1. TOP
  2. 妊婦さん用パジャマの選び方は?おすすめのマタニティパジャマ15選

妊婦さん用パジャマの選び方は?おすすめのマタニティパジャマ15選

お産のための入院準備として、妊婦さん用のマタニティパジャマを探している妊婦さんは多いのではないでしょうか?

最近では出産入院に使えるマタニティパジャマの種類はたくさんありますが、実際のところどういった機能性を重視して選べば良いのが分からないですよね。

出産入院ではほとんどの時間をパジャマ姿で過ごすことになります。ですので、マタニティパジャマ選びに失敗すると毎日苦痛な入院生活を送ることになってしまいます。

そこで今回は、妊婦さん用のパジャマをお探しの妊婦さんに向けて、選び方の大切なポイントやおすすめのマタニティパジャマ15選をご紹介します。

 

好きなところから読めます

妊婦さんの入院時に持っておきたいマタニティパジャマ

pregnant-244662_640

 

必要な理由

入院中は病院内で過ごすほとんどの時間はパジャマを着て過ごすことになります。出産して病院で過ごす期間は状況によって違ってきますが、分娩の場合は4~6日間、帝王切開だと10日程度の入院が必要です。

入院着を貸してくれる病院もありますが、落ち着かなかったり機能性が低くて過ごしにくいなどのデメリットが多々あります。最近ではパジャマの持ち込みOKの病院がほとんどですから、快適に過ごせる妊婦さん用のパジャマを準備しておくと安心できますよ。

 

知っておくと便利!入院中の過ごし方は?

611bbaaf4949f2744c4e9118fd1e1a91_s

出産後の入院中はどのように過ごすのか一例をご紹介します。

<入院中のスケジュール>

・1日目(分娩当日)

入院したら手術着かパジャマに着替えて出産の準備をします。出産後、2時間ほど分娩台で横になった状態で経過を観察し、6時間後にトイレへ行きます。産褥パッドを交換して異常がないかどうか確認します。

・2日目~3日目

授乳を始めます。2~3時間おきに自室や授乳室で授乳を行います。抱っこ、おむつ替え、着替え、沐浴などの指導や授乳、調乳、おっぱいのケアなどの指導を受けます。シャワーは病院によって出産した翌日から大丈夫です。

・4日目

ママの貧血、尿検査などの検診や退院の指導を受けます。

・5日目

退院します。

このように入院中は赤ちゃんを出産して退院するまで自室でゆっくり休んで過ごすことができません。そのほかに売店での買い物やお見舞いに来てくれた人のお見送りなど、病院内の移動も多くなります。

 

普通のパジャマと違う?マタニティパジャマの選び方で大事な9つのコト

pexels-photo-57529

1.ゆったりと着られる

妊娠、出産後のお腹まわりや大きくなるバストにも余裕を持って作られているため、ゆったり着ることができます。ですから、授乳期間の最後まで着心地よく快適に過ごすことができます。

2.ロング丈がおすすめ

陣痛が始まると頻繁に回診が必要になるため、ズボンを履かないでいることが多くなります。ですから、スボンを履かなくても着られる膝が隠れるくらいのロング丈がおすすめです。

3.前開き・全開のタイプを

前開き・全開のタイプの妊婦用パジャマをチョイスすると横に寝たままでも着替えやすくて便利です。逆にTシャツのようなかぶり型タイプの場合だと胸やおなかが窮屈に苦しくなってしまいます。

4.ウエストの調整が出来る

ウエストの調整が可能な妊婦用パジャマだと妊娠、出産までおなか周りのサイズに合わせられるので、いつもゆったり着ることができます。

5.授乳口付き

授乳口付きの妊婦用パジャマは産後の授乳時に大活躍してくれます。授乳口の大きさや位置が合わないと授乳しにくくなることがあるので注意しましょう。

種類は一般的な縦開きタイプやスナップのない当て布タイプなどあります。

6.大きなポケットがあると便利

大きなポケットがある妊婦用パジャマだとハンカチやティッシュ、産褥パッド、財布などを入れて持ち歩けるので大変便利です。

7.好みのデザインでストレスを軽減

入院中は出産や育児などでストレスを抱えやすくなりますが、好みのデザインの妊婦用パジャマを着れば雰囲気が良くなってストレスを軽減することができます。

8.複数着あると便利!(1着では足りない)

入院中は1日を通してパジャマ姿で過ごすことになるため、複数着あると便利です。入院準備リストにも「ネグリジェかパジャマ2~3着」とされている病院も多く、出産後の悪寒やおっぱいの吐き戻しなどで汚れてしまうケースがあるため1着ではどうしても足りなくなります。

また、寝ているときや赤ちゃんのお世話、病院内の移動など汗は結構かきますし、出産の翌日からシャワーOKの病院も多いのでパジャマが複数着あると快適に過ごせますよ。

9.早めに準備しておこう

お産のための入院準備は直前だとバタバタしてしまうので、早めに準備しておきましょう。妊婦さん用のパジャマは素材やデザインも種類が豊富ですから、出産直前に急いで選んでしまうとあとで後悔してしまうことがあります。

お見舞いなどはパジャマ姿を見られるわけですが、早めに準備しておけば恥ずかしくない素敵なマタニティパジャマを選ぶことができますよ。

 

妊婦さんにおすすめのマタニティパジャマ15選

入院生活をお家のように快適に過ごすことができる機能性、デザイン性の優れたマタニティパジャマ15選をご紹介します。

1.スイートマミー ナイティ 3点セット

上質なコットン100%のメランジスウェットで、裏側のループはとても柔らかいふんわり可愛い妊婦さん用パジャマです。初めてママもタンクトップ型の授乳しやすいレイヤーがセットになっているので安心です。

