1. TOP
  2. 高齢出産は何歳から?最高齢で何歳まで?リスク・メリット総まとめ

高齢出産は何歳から?最高齢で何歳まで?リスク・メリット総まとめ

高齢出産をすることに対してお悩みの女性は多いのではないでしょうか?最近では晩婚化によって高齢出産をされる女性は多くいらっしゃいます。

高齢出産によるリスクは様々ありますが、遺伝的な要因以外ならリスクを減らすことは可能です。また、あまり知られていませんが高齢出産にもメリットは存在します。

そこで今回は、高齢出産に対して悩んでいる女性へ向けて、高齢出産のリスクやメリットについてお伝えします。

高齢出産は何歳から?

pregnancy-hands-woman-maternity-love-family-belly

高齢出産は日本産科婦人科学会によると、35歳以上で出産することをいいます。近年では働く女性が多くなっている、晩婚化で高齢出産を迎える妊婦さんも増えてきています。

どうして高齢になると妊娠できくい?

高齢になると妊娠しにくい理由は、卵巣の機能が低下するとともに卵子も老化してしまうからです。また、卵子を作るために必要な細胞が高齢になると減少してしまうことも、妊娠ができない一つの要因と言われています。

卵子を作る細胞は精子と違って最初から数が決まっているため、高齢によって細胞が減ると卵子を生み出すことが難しくなります。卵巣の低下による卵子の老化と卵子の数が減少することによって、受精しても妊娠できないことが多くなってくるのです。

実は日本人妊婦の5人に1人は高齢出産!?

一昔前までは高齢出産は難しいと言われていましたが、現在は日本人妊婦の5人に1人が高齢出産をされています。

近年では女性が働く環境が増えてきており、健康や身体のメンテナンなども充実していることが、高齢出産の方が増えてきている理由と考えられます。

高齢出産の話題になると、どうしてもマイナスイメージばかりがクローズアップされるので、不安な気持ちになりがちでした。ですが、妊娠したいという思いがあるということは、妊娠する準備ができているという証明とも解釈できるので、特にストレスを感じる必要はありません。

40歳を超えた高齢出産年齢を迎えても出産できる?

日本人全体の出生率が下がっているにも関わらず、40歳以上の出産率は増加傾向にあります。ですから、高齢出産年齢の40歳を超えていても特別おかしなことと心配する必要はありません。

40歳以上でも普段の生活習慣に気をつけることで自然妊娠はできますし、不妊治療(体外受精や人工授精など)の発達によって高齢出産される方は増えてきています

40代?50代?産める限界は?高齢出産の最高記録年齢

guinness

出典:http://www.guinnessworldrecords.jp/

 

ギネスに認定されている高齢出産の最高記録年齢は66歳です。

アメリカ出身のマリアさんという方で、不妊治療の体外受精が成功して66歳358日で双子の男の子を出産されています。非公式ではありますがインド出身方が70歳で体外受精によって出産されています。

日本での高齢出産の最高記録年齢は60歳です。卵子を提供してもらう体外受精による出産は、日本での治療は認可されていないため、アメリカで卵子を提供してもらって妊娠出産を成功されています。

日本の卵子の提供を受けない体外受精による出産の最高記録年齢は49歳です。自然妊娠による高齢出産の最高記録年齢は57歳でアメリカ出身のルイスさんでした。

知っておきたい、高齢出産8つのリスク

stocksnap_fp3t6wytyc

高齢出産による8つのリスクをご紹介します。

1.妊娠率の低下により妊娠しづらくなる

40代では不妊の確率が60%以上と言われており、20代の数%と比べて妊娠率は低下します。また、不妊治療の成功率も低下すると言われています。

2.妊娠高血圧症候群

高齢によって卵巣や卵子、血管などが衰えてくると、血行不良やむくみなどが起きやすくなり、血管妊娠高血圧症候群を発症するリスクが高くなります。

妊娠高血圧症候群を発症すると、赤ちゃんの発育に必要な酸素と栄養が不足してしまう危険があります。

3.妊娠糖尿病

加齢に伴ってすい臓の機能が低下すると、妊娠糖尿病を引き起こしやすくなります。高齢で妊娠すると血糖値を下げてくれるインスリンの分泌量が低下しているので、20代で妊娠するよりも妊娠糖尿病を発症するリスクが高くなります。

