1. TOP
  2. 【実録】母乳育児なのになぜ赤ちゃんが便秘に?私が試した赤ちゃんの便秘対策まとめ。

【実録】母乳育児なのになぜ赤ちゃんが便秘に?私が試した赤ちゃんの便秘対策まとめ。

 2016/09/16 育児
 
baby-cute-child-lying-40724

母乳はミルクに比べ便秘になりにくいといわれています。ですが、母乳育児であっても赤ちゃんが便秘でうんちが出ないという悩みを持つママもいるかと思います。実際、私もそうでした…

そこで、今回は母乳育児なのに便秘になってしまう赤ちゃんへの便秘対策として、私が実践してきたことを紹介していきたいと思います!

 

便秘になった赤ちゃんには綿棒浣腸でスッキリ!

e6640fe6680a39da34bd3ce4a6842bc0_s

赤ちゃんが便秘になったときは『綿棒浣腸』という言葉を良く聞きませんか?ですが、「綿棒浣腸をしたけど、うんちが出ない…」という悩みもよく耳にします。我が子は新生児の時期に母乳を飲んで勢い良く吐いてしまったことがあり、母乳が鼻に詰まってチアノーゼになったことがあります…。

 

救急車で運ばれ、こども病院に入院しまた経験があるのですが、腸の機能などを調べても全く問題なく原因は『便秘』でした。全くうんちが出なかった訳ではなく毎日出てはいたのですが、『量』が少なくお腹にうんちが溜まってお腹がパンパンに張ってしまっていたんです。機嫌も良く、いつも通りの母乳を飲んでくれていたのであまり深刻に考えていなかった駄目な母親でした。。。

 

こども病院の先生に「機嫌も良くて、いつも通り母乳を飲んでいたのだから、深刻に考えていなかったのは仕方がないこと。綿棒浣腸を頑張ってマスターしてください。」と言われたのを凄く覚えています。

 

1週間の入院の間に担当の先生、看護師さんに綿棒浣腸をやり方やコツを教え込んでもらいました。

そこで、「綿棒浣腸をしても、うんちが出ない…」という方に私が教えていただいた方法を説明します。凄く簡単なので、コツを掴めばすぐにうんちを出してあげることができます!

 

綿棒浣腸のやり方

9ae98d5b7e1778007a622d2c2bf51138_s

綿棒浣腸に必要な物は以下の4つだけです^^

  1. 綿棒
  2. ベビーオイル(ごま油・オリーブオイル・サラダ油でもOK)
  3. おむつ
  4. お尻ふき

ごま油やオリーブオイル・サラダ油は担当の先生や看護師さんに教えていただきました。

 

その1

まず綿棒浣腸をする前に綿棒にしっかりとベビーオイルなどを付けてください。ベビーオイルなどを付けずに綿棒浣腸をすると、かなり痛いので忘れずに!相当お腹にうんちが溜まっている際は、凄い勢いでうんちが出るので服や床に付かないようにおむつを繋げてお尻の下に敷いておくと良いです。なお、綿棒浣腸を初めてする際は綿棒の先だけをお尻に入れるようにしましょう。初めて綿棒浣腸をする方で綿棒の軸まで入れてしまうことはあまりおすすめしません…

その2

子供の足首を片手でしっかり持ち上げお尻がよく見えるようにしてください。もしも、近くに他の方がいる場合は手伝ってもらうとやりやすいですよ。

その3

体勢が整ったらベビーオイルをたっぷりつけた綿棒をゆっくり肛門に挿入しましょう。急に入れてしまうと、子供がびっくりしてしまい動いてしまうんで注意が必要です。

その4

綿棒を入れたら、ゆっくりと時計周りに回していきます。綿棒をその場でクルクル回すだけでもうんちが出る子もいますが、出ない場合は優しく肛門の壁に沿って綿棒を動かしてください。「あれ?出ない?」と思った頃に、勢い良くうんちが出ます。子供の様子で分かります。綿棒を入れられている間、気持ち悪くてもじもじ動いていますが、うんちが出そうになると静かになります。静かになったと思った頃に大量にうんちが出るので、気を抜かないようにしないと、うんちまみれになってしまいます。

 

以上のやり方で綿棒浣腸を試してみて下さい。


ちなみに私の友人が最近初めて子供に綿棒浣腸をしたそうですが、全く出る気配がなかったそうです。家に行く機会があったので、先程説明した通りのやり方で綿棒浣腸をすると、すぐに大量のうんちが出ました!

 

綿棒浣腸をいまから初めてする方も、何回が綿棒浣腸をしたけど出なかったという方も、こちらで説明した方法を参考にしてみてください!

