1. TOP
  2. 首イボが出来る原因の真実とは?対策・予防法はどうすればいい?

首イボが出来る原因の真実とは?対策・予防法はどうすればいい?

 2017/08/29 美容
 
    • 30代を過ぎたころから、急に首まわりに小さなポツポツが・・・

そんな「首イボ」の出現に戸惑っている方も多いのではないでしょうか?この「首イボ」、別名「老人性イボ」ともいわれる「老化現象」のひとつなのです。首まわり、つまりデコルテ部分は日ごろのケアがどうしてもおろそかになってしまいがち。紫外線対策も、顔はバッチリだけど首まで気が回っていないという人も少なくはありません。また、青春時代はスポーツを頑張っていた!という人も多く、日焼け止めなんか塗ってなかった・・・という人も少なくないのではないでしょうか。

出来てしまった首イボをクリニックや病院で切除するのは、時間もお金もかかりますし、なにより痛い思いをしなければなりません。だからこそ、首イボが出来ないように予防することが大切ですし、早めにケアすることで首イボに悩まされることもなくなります。ですが、出来てしまった首イボもまだ諦める必要はないのです。

そこで今回は、首イボが出来る原因や対策についてお伝えしていきます。

【イボ特集】

もう悩まない!自宅で出来る首や顔周りのイボ(ブツブツ)をきれいにする方法

 

なぜなの?首イボが出来る12の原因

首イボは30代以降にポツポツと現れることが多く、それらのほとんどが良性の「腫瘍」によるものだといわれています。老化や、肌への様々なダメージが原因だとされますが、イボが出来る部位・症状・色・形状などによって治療方法は異なってきます。それぞれのイボの種類に適した処置・ケアをしていくことが大切ですし、必要な場合は専門家におまかせすることが改善の近道だとも言えるでしょう。

1.老化

首イボの多くは「肌の老化」が進むことで出来ると考えられています。肌がダメージを受けることで細胞が過剰に増殖し、肌表面が盛り上がることで「イボ」が形成されます。年齢を重ねるごとに肌は様々なダメージを受けやすくなり、イボがどんどん増えていく傾向にありますから、日ごろからしっかりケアすることがとても大切。また、加齢による水分不足も首イボの原因だとされていますかから、スキンケアを首までしっかりしなければならないのです。

2.摩擦による刺激

首周りは肌が洋服やアクセサリーなどでこすれやすく、この摩擦による刺激が首イボの原因だともいわれています。ハイネックの洋服やマフラー、ネックレスなどはこうした摩擦を生んでしまうことが多いので、首イボが気になる場合は特に注意する必要があります。首もとは出来るだけすっきりとさせていたほうがシワも防げますよ。

口コミ参考

少し前に首イボを発見して、気にしていなかったのですが、最近服が擦れたりしてたまに痛いです。 あと、気になって手で触ってしまいます…https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11154540001?__ysp=6aaWIOOCpOODnA%3D%3D

 

3.体質・肥満

首イボは「体質」によって出来やすい場合もあります。特に肥満体質の人は首イボが出来やすい傾向にあるようです。その理由としては、首の皮膚がたるんだりこすれたりすることで角質化しやすく、首イボが出来る原因を生みやすいということが挙げられます。また、肥満による新陳代謝の低下も原因のひとつとして考えられるでしょう。肥満傾向にある人は汗をかきやすく、肌が蒸れてしまいがち。こまめに汗のケアをすることも大切です。

4.紫外線

紫外線は肌に大きなダメージを与えるので、肌の老化の原因としてもっとも大きなものだと考えても良いでしょう。紫外線を多く浴びることで肌の表皮でメラニン色素が作られますが、肌のターンオーバーが正常に行われていれば一定のリズムで排出されていき、肌に残ることはありません。ですが、加齢に伴いこのターンオーバーが乱れてしまうと、メラニン色素はどんどん肌に蓄積されていき、シミになったり、いわゆる「老人性イボ」と呼ばれるものになってしまうことがあるのです。また、紫外線を大量に浴びることで体が疲労してしまい、新陳代謝が低下してしまうと、肌のターンオーバーが乱れてしまいます。日ごろから紫外線対策はしっかり行うようにしましょう。日焼け止めクリームをこまめに塗ったり、帽子や日焼け予防の衣類を着用するなども効果的ですよ。

5.ウイルス

首に出来た傷口から「ヒトパピローマウイルス」という感染性のウイルスが侵入することで首イボが出来てしまうことがあります。ウイルス性のものは適切にケアしないとどんどん広がってしまいますし、他人に感染するケースもあります。出来てしまったイボが感染性のものなのかどうか、皮膚科などの専門機関でしっかり判断してもらうことが望ましいでしょう。安易に自己判断してしまわないことが大切です。

