1. TOP
  2. 妊活中にインフルエンザ予防接種は受けられる?注意すべきことは?

妊活中にインフルエンザ予防接種は受けられる?注意すべきことは?

妊活
 

妊活中は、妊娠して胎児への影響が出ることが心配でワクチンや薬が制限されます。しかし、高熱になってしまっては母子ともに体への影響が心配ですから、冬に流行るインフルエンザ予防接種は受けられるのか気になります。そこで、妊活中はどのようなワクチンや予防接種を受けられるのかご紹介します。

妊活中に予防接種は受けられるの?ワクチンの種類は?

始めに、予防接種やワクチンは妊活中に受けられるのか見ていきます。ワクチンにも種類があるので、しっかり知識をつけておきましょう。

妊娠中でも大丈夫な不活化ワクチン

不活性化ワクチンとは、文字どおりウイルスや細菌を不活性化させたものです。そのため、ウイルスや細菌は生きておらず、それらの破片を接種するということです。病原体が直接体内に入るわけではないため、胎児への影響はありません。一方、体内に取り入れるのは生きている病原菌でないため、ワクチンのとしての効果は低くなります。また、接種回数も多くなり、ワクチンの種類によって異なりますが、期間を空け数回の接種が必要です。代表的な不活性化ワクチンは、B型肝炎やインフルエンザなどです。

妊娠中はNGな生ワクチン

生ワクチンとは、ウイルスや細菌の力を弱めたもので作られています。毒性が弱くなったとはいえ、ウイルスや細菌を直接体内に接種することから胎児に影響を与える可能性があると考えられています。しかし、生ワクチンを接種したからといって必ず胎児に影響が出るというわけではなく、あくまで影響があるかもしれないため控える方が無難と考えてください。病原体そのものを直接体に入れるため、当然ながらワクチンとしての効果は高く、通常1回~2回程度の接種回数で済みます。代表的な生ワクチンとしては風疹やおたふくかぜなどです。

男性は気にせず予防接種を受けて問題ない

女性と違い、逆に男性は積極的に予防接種を受けるようにしましょう。男性は風疹などに感染し、さらに妊娠中の女性や生まれてくる赤ん坊にうつしてしまうことを一番避けなければいけません。妊娠中に病気にかかると、胎児の成長に影響が出る可能性は上がってしまいます。どのような病原体に対する抗体を持っているのかは簡単に検査できるので、まずは検査から行いましょう。”

インフルエンザ予防接種を受けるなら!注意すべきなのは?

インフルエンザ予防接種は不活性化ワクチンなので、妊活中や妊娠中でも接種は問題ありません。しかし、そもそもワクチンは体に異物を取り入れることになるので副作用が出る場合があります。

卵アレルギーの人は深刻な副作用リスクがある

インフルエンザワクチンには、わずかながら鶏卵の成分が含まれています。そのため、重度の卵アレルギーを持っている方は接種をしない場合があります。ひどい場合は蕁麻疹などの症状が出るといわれていますが、卵を食べても軽い症状しか出ない人はほとんど問題ないと考えられています。しかし、接種するかどうかは自分で判断せず、かかりつけ医に相談しましょう。

ワクチンには副作用がある

ワクチンはどんな人にでも合うように作られてはいますが、まれに副作用が出るときがあります。接種した場所が腫れる人や発疹の出る人がいます。多くの場合軽い症状のみで終わりますが、体調が優れないときに接種すると感染してしまうおそれがあるので注意が必要です。

予防注射してもインフルエンザにかかる可能性はある

インフルエンザにはいくつかの型があり、年によって流行る型が異なります。ワクチンはその年に流行ると考えられる型のものになっているため、予想と違う型が流行ってしまったときや流行と違う型に感染してしまったときはインフルエンザにかかってしまいます。ワクチンを接種したから安心ではなく、普段の感染予防であるマスク、手洗いうがいはしっかりとしておきましょう。もちろん、インフルエンザにかかってしまっても症状が軽く済む場合もあるので、ワクチンは接種しておきましょう。

妊娠中はNG!注意すべき薬は何?

