1. TOP
  2. 妊活につきもの!痩せる意味とおすすめダイエット方法で妊娠力UP!

妊活につきもの!痩せる意味とおすすめダイエット方法で妊娠力UP!

妊活
 

妊娠をするうえでは最適な体重というものがあります。妊活をするのであればダイエットのことも視野に入れておかなければなりません。ここでは妊娠の際にダイエットをする理由とおすすめのダイエット法を紹介していきます。

太っていると妊娠しづらいの?原因や理由は?

妊娠のしやすさを左右するものにはさまざまな要素が関係してきますが、妊娠と肥満の関係は非常に有名です。太っていると妊娠しにくいということは一般的によくいわれていますが、そこにはどんな理由があるのでしょうか。

肥満が妊娠に及ぼしてしまう影響とは?

まず肥満が妊娠に及ぼす影響としては不妊というものがあげられます。太り過ぎによって、体のさまざまな部分に悪影響が出てきてしまい妊娠しづらい体になってしまう可能性があるのです。もちろん太っているからといって必ずしも妊娠しにくい体になるわけではありません。ただし実際に太り過ぎによって子どもができにくくなってしまい悩んでいる女性がたくさんいることもまた事実です。

脂肪細胞と女性ホルモンの関係

それでは具体的にどのようなメカニズムで肥満が不妊の原因となっているのかを見ていくことにしましょう。肥満と一口にいっても、どのような太り方をしているかで大きく変わってきます。運動不足や食生活の乱れなどからくる肥満の場合には内臓脂肪がたくさんついてしまっている傾向にあります。内臓脂肪が増えてしまうと、たんぱく質の一種であるアディポネクチンという成分が減少していきます。アディポネクチンは脂肪細胞から分泌される成分なのですが、これだけを聞くと「太ること=脂肪がつくこと」ですので、アディポネクチンの分泌量は増えていくように思ってしまいがちです。しかし実はどんな脂肪からでも分泌されるわけではありません。正常な脂肪細胞のみからアディポネクチンは分泌されるのです。つまり健康な状態でついている脂肪からは分泌されますが、肥満によって増えた脂肪からは分泌されないどころか、その分泌を妨げてしまうということです。アディポネクチンは別名、代謝改善ホルモンとも呼ばれており女性ホルモンの不足を補ってくれる効果があるといわれています。美肌効果やアンチエイジング効果など、女性ホルモンと似たような効果をもたらしてくれるアディポネクチンが減少することで、卵巣の壁が厚くなります。その結果として受精卵が上手く着床しなかったり、卵子が上手く育たなかったりといったことが起こるのです。

肥満と多嚢胞性卵巣症候群の関係

また、肥満が原因で多嚢胞性卵巣症候群になってしまう可能性もあります。多嚢胞性卵巣症候群とは、PCOSとも呼ばれている排卵に関する病気です。卵巣内に卵子があるにもかかわらず排卵が上手く行われない症状を引き起こします。排卵が行われなければ当然赤ちゃんはできません。この病気を引き起こす大きな理由は男性ホルモンの増加です。肥満によって上で見たアディポネクチンが起こり、さらには男性ホルモンの増加が起こります。これは肥満で体についた脂肪細胞には男性ホルモンがたくさん貯蔵されることが大きな原因です。多嚢胞性卵巣症候群にはいくつかの自覚症状がありますが、そのなかでも代表的なものは生理不順と男性ホルモンの増加でしょう。後者の男性ホルモンの増加というのは具体的にいうと体毛が濃くなったりニキビが急に増えたりするという自覚症状につながります。なお、多嚢胞性卵巣症候群と妊活の関係、そして多嚢胞性卵巣症候群へ効果が注目されている「ピニトール」については「ピニトールとは?不妊・妊活で注目される理由を総まとめ。」の記事でもお伝えしてますので、あわせてご参考になさってくださいませ。

 

肥満だとどれだけ妊娠し辛くなるもの?

