1. TOP
  2. 産後のシミがひどい!原因は?付き合っていくしかない?まだ間に合う?

産後のシミがひどい!原因は?付き合っていくしかない?まだ間に合う?

  • 産後のシミがひどいのでどうすればいいのかか分からない

妊娠中はつわりなどの辛い症状で肌のケアまで行き届かなくなるため、結構放置してしまっている産後ママは多いと思います。

産後に増えてしまったシミをすぐに消したいと思うけど、市販の薬や化粧品を使ったりしていいのか迷ってしまいますよね?シミには種類があって原因もハッキリしないのであれば、自己判断でシミ対策するのはかなり危険です。

そこで今回は、産後のひどいシミを消したいとお悩みの産後ママに向けて、解決方法をご紹介します。

産後のシミがひどい。原因は女性ホルモン?

エストロゲンの影響

エストロゲンとは、女性ホルモンの一種で胸を発育させたり肌をモチモチにして女性らしいふくよかなカラダへ導いてくれる働きを持っています。このエストロゲンはシミにも大きく影響します。

紫外線によるダメージはシミの大きな原因とされていますが、エストロゲンはその紫外線から肌を守るためにメラニン色素を増やす働きもしています。そのため、紫外線を浴びすぎるとエストロゲンが活発に働きかけてメラニン色素が濃くなってしまい、ひどいシミになってしまうんです。

かといって、エストロゲンの働きがなければ紫外線ダメージをもろに受けてしまい、光老化によるさらにひどいシミができてしまいます。

光老化によってできたシミは、肌にもっとも悪い影響を及ぼす紫外線が直接的な原因で起きたものなので、その状態はかなり深刻です。また、光老化はシワやたるみも引き起こすので、エストロゲンによるメラニン色素の生成はとても大切な役割だったりします。

プロゲステロンの働き

プロゲステロンもエストロゲンと同じく女性ホルモンの一種で、お腹の赤ちゃんが健やかに成長するために子宮環境を整えてくれる働きを持っています。

その一方で、ママの体を疲れやすくさせたり体をだるくさせて、体を無理に動かさないようにする働きもあります。プロゲステロンの働きは全てお腹の赤ちゃんのために存在するものと言っていいでしょうね。

このプロゲステロンは、あろうことか産後のシミを濃くしてひどい状態にさせてしまう働きかけもしてしまうんです。実は、生理周期に合わせてニキビや肌荒れなどの肌トラブルが起きるのは、このプロゲステロンが影響しているからと言われています。周期的になんとなくシミが濃くなったり薄くなったりするのはこのためなんです。

産後のシミがひどいのは、エストロゲンとプロゲステロンの2つの女性ホルモンの働きが深く関わっているからなんですね。

産後の女性ホルモンは急激に下がる

妊娠するとエストロゲンとプロゲステロンの2つの女性ホルモンは、個人差で幅は大きいですが通常の100~1000倍も増加します。そして、産後は急激に増えた女性ホルモンが通常の一定量まで急激に下がってしまいます。

女性ホルモンが急激に下がってしまうとホルモンバランスが大きく変化して乱れてしまうため、人によってはシミがひどいくらい増えたり濃くなったりしてしまいます。また、ホルモンバランスの乱れは頭痛やイライラ、むくみ、冷え、抜け毛など更年期のような様々な症状も起きやすくなります。

関連記事:産後のホルモンバランスの乱れはいつまで続く?その原因と6つの対策

 

ストレスからも影響を受けやすい

産後のホルモンバランスの乱れは、その後の生活環境の変化によるストレスによって深刻化することがあります。普段できていることが育児が始まって忙しくなると、最初は不慣れなので上手くできなくなったりすると、イライラしてストレスが溜まりやすくなります。

ストレスを溜めたまま忙しい毎日を過ごしていると、ホルモンバランスが乱れてしまうため、シミもひどい状態になりやすくなります。

関連記事:産後のイライラはどうすれば?9つの原因と7つの対策|産後クライシスにならないために

 

【参考】体験談

昨年末に次女を出産し、やっと落ち着いてきました。 最近すごく気になっているのですが、目の周りのシミが酷いです。 大きくなってきています。今はまだそばかす程度の大きさですが、それも成長しているのが目に見えて分かってきました。https://oshiete.goo.ne.jp/qa/1578737.html

このように、同じように産後のシミトラブルで悩むママは多くいますので「自分だけが」と思い込みすぎないようにしてくださいね。

女性ホルモン以外で考えられる要因

バリア機能の低下する

バリア機能が低下すると外部からのダメージを受けやすくなります。紫外線などの外部ダメージを受けて炎症を起こしてしまうと、メラニン色素が沈着して濃くなりシミになってしまいます。

メラニン色素が作られやすい時期

妊娠中はシミになりやすいメラニン色素が作られやすい時期ですので、紫外線対策をしっかり行っていてもシミが濃くなりやすくなります。産後はメラニン色素が作られるのを抑えられますが、出産前の状態に戻るまで半年程度かかると言われています。

「授乳」もシミを引き起こす原因に?

