1. TOP
  2. つわりに効果的な吐き気止め!おすすめの種類や特徴は?

つわりに効果的な吐き気止め!おすすめの種類や特徴は?

妊娠初期に現れるつわりは、食欲不振や吐き気などを引き起こします。これらの症状が深刻な場合には吐き気止めを飲むことも対策のひとつです。吐き気止めには種類があり、それぞれに特徴があります。つわり対策の吐き気止めには、どのような種類や特徴があるのか紹介します。

つわりってどういうもの?なぜ引き起こされるの?

妊娠をすると現れるつわりは、妊娠経験者でも辛い症状を引き起こします。また、つわりには症状が軽い人や重い人がいて、症状の辛さには個人差があります。つわりについて学んでみましょう。

つわりとは何?

つわりは妊娠初期である5週ごろから始まり、16週ごろに治まる症状です。主な症状として、胃がムカムカする、吐き気、精神的に不安定になる、においに敏感になり食べ物のにおいを受け付けなくなることなどが挙げられます。しかし、つわりは病気ではありません。16週以降もつわりが続くことはあっても、必ずその症状は治まります。つわりの期間は食べ物を受け付けなくなることも多くなるので、自分が食べられるものを選び、できるだけ口に入れて栄養を補給するようにしましょう。多く食べる必要はありませんが、食べられるものをどんなタイミングでも摂取できるようにしておくことが大切です。吐き気も催しやすいので、食欲のないつわりの時期は吐き気止めを使うことも選択肢として持っておくと良いでしょう。

ホルモンバランスの変化による影響

つわりが起こる原因の1つ目は、ホルモンバランスの変化にあります。妊娠すると受精卵の一部からhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンが急激に分泌され、黄体が刺激されることでプロゲステロンの分泌が促進され受精卵が成長します。赤ちゃんの成長に重要な母体の変化なのですが、急な変化に身体が対応できないためつわりが引き起こされるといわれています。しかし、ホルモンバランスの変化は決してつわりの重さに比例するものではありません。そのため、hCGが直接的な原因ではないという意見もあります。

アレルギー反応による可能性

妊娠は自然な出来事です。しかし、つわりが起こる原因の2つ目として身体が受精卵を異物と認識してしまっているのではないかということが挙げられます。これは一種のアレルギー反応であるといわれていますが、時間が経つと症状が治まるため原因ではないという意見もあります。アレルギー反応がつわりの原因といわれている理由として、男の子だと症状が重くなることや母と子で血液型が違うとつわりが重くなるなどの個人的な経験談が多く見受けられるからです。しかし、女の子で同じ血液型の場合でも重いつわりを引き起こす人もいますし、男の子で血液型も違うけれど症状が軽い人もいるので、アレルギー反応によりつわりが引き起こされている可能性は薄いといえるでしょう。

身体が酸性に変わるという可能性

つわりが起こる原因の3つ目の理由は、妊娠により身体がアルカリ性から酸性に変わることが挙げられます。通常、膣内は細菌などから身体を守るため酸性状態を保っていますが、妊娠をすると赤ちゃんが過ごしやすい環境であるアルカリ性に身体が変わります。この変化の過程で気持ち悪くなるなどの症状が発生するといわれています。その説から、身体をアルカリ性に保つサポートをする食べ物を摂取することでつわりの症状を和らげられるのではないかと考えられています。

身体を休めるべきという合図の可能性

つわりが起こる原因の4つ目の理由として、妊娠状態を保つために身体を安静にすることが目的だということが挙げられます。妊娠中に無理に身体に負荷をかけてしまうと流産のリスクが高まってしまいます。できるかぎり安静にするために、吐き気や食欲不振などの症状が引き起こされているのではないかといわれているのです。

つわりの時に飲むべき!効果的な吐き気止めの種類

つわりの症状のひとつである苦しい嘔吐や吐き気を抑えるために吐き気止めを使用することがあります。吐き気止めの種類は大まかに3種類に分けられます。それぞれについて紹介しましょう。

ビタミン系の薬

1つ目は成分にビタミンが含まれている薬です。つわりの悪化を防ぐ効果が期待できるビタミンB6やビタミンB6化合物が含まれています。ビタミンB6は嘔吐の軽減に有効とされており、つわりが重症化したときには5mg?60mg摂取するのが良いとされています。また、妊娠中はトリプトファンの代謝不良が起こり、吐き気を催すことがあります。ビタミンB6を摂取するとたんぱく質やアミノ酸を合成する作用が高まりトリプトファンの代謝改善が行われ、つわりの症状を軽減してくれるといわれています。