6.更年期などのホルモンバランスの崩れ

首イボは、単に老化や肌へのダメージだけではなく、ホルモンバランスが崩れることでも出来てしまうことがあります。特に体内のホルモンバランスに変化が起きやすいとされる30代以降は注意が必要です。さらに更年期にもなると様々なホルモンバランスが崩れてしまいがち、更年期を過ぎた頃が一番首イボが出来やすいともいわれているのです。

更年期を過ぎると、抜け毛の増加や肌のハリ、ツヤの減少、骨粗しょう症など、様々なマイナートラブルに悩まされるものですが、中でも多く見られるのが首イボなのです。ホルモンバランスが崩れて肌のターンオーバーが正常に出来ていないことが原因ですが、中にはそれ以外にも深刻な病気が体内のどこかで進行しているサインである場合もあります。あまり神経質になる必要はあえませんが、急に首イボが大きくなったり、色が濃くなった、出血したなどの症状が見られた場合は、専門家に診察してもらうと安心出来るでしょう。

7.妊娠

妊娠と首イボの関連性について、詳しいところは現時点では不明ですが、やはり妊娠することでホルモンバランスに変化が生じ、首イボの発生へと繋がってしまうことがあります。妊娠前はなかったはずのポツポツが、出産後に首にたくさん出来ていて驚いた!という話は珍しくありません。妊娠中はつわりの影響や味覚の変化により、食生活がどうしても乱れてしまう傾向にありますから、妊娠以前と比べても心身ともに不安定になってしまいがち。こうした側面も、首イボなどの肌トラブルを引き起こす原因だと考えられています。

また、妊娠中の女性の肌はとても敏感な状態にありますから、外部からの様々なダメージを受けやすく、肌の老化を進めてしまいやすいとも考えられるのです。妊娠中はイボだけでなく、シミも出来やすい時期だといわれていますから、日ごろからしっかりケアするように心がけることが大切です。

関連記事:妊娠中にできた首のイボ(ぽつぽつ)の原因は?綺麗にとる方法6選

 

8.かゆみ

首イボが出来た際、以下のような兆候がみられる場合はガン(胃ガンなど)が進行しているというサインである可能性もあります。

      • 急にイボが増えた
      • 手足、胴体にもイボが出来た
      • イボに痒みを伴う

イボ自体は良性の腫瘍であるケースがほとんどなので問題はありませんが、体内のどこかに進行性のガンを患っている場合、こうした形でイボが出現することがありますので注意が必要です。首イボに限らず、体のどこかにイボが出来たなどの異常を感じた場合は速やかに受診し、診察してもらうことをおすすめします。

9.ターンオーバーの乱れ

首イボは古い角質が肌に残ったまま硬化したりメラニンが蓄積されるなど、いくつかの悪影響が蓄積されて発症します。通常は1ヶ月くらいの周期で肌細胞が生まれ変わるターンオーバーによって古い角質は剥がれ落ちます。ところが、ターンオーバーが乱れた状態が続くと古い角質やメラニンなどが蓄積されて首イボになってしまうのです。

ターンオーバーは肌の新陳代謝と同じ意味として使われていますが、年代によってターンオーバーの周期はそれぞれ異なり10代で約20日、20代で28日、30代で約40日というように年齢を重ねるごとに肌が生まれ変わる周期が長くなる傾向があります。ですが、年齢だけでなく食事バランス・睡眠不足・運動不足・紫外線対策、など普段の生活習慣によって簡単に乱れてしまうと言われています。そのため、肌のターンオーバーを正常に保つことが非常に大切になりますが、主に以下の原因によって首イボができやすい肌環境にさせてしまいます。

10.乾燥

肌の水分や潤いが不足して乾燥すると首イボができやすくなります。若い年代の時期は、肌が乾燥しても新陳代謝が活発ですので、ターンオーバーによって古い角質が硬化して首イボになることはほとんどありません。ですが、肌ケアを不十分であったり、歳を重ねることで肌の乾燥が進むと古い角質が残って硬化して首イボができてしまいます。

11.首イボができやすい年齢かどうか?

首イボができやすい年齢は30歳以上の方です。理由は、摩擦や紫外線などの外部刺激によって受けた肌ダメージを年齢とともに上手く排出できなくなるためです。また、紫外線対策をせずに普段から日光を浴び続けるとメラニンが蓄積されて20代でも首イボができることもあります。もちろん肌の健康が保たれていれば、30歳以上の方でもターンオーバーを正常な周期で迎えることができますので、首イボができにくくなります。

12.再発による首イボ

首イボが治って消えたとしても再発によって首イボができることがあります。首イボには親イボと小イボの2種類あり、小イボを除去したとしても親イボが残っていると再発する可能性があります。逆に親イボを除去すれば小イボも消えるようです。親イボは元からあるイボで刺激によって中のウイルスが周辺に広がると、小イボとなって増えてしまうことがあります。ですから、自己判断でイボを除去しようとしたり、何度も手で触れないように注意しましょう。

