1. TOP
  2. 妊活に豆乳は活用できる?妊娠しやすくなる?【効果の実態まとめ】

妊活に豆乳は活用できる?妊娠しやすくなる?【効果の実態まとめ】

妊活
 

大豆製品には女性ホルモンと似た働きをする「大豆イソフラボン」が含まれています。豆乳にも大豆イソフラボンが多く含まれています。妊娠には女性ホルモンの関わりが重要になるので、豆乳は妊活にも活かせるのではないでしょうか。ここでは、豆乳についてご紹介します。

妊活中の豆乳はあり?妊娠しやすくなるもの?

妊娠には女性ホルモンが重要な役割を担っており、不妊治療にも女性ホルモンを使用することもあります。豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、どのような作用をもたらすのでしょうか。

女性ホルモンのバランスを崩す!?

女性ホルモンの一種エストロゲンのかわりになると言われている大豆イソフラボンは、過剰摂取をするとホルモンバランスを崩すと考えられています。過剰摂取は不妊の原因になると考えられているので、適量の摂取にとどめることが必要です。1日に摂取するイソフラボン量の上限は70mgから75mgと言われています。1日に摂取するべき適切量は30mgまでが理想です。イソフラボンの過剰摂取によって子宮内膜増殖症や無月経、排卵障害、着床障害を起こす可能性があるので注意が必要です。

摂り過ぎに注意すべきもの

イソフラボンを過剰摂取しないためには、大豆製品を把握することが重要です。豆乳の他にも、きな粉、厚揚げ、納豆、豆腐、おから、味噌、油揚げなどにもイソフラボンは含まれています。普通に食事を行った場合は、豆腐が約2分の1丁、納豆1パック、煮豆約80gで1日に十分なイソフラボンを摂取することができます。日本人は大豆を使った調味料や食品を食事で摂る機会も多いので、過剰摂取にならないように食事に気を付けるようにしましょう。

効果的と言われた理由は何?豆乳がもたらす妊活向きの効果って?

摂取量を間違えると不妊の可能性もある大豆ですが、妊活向きと言われる大豆のメリットは何があるのでしょうか。

肥満予防効果のあるサポニン

サポニンは抗酸化作用が高い成分で、老化防止や血行促進をして体質を改善し、卵子の質を上げてくれると考えられています。また、抗アレルギー作用や免疫力向上作用もあり、健康な体を作るサポートをしてくれます。

コレステロールを抑えるレシチン

悪玉コレステロールの分解と血中コレステロールの低下、動脈硬化を軽減することで体質改善をしてくれます。細胞の老化防止作用や神経細胞の活性化によって自律神経などを整えてくれる作用もあるので、ストレス軽減や卵子の老化を防ぐことが期待できます。

便秘解消のオリゴ糖

腸内の善玉菌を増やすサポートをしてくれるオリゴ糖の働きにより、腸内環境を改善し便秘の解消が期待できます。大豆オリゴ糖は熱や酸に強く、他のオリゴ糖に比べると腸まで届きやすいのが特徴です。少しの量でも善玉菌を増やす作用が高いことも知られています。腸内改善をすることで、栄養を効率よく吸収することや、便秘を解消する作用が期待できます。

イライラを予防するビタミンB

脳の機能維持やストレスによるイライラの解消を行ってくれます。豆乳には多くのビタミン群が豊富に含まれており、ビタミンB1は神経の働きを正常に保つ作用や、ビタミンB2は皮膚や粘膜の代謝を正常に保つ、ビタミンB6は体タンパク質の合成や造血作用など身体を作るためにも重要な栄養素です。妊娠前も妊娠後も大切な葉酸も多く含まれているので、妊娠を考えている人は摂取した方が良い栄養素と言えるでしょう。

豆乳の大豆イソフラボンは本来どんな効果が期待できるの?

大豆イソフラボンを摂取することで妊活に期待できる作用は何があるのでしょうか。

ホルモンバランスを整える

大豆イソフラボンには、女性ホルモン量が少ない人にはエストロゲンの分泌を促してくれます。しかし、女性ホルモンが増えすぎると、乳がんや子宮体がんになる可能性が高まります。大豆イソフラボンは、抗エストロゲン作用により過剰に分泌された場合でもエストロゲンの量を抑えてくれるので、女性ホルモンのバランスを整えてくれます。

血流改善で冷えを防いでくれる

レシチンやサポニンなどの作用によって、血流を改善する作用があります。血流改善により、新陳代謝を向上させ冷え性の改善が期待できます。冷えは卵巣の働きを低下させたりするため、妊娠する確率が下がってしまうと考えられています。卵巣や子宮は体温の影響を受けやすいので、妊娠の確率を上げるためには冷え性を改善することが重要になってきます。

抗酸化作用がある

大豆に含まれている成分には抗酸化作用があるものが多く含まれており、身体の活性酸素の除去や老化防止に良いとされています。妊娠は年齢により妊娠率が変化します。20代から35歳までは妊娠確率は高いですが、35歳を超えたあたりからは急激に妊娠する確率は下がってしまうのです。また、卵子の老化は胎児に染色体異常によって障害を与えてしまう可能性もあるため、老化防止対策を行うことも妊活には大切なこととなります。

受精卵の着床を助けてくれる

一番の作用はホルモンバランスが整うことで、子宮内膜を厚くし妊娠しやすい子宮を作る作用があることでしょう。子宮内膜が厚いと、受精卵が着床する確率が上がり、妊娠しやすくなります。理想の子宮内膜の厚さは10mm以上で、排卵後7日目から10日目の厚さが15mmあると高い着床率が期待できるのです。最低限妊娠に必要な内膜が6mmといわれているので、適切なイソフラボンを摂取して子宮内膜を分厚くできるよう心がけることで妊娠率を高めることが期待できるでしょう。なお、受精卵の着床を助けるなら大豆イソフラボンの他にも「葉酸」を摂取することも大切です。葉酸は厚生労働省も推奨する成分の一つで、妊娠するための体づくりで非常に大切になってくるので、日々の摂取が必要になってきます。なお、葉酸を日々効率よく摂取する際は専用の葉酸サプリを活用するのがおすすめです。詳しくは「妊活で飲みたい葉酸サプリのおすすめ厳選3選[選び方から徹底解説]」の記事でもおつたえしてるので、あわせてご参考になさってください。

 

摂取量を考えれば妊活に役立てる期待あり!

大豆イソフラボンは過剰摂取を行うとデメリットもありますが、摂取量を守れば多くのメリットをもたらしてくれる作用があります。妊娠しやすい身体を作るためには、食事の管理や体質改善を行えるのが良いですが、仕事やプライベートが忙しいと毎日気を遣うのは難しいところがあるでしょう。大豆製品を食事に取り入れ、大豆イソフラボンを適量摂取することで妊娠しやすい身体に近づけることができるでしょう。特に豆乳はスーパーやコンビニで気軽に購入することができる製品です。妊娠にも活躍できる大豆イソフラボンを妊活に取り入れていきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

IKURICH編集部

IKURICH編集部

IKURICH編集部です。育児ママの毎日がちょっとでも豊かになるような情報を発信していきます。よろしくお願いいたします。