産後に授乳をしているかどうかによってもシミを引き起こす原因になります。つまり、授乳をしている産後ママはシミができにくいんです。

産後は、エストロゲンの分泌が活発化しているため、シミの原因となるホルモンバランスが乱れやすい状態です。
ですが、授乳中はエストロゲンの分泌を穏やかにしてくれるため、ホルモンバランスを保ってくれます。そのため、産後のひどい状態だったシミも目立たなくなっていきます。

睡眠不足

睡眠不足が続くと、ターンオーバーの遅れなど肌トラブルを引き起こしやすい肌質に変化してしまいます。逆に十分な睡眠時間と質の良い睡眠を心がけるとターンオーバーの周期が正常に戻るため、シミのもとになるメラニン色素が排出されるようになります。

睡眠のゴールデンタイム「夜22時~深夜2時」の間は、ターンオーバーの周期に関わる成長ホルモンをはじめとするホルモンがもっとも活性化されます。夜更かしはなるべくしないようにして、睡眠のゴールデンタイムまでには入眠するようにしましょう。

便秘

便秘の状態が続くと腸内に排出されるはずの老廃物や毒素が溜まるため、それらの不純物が血中から全身を巡ってシミがなかなか消えない肌体質に変わってしまいます。

このままシミと付き合っていくしかない?(諦めないで欲しい)

産後のシミは薄くすることは可能ですので、諦める必要はありません。産後はホルモンバランスが大きく変化する時期ですので、もともと肌が強くてニキビにも無縁だった人でも、シミには悩まされてしまう人が必然的に多くなります。

また、多くのママは育児が忙しいと産後のシミ対策まで手が回らなくなるので、シミがひどい状態になってしまうのは仕方がないことなんです。

一般的に産後のシミは老化が原因と言われていますが、性質は全く異なりますので、正しいシミ対策をすれば妊娠前の肌質に戻ってシミも薄くなっていきますよ。

産後のホルモンバランスを整えてシミ対策を

産後のシミ対策で大切なポイントは、ホルモンバランスの乱れを整えて妊娠前の肌質に戻すことです。

ホルモンバランスが整えられると、メラニン色素の生成が抑制されたり低下した肌のバリア機能も正常に戻るので、シミも徐々に薄くなっていきます。ホルモンバランスは、妊娠前の肌質に戻るまでの期間は授乳の有無や個人差はありますが、早くて半年かかると言われています。

半年の間にシミ対策をするのとしないとでは、シミのでかたに大きく影響するので、今からお伝えするシミ対策をぜひ参考にしてみてください。

食事

産後のホルモンバランスを整えるために大切なのは、バランスの良い食事を心がけることです。産後に急激に減少した女性ホルモンの分泌を穏やかに増やしてホルモンバランスを整えてくれます。

バランスの良い食事に加えて女性ホルモンの分泌を促進させてくれる栄養素も意識して摂取すると、ホルモンバランスは整えられやすくなります。さらに、メラニン色素の生成を抑制するビタミンCと代謝の向上によってターンオーバーを正常化してくれるビタミンAを含む食品も一緒に摂取するとより効果的です。

産後のシミ対策に効果的な栄養素と豊富に含まれる食品は以下のとおりです。

<女性ホルモンの分泌を促進する栄養素>

・大豆イソフラボン
大豆食品(納豆、大豆飲料、豆腐、油揚げ)など

・ビタミンB
カツオ、マグロ、イワシ、大豆食品、バナナなど

・ビタミンE
うなぎ、いくら、赤ピーマン、かぼちゃ、ナッツ類など

<メラニン色素の生成を抑制する栄養素>

・ビタミンA
鶏・豚レバー、うなぎ、人参、かぼちゃなど

<代謝を向上させる栄養素>

ビタミンC
柿、キウイ、レモン、ブロッコリー、赤ピーマン、菜の花など

以上のような女性ホルモンに良い有効成分をバランスの良い食事に取り入れてもらえたら、ホルモンバランスが整えられやすくなりますよ。

適度な運動

適度な運動は、自律神経を整えてホルモンバランスを安定させてくれます。無理のない程度で軽いウォーキングを15~30分くらいで大丈夫です。

ストレス軽減

ストレスを軽減することでも自室神経は整えられて、ホルモンバランスを安定させてくれます。ゆったりした衣服を着用したり、アロマなどあなたに合うリラックス方法を見つけて、少しでもストレスを軽減できる日々を過ごしましょう。

日焼け止め

産後のホルモンバランスが乱れているときの肌状態は、紫外線によるダメージを受けやすいため、日焼け止め対策はしっかり行う必要があります。

紫外線は夏とか季節関係なしで1年を通して強いです。ですから、夏以外の季節も日差しが強い日は帽子や日傘、日焼け止めクリームなどを活用して日焼け止め対策を万全にしておきましょう。

クリーム・美容液などの化粧品で美白ケア

産後の肌にダメージを受けやすい時期は、クリームや美容液などの化粧品で美白ケアをしましょう。肌に優しい低刺激成分の化粧品を使うと産後のデリケート肌にも安心です。

関連記事:産後のシミ対策に人気・おすすめの化粧品7選【2017年版】

 

まとめ

今回は産後のひどいシミを消したいとお悩みの産後ママに向けて、解決方法をお伝えしました。

産後のひどいシミは基本的にホルモンバランスが整えられると、ターンオーバーの正常化とともに少しずつ薄くなっていきます。

ですが、産後のダメージを受けやすいデリケート肌の時期にシミ対策が不十分だと、ホルモンバランスが妊娠前のときのように安定してもシミを完全に消すのが難しくなります。

産後の肌は、見た目以上にシミになりやすい肌質に変化しています。ですから、産後のシミ対策をしっかり行ってもらい、お子様に綺麗なママって周りに自慢できるように、いつまでも若々しくいてくださいね。

関連記事:この『首イボ』、どうにかしたい!原因・対策・予防法まで総まとめ

 

\ SNSでシェアしよう! /

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

IKURICH編集部

IKURICH編集部

IKURICH編集部です。育児ママの毎日がちょっとでも豊かになるような情報を発信していきます。よろしくお願いいたします。