 

首まわりに出来るイボの種類や特徴は?[非ウイルス性イボの場合]

首まわりに出来るイボの大きさや色、症状などでイボの種類は違ってきます。当然対処方法も違いますから、きちんと判断した上で適切な処置をしていかなければなりません。まずは自宅でケアが可能な「非ウイルス性のイボ」の種類ついてお伝えします。

軟性線維腫(老人性イボ)

単発で発症するイボのことを軟性線維腫と呼びます。首より体に出来ることが多く直径5mmを超えるものが多いです。中には1cm以上になるようなものもあります。軟性線維腫は30歳以上の方にできやすい傾向がありますが、特に更年期を過ぎた女性や肥満の方にできやすい特徴があります。なお、軟性線維腫を含む非ウイルス性のイボは良性の腫瘍ですので、身体に危険を及ぼしたり、感染することはありません。目立つので心配になってしまいますが、これは良性の腫瘍なので放置しても特に問題はありません。

アクロコルドン(老人性イボ)

比較的、首まわりに出来やすい種類のイボで、大きさは3mm程度。肌色であまり目立ちません。これは他人に感染しない種類のイボで、摩擦などの刺激によって発生することが多いとされています。

スキンタッグ(老人性イボ)

首まわりに出来やすく、特に汗をかきやすい場所に発生することが多いでしょう。小さめのポツポツとしたものが多く、色は肌色~茶色、黒っぽいものもあります。加齢によって発生し、他人に感染する心配はありません。

脂漏性角化症・老人性疣贅(老人性イボ)

紫外線を浴びて日焼けによってできたシミが、さらに紫外線を浴び続けると盛り上がったイボを脂漏性角化症と呼びます。大きさは数mm~数cmと様々で、大きくなると岩のような形にできるのが特徴です。首だけでなく、顔や体のどこへでも発生するイボ特に日に当たる部分に出来やすく、主な原因は加齢によるものだといわれています。肌色、茶色、黒っぽいものなどがあり、痒みがあるものも。シミやほくろと間違いやすいのもこのイボの特徴です。

懸垂性繊維腫(老人性イボ)

軟性繊維腫よりも大きく、イボが垂れ下がっているのが特徴です。遺伝的要素もあると考えられており、加齢とともに増える傾向にあります。良性の腫瘍ではありますが、歳をとると大きくなりやすいので早めに除去するとラクでしょう。

角質粒(老人性イボ)

角質粒はメラニン色素によってできるイボです。紫外線を浴びると反応して徐々に大きくなったり色が濃くなる特徴があります。30歳を過ぎると角質粒ができやすくなりますが、これは厳密にはイボではなく毛穴の詰まりや皮脂の詰まりが原因のものです。ピーリングなどで適切にケアすることで消失してしまいます。洗顔方法を見直したり、毎日のケアの仕方を工夫することで改善される場合が多いでしょう。

首まわりに出来るイボの種類や特徴は?[ウイルス性イボの場合]

ウイルス性のイボは、主にヒトパピローマウイルスなどのウイルスに感染することによって発症します。一般的に皮膚科で言われているイボはこのウイルス性のイボのことを指しており、自宅での治療が難しいとされています。ウイルス性のイボは、手で触れてから違う部位に触れるとうつって感染してしまう特徴を持っています。そのため、タオルや衣類などを共有することによって、周りの人から感染したりさせてしまったりすることがあります。また、免疫力が低下していると感染しやすいため、日頃から免疫力を高めることを心掛けたり、周りからの感染に気を配る必要があります。なお、ヒトパピローマウイルスには150種類以上ものウイルスが確認されており、ウイルスの種類によってイボの種類もそれぞれ異なります。

 

悪性腫瘍

イボの色が濃くなってきたり、急に大きくなったり、痛みや出血がみられるような場合は皮膚ガンなどの悪性腫瘍である可能性があります。速やかに受診し医師に判断してもらうようにしましょう。

ウイルス性疣贅

「尋常性ゆう贅」と「扁平ゆう贅」の2種類があり、どちらも他人に感染します。「尋常性ゆう贅」は手や脚などに出来やすく、白っぽい色をしたイボです。温泉などでも他人に感染してしまいますので注意が必要です。「扁平ゆう贅」は10代の女性に多く見られるイボで、肌色なので気付きにくく、ニキビと間違ってしまうことも。これは自然に治癒してしまうことも多く、受診しても経過観察される場合があります。

若年性扁平疣贅

10~20代の方にできやすいイボでウイルスに感染することによって発症します。稀なケースではありますが、首に小さな傷があるとその傷口からヒトパピローマウイルスが侵入して、首イボができることがあります。大きさは1~3mm程度で扁平(へんぺい)な形状をしており、肌色か薄い茶色のイボがポツポツと顔や首に複数できる特徴があります。

 

【参考】首イボの例を画像で紹介

以下のような症状が出ていれば「首のイボ」と判断できますので、参考にしてみてください。


出典:首のイボについてですが、[Yahoo!知恵袋]


出典:首などに、イボができ広がっています。[Yahoo!知恵袋]


出典:首に出来たイボ(?)の治し方について。[Yahoo!知恵袋]


出典:首にポツポツとできものがあるんですけど[Yahoo!知恵袋]


出典:首にイボらしきものが出来ています。[Yahoo!知恵袋]

 

【参考】首以外でイボができやすい場所は?

