いいたします。