1. TOP
  2. 妊娠
  3. 妊娠6週目の症状や過ごし方|胎児の心拍確認は?早期流産対策は?

妊娠6週目の症状や過ごし方|胎児の心拍確認は?早期流産対策は?

 2017/03/06 妊娠
 

妊娠6週目に入るとほとんどの人が自身の妊娠に気付き始めます。特に妊娠5週目あたりから感じていたものがより具体的に実感するようになるでしょう。中には生理が止まり「なんだか体がいつもと違うような気がする・・・」といったことで妊娠に気が付いたという人も多いかと思います。この頃から徐々につわりも始まりますし、流産や胎児の成長、胎嚢の大きさなど、気にし始めるものが多くなってきます。

そこでこの記事では

  • 妊娠6週目の胎嚢の大きさ・流産の有無・胎児の成長
  • この時期に心がけたい過ごし方

について詳しくお伝えしていきます。

妊娠6週目ってどんな時期?女性

妊娠6週目は、生理が止まり、つわりなどの初期症状が本格的に現れ始め、ママの体がどんどん変化していく時期。ほとんどの人がこの頃に妊娠したことに気付きます。生理が止まって2週間ほど経過し、かつ、妊娠検査薬で陽性反応が見られたら、妊娠したと思って間違いありません。病院へ行き、検査をしてもらってください。超音波検査で胎嚢(たいのう)が確認出来るでしょう。

妊娠6週目のお腹の赤ちゃんの大きさや様子は?

赤ちゃんの心臓が形成され、早い人だと心拍が確認できるでしょう。筋肉、リンパ組織などの「中胚葉」と呼ばれる組織が活発に動くようになります。

一般的な大きさ・目安は?

この頃の赤ちゃんの大きさは約8mm~10mm程度。重さは約4g。とても小さな存在です。初めはまるで宇宙人のような姿だったのが、まずは手が形成されていき、徐々に人間らしい姿に近付いていきます。また、心臓、腎臓、肝臓、胃などが出来上がっていきます。

胎嚢の大きさ・目安は?

この頃の赤ちゃんは「胎芽」と呼ばれる細胞で、「胎嚢」という袋に包まれています。胎嚢の大きさは約1.5cmですから、中に入っている赤ちゃんはそれよりも小さいことになりますね。

【参考】胎嚢が見えないときは子宮外妊娠の可能性?

妊娠検査薬により陽性反応が出たにもかかわらず、超音波検査で胎嚢が確認出来ない場合、「子宮外妊娠(異所性妊娠)」である可能性があります。受精卵が着床することでhgc(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)が尿から検出され、妊娠していると判断することが出来ます。これは、受精卵が着床した位置が子宮内でなくても同様に検出されるのです。子宮外妊娠の場合、放置することで卵管が破裂し、出血してしまう可能性がありますので、早期に適切な対処が必要になってきます。

エコーでもわかる?

妊娠6週を過ぎる頃には赤ちゃんの心臓がほぼ出来上がっていますので、うまくいけばエコーで心拍を確認することが出来ます。しっかり動いている心臓を目で見て確認することで、母親としての自覚がより高まるでしょう。

徐々に心拍数の確認ができるように

妊娠6週の段階では、赤ちゃんの心臓の4つの部屋のうちまだ1つしかない状態です。1つあれば心拍数を確認することが可能になりますし、流産の可能性も一気に引くなります。

視床下部が形成され始める

視床下部とは、体温をコントロールするための重要な器官のことをいいます。妊娠6週目以降になると、この視床下部が形成され始めます。この視床下部は脳の機能の1つであり、赤ちゃんの脳が一気に発達していくでしょう。

各器官が形成されはじめる

排泄や体温管理など、基本的なことを行う器官が徐々に出来上がっていきます。生殖器の形成が始まるのもこの頃です。この段階では、女の子の場合は卵巣、男の子の場合は精巣といった体の内側にある内性器のみで、外性器が形成されるまではまだ時間がかかります。

検診して子宮外妊娠の確認を

尿検査での数値が高値であるにもかかわらず胎嚢が確認