肥満が原因で不妊になってしまう主なメカニズムは分かりました。それでは、実際に肥満になってしまうとどれくらい妊娠しにくくなるものなのでしょうか?

妊娠まで標準体重の人の3倍は時間が必要

一般的にいわれているのが、「3倍の時間が必要」ということです。これはデンマークでの調査によって判明したもので、肥満傾向にあるカップルと標準体重にあるカップルの妊娠までの期間を計測してみた結果、このような事実が分かりました。もちろん、これは肥満度や個人差があることですので、一概にいうことはできません。しかし、統計的に見ると約3倍の時間がかかってしまうといわれています。標準体重の健康体の人であったとしても、赤ちゃんを授かりたいと思ってすぐに授かることができるかどうかは分かりません。元々妊娠しにくい体の場合には肥満によってさらに時間がかかることが予想されます。主な原因として考えられるのは肥満による生理周期の乱れや排卵障害などで、受精卵が子宮内に定着するまでに時間がかかってしまうことだといわれています。

肥満は着床障害の元!?

肥満によって高エストロゲン状態に陥っている場合には子宮環境を悪化させてしまいかねません。最悪の場合は着床障害を引き起こす可能性があります。受精卵が着床しない環境に1度なってしまうと治療をするのが困難であるため、不妊治療も長期にわたってしまう傾向にあります。この状態のまま放っておくと子宮内膜症や子宮筋腫といった重大な病を引き起こす可能性もあるのです。

流産や子宮外妊娠の割合も肥満かどうかに比例してくる

肥満だと流産や子宮外妊娠の可能性も高くなるといわれています。アメリカ国立衛生研究所のRajeshwari Sundaram博士率いるチームの研究によれば、標準体重に比べて肥満の人は妊娠の成功率が半分以下になり、流産や子宮外妊娠のリスクも急激に増えるとされています。通常は染色体異常など、胎児に何らかの影響があった場合などに流産をしてしまいますが、たとえ胎児の状態が正常であったとしても流産の可能性が高くなるようです。これは、肥満によって子宮内環境が悪化していることを示しています。

卵子提供でも妊娠継続率は低め

ここまで見てきて分かる通り、肥満が原因でおこる不妊は子宮環境が悪くなってしまうことが大きな理由です。これはつまり、正常で健康な卵子を提供してもらったとしても、妊娠する可能性が低いということを表しています。正常な受精卵を子宮内に戻したとしても、それがそのまま正常に着床してくれる可能性も低いですし流産の危険性も高い状態です。このように肥満というだけで妊娠に及ぼす影響は極めて大きいということが分かります。

妊娠にはダイエットが必要不可欠!効果的なおすすめダイエット

肥満が妊娠にあたえる悪影響を少しでも少なくするためにも、太ったと思ったらダイエットを行うようにしましょう。ただしダイエットといっても妊娠を控えている場合のダイエットにはいくつかのポイントがあります。このポイントを知らずに普段通りのダイエットを行ってしまうと、妊娠後、胎児に悪影響を及ぼす可能性もありますので、しっかりとした知識を付けておきましょう。

酵素ドリンクダイエットがおすすめ

妊活中のダイエットとして、もっともしてはいけないのが「食べないダイエット」です。妊活中には栄養補給のために健康的でバランスの取れた食生活をしなければいけないということは、胎児への影響を考えるというまでもありません。このようにたくさんの栄養が必要な状態で過度な食事制限をしてしまうと、胎児に栄養が行きわたらずに赤ちゃんが健康に育つのを阻害してしまいます。食べないと赤ちゃんに影響があったり、食べたら太ってしまったりと悩みはつきません。そこでおすすめしたいのが酵素ドリンクダイエットです。酵素ドリンクダイエットとは、毎日の食事を酵素ドリンクに置き換えるダイエットのことをいいます。

