1. TOP
  2. 発達障害の子ども用キッズサプリメントで栄養補給が大切な3つの理由

発達障害の子ども用キッズサプリメントで栄養補給が大切な3つの理由

 2017/07/25 育児
 

【発達障害の件数は年々増加している傾向に】。発達障害と診断される子どもたちは増えてきており、周りと同じじゃない・うまくいかないと悩んでいるママも多くいます。発達障害は脳の働きによるものですので完治させるのは難しいですが、食生活を変えることによって脳の状態を改善できる適切な栄養補給の方法があります。

そこでこの記事では、

  • 発達障害のお子さまを持つママに向けて
    脳の改善に効果的な栄養やおすすめのキッズサプリ

についてお伝えしてきます。

発達障害には栄養が影響している。

発達障害と診断される子どもたちの症状は様々ですが、「生まれつきの遺伝的な要因」と「環境による要因」との2つが相互作用によって起こると考えられています。発達障害の場合、生まれつき脳の構造が人とは違うため、現在の医学技術では根本的に治すことは非常に困難。ですが、発達障害が生まれつきなものであっても食生活を変えることによる医学的な栄養療法は存在しており、脳の栄養不足を補うことで脳や神経を元気になるように働きかけたり脳へのダメージを防ぐことができます。

参考:発達障害の子どもが変わる食事 (青春新書INTELLIGENCE)

普段の食生活を変えることで発達障害の症状が緩和されたという実例は多くあり、日本だけでなく海外でも広く知られるようになってきています。また脳の栄養不足を補うだけでなく脳アレルギーを解消することでも発達障害の症状が消えたり改善されることがあります。

脳アレルギー(ブレインアレルギー)とは?

発達障害やボーダーラインと診断される場合、アレルギー食材によって発症する脳アレルギーがかかわっている可能性が高いと考えられています。

脳アレルギーはイライラや多動性・衝動性・不安感などの精神症状が知らないうちに症状としてあらわれるのが特徴です。花粉症やアトピーなど症状がすぐに出るアレルギーとはタイプが全く異なるため気づきにくいですし、アレルギー検査でも見つけることが困難になります。アレルギー食材だとは知らずに普段どおり食べ続けてしまうと、症状も悪化していきますので結果として発達障害と診断されてしまうことがあります。また、発達障害の症状は偏食によって起きやすい鉄欠乏や低血糖症、環境汚染物質などの影響によってもあらわれることもあります。

このように脳アレルギーが発達障害の症状を表面化させているケースもありますが、脳の栄養不足や遺伝が強くかかわっているなど様々な原因が考えられます。ところが、日本の発達障害の治療においては表面化された症状だけを見て診断されるため、栄養面などが原因となっているかどうかを診てくれないのが実情です。脳アレルギーかどうかは、血液検査で調べることができるようですが、日本ではなくアメリカに血液サンプルを送って調べてもらわなければなりません。発達障害の症状を抑えるためには、待っていても進展はありません。食生活の改善やキッズサプリの活用など栄養面からのアプローチも含めて、今してあげられることを考えていくことが大切になります。

注目の成分は?

さて、そんな発達障害の子に注目の栄養成分は以下があります。

レシチン

レシチンは人体を構成する約60兆個の細胞膜を構成している主成分で、自然界の動植物すべての細胞に存在しています。脳機能の保全で記憶力や学習能力など脳にかかわる機能を高めるのが主な働きとなり、発達障害に効果的な成分として注目されています。

須脂肪酸

必須脂肪酸は主に青魚の脂成分に含まれるEPAやDHAをはじめとする成分の1つ。発達障害の改善に効果があると言われています。特にADHDの注意、認知、多動の症状に関して改善が多くみられる傾向があり、学習障害や運動発達の障害を合併している子どもにも有効とされています。

注意欠陥・多動性障害(ADHD)にはどんな栄養が大切?

上記とは別に、ADHDの症状としてあらわれる注意欠陥・多動性障害の改善効果が期待できる栄養素としてはいかが大切とされています。

ピクノジェノール

ADHD向けのキッズサプリに使用されることがある栄養素で、アメリカではADHDの改善効果が認められており特許認証もされている栄養素。また、アドレナリンやドーパミンなどの興奮にかかわる物質の低下に期待ができ、学習・認識・注意・行動などにかかわるストレスホルモンのバランスが整えられることでADHDの改善効果にも期待ができます。

DHA

脳の活性化によって脳の発達や神経組織の発達を助けてくれる栄養素。情報のやりとりがスムーズに行えるようになることで、頭の中で情報を上手く整理することができるようになり、落ち着いて物事を対処できるようになります。

イチョウ葉

主な効果は血流改善ですが、特に脳や毛細血管の血行が良くなるため、ADHDの症状緩和に期待できます。

ホルファチジルセリン

脳の細胞膜を柔らかくする脳機能の改善効果によって神経への伝達がスムーズに行われるようになりますので、精神も安定しやすくなります。

ホスファチジルセリン(PS)

脳機能の改善によってADHDの症状を緩和させる効果が期待できます。

ビタミン群

ビタミン群は、他の栄養素の吸収性や相互作用でより効率的に摂取できます。中でもビタミンB12は集中力上げる効果があります。

以上がADHDの改善のために期待のできる大切な栄養素になります。

【参考】与えてはいけない食べ物は?