なお、ビタミンB6摂取の場合、サプリメントでの摂取もおすすめ。特にビタミンB6は「葉酸サプリ」にも豊富に配合されているため、葉酸により胎児の健やかな成長を促すとともに、妊婦さんのつわり症状の緩和にも役立ち、一石二鳥です。詳しくは「妊娠中におすすめ!お腹の赤ちゃんに安心・安全の葉酸サプリ」の記事でも詳しくお伝えしてますので、あわせてご参考になさってください。

制吐系の薬

2つ目は嘔吐感を抑えてくれる薬です。車酔いなどに使用される鎮静作用や催眠作用がある薬で、眠くなりやすいので服用するときは車の運転を控える必要があります。他にもつわりの症状を軽減させる作用がある吐き気止めもいくつかありますが、日本で処方されることはあまり多くありません。嘔吐や吐き気を抑えることでつわりの症状を緩和することが期待できます。しかし、妊娠初期は薬を使用することを避ける医師も多いため、よほどつわりが辛くない限り処方される可能性は低いでしょう。

漢方薬

3つ目は漢方薬です。漢方は自然由来の成分で、つわりの症状を軽減してくれる作用が期待できます。漢方薬は効き目に関しては個人差があります。医師や漢方薬に詳しい薬剤師に相談をして処方してもらうのが良いでしょう。

具合が悪いと処方される?病院で渡される薬の特徴

妊婦健診などで、つわりの症状が酷いと伝えれば薬を処方してもらえる可能性もあります。

ビタミン剤

主にビタミンB6が含まれています。ビタミン剤はサプリメントとしても販売されており、過剰に摂取しないかぎり副作用もなく安全な薬といえるでしょう。つわりの症状が辛く医師に相談した場合は、はじめに様子見としてビタミン剤を処方されることも多いでしょう。食事を満足にできていない場合はビタミンB6が欠乏している可能性もあるので、ビタミン剤でつわりの症状が和らぐ可能性が高いからです。

内臓の働きに効く薬

肝臓機能の解毒作用を高める薬にグルタチオンがあります。副作用が比較的少ない薬で、つわりの吐き気止めとしてよく処方されます。

鎮静効果のある薬

乗り物酔いや不眠治療にも使用されるピレチアは鎮静・催眠作用がある薬です。

制吐効果のある薬

ゾフランザイディスは吐き気や嘔吐を抑制する薬で、抗がん剤の投与の副作用を抑えるために使用されるものです。つわりによる吐き気を抑える薬としても処方されますが、日本で処方されることはあまりないでしょう。

吐き気が酷い… 市販薬は飲んでも良いの?

吐き気が急に酷くなり、吐き気を抑えたくても病院はやっていないときに、頼りたくなるのが市販薬。しかし、身体がデリケートなときに使用していいものでしょうか。

妊婦への安全性は高め

市販薬は病院で処方される薬に比べて弱めに作られています。また、漢方を使用した薬もあり、妊婦への安全性は高いといえるでしょう。しかし、市販薬を購入するときは、薬剤師に必ず相談するようにしましょう。症状によって、3種類ある吐き気止めの中から適したものを選ばなくてはいけないためです。

下痢や眠気といった副作用がある

市販薬に限りませんが、吐き気止めの中には睡眠作用があるものや、おなかが緩くなってしまうものもあります。副作用については、事前に調べることや薬剤師または登録販売員に聞いて、薬についての情報を十分把握してから利用するのが良いでしょう。

飲むのはかかりつけの医師に必ず相談してから

市販薬を使う場合もかかりつけの医師に相談するのがベストな選択です。つわりの原因を特定しないまま、勝手に薬を服用してはつわりの症状が改善されないばかりか、副作用だけ働き余計に辛い結果になるリスクもあります。かかりつけの医師に相談したうえで、薬剤師にも相談し確実に安心できる薬を使用してつわりの症状を軽減させましょう。

かかりつけの医師へ指示を仰いでから!自分だけで判断しないこと

つわりの症状を緩和させる方法の一つとして、薬を使用する方法があります。しかし、必ず医師に相談することが大切で、自分の判断だけで薬を使用するのは控えたほうが良いでしょう。最悪の場合、お腹の胎児に影響が出る可能性もありとても危険です。医師に相談することで、症状によっては薬を使用しなくても良い場合もあります。無理に薬に頼るのも身体には負担になるので、しっかりとかかりつけの医師に相談し、どうしても辛い場合は薬を処方してもらいましょう。

 

\ SNSでシェアしよう! /

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

IKURICH編集部

IKURICH編集部

IKURICH編集部です。育児ママの毎日がちょっとでも豊かになるような情報を発信していきます。よろしくお願いいたします。