酵素ドリンクが妊活のダイエットに向いている理由

酵素といってもさまざまな種類があるのですが、大きく分けると潜在酵素と食物酵素の2種類に大別することができます。基本的には酵素を補給してあげると代謝が上がるといわれており、逆に酵素が不足してしまうと代謝はどんどん下がっていきます。体内にある潜在酵素は体が疲れを感じたり不調になったりすると減少していきます。これを食物酵素として食べ物などから補うことで代謝を上げていきダイエット効果をもたらしてくれるものが酵素ドリンクなのです。酵素ドリンクには代謝を上げる効果だけでなく毒素を排出するデトックス効果や、美肌効果、冷え性改善、栄養不足改善など、多くのうれしい効果が期待できます。食事だけをただ単に抜いてしまうと栄養の偏りが心配になりますが、酵素ドリンクに置き換えることでカロリーは押さえたうえで、栄養はしっかりとることができるようになるのです。

安全性の高い無添加の酵素にしよう

酵素ドリンクを選ぶときには、無添加のものを選ぶようにしましょう。妊活中でなくても、基本は無添加のものを選んだ方がいいですが、妊活中に飲むのであればなおさらです。添加物が胎児にあたえる影響に関してはまだ解明されていない部分も多いので、必ずしも危険ということはできませんが、それでもリスクを減らすという意味では無添加のものを選択した方がいいでしょう。肥満が妊娠にあたえる悪影響を少しでも少なくするためにも、太ったと思ったらダイエットを行うようにしましょう。ただしダイエットといっても、妊活中のダイエットにはいくつかのポイントがあります。このポイントを知らずに普段通りのダイエットを行ってしまうと、胎児に悪影響を及ぼす可能性もありますので、しっかりとした知識を付けておきましょう。

なお、妊活中におすすめの酵素ドリンクならシリーズ累計48万本突破の「妊活用酵素ドリンク」として開発された「若榴da檸檬(ざくろだれもん)」がおすすめ。詳しくは「若榴da檸檬(ざくろだれもん)で妊活を!基礎体温からしっかりケア」の記事でもおつたえしてますので、あわせてご参考になさってくださいませ。

 

妊活するなら要注意!間違った危険なダイエットは?

妊活中のダイエットとしては酵素ドリンクを用いたダイエット方法がいいということは分かりました。それでは、間違ったダイエット方法というのはどういうものなのでしょう。危険なダイエット方法を知っておくことで、リスクを軽減しましょう。

急激に体重を落とすダイエット

まずひとつめが急激なダイエットです。短期間で大幅に体重を落とす急激なダイエットは通常でも危険ですが、妊活中は絶対にやってはいけません。体重を急激に落としてしまうと、ホルモンバランスが乱れ、生理不順や排卵障害などを引き起こす可能性があります。妊活のためにダイエットをしていたはずが、こうなってしまうと完全に逆効果になるでしょう。

何も食べないダイエット

これはすでに見ましたが、危険なダイエットの代表例です。妊活中はむしろ栄養のあるものを積極的に摂取しなければなりません。カロリーは最小限に抑えながら栄養素はしっかり摂取できることが酵素ドリンクダイエットのメリットになります。

ハードなファスティングダイエット

ファスティングというのは、断食という意味とほぼ同様の意味です。ファスティングはトップモデルなどの間ではやっています。多くの女性から注目を浴びたダイエット方法ですが、妊娠中に行うのは非常に危険です。理由は何も食べないダイエットと同じで栄養素がとれませんし、食べないことで代謝も下がっていってしまいます。

健康的に痩せることが大切!

妊活中はただ単に痩せれば良いというわけではありません。しっかりと健康的に痩せなければ逆効果になってしまう可能性すらあるのです。健康的に痩せるというのは難しいことですが、ここで取り上げたようなダイエット方法を参考にして、ぜひ妊娠に最適な体を作り上げてください。

▼この記事に興味のある方はこちらの記事もおすすめ

 

\ SNSでシェアしよう! /

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

IKURICH編集部

IKURICH編集部

IKURICH編集部です。育児ママの毎日がちょっとでも豊かになるような情報を発信していきます。よろしくお願いいたします。