4.流産しやすい

自然妊娠による流産の確率は全体の1割前後ですが、その内2割は35歳以上の高齢出産によるものとされています。高齢による卵子の老化やそれに伴う染色体異常などが原因と考えられています。

5.胎盤早期剥離になりやすい

加齢による血管の衰えは胎盤早期剥離になりやすいと言われています。

血管が衰えると血行不良や血管の傷は妊娠高血圧症候群を起こしやすくなるとともに、胎盤早期剥離になるリスクも高くなります。赤ちゃんは胎盤を通して栄養と酸素を運んでいるため、血流を悪くさせてしてしまうと命に危険を及ぼします。

6.帝王切開

帝王切開は高齢出産のほうがなりやすいと言われています。ですが、出産が長引きやすいという理由などもあり、医療介入で帝王切開を薦める医師も少なくありません。

帝王切開はなるべく避けて自然に産みたいという場合は、自然分娩志向のクリニックを選ぶといいですよ。

7.流産・早産・難産などの確率が増える

流産や早産は高齢出産になると染色体異常が原因で起きやすくなると言われています。

流産の確率は20代の約10%に比べて40代は約20%とリスクが高くなります。また、発生率は全体の1%と低いですが常位胎盤早期剥離のリスクも高くなります。

赤ちゃんと母体をつなぐ役割の胎盤が剥がれてしまうことで起きますが、赤ちゃんと妊婦さんの命に関わる場合もあります。20代に比べて40代は20倍ほどリスクが高くなります。

高齢になると子宮頚管や子宮口が硬くなることで開きにくくなったり、陣痛で赤ちゃんが降りてくる気配を感じとりにくくなります。そのため、出産にリスクを伴う難産になりやすくなります。

8.先天異常

先天異常は高齢による染色体異常が原因で引き起こすリスクが高くなると言われています。また、ご自身や結婚されるお相手の家系で先天異常を持つ人が多いと発症率も高くなります。

高齢出産は統計データによると先天異常の障害者数が増えていると言われています。ですが、この統計データについては法的な支援が向上したことで支援を受ける人が増えていたり、昔の環境と違って今は少しの程度でも障害者と決めている傾向があります。

そのため、全体的に見ると高齢出産による先天異常の発症率はそれほど高くないと考えられます。

【参考】ダウン症発症率

ダウン症の発症率は高齢出産になるとリスクが高くなる傾向があります。発症率は20歳で1/1667、30歳で1/952、35歳で1/378、40歳で1/106と高くなっていきます。

高齢出産のリスクを減らすための取り組みは?

pexels-photo-62456

高齢出産のリスクを減らすための取り組みについてそれぞれポイントをご説明します。

野菜を摂取で栄養補給

野菜を1日あたり約350gほど摂取してバランスの良い食事を心掛けると高齢出産による様々なリスクを減らすことができます。

野菜に含まれるビタミンやミネラル、食物繊維などには女性ホルモンの乱れを改善してくれる作用があり、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群などを発症するリスクを減らす効果が期待できます。特にブロッコリーやキャベツ、ケールなどの葉物野菜は栄養価が高いのでおすすめです。

関連記事:安産祈願!妊娠初期の妊婦さんにおすすめの食べ物12選

 

葉酸サプリを上手に活用

葉酸サプリを活用して十分な葉酸を摂取すると、高齢出産のリスクを減らす効果が期待できます。

葉酸には卵子の細胞分裂を活性化させて、卵子の老化による染色体異常の防止に役立ちます。葉酸を十分に摂取することで、全体の約70%の染色体異常を減らすことができると言われています。

関連記事:妊娠中におすすめ!お腹の赤ちゃんに安心・安全の葉酸サプリ

 

血行不良を改善しよう

血行不良を改善すると妊娠する確率を高くすることができます。高齢になると血行不良を起こしやすくなりますが、バランスの良い食事や適度な運動を心掛けることで妊娠しやすい体質になれます。

太り過ぎ・痩せ過ぎに注意!