なお、ADHDなどの発達障害の子どもに食べさせてはいけない食品もあり、それは身近にある「牛乳」と「小麦」です。牛乳にはカゼイン、小麦にはグルテンが含まれており、それぞれADHDの子どもが摂取すると悪影響を及ぼすと言われていますので注意が必要となります。併せて覚えておくと良いでしょう。また、キッズサプリを選ぶ際にも注意点があり、動物由来のサプリメントは発達障害の子どもにとって危険とされていますので必ず植物由来のサプリメントを選ぶようにしてください。

何故おすすめ?サプリメントを活用したい3つの理由

1.日々の栄養補給が大切

発達障害の改善する目的として食事療法により必要な栄養分を補給するのは有効な手段。ですが、普段の食生活で十分な栄養を補給することが出来ず、栄養が乱れている状態が続くこともあり、そうなってしまうと脳の働きを悪くさせてしまう要因にも。脳も体の一部です。食生活の乱れによって体調を崩してしまうと脳の機能にも悪影響を及ぼします。

普段の食生活を進めていく中で食品添加物を多く含まれる加工食品が中心の食事になりますと化学物質を体内に取り入れてしまうことになりますし、栄養も偏りやすくなってしまいます。よって、バランスのよい食事も心掛けることが大切です。また、野菜や果物に豊富に含まれるビタミンやミネラルには血行促進・造血作用・ストレスの抑制・精神の安定など脳の機能に良い影響を与えてくれます。魚には脳の神経細胞に働きかけてくれるDHA・EPAが豊富ですので肉類だけに偏らないように心掛けたいところです。

このように食生活を改善することは大切ですが、実際に毎日やろうとするのはかなりの労力と時間がかかってしまいます。そこで、子ども用のキッズサプリを活用すれば脳の機能に良い影響を与えてくれる栄養素を手軽に摂取することができます。食生活の見直しが難しいと感じておられる毎日忙しいママにとって、キッズサプリは発達障害の改善への強い味方になってくれます。

2.食事療法だけでは補うのが難しいケースも

上記の「1.」とも多少重複しますが、発達障害の子どもの食事療法には以下のような原因で難しいケースもでてきます。

  • 毎日の献立を考えたり調理に負担がかかる
  • 食事療法は効果が出るまでに長期間かかる
  • 子どもの消化能力に問題があることも
  • 子どもが偏食で食べてくれない

食事療法は大変ですが効果がすぐに出るわけではありません。そのため、多くのママさんが続けることが難しくなります。キッズサプリは発達障害の子どもに効果的な栄養素が考えられて配合されていますので食事だけで進めるよりも効果を実感しやすいというメリットがあります。

3.体に優しいケアができる

ADHDのお子さんは落ち着きのなさによって本人も周囲も困らせてしまうため、多動を抑える覚醒作用のある薬を処方されることがあります。薬を処方することで多動は改善されるかもしれませんが、成長途中の子どもにとって覚醒作用の薬を飲み続けることは将来的に大きなリスクになると考えられます。これでは本末転倒です。

キッズサプリの場合、薬を処方するより即効性はありませんが代わりに子どものカラダに優しいケアができます。いまではキッズサプリを活用されているお母さんは多く、実際に一定の効果もでています。キッズサプリは副作用の心配もなく安心して飲み続けることができますので体に優しいケアとして非常におすすめです。

発達障害の子どもおすすめのキッズサプリは?

発達障害の子どもにおすすめのキッズサプリといえば「コドミン」。コドミンはホスファチジルセリン(PS)配合の子ども用キッズサプリで、お子さまの落ち着きと楽しい毎日をサポートしてくれます。

【参考】 >>発達障害の子どもにおすすめのキッズサプリならコドミン

 

ホスファチジルセリン(PS)はスムーズな情報伝達に役立つ注目の成分ですので、お子さまの落ち着き・集中力・衝動性の制御を助けてくれます。また、コドミンは植物由来の国産キッズサプリですので発達障害の子どもにも安心して飲ませてあげられます。

飲みやすさについてはお菓子感覚で食べられるタブレットタイプのラムネ味ですので毎日おいしく続けられます。品質においても国内のGMP認定工場にて製造されていますので成分量のバラつきや衛生面でも安心できます。

コドミンを食べてくれて落ち着いてきたらママも安心ですし、お子さまも周りの友だちと一緒に楽しく過ごせるようになります。

なお、コドミンに関して詳しくは「コドミンの効果が嬉しい![子供の落ち着きに悩むママ向けサプリ]」の記事で体験レビューをまとめていますのでよろしければご参考になさってくださいませ。

 

まとめ

今回は発達障害のお子さまを持つママに向けて、脳の改善に効果的な食事療法やおすすめのキッズサプリについてお伝えしました。

発達障害のお子さまの落ち着きのなさや周りとうまくいかないことに、ママもお悩みと思いますが日本や海外では発達障害の研究は進んでおり、専用のサプリメントも安心して効果を実感していただけるようになっています。

おすすめのキッズサプリのほうでもお伝えしてきたように、コドミンは偏食がひどいお子さまでもお菓子感覚でおいしく続けられます。食事療法は発達障害に効果的ではありますが、毎日忙しいママにとっては大きな負担となりますので、そういったときにコドミンを活用していただけたら大きな助けになってくれますよ。

\ SNSでシェアしよう! /

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

IKURICH編集部

IKURICH編集部

IKURICH編集部です。育児ママの毎日がちょっとでも豊かになるような情報を発信していきます。よろしくお願いいたします。