1. TOP
  2. 妊娠中の栄養補給はお腹の子ども影響する。【母子の栄養補給対策】

妊娠中の栄養補給はお腹の子ども影響する。【母子の栄養補給対策】

 2016/11/04 妊娠
 
pregnancy-1677333_640

 

普段以上に妊娠中のママの栄養補給はデリケートに考えてしまいます。

お腹に赤ちゃんがいる以上、ママ一人の栄養補給ではなく『子どもの成長』にも直結する栄養補給になるため、万が一栄養不足になって“生まれてくる赤ちゃんに影響がでないか?”気にしてしまいますよね?

そこで今回は、妊娠中に摂取すべき栄養素と栄養補給方法についてお伝えしていきます。

 

妊娠中の栄養補給が大切な3つの理由

pregnant-pregnancy-mom-child

妊娠してお腹に一人の命が宿ると、その命は10ヶ月という期間を経て赤ちゃんとして生まれてきますが、この10ヶ月という期間は人の一生の内で“人が一番に成長する非常に重要な期間”になります。胎児はママの体を通じて栄養を補給してもらうしか術がないので、妊娠期間中の栄養補給は非常に大切になってくるのです。

1.産後ママの悩みが軽減される?

栄養満点でしっかと栄養補給を出来たママから生まれてくる子は、同じように栄養満点で有ることが多く、病気やアトピーなどが発症しにくく、特に大きな夜泣きもはしないような子になるともいわれており、産後の子育ててママが悩増されることが少なくなるとされています。

 

2.IQ(知能指数)にも影響

また、栄養満点で生まれてくる子はIQが高くなるという研究結果も出ています。

参考:妊娠中の果物摂取、子供の知能向上に影響か

妊娠中のママが十分な栄養補給をすることは、母胎にいる子供の脳の発達にも深く関わっているとされています。

 

3.ママの体に影響が

どうしても母胎の赤ちゃんに注目が集まってしまいますが、なにより「ママ自身」のためにも栄養補給は必須になります。摂取した栄養素の多くが母胎の赤ちゃんに吸収されてしまうため、ママ自身が栄養不足で体調を崩してしまうことも。なお、栄養不足のままでの出産はホルモンバランスを崩しやすくなり、その結果ひどい産後の抜け毛に繋がることもあります。

妊娠中からの十分な栄養補給は母子の健康のためにも非常に大切になってきます。

 

特に大切な摂取すべき栄養素は?

pexels-photo-128402

妊娠中、特に必要な栄養素として挙げられる「鉄分」「葉酸」「カルシウム」「ビタミン」。普段の食生活では食事バランスが偏ってしまったときに不足しがちにある栄養素です、

葉酸

平成14年より厚生労働省も摂取を推奨するようになり注目をあつめる「葉酸」。葉酸の摂取量は妊娠初期~後期までにかけて1日400μgが必要とされています。葉酸の関わって主な働きとしては『細胞分裂の促進』に影響があり、お腹の中で急速に成長する子供をサポートするためにも重要な栄養素の一つ。また、他にも胎児の神経系障害が発症するリスクの軽減にも関わっている栄養素とされています。

 

鉄分

鉄分は妊娠中のお腹の赤ちゃんに血液を送る際に必要となりますので、ママの体から多くの割合で消費されていきます。そのため、ママ自身が『鉄分不足』にかかりやすくなることも。貧血やふらつきなどの症状に繋がってくるため、普段の生活に悪影響が出る可能性もあります。また、出産には大量の出血が伴うので妊娠初期の段階からしっかりと鉄分を補給しておかないと、産後すぐに鉄分不足になる危険性がありますので注意が必要です。なお、鉄分の摂取量は妊娠初期は7.5mg、中期から後期にかけて18mgが1日に必要な摂取量とされています。

 