首以外にもイボが出来やすい場所はたくさんあります。

      • お腹周り
      • 横っ腹
      • 太ももの付け根
      • 胸(デコルテ)
      • まぶた
      • 背中

などなど。

耳や背中などは普段目がなかなか届かない場所なので本人が気付かない場合もあります。また、顎などの顔に出来るイボはニキビと区別がつきにくいものもありますから注意が必要です。このように、自分では判断がつかないようなイボもありますから心配な場合は皮膚科を受診して医師の診察を受けてみることも忘れないようにしてください。

 

首イボができやすい「年齢」ってあるの?

首イボはいわゆる「老化現象」の一種ですから30代くらいから少しずつ出来始めることが多いようです。「老人性イボ」とも呼ばれ、加齢とともに首イボが出来てしまうという人は少なくありません。中高年がもっとも出来やすく、60歳を過ぎたころにはかなりの人に首イボが出来ている可能性があります。

ただし、できはじめは20代から

一般的には30代以降から多く見られ始めるといわれている首イボですが、早い人だと20代から出始めることもあります。それよりも若いうちから出来たイボは「扁平ゆう贅」の可能性もありますので、皮膚科を受診してみることをおすすめします。若い頃は顎に出来たイボがニキビと区別しずらく、そのまま気付かずに放置してしまうこともありますから注意してみてください。

【参考】20代での悩みの場合

20代前半なのに首や胸横に老人性のイボ…泣 どうしたらいいでしょうか?20代前半なのに首や胸横に老人性のイボ Yahoo!知恵袋

 

首のイボが出来るのは身体にとって危険なこと?

首イボは基本的には老化現象のひとつにすぎず、決して首イボが出来たからといって体に悪影響を及ぼすようなものではありません。ですが、中には悪性の腫瘍(皮膚ガンなど)である場合もありますし、イボが大きくなったり色が濃くなったり、痛みを伴うような場合は皮膚科を受診し、医師の診察を受けることをおすすめします。

危険のサイン?こんなイボは要注意!

イボのほとんどは良性の皮膚腫瘍になりますので、特に心配する必要はありませんが、以下のような症状がみられる場合は、悪性の危険性があるため注意が必要になります。

  • 出血がみられる
  • イボが急に大きくなる
  • 茶色や黒色など、いくつかの色がついてくる
  • 直径が7mm以上ある

これらの症状のうち1つでも当てはまる場合は、早急に皮膚科の先生に診てもらうようにしてください。

特に悪性である可能性が高いのが直径が7mm以上あるイボです。軟性線維腫は良性の腫瘍ではありますが、直径が1cm程度のため自己判断では良性か悪性かどうかを見極めることは難しいです。

良性の腫瘍だったとしてもウイルス性のイボの場合は、そのまま放置してしまうと感染が広がってイボが増えるリスクを高めてしまいます。また、不安を抱えたまま毎日を過ごすのは精神的なストレスにつながりますので、不安をなくすためにも早めに皮膚科へ行って診てもらってくださいね。

 

普段の生活から注意!首イボの予防法4選。

首イボの原因は、ウイルス、加齢、体質など様々。そのため、皮膚のバリア機能を保つよう余計な刺激を避けるような工夫が必要です。なお、体調を著しく崩してしまっているようなときにもイボは発生しやすいので注意して見てみるようにすると良いでしょう。また、普段のスキンケアの見直し・生活習慣の改善などにも目を向けるのはもちろん、イボを発見してしまったからといってむやみに刺激しないことも大切。さわったり引っかいたりすることで傷付けてしまうこともありますし、よけいにイボが悪化したり跡が残ってしまうこともありますから注意するようにしてください。

1.皮膚への摩擦を防ぐ

皮膚への摩擦は首イボが形成される大きな原因のひとつだとされています。特に冬場はマフラーやタートルネックの着用が増え、首もとへの刺激が気になるところ。冬場の空気が乾燥した季節は肌も刺激を受けやすく、普段より敏感になっています。オーガニック素材のものを身につけるなどの工夫をしてみることも効果的。また、マフラーを外すときの「ぱちぱち」とした静電気も注意が必要です。少し意識してみることで、余計な摩擦を減らすことが出来ますよ。他にも洗顔後にタオルであまり強くゴシゴシこすらないように気を付けることもポイント。軽く押し当てるようにして優しく水分を拭き取るようにしましょう。