妊娠中に避けるべき薬はしっかりと頭に入れておかなければいけません。今後妊娠する可能性がある人は、薬を飲んでからどれくらいの期間妊娠を避けるべきか理解しておきましょう。

ホルモン剤

基本的に、胎盤はホルモンを通さないのですが、女児の場合は男性ホルモンによる男性化、男児の場合は女性ホルモンによる女性化がみられることもあります。しかし、ホルモン治療は医師により行われることがほとんどですから、影響を極端に心配しなくても良いでしょう。

抗がん剤

体に負担がかかる薬ですので、母体の状態が悪化することにより胎児に栄養や血液がいかなくなることがあります。また、妊娠初期の場合は奇形児の可能性なども否定できません。しかし、およそ妊娠15週目移行でれば胎児への影響はないとされており、抗がん剤を服用することは可能です。

抗ウイルス剤

薬の中には、奇形児が生まれる可能性のあるものがあります。また、男性側の精子形成機能を低下させるという例もあり、注意が必要な薬の一つです。

抗高脂血症薬

胎児の成長に影響があることが分かっており、妊娠している可能性がある人は避けて欲しい薬です。また、母乳へ混入することも見つかっており、出産後も気をつけましょう。

睡眠薬

胎児の大事な器官ができてくる妊娠4週目~12週目には特に注意しなければいけません。奇形になる可能性が上がりますし、母乳にも入ることがあります。

抗潰瘍薬

発育が止まることや、子宮が収縮して流産につながる可能性があります。必ず服用を避けるべき薬です。

抗凝固薬

血液が固まることを抑制するので、胎児が出血しやすくなる場合があります。また、胎盤を通過することもあるといわれており、胎児の成長に影響を与えてしまいます。

降圧剤

母乳へ混入することがあるため、赤ん坊の血圧を下げてしまい死に至ることもあります。また、お腹のなかにいる状態でも最悪の場合死亡することもあるので注意しましょう。

抗けいれん剤

胎児が奇形になることが報告されていますが、母親の治療も大切です。薬や量を調節しながら服用を続けることができるとされています。

抗うつ剤

母親が服用中の場合、薬の種類や量をコントロールすることで胎児への影響はほとんどないといわれています。

向精神薬

服用は絶対させるべきものではなく、服用をお医者さんと一緒にコントロールすることで胎児へはあまり影響を与えないといわれています。

利尿剤

奇形児になる可能性が上昇するほか、母乳にも入ってしまうことがあるので授乳中にも服用は控えたほうが良い薬です。

非ステロイド抗炎症薬

解熱鎮痛剤に使われている薬で、妊娠後半になると胎児へ影響を与えやすいといわれています。

参考出典:NHK「妊娠中の「がん」 迫られる命の選択」

間違えて薬を服用してしまった!対処法はある?

妊娠初期は特に、妊娠自体に気づかないことがあります。生理が来ないからと病院で受診して始めて分かるということも珍しくありません。

大抵の薬は飲んでも問題ない

妊娠していることに気づいていないあいだに飲んでいた薬の影響を心配されるかもしれません。しかし、ほとんどの薬は胎児への影響はないとされています。奇形になるとはいっても、世界中で生まれる赤ん坊のうち、そういうケースもあるという程度です。病は気からともいいますし、あまり神経質になりすぎないようにしましょう。

かかりつけの医師に相談すること

もちろん、薬の中には胎児へ影響を与えやすいものや、妊娠の時期によっても胎児へ影響を与える薬の種類が異なります。妊娠に気づくまで服用していた薬を、かかりつけ医に伝えて問題がないか確認しましょう。

基本は医師と相談しながら対処しよう

現在なんらかの病気を治療中の方は、薬を服用していることで妊娠できないと考えているかもしれません。しかし、薬はコントロールすることで妊娠可能ですし、うまく治療と妊活を両立させられます。何事も自分で全部判断してしまわないことが一番大切です。しっかりと医師の指示を守りながら、安心で安全な妊活をしましょう。

▼この記事に興味のある方はこちらの記事もおすすめ

 

\ SNSでシェアしよう! /

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

IKURICH編集部

IKURICH編集部

IKURICH編集部です。育児ママの毎日がちょっとでも豊かになるような情報を発信していきます。よろしくお願いいたします。