離乳食期の赤ちゃんの固いうんちを柔らかくする6つの方法

ac2287f4f2d1039c26cc13fd8756104f_s

まだお母さんの母乳やミルクを飲んでいるときは、赤ちゃんの固いうんちを経験することはあまりないかと思いますが、やはり離乳食が始まると赤ちゃんの便秘で悩む方が増えてきますし、私自身もそうでした。

1.水分補給をしよう

赤ちゃんの固いうんちは「水分が足りていない」ということがほとんどなのですが、しっかり水分は取れていますか?赤ちゃんの固いうんちを柔らかくするいい方法は「しっかりと水分を摂らせること」です。しかし、赤ちゃんによっては水分を嫌う子もいます。お茶や水・果汁・イオン水など、どれも飲んでくれない子も多々います。水分を摂らせないことには赤ちゃんの固いうんちは柔らかくなることはありませんし、改善することも難しいと思います…
小児科で相談してみるのも一つの手ですが、小児科によっては浣腸をして出すところもあります。浣腸はその場しのぎの方法なので実際に赤ちゃんの固いうんちが治るのかといえば治りません。

 

2.離乳食を利用しよう

そこで、赤ちゃんの固いうんちを柔らかくする方法として試していただきたいのが離乳食。いま離乳食を始めている赤ちゃんは離乳食をフルに利用しましょう!離乳食を作る際に水分を多めに含んだものを食べさせるのも良いですが、1番おすすめなのがお味噌汁やスープで水分を取らせる方法。無理に水分を取らせようとすると逆にもっと嫌がって飲まなくなってしまいます。そうならないためにも、逆に離乳食を利用して水分を取らせてあげれば良いんです^^

赤ちゃんはもちろん子供はお味噌汁などの汁ものが大好!汁物を好んで飲んでいるうちにお白湯や果汁・イオン水も飲むようになってくれますよ。

 

3.サツマイモ

また、赤ちゃんの固いうんちには食物繊維が含まれている食べ物をすすめている方もいますが、食物繊維が豊富に含まれている食べ物を離乳食に使うのは中々難しいもの。しかし、「サツマイモ」なら赤ちゃんにも大丈夫なんです!

サツマイモにミルクを多めに混ぜて与えてあげるだけで、水分と食物繊維が同時に摂れるのでおすすめ!サツマイモはおやつにももってこいなので、おやつにお菓子を与えるのでなくサツマイモを食べさせてあげると赤ちゃんの便秘解消におすすめすよ。

 

4.ドライフルーツ

なお、おやつにプルーンが入っているドライフルーツも与えたことがあるのですが数個食べただけで凄い量が出ました!ただし、ドライフルーツは離乳食が進んだ赤ちゃんにしか使用できませんので、赤ちゃんの成長具合に合わせて選んでみて下さいね。

 

5.果汁

果汁は少し飲んでくれるという方はであればお白湯も良いですが「オレンジジュース」を飲ませてあげるのも良いです。

 

6.ヨーグルト

また最後におすすめしたいのは、ヨーグルトです♪ヨーグルトなら離乳食が始まっている赤ちゃんでも食べやすい固さなので、夜に食べさせてあげると良いんです!夜はお腹に食べ物が入らないので、ヨーグルトを食べることで腸の働きが活発になります。

 

私は以上の方法で、離乳食が始まった赤ちゃんの便秘を解消しました!

 

まとめ

母乳育児だから絶対に便秘にならないわけではありません。そのため、母乳育児でも便秘になったからといって焦らないでください。

母乳で育てていても母乳が不足していれば便秘になる可能性も高まりますし、母乳以外ことが原因で便秘になることだってあります。

なお、もし母乳不足が原因の際は「母乳をよく出す“15”の方法【母乳育児の新米ママ必見!】」の記事で対策をまとめてますので、こちらもご参考になさってみて下さいね。

 

赤ちゃんが便秘になってしまったときは、まずは赤ちゃんの様子をみて普段と違うとことは無いか?確認してみて下さい。それでもわからなかったらお医者さんに相談していけば良いと思います。

赤ちゃんの時期はいろいろとママが大変に思うこともあるかと思いますが、後になってそれが「あー、あの時は大変だったなぁ」と思い出になるようなときが来ます!今は大変でも、もう少しだけの期間なのでぜひママは頑張ってみて下さいね!!

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの注目記事を受け取ろう

baby-cute-child-lying-40724

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

oda

2人の子どもを育てるママライター。動物好き。
普段はパパと子どもと一緒に動画をみて過ごしたりしています。
出産・育児の苦労が多かったので、子育てではかなり悪戦苦闘しました。そんな経験をもとに産後の赤ちゃん子育てについて書いています。