1. TOP
  2. 妊娠超初期の下腹部痛(着床痛)はいつまで続く?特徴や注意点は?

妊娠超初期の下腹部痛(着床痛)はいつまで続く?特徴や注意点は?

 2017/05/31 妊娠
 

妊娠超初期に見られる症状には、「着床出血」や「高温期が2週間以上続く」などがありますが、その他に「下腹部痛」も挙げられます。

この下腹部痛は、「チクチク刺すような痛み」や「鈍い痛み」、「なんとなく違和感を感じる」など、症状は人それぞれです。

いつもの生理前の腹痛とはなんとなく感じ方がちがうものの、区別がつきにくいのが妊娠超初期に起こる下腹部痛ですから、不安に感じてしまう人も少なくはないのではないでしょうか。

そこで今回は、そんな気になる妊娠超初期の「下腹部痛」の症状や特徴、生理と区別するポイントなどについて詳しくまとめました。

妊娠超初期に起こる下腹部痛・腹痛はどんな症状?

妊娠超初期に起こる下腹部痛、腹痛の具体的な症状としては、「針で刺したようなチクチクとした痛み」、「子宮あたりに違和感を感じる」、「子宮周辺がギューッと引っ張られるような痛み」、「下痢を伴う」など、人によって感じ方が違ってきます。

1日中痛みを感じる人もいれば、1日のうちに数回痛みや違和感を感じる人もるようです。

中には、立っていられないほどの強い痛みを感じる人もしますから、個人差が大きいといえるでしょう。

どんな痛み?チクチクする?鈍痛?それ以外??

チクチクとした軽い痛み、違和感を感じるというような症状のほかに、足の付け根や恥骨、股関節などの子宮周辺に痛みや違和感を感じるという場合もあります。

また、「生理のときのような痛みだったので、生理がくるのかと思った」という人も少なくなく、生理との区別が付きにくいのが妊娠超初期の下腹部痛の特徴だともいえます。

また、ちょっとした痛みを感じる程度の人もいれば、うずくまってしまうほどの強い痛みを感じるという人もいますから、症状は様々だといえます。

下腹部痛・腹痛の原因は?

妊娠超初期に見られる下腹部痛の主な原因は、「着床時の痛み(着床痛)」と「ホルモンバランスの急激な変化」だとされています。

受精卵が子宮内膜に着床する際に痛みを感じると考えられていますが、現時点では医学的な根拠はありません。

ですが、着床時に痛みを感じてる人は多く、また、受精卵が子宮内膜に着床する際に少し傷が付き、それによって起こる出血(着床出血)が起こることもあります。

また、妊娠することでhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)と呼ばれるホルモンが分泌され、急激に増加すること、さらに、「エストロゲン」、「プロゲステロン」という妊娠に深く関わる女性ホルモンのバランスが変化することなど、ホルモンバランスの影響で下腹部痛が引き起こされるとも考えられています。

さらに、妊娠することで徐々に子宮が大きくなるにつれ、「膀胱」や「胃腸」、「恥骨」など、子宮周辺の期間が圧迫され、体の様々な部分に負担がかかることで腹痛が起こることも考えられます。

いつから?いつまで続く?

妊娠超初期に起こる下腹部痛、腹痛ですが、着床の時期(生理予定の1週間前くらい)から起こり始めるようです。

いつまでこの痛みが続くかについては個人差があり、具体的に「この頃までには治まるでしょう」ということはいえません。

下腹部痛を感じ始めてから1週間ほどで治まったという人もいれば、中には出産まで続いていたという人も。

また、しばらくの期間痛みが続き、その後しばらくは治まり、また痛み始めた・・・という人もいるようです。

このように、痛みが起きている期間については人それぞれだと考えておきましょう。

妊娠超初期の下腹部痛で知っておきたい7つの注意点

妊娠超初期の下腹部痛は特に心配する必要のない痛みですが、中にはなんらかの異常を来たしていることのサインである場合もあります。

「おかしいな」と感じたら、早めに受診し、医師の診察を受けるようにしなければなりません。

1.そもそも妊娠超初期はいつから?