2.新陳代謝を高める

正常な肌のターンオーバーのために、新陳代謝を高めることが大切です。なお、新陳代謝を高めるには以下が挙げられます。

      • 食生活の見直し(バランスのとれた食事をこころがけ、糖分、脂分は控えるようにする。外食やファーストフードもほどほどに)
      • 適度な運動(軽いウィーキングやランニングなどで気持ちよく汗をかく)
      • 充分な睡眠(質の高い睡眠が得られるような環境を整えることも大切。就寝前は食べ物を胃に入れないこともポイント)
      • お酒、タバコを減らす(お酒は飲みすぎないこと。タバコは本数を減らしたり、いっそのこと禁煙に挑戦)

とくに喫煙は首イボの原因になるだけではなく健康を著しく害するものでもありますから、この機会に禁煙を検討するのも良いでしょう。

3.こまめなピーリングやスキンケア

首もとは皮脂が比較的良く出る場所ですので、洗顔時に一緒に洗うなどして清潔を保つよう心がけましょう。顔に化粧水や乳液を使うように、首まわりもしっかりケアしてあげてください。首のしわの予防にもなりますよ。

4.きっちりとした紫外線対策

顔の紫外線対策はバッチリなのに、首もとはどうしても見落としてしまいがち。首もしっかり紫外線から守るように意識しましょう。

首イボの除去を皮膚科・美容皮膚科(プロ)に任せるなら

出来てしまった首イボ、時間をかけて自宅でケアするのも良いですが、どうしても気になる場合や自分ではどうにもならないような場合は専門家に相談してみることをおすすめします。イボの種類や病院の方針なので、除去方法も違ってきますから、事前にしっかり相談する必要があります。

美容皮膚科(普通の皮膚科との違いは?)

「皮膚科」と「美容皮膚科」の違いについても知っておきましょう。

      • 皮膚科

その腫瘍が良性なのか悪性なのか、ウイルス性のものなのか、などに重きを置き、あくまでも首イボを「病気」として経過を見ていきます。

      • 美容皮膚科

「綺麗にする」ということを目的としているので、除去などをする場合はおすすめです。跡が残らないように除去するよう、様々な工夫が成されています。

液体窒素

マイナス196度の液体窒素をイボに押し付けて焼き取る治療方法です。保険がきく場合が多く、低価格で治療することが出来ます。ですが、この治療には強い痛みを伴う場合が多く、治療後も色素沈着などの跡が残ってしまう恐れがあります。ご自身の予算やイボの状態などをよく考慮して治療を決めてください。

レーザー

レーザー治療はあまり肌に負担がかからず、イボを丸ごと削り取る方法になります。麻酔で痛みをコントロールして行いますので、実際はさほど出血も痛みもないようです。跡が残りにくく、イボの再発も少ないというメリットがあります。

手術

局部麻酔を用いて行う、比較的簡単な手術です。イボの根元をメスで切り取り、傷口を縫合します。

ハサミ

医療用のハサミを用いて突起したイボの部分だけを切り取ります。切除後の跡が残りにくく、少ない痛みで素早く除去できるところが特徴です。ですが、この方法は突起したイボにしか行えません。

内服薬(首イボに効くお薬、など)

首イボに効果があるとして昔から用いられるのが「ヨクイニン」です。ハトムギに含まれる成分のひとつであり、様々な美容と健康に効果があるとして昔から親しまれているものです。肌のターンオーバーを促進し、肌荒れやイボに効果があるといわれています。ですが、このヨクイニンには即効性はなく、治療には数ヶ月から数年かかる場合もありますので、根気良く続ける必要があります。

【参考】首イボの種類によって治療法は異なる

首イボには様々な種類があり、それによって治療方法は異なってきますので注意してください。一般的に小型のイボの場合は液体窒素を用いての治療が一般的。その他、ハサミでの除去、炭酸ガスレーザーでの除去も。大型のイボの場合、イボの大きさが1cmを超えるようなものの場合は手術にて除去することもあります。局部麻酔をし、イボの根元を切り取るか炭酸ガスレーザーで根元から焼き切るという方法になります。

【参考】首イボを除去する治療費・保険の有無について。

首イボを専門機関で除去する際の費用についてですが、液体窒素での治療の場合は保険が適用されますので、自己負担3割で治療を受けることが出来ます。これに対し、レーザー治療は全額実費となり、保険が適用されないため割高となります。1個のイボにつき大体5000円~が相場でしょう。イボの数によって値段は変わってきますから、それなりの費用が必要になってくるケースもあります。

レーザー治療の場合は、金銭的な面も十分に考慮しながら治療法を決めてみてください。また、病院によっても治療にかかる費用は違ってきます。手術となると時間もそれなりに時間もかかりますから、あらかじめ医師と相談し、日程の調整なども含めて検討してみるようにしてください。