カルシウム

鉄分とおなじく母胎の赤ちゃんに吸収されやすいカルシウム。胎児の成長に欠かせないのはもちろんですが、ママ自身もカルシウムが不足してしますと『骨粗しょう症』を引き起こしやすくなるので、意識し的にカルシウムの摂取をしましょう。なお、カルシウムは『マグネシウム』を合わせて摂取することで吸収率が高まります。【カルシウム:マグネシウム=2:1】このバランスで摂取するのが一番の理想的とされていますので、あわせてマグネシウムを摂取する事も心がけて下さい。

 

ビタミン

ビタミンB1、B2、B6、B12、C、A、そして葉酸、これらがおもに必要なビタミン類となります。妊娠期はママの健康やお腹の子どもの成長促進に、産後の授乳期は母乳の分泌と母乳の栄養分を高めるために、それぞれ必要になってきます。

 

妊娠中の栄養素を普段の食事だけで補うのは大変

384e6f4319c77d71f263a18cb0dc5d43_s/

これらの栄養分は普段の食事から摂取できますが、完璧に摂取しようとすると非常に大変な分量になってきます。例えば葉酸や鉄分を例にとってそれぞれの栄養分を食材に換算してみると以下のようになります。

 

葉酸

レバー(30~50g)、うなぎのきも(100g)、うに(100g)、卵黄(285g)、ほうれん草(200g)、サニーレタス(330g)、ほどを毎日摂取すれば葉酸の1日の基準値である400μgを摂取できます。他にもブロッコリー、みかん、キウイ、甘柿、パパイヤなどからも葉酸は摂取できます。

 

鉄分

レバー[豚、鶏](68g~160g)、にぼし(41g~100g)、ひじき[※乾燥状態の重量](15g~40g )、貝類(180g~450g)、納豆(220g~550g))、ほどを毎日摂取すれば葉酸の1日の基準値(妊娠初期:7.5mg、中~後期:18mg)を摂取できます。他にも豚肉、マグロ、カツオ、イワシ、貝類、などからも摂取できます。

この時点でかなりタフな食生活を続けなくてはならないことは容易に想像できると思います。またこれに加えてカルシウムや各種ビタミン類を摂取していくのは相当にタフな食生活になります。

 

より厳密に健康を考えた食事なら

上記はあくまで栄養素とその素材だけの話しになりますが、より完璧を求めていくなら日々の献立内容にも気を使う必要があります。例えばお米も「発芽米」にしてミネラル分を摂取したり、異種タンパク(人間のタンパク質とは違うタンパク質)を摂り過ぎず、今日は取り、今日は魚、という風にバランスよくローテーションを組む(タンパク質自体は大切な成分)、普段の調味料に気を付ける、緑黄色野菜を日々バランスよく摂取する、など。献立作りだけもで非常に大変に。

なにより、妊娠中で体調のコントロールが難しいときに、これらをデリケートに考えて、日々用意、摂取していくのは非常に困難です。

 

栄養ドリンクは極力控える

また、妊娠中は栄養補給だけでなく、単純に普段よりも『疲れる』という側面から栄養ドリンクを摂取したい気持ちに陥ることがあります。普段の状態なら何ら問題はありませんが、妊娠中は極力栄養ドリンクは避けた方が無難です。栄養ドリンクとはいえ問題なのは含まれている『カフェイン』になることが多いのですが、仮にカフェイン抜きの栄養ドリンクを飲んだとしても、アレルギー成分やアルコール成分などが含まれており、また糖質も必要以上に摂取してしまう可能性もあります。どうしても飲みたいときは病院で確認するなどが重要になります。

 

葉酸・鉄分・カルシウム・ビタミン。上手に摂取するには?