→ 商品詳細はこちら

 

2.エンジェリーベ マタニティパジャマ

柔らかくてしなやかなスムース素材で着心地が良いマタニティパジャマです。カジュアルボーダーをフェミニンシルエットとリボンで甘さを抑えつつガーリーさも楽しめます。

→ 商品詳細はこちら

 

3.柔らかいあったかマタニティパジャマ

吸水性、通気性、保湿性に優れたマイクロファイバーを使用しているため、ふわふわ軽量で気持ち良くて暖かく過ごすことができます。内側の布を引き出すタイプバインダー式なので、授乳までの動作をスムーズに行えます。

→ 商品詳細はこちら

 

4.スイートマミー サテンパイピング ナイティ マタニティパジャマ

パジャマ姿を感じさせないエレガントな仕上がりなので、急な来客時でもスマートに対応できます。タンクトップ型の授乳レイヤー付きなので、安定感が良く授乳をスムーズに行えます。

→ 商品詳細はこちら

 

5.三竹 スムース素材 ボーダーマタニティパジャマ

なめらかで軟らかい肌触りが特徴のスムース素材で伸縮性と保湿性に優れたマタニティパジャマです。バインダー式の授乳口を採用しているため、内側の布を片手で引き出してささっと授乳できます。

→ 商品詳細はこちら

 

6.三竹 ソフトキルト素材 ドット柄マタニティパジャマ

パジャマとして快適な着心地として評判のソフトキルト素材を採用したマタニティパジャマです。授乳が簡単なバインダータイプでパンツはスムース素材の肌触りがとても心地良いです。

→ 商品詳細はこちら

 

7.スムース先染めボーダー マタニティ パジャマ

楽天では人気ランキング連続1位を獲得している人気で定番のボーダー柄のマタニティパジャマです。最大90cm以上のロング丈が特徴です。

左右の授乳口は目立ちにくいデザインになっており、ボタンで止められるタイプになっています。

→ 商品詳細はこちら

 

8.Spinas(スピナス) マタニティウェア

上品で落ち着いたデザインが特徴のパジャマでバックデザインもあしらわれているため、ちょっぴり上品な雰囲気を演出してくれます。綿のやわらか素材なので着心地が良く、ぐっすり眠ることができます。

→ 商品詳細はこちら

 

9.Miwoluna(ミウォルナ)マタニティパジャマ

スウェットのように動きやすくてゆったりとした着心地が特徴のマタニティパジャマです。外に出るときに着ていても違和感のないデザインになっており、パンツはガウチョパンツスタイルなので普段着として着てもOKです。

→ 商品詳細はこちら

 

10.Angeliebe(エンジェリーベ)マタニティ パジャマ

ワンピースとしても着用できる100cmのロング丈が特徴のマタニティパジャマです。綿100%生地の優しい肌触りと綺麗な大柄チェックがアクセントになっている魅力的なパジャマに仕上がっています。

→ 商品詳細はこちら

 

11.BEREAM(ビリーム) マタニティ パジャマ

花殻のチュニックとレギンスの上下セットのマタニティパジャマです。90cm以上のロング丈でおなかがすっぽり隠れるシルエットがおなか周りやお尻までしっかりカバーしてくれます。

→ 商品詳細はこちら

 

12.犬印本舗 Fairy(フェアリー)マタニティパジャマ

ふんわりとした肌触りが魅力のビエラ素材を採用しているため、着心地が良さは抜群です。可愛らしくなり過ぎない大人っぽいデザインで膝まで隠れるロング丈なので安心です。

→ 商品詳細はこちら

 

13.Lemon tree7 (レモンツリーセブン)マタニティパジャマ

もこもこ、ふわふわの気持ち良い肌触りで毛布を着ているような感覚の暖かい素材が特徴のマタニティパジャマです。可愛いグラデーションデザインで癒し効果も得られます。

→ 商品詳細はこちら

 

14.前開きマタニティ パジャマ

肌触りが心地よいスムース素材で定番のボーダー柄ながらも可愛いデザインが特徴のマタニティパジャマです。産院から指定の前開き、ロング丈仕様で授乳口付き、パンツのウエスト調整も可能なので授乳期の最後まで使えます。

→ 商品詳細はこちら

 

15.BEREAM(ビリーム) マタニティ パジャマ 前開き 秋冬

入院中も可愛くおしゃれに過ごせて授乳もさっとできるマタニティパジャマです。コットンの柔らか素材なので着心地がよく、胸元のポケットと背中のロゴ刺繍が上品さを演出してくれます。

→ 商品詳細はこちら

 

まとめ

今回はお産の入院準備をされている妊婦さんに向けて、選び方の大切なポイントやおすすめのマタニティパジャマ15選をご紹介しました。

あなたにピッタリ合うマタニティパジャマを着れば出産入院中も快適な生活を過ごすことができます。

マタニティパジャマ妊娠中から産後の授乳時期にかけて着る機会が多い必需品ですから、早めにお気に入りのものを見つけてお産の入院準備をしてくださいね。

関連記事:妊娠中におすすめ!お腹の赤ちゃんに安心・安全の葉酸サプリ

関連記事:お腹の赤ちゃんに優しい、妊娠中におすすめの食べ物12選。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

IKURICH編集部

IKURICH編集部

IKURICH編集部です。育児ママの毎日がちょっとでも豊かになるような情報を発信していきます。よろしくお願いいたします。