首のイボを自分で取る!そんなときの取り方・除去方法

出来てしまった首イボ、病院での治療はお金もかかるし、出来れば自分でなんとかしたい。そんな風に考えている方も少なくはありません。そこで以下より自宅でのケア方法をいくつかご紹介します。自分でお手入れする場合は根気良く続ける必要がありますので、数日試して効果がなかったからといって中断してしまわないようにしましょう。

保湿(首のイボ専用のクリーム)ケア

乾燥やダメージから首を守るため、しっかり保湿して保護してあげるようにこころがけましょう。お風呂上りに顔に塗る化粧水を使って首までケアし、専用の保湿クリームでフタをしてあげてください。また、体を洗う際のボディソープを低刺激の石鹸に変えてみるのも効果的。洗いすぎは必要な皮脂をも取り除いてしまいますので注意が必要です。

ヨクイニンが入ったクリームをガッツリ塗る

ヨクイニン成分が含まれている化粧水、クリームを塗るのも効果的。とはいえ、一朝一夕で目に見えてイボが消えるということはありませんのでしっかり毎日続けることが大切です。清潔にした肌の上から塗布しましょう。ヨクイニン成分が含まれた化粧水でコットンパックをし、そのあとでクリームを塗るというケア方法をしばらく継続してみてください。

ヨクイニン錠をちゃんと飲む

これには即効性はなく、効果を感じるまでの期間に関しては個人差がありますが、飲み続けることでイボに効果があったと感じている人は少なくないようです。昔から「ヨクイニンはイボに効く」と定評がありますから、まずは気軽に試してみるのもよいでしょう。ですが、数日飲んでみただけでは効果はありません。しっかり続けることが大切だということを頭に入れておきましょう。粉末タイプよりも粒タイプのほうが飲みやすいのでおすすめですよ。

【参考】注意!自宅で自己判断でしてはいけない首イボケアとは?

自宅で首イボをケアする際、中には危険な方法でケアしようとする人もいます。感染症や悪化の恐れもありますので、素人判断で安易な方法を試すようなことは避けましょう。自宅で首イボのケアをする場合は、専用クリームやローション、美容液などを使用し、あくまでも「ケア」に留めるようにしてください。イボは簡単に切除出来るものではありません。必要な場合は専門機関を受診し、適切な処置をしてもらうようにしてください。

イボコロリ

これは昔からある薬ですが、首や顔などの柔らかい部分・デリケートな部分には使用できないことになっていますので注意してください。パッケージにも「首などの柔らかい部分には使用しないでください」ときちんと明記されています。

ドライアイスで除去

皮膚科などの専門機関では、首イボを液体窒素で除去する方法をとることもありますが、これを真似してドライアイスを使用して除去しようとするようなことは絶対に避けてください。跡が残る可能性がありますし、やけどをしてしまう恐れもあり非常に危険です。

糸で縛って除去

糸で縛って無理やり取る方法ですが、これは激痛を伴いますし、どうしてもしっかりイボを根元から取り除くことが出来ずに失敗してしまうことが多いです。跡も残ってしまいますし、傷口から感染症にかかってしまう恐れもありますので絶対に止めましょう。

線香で焼く

線香で焼き切る方法は、火傷をしてしまうだけです。目元などに火が近付いたりして非常に危険なので絶対に止めてください。

ハサミやピンセットで切り取る

特に首には細かい毛細血管や太い血管などがたくさん通っています。安易に傷付けることで大怪我にも繋がりかねません。こうした行為は避けるようにしてください。

首のイボに効果的な有効成分は?

首のイボに効くとされる成分は様々なものがあります。

ヨクイニン

ハトムギの種皮を取り除いた天然の成熟種子であり、生薬の一種とされています。栄養価が非常に高く、たんぱく質、カルシウム、鉄分、ビタミン類などが豊富に含まれており、昔から肌をきれいにするといわれています。皮膚の再生、保湿、皮膚の軟化などをサポートしてくれる成分であり、イボだけでなく、ニキビやアトピー性皮膚炎、肌荒れなどにも効果があります。

杏仁オイル

肌のターンオーバーをサポートする「パルミトレイン酸」が含まれており、これは別名「若さの脂肪酸」とも呼ばれる成分です。このパルミトレイン酸は若い人の肌に多く含まれているとされ、肌を若々しく弾力のある状態にする働きをしてくれます。

アスタキサンチン

紫外線のダメージを抑え、活性酸素を除去する働きをしてくれるなど、高い抗酸化作用のある成分です。アスタキサンチンは、抗酸化力がビタミンCやコエンザイムQ10などよりも何倍も優れており、肌だけではなく、眼精疲労や認知症にも効果が期待出来ると考えられています。