035b069d4fa317a1dd2e11eb9a10f900_s

妊娠中の大変なコンディションの中、必要な栄養分を摂取するために毎日の料理や献立を作り込むのは大変と感じるかと思います。とはいえ、栄養をしっかりと摂取しないことには安心して出産を迎えることも出来ない。そんなときに便利なのが葉酸・鉄分・カルシウム・ビタミンなどの必要な栄養分を同時に、手軽に摂取できる専用のサプリメント。

鉄分やカルシウム、ビタミン剤などは以前から多く取り扱われていたサプリメント。現在はそれに加えて厚生労働省からの推奨も有り葉酸を摂取できる専用のサプリメントまで多くみられるようになりました。

 

q5_graf

出典:ウィメンズパーク『妊活・妊娠中、どんな目的でサプリメントを飲んでいます(いました)か?』より

 

このように今では多くの妊婦さんが妊娠中の栄養補給としてサプリメントを上手に活用される機会が増えてきています。

 

妊婦さん向けの専用サプリメントを活用する

今では妊婦さん向けに必要な栄養素を凝縮したサプリメントも多く見かけることができます。また、必要な栄養分だけでなく、それらの栄養分を効率よく吸収する吸収率の高い成分まで合わせて配合されているものも。葉酸・鉄分・カルシウム・ビタミンなどを同時に効率よく摂取できるサプリメントをうまく活用して、元気で健康的な赤ちゃんを出産するための準備をしていきましょう。

 

サプリメントの選び方で大切な3つのコト

サプリメントを選ぶ際は、周りの口コミや評判だけで判断するのは控えた方が良いでしょう。なぜなら、人それぞれ体質の違いがあるので他人の評価=自分の評価にはならないことがあるためです。よって、サプリメントに配合されている成分の有無や含有量によって選ぶようにするのが一番です。配合成分で特に気にすべきは

 

1.必要栄養分の配合量

  • [葉酸:1日0.4mg(400μg)]
  • [鉄分:1日7.5mg(妊娠初期)、18.0mg(妊娠中期~後期)]
  • [カルシウム:1日900mg]
  • [ビタミンA:1日700μgRE(妊娠初期~中期)、760μgRE(妊娠後期)]
  • [ビタミンD:1日7.0μg(上限は100μg)]
  • [ビタミンK:1日150μg]

これらが1日に妊婦さんが必要とされている栄養分量とされています。

 

2.無添加・無着色

サプリメントには食品添加物が含まれていることもよくあります。食品添加物は、基本的には体に害のあるものとは言えませんが、妊娠中のデリケートな母胎の場合、極力摂取しないようにして“無添加”なものを選ぶほうがよいでしょう。

 

3.天然由来のモノグルタミン酸型

厚生労働省が推奨する葉酸サプリメントは『モノグルタミン酸型』とされていますが、モノグルタミン酸型は果実・酵母・野菜などから抽出した食事性葉酸をモノグルタミン酸型に変換させた『天然由来』のタイプと、『化学成分』から作られるタイプの2種類があります。
体にかかる負担面から考えても、選ぶ際は『天然由来のモノグルタミン酸型』のサプリメントを選ぶことが大切です。

 

薬との飲み合わせバランスを理解する

doctor-medical-medicine-health-42273

また、薬によってはサプリメントの成分に影響がかかるものもあるので“薬との飲み合わせ”は注意しましょう。せっかくのサプリメント含まれる成分も薬の作用で分解されてしまうものもあります。そのため、サプリメントや薬を飲む際は、あらかじめお医者さんや薬剤師さんに「どのように飲むべきか?」「飲む際の注意点は?」「このサプリ・薬は飲んでも大丈夫なのか?」など、現状を伝えつつ、改善案のアドバイスを受ける様にしてください。

 

まとめ

以上、妊娠中の栄養補給の重要性、そしてどういった成分が特に摂取して欲しいか?をご紹介いたしました。

お腹に新しい命が宿る以上、いつも以上にデリケートな気持ちになってしまうことも多いかと思います。ですが、考えすぎても母子共にいいことはありません。

思い詰め過ぎずに周りに頼れそうなときは遠慮せずに頼る、自分ではできる限りのことをする、まずはそこから始めましょう。

上手な栄養補給をして母子ともに健康的な妊娠期間を過ごしていきましょう。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの注目記事を受け取ろう

pregnancy-1677333_640

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

IKURICH編集部

IKURICH編集部

IKURICH編集部です。育児ママの毎日がちょっとでも豊かになるような情報を発信していきます。よろしくお願いいたします。