高齢出産の太り過ぎや痩せ過ぎは難産になるリスクを高めてしまいます。高齢出産時にプラス12kgくらいを目安にして食生活を心掛けると、難産のリスクを減らすことができると言われています。

ストレスを減らそう

ストレスを減らすと血液の流れが良くなるため、妊娠したときに赤ちゃんが発育しやすい子宮環境にすることができます。たまには趣味を楽しんだり気分転換に外へ散歩をして、出来る限りストレスを溜めないようにしましょう。

実はある!高齢出産8つのメリット

StockSnap_JU7NF3E8WP

高齢出産はリスクばかりに目を向きがちですが、実はママや赤ちゃんに良い影響を与える8つのメリットが存在します。

-『ママのメリット』として-

ママに良い影響をもたらすメリットについてご説明します。

1.経済面のなゆとり

若い人と比べて自身や旦那さんの年収や貯金など経済面にゆとりがあります。経済面にゆとりがあると民間サービスや電化製品などを利用したり、体力や精神面を楽にするなど、色々と活用することができます。

2.精神面でのゆとり・強さ

年齢を積み重ねると若い人と比べて人生経験が豊富なので、精神面でのゆとりや強さが備わっています。

逆に若いと妊娠出産の不安が強く、育児に自信がもてないなど、マイナスな気持ちが働く傾向があります。

3.子宮体がんの発生率低下への影響

ママの命に影響が及ぶ子宮体がんの発生率は25歳より以前に出産された方と比べる低い傾向があります。

発症率は30歳で13%、40歳で44%のリスクの低下があると言われています。妊娠中に分泌されるプロゲステロンホルモンに、がん抑制作用があることが関係しているからと考えられています。

4.高齢出産すると若返りへの影響も

高齢出産はリスクがあることを前提にしていて、太り過ぎに気をつけているため、お産が楽に進むケースが多くなる傾向があります。

また、出産後も体型が早く戻ったり、赤ちゃんを抱っこしていると平均出産年齢の30代前半くらいに若く見られるなどのメリットがあります。

5.体力がつく

高齢出産で赤ちゃんが生まれて成長とともに動き回れるようになります。すると、それに合わせてご自身も動かないといけなくなります。ですので、足腰が鍛えられてきて体力もついてきます。

産後すぐは赤ちゃんのお世話に慣れないので体力的にきついと感じるかもしれませんが、徐々に体力はついてきますので安心してください。

6.高齢出産は長生きにも影響する

若い年齢で出産した女性よりも、40歳以上で高齢出産をした女性のほうが平均寿命が長くなると言われています。

子どもの成長を見守るため、孫が見たい、など長生きしようと頑張れることが要因と考えられます。また、体力があるから高齢出産できるという見方もできます。

体力面で言うと普段から良い食生活や適度な運動などを心掛けることで向上しますので、ぜひ今からでも取り組んでみてください。

 

-『赤ちゃんのメリット』として-

高齢出産のママから生まれた赤ちゃんには以下のようなメリットがあります。

7.肥満やケガのリスクが低下

先進国のイギリスでは40歳以上で高齢出産された9ヶ月から5歳までの幼児の肥満やケガをする割合は、若い女性から生まれた幼児よりもリスクが低くなると考えられています。

人生経験や子育ての情報の多さなどが、お子さんに影響を及ぼして対応力が身につくことが要因とされています。

8.IQの高さに好影響

高齢出産で生まれた5歳児のIQの方が若い女性から生まれた子どもよりも高いと言われています。

その要因は高齢出産のママは高学歴でキャリアウーマンの女性の割合が多いという観点から、本を読むのが好きな傾向があるため、子どもに読み聞かせを日常的に行っているからと考えられています。

 

まとめ

今回は高齢出産に対してお悩みの女性に向けて、高齢出産のリスクやメリットについてお伝えしました。

高齢出産には様々なリスクがありますが、そこばかりに目を向けてしまうとストレスが溜まってしまいます。逆に安心しすぎて生活環境が乱れても安全に高齢出産を迎えることを難しくさせてしまいます。

高齢出産だから特別に何かをしないといけないという訳では決してありません。普段からバランスの良い食事と適度な運動を心掛けて体調を万全にすることが、出産される全ての女性にとって一番大切なことです。

体調が万全になれば高齢出産でも安全に元気な赤ちゃんを出産することができます。ぜひ生活環境を整えてリスクを少しでも減らすことを心掛けてくださいね。

関連記事:“妊娠するために”心掛けておきたいこと21選【先輩体験談付き】

\ SNSでシェアしよう! /

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

IKURICH編集部

IKURICH編集部

IKURICH編集部です。育児ママの毎日がちょっとでも豊かになるような情報を発信していきます。よろしくお願いいたします。