ドクダミ

ドクダミは特徴的な香りを持つ雑草の一種ですが、昔から虫刺されや水虫など、外用の万能薬として親しまれてきたものです。お茶として内服するよりも、皮膚トラブルの治療のために使用されてきた例が多く、「傷や痒みにはまずドクダミ」といった具合に親しまれてきたようです。にきび、吹き出物、イボ、出物、水虫、虫刺され、あせも、じんましんなど、ドクダミの成分は様々な皮膚トラブルに有効だと考えられています。

オリーブオイル

料理だけでなく、スキンケアやサプリメントなど、幅広く活用されているオリーブオイル。オリーブオイルには抗酸化作用、美肌作用があり、オリーブオイルの色素成分でもあるクロロフィルは、体内の毒素を排出するデトックス作用を持っています。ニキビや吹き出物を鎮める働きがあり、アロマオイル(精油)と合わせて使っても効果があるでしょう。

尿素

尿素は、昔から角質を柔らかくするために外用剤として医薬品に使われている成分です。尿素は肌が持つ天然の保湿成分のひとつでもあり、角質を分解していく働きをも持っています。ひび、あかぎれ、しもやけ、アトピー性皮膚炎など、角質層がカチカチになってしまった状態の肌に効果があるとされています。

首イボならこれがおすすめ!首イボクリームや市販薬18選

首イボに効果があるとされる市販薬にも様々な種類があります。自分に合ったものを継続して使うことが大切です。

1.クリアポロン

wヨクイニン、あんずエキス、ダーマヴエールなどの成分が固くなってしまった角質を柔らかくし、首やデコルテ周りに出来てしまったイボを滑らかにしてくれます。また、ビタミンC誘導体、プラセンタ、コラーゲンなども含まれており、美肌ケアも同時に出来てしまう優れものです。詳しくは「クリアポロンをお試し体験!口コミでも人気のイボクリームが凄い!」の記事でもお伝えしてますので、あわせてご参考になさってください。

 

2.艶つや習慣

手軽に使えるオールインワンジェル。イボに効果があるといわれている「あんずエキス」、「ハトムギエキス」配合。首もとだけでなく、目もと、胸もとにも使用することが出来ます。オールインワンジェルなので、忙しいときでもさっと塗ることが出来るところも好評です。

3.シルキースワン

イボに効くとされている「ハトムギエキス」と「杏子エキス」で洗い流し、「ヨクイニンとハトムギエキス」、「杏仁オイル」、「キハダ樹皮エキス」などの美容成分がじっくり浸透し、気になるポツポツにアプローチしてくれます。

 

4.ぽろぽろとれる杏ジェル

顔や首のポツポツだけでなく、毛穴の気になる汚れ、肌のくすみ、かかとやひじのカサカサ、足の気になる匂いなどなど・・・幅広く活躍してくれるジェルです。イボによいとされる「杏子エキス」をはじめ、「ハトムギ種子エキス」、「ナス果実エキス(保水力が高く、肌を柔らかくしてくれる)」などが配合されています。

5.アンミオイル

「キョウニン油」、「月見草油」、「ヨクイニンエキス」、「トコフェロール」、「ヨモギエキス」、「ミリスチン酸オクチルドデシル」、「グリチルレチン酸ステリアル」が配合され、歳をとって硬くなってしまった肌を柔らかく滑らかにし、正常な肌へと導いてくれます。低刺激で無理なくイボに働きかけてくれるオイルです。

6.首美人

「オウバクエキス」、「ヨーロッパブナエキス」、「ハトムギ種子エキス」、「アンズ核油」、「リンゴ果実培養細胞エキス」、「カイコまゆエキス」などの25種類もの美肌成分が角質層の奥までしっかり浸透してくれます。弱った肌を優しくケアし、バリア機能を整えてくれます。

7.ニコラオーガニクス

ニコラオーガニクスは、オーガニック成分を積極的に使用し、石油系合成界面活性剤不使用、合成香料、着色料不使用の安全な商品です。毎日使うものだからこそ、お肌にも体にも安心して使用できるものが理想的。ニコラオーガニクスは、年齢を重ねて敏感になった肌にも負担をかけることなく使い続けることが出来ます。

8.アプリアージュオイルS

顔や首に出来るブツブツ、カサカサ。

肌トラブルの最大の原因ともいわれている乾燥を防ぎ、ふっくらとハリのある理想的な肌へと導いてくれる美容オイルです。南フランス産の杏仁オイルと様々な有効な植物成分を配合した、天然100%の美容オイルですから、使い続けることで効果を実感出来るでしょう。

9.ぽっつるん

皮膚科の医師によって開発された、イボに塗るだけでイボを除去することが出来るクリームです。ヨクイニンエキス(ハトムギエキス)と、リピジュアを配合して出来た軟膏クリーム。美肌効果の高いハトムギエキスは70%も配合されていますし、人口の細胞膜を作る成分であるリピジュア がイボを優しく包み込み、柔らかくしてそのままつるんと除去してくれます。人体に有害な成分は含まれておりませんので、小学生のようなお子様でも安心してお使いいただけます。