妊娠の周期についてですが、最終月経の初日を妊娠0週0日と考え、7日で「妊娠1週」とし、「妊娠4週」を「妊娠1ヶ月」と考えてカウントしていきます。

妊娠超初期とは、「妊娠0週から妊娠3週目」のことだといわれています。

生理の遅れがあり、早い人が妊娠の可能性に気付く時期が「妊娠4週目から妊娠5週目」あたりですから、妊娠超初期はまだまだその可能性を示す様々なサインを見落としてしまいがちな時期だともいえるでしょう。

2.【右?左?】生理痛との違い・見分け方は痛む「場所」次第?

生理痛と妊娠超初期に起こる腹痛を見分けることは非常に難しいですが、妊娠超初期の腹痛の場合、痛みを覚える場所が「下腹部の下のほう、子宮のあたり」であることが多いようです。

また、妊娠超初期の下腹部痛は受精卵が着床したときに感じる痛みであることから、「着床痛」とも呼ばれています。

痛みの感じ方は人それぞれですが、普段の生理通よりも若干重いという人が多いようです。

「いつもより痛みが強い」、「広い範囲で下腹部が痛む」など、普段の生理痛となんとなく違うような感じを覚えたら、それは妊娠超初期の腹痛である可能性があります。

また、腹痛のみで妊娠を判断することは非常に難しいですから、腹痛以外に起こりえる症状について把握しておき、そちらもチェックするようにしてください。

妊娠超初期の症状としては、

  • おりものに変化が見られる
  • 高温期が2週間以上続いている
  • 着床出血
  • 胸が張る、乳首が痛む
  • 匂いなどに敏感になる
  • トイレが近くなる(頻尿)
  • 1日中眠気がある
  • 倦怠感
  • 便秘や下痢になる
  • 食べ物の好みが急に変わる
  • つわりのような不快感、吐き気などがある
  • 足の付け根に痛みを感じる

などが挙げられます。

こうした症状がないかどうかも確認してみるようにしてください。

3.痛み方は?

妊娠超初期の腹痛の感じ方ですが、生理痛と非常に似ており、「生理がくるのかと思った」と、区別が付かなかった人も多いようです。

また、症状も様々で、「針で刺したようにチクチクとした痛みを下腹部に感じた」、「下腹部がギューッと引っ張られるような痛み」、「「なんとなく子宮に違和感を感じる」、「お腹の広い範囲で痛みを感じる」など、人それぞれ違った感覚を覚えるようです。

周りの人と痛みの感じ方が違うからといって心配する必要はありませんよ。

痛みを感じる時期(いつまで痛みが続いていくのか)についても個人差がありますから、数週間で治まる人、妊娠中期ごろまで下腹部の違和感が続いていた人、様々です。

多くは妊娠中期ころにはだいぶ気にならないようになるようですから、それまではあまり無理をしないように心がけながら様子をみていくようにしましょう。

4.流産の可能性?痛みがなくなるのとどうなる?

強い腹痛に伴い、いつまでも治まらない出血が見られるような場合、流産の可能性があります。

この時期の流産の原因は「胎児の染色体異常」など、胎児側にあることがほとんどです。

また、この時期は流産が起こりやすいとされる時期でもありますから、些細な変化や異常にも敏感でいることが大切だともいえます。

早めに受診し、子宮内をきれいにする処置をしてもらう必要があります。

ちなみに、それまで感じていた腹痛が急に消失する場合もあります。

痛みが突然なくなったため、「もしかして流産したかも・・・?」と思ってしまいがちではありますが、妊娠超初期の腹痛が突然なくなることはよくあることですので、さほど心配する必要はありません。

