1. TOP
  2. 【体験コラム】母乳育児中の新生児・赤ちゃんが便秘になったときに私が行った解消法。

【体験コラム】母乳育児中の新生児・赤ちゃんが便秘になったときに私が行った解消法。

 2016/09/19 育児
 
baby-boy-sleeping-in-blanket

母乳で育てる赤ちゃんは便秘になりにくい、などと言われますが実際は便秘になります。ウチの子はそうでしたので…

ここではそんな私の体験談をもとに「母乳で育てている新生児・赤ちゃんが便秘になったときに私が実際に試してきたこと」をまとめさせていただきました。

赤ちゃんの便秘にお悩みのママは、ぜひご参考にしていただければと思います。

 

好きなところから読めます

新生児期の便秘解消

新生児の便秘は凄く心配になりますよね?新生児の間は母乳やミルクを飲む度にうんちをする子が多いのですが3、4日出ない新生児もいます。我が家の長女は入院中は毎回良いうんちが出ていたのに帰宅した途端うんちが出なくなってしまい困り果てました…長男のときは母乳を飲んですぐに大量にうんちをしていたので、初めての経験で凄くあたふたしていました。

産院に電話で相談したところ、「機嫌も良く、母乳をいつも通り飲んでいるようなら様子を見てください」とのこと。確かに機嫌も良く母乳もたくさん飲んでいましたが、お腹を触ると凄く張っていてずっと心配していました…こういったときに私が実際に実践して新生児の便秘に効果があった方法を以下にまとめてみたので新生児期の便秘にお悩みのママに参考にしていただけ場と思います。

 

軽い運動

私が長女にしたことで一番多かったのが『軽い運動』でした。これは母に教えて貰った方法なのですが、足を持って本当に軽くお腹に向けて動かす方法で、足を交互お腹に向かって動かしているうちに腸が刺激されるのか、勢い良くうんちが出ました!!新生児の足を動かすことにとても抵抗があったのですが、本当に軽く動かすだけだったのでゆっくりとやりました!

 

綿棒浣腸

次に多かったのが綿棒浣腸、やり方は簡単です。ベビーオイルをたっぷりつけた綿棒を肛門に入れて優しくゆっくり時計周りに回してあげるだけ。綿棒を入れた瞬間、大量のうんちをする子もいれば、綿棒浣腸が終わってからうんちが出る子もいます。あまりしつこく長時間綿棒浣腸をすると赤ちゃんの負担にもなりますし、肛門を傷付けてしまうことがあるので注意をしてくださいね。

また、綿棒浣腸はクセになるから辞めた方が良いという方もいますが、クセになることはないので大丈夫で!実際に、こども専門の病院に勤務している医師にも「綿棒浣腸はクセにならない」ということを教えてもらったことがあります。いちじく浣腸とは違いお尻を刺激するだけなので安心してください。

ちなみに、便秘のひどい赤ちゃんに綿棒浣腸をしてあげるのは凄く良い方法なのですが、1日に何度も綿棒浣腸をするのは止めておきましょう。やり過ぎて肛門に傷が付いてしまうとうんちを出すときに痛くて可哀想ですから…綿棒浣腸は1日に1回ぐらいがおすすめですが、出来る限り同じ時間帯にするようにしてみてください。例えば、夕方の17時と決めたなら、毎日夕方の17時に綿棒浣腸をするように習慣づければ便を出すリズムが整ってきます。

 

お腹のマッサージ

なお、毎日綿棒浣腸をすることに抵抗がある方は「お風呂に入れるときにお腹をマッサージ」してあげてみてください。腸は温かいと動きが活発になります。生後1か月の赤ちゃんでも、少しだけお腹に力を入れても大丈夫だと言われているので、お腹を掴むようにギュッギュと挟んであげることもおすすめします。

生後1か月の赤ちゃんがうんちが出ないと心配になってしまいますが慌てずに対処をすれば必ず改善することができます。どうしても心配だという方は小児科で相談してみるのも良いかと思います。

なお、新生児期は特にデリケートな時期なのでより細かく区分けしてまとめていきますね。

\ SNSでシェアしよう! /

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの注目記事を受け取ろう

baby-boy-sleeping-in-blanket

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

oda

2人の子どもを育てるママライター。動物好き。
普段はパパと子どもと一緒に動画をみて過ごしたりしています。
出産・育児の苦労が多かったので、子育てではかなり悪戦苦闘しました。そんな経験をもとに産後の赤ちゃん子育てについて書いています。