10.RF28 クリアドロップ プレミアム

あらゆる角質トラブルに効果があると評判です。洗顔後にこのアイテムプラスするだけで、肌の生まれ変わりを正常な働きへと導いてくれます。天然酵素「プロテアーゼ」が、洗顔では落としきれないような角質を優しく取り除き、柔らかく弾力のある素肌作りをサポートしてくれます。

11.APRIAGE(アプリアージュ) アプリコットオイルS

アプリコット(杏子)の種から得られる「杏仁」から搾り出される綺麗な黄金色の天然美容オイル。このオイルには、パルミトレイン酸、リノール酸、オレイン酸、パルミチン酸、ステアリン酸などの高級脂肪酸が豊富に含まれており、細胞が萎えてしまったお肌に潤いと弾力を取り戻させてくれる美容オイルなのです。

12.ポロリンボ 18g

杏仁オイル、ハトムギエキス、ヒアルロン酸など、美肌効果の高い成分が配合されており、気になるポツポツ角質粒に潤いを与え、滑らかな肌へと導いてくれるジェルクリームです。無香料、無着色でパラベンフリー。防腐剤も含まれていませんので、刺激に弱く敏感な肌の人でも安心してお使いいただけます。洗顔後や入浴後、化粧水でお肌を整えてから気になる部分になじませるようにしてください。

13.リアージュエッセンス

首イボ以外にも、乾燥肌の改善やアンチエイジングを目的としても使用することが出来ます。首イボを改善しながら、首の肌を美しく保ってくれる有効成分(パルミトレイン、リノール酸、ハトムギエキス、アロエ、スクワラン、ローズヒップなど)がたっぷりと含まれています。固くなってしまった角質を柔らかくし、首の肌に余計な負担をかけることなくイボを優しく改善してくれます。

14.ハトムギ化粧水

べたつかないさっぱりとした使用感で、浸透に優れ、何度も重ねるほどに肌になじむ化粧水。たっぷり使える大容量なのに低価格なところも人気の秘密。美肌効果の高いハトムギエキス配合で、お肌に負担をかけることなく毎日使い続けることが出来ます。

15.イポケアEX

年齢を重ねるにつれて増えるポツポツ、ブツブツを自宅でケアするための専用美容液。フランス最大手機関の研究開発によって生まれた特殊成分を使用しており、顔、首、肩、胸などに使用することが出来ます。価格もリーズナブルなので、継続的に無理なくお使いいただけます。

16.ヨクイセラモイスチャーオイル

ピンポイントでイボケアが出来る商品です。

普段手が届きにくいところのイボにも簡単に塗ることが出来、狙った部分だけ集中的にケア出来るので無駄もありません。首イボの改善だけでなく、加齢に伴う様々な肌トラブルにも対応することが出来る万能な商品。値段もリーズナブルで嬉しいところです。

17.ヨクイニン錠S

体の内側からヨクイニンの力でイボを撃退したいというひとにおすすめ。イボ、吹き出物、乾燥による肌荒れなどに効果があります。食前、または食間に、水か白湯で1日3回内服します。また、個人差はあるにしろ、ある程度の期間飲み続けなければ効果を実感することは出来ません。数日飲んでみて変化がなかったからといって中断してしまうことなく、根気良く続けてみることがポイントです。

18.ソンバーユ

馬油100%で、添加物は一切含まれておりません。成分は、馬油のみとなっています。もともと馬油は、人間の皮脂と性質がとても近いといわれています。抜群の浸透力と、抗酸化、殺菌作用、抗炎症作用があり、自然治癒力を高める働きを持つという優れもの。昔からあるロングセラー商品でもある「ソンバーユ」。確かな品質と安心感が定評の商品です。

まとめ

人は誰でも、歳を重ねていくことで体の様々な部分に確実な「老化」を感じてしまうもの。「首イボ」もそのひとつ。誰にでも起こりえる老化現象のサインなのです。ふと鏡を見たら首にポツポツ・・・と、今まではなかったはずのイボを発見してしまうと、初めはやはり驚きますし、落ち込んでしまうでしょう。ですが、早い段階でケアすることで首イボは予防することも出来ますし、出来てしまった首イボを除去することだって可能なのです。何もしないで放置していては、首イボはどんどん増えていくばかり。皮膚科などで専門家に相談しても良いですし、まずはこれまで述べてきたような方法を自宅で試してみても良いでしょう。諦めずに継続してケアすることが大切ですよ。

\ SNSでシェアしよう! /

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

IKURICH編集部

IKURICH編集部

IKURICH編集部です。育児ママの毎日がちょっとでも豊かになるような情報を発信していきます。よろしくお願いいたします。