ですが、中には痛みを感じることのない「稽留流産」を起こしている場合もありますので、心配だという人は受診してみると安心できるでしょう。

妊娠超初期の腹痛は、経過とともに治まっていくことがほとんどですから、あまり心配せずに様子をみていくようにしてくださいね。

5.子宮外妊娠の可能性

受精卵が子宮の中ではなく、卵管などのほかの場所に着床してしまうことを「子宮外妊娠」といいます。

この場合、細い卵管の中で受精卵(胎児)が成長していくわけですから、どんどん痛みが強くなっていきます。

最終的には卵管破裂に繋がってしまう恐れがありますので、大変危険です。

妊娠初期であれば胎児もまだ小さく、痛みはあまり感じない場合もありますが、痛みとともに出血を伴うような場合は早めに受診することをおすすめします。

6.胞状奇胎の可能性

胎盤を形成するための元となり「絨毛(じゅうもう)」が異常繁殖してしまい、赤ちゃんを吸収してしまうという病気のことを「胞状奇胎」といいます。

この病気を発症する確立は500人に1人くらいの割合ですから、さほど多いケースではありません。

症状としては、痛みと出血に伴い、重いつわりのような症状がみられることが多いようです。

「なんとなく様子がおかしいな・・・」と感じたら、早めに受診し、医師の診察を受けるようにしてください。

7.薬を飲む前に

妊娠の可能性がある場合、気になるのは「お薬」のことでしょう。

基本的に、妊娠超初期は受精卵が細胞分裂をしているだけの状態ですから、薬を飲んだとしても赤ちゃんに悪影響を及ぼすことはないとされています。

ですが、一般的には妊娠中は安易に市販薬を飲まないようにと言われていますから、出来るだけ避けるようにしましょう。

また、脂溶性ビタミンを多く含んだ錠剤(サプリメントなど)の場合、過剰に摂取することで赤ちゃんの発育に悪影響を及ぼす可能性がありますので注意が必要です。

服用しているサプリメントや、定期的に内服している薬に関しては、処方されている病院や薬剤師に相談し、しっかり確認するようにしてください。

どうしても薬が必要な場合、産婦人科で相談すると妊娠中でも内服可能な薬を処方してくれますから、相談してみるとよいでしょう。

妊娠超初期の下腹部痛への対策は?

妊娠超初期に起こる下腹部痛、腹痛の多くは特に問題のない安全なものである場合が多いのですが、中にはなんらかの問題、異常が発生して起こっているような危険なものである場合がありますので、注意が必要です。

子宮が大きくなることによって生じる下腹部痛や、着床時の痛みを感じている場合の腹痛は妊娠初期にはよく見られるものですから、特に心配する必要はないでしょう。

対策としては、無理をせずに横になる、出来るだけ楽な姿勢で休む、お腹や腰に負担のかかるような作業を避ける、重い荷物を持たないようにする、お腹や手足を温める、消化が良く、胃腸にあまり負担がかからないような食事を心がける、ストレスを感じない生活を送るようにする・・・などがあります。

また、腹痛に伴い、下痢や便秘などの症状が見られるような場合は、食事内容の見直しをすることも大切です。

妊娠中はどうしても胃腸の機能が低下してしまいやすいので、下痢や便秘とったトラブルに悩まされてしまうことが少なくありません。

出来るだけ硬い食べ物は控え、消化のよいものを積極的に取り入れるようにしましょう。

また、適度な水分補給も重要なポイントです。

妊娠中は普段よりも水分不足に陥ってしまいがちですから、積極的に水分摂取を心がけるようにしてください。

このとき、冷たい飲み物は体を冷やしてしまいますし、お腹にも負担がかかってしまいますから、常温か温かい飲み物を飲むようにしましょう。

妊娠中はカフェインやアルコールの摂取は控え、ノンカフェインの飲み物やハーブティーなどがおすすめです。

また、衣服の調節も大切です。

出来るだけ体を冷やさないように、厚めの靴下(くるぶしまでしっかりかくれる長さのもの)を履いたり、腹巻をする、1枚多めに上着を着る・・・など、体をしっかり冷えから守ることも妊娠超初期の腹痛を緩和することに繋がりますよ。

また、腹痛に伴い、出血が見られた場合ですが、着床出血である可能性もありますが、いつまでも出血が止まらない、出血の量が多いという場合は流産の可能性もありますから、自分でなんとかしようとせずに早めに受診するようにしてください。

ママの心がけ次第で異常に早い段階で気付くことが出来ますよ。

まとめ

妊娠超初期の腹痛と生理を見分けることは難しく、まして初めての妊娠である場合はさらに区別がつかない場合が多いでしょう。

妊娠超初期は、腹痛だけで判断するのではなく、その他の様々な症状の有無を確認しながら判断することが望ましいでしょう。

また、生理が止まり、高温期が20日以上続いているようなら、妊娠している可能性は非常に高くなります。

タイミングをみて、妊娠検査薬で検査してみましょう。

陽性反応が出たら妊娠していると考えて間違いはないですが、正常な妊娠かどうかを調べるという意味でも、産婦人科でしっかり検査してもらうことが大切です。

\ SNSでシェアしよう! /

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

IKURICH編集部

IKURICH編集部

IKURICH編集部です。育児ママの毎日がちょっとでも豊かになるような情報を発信していきます。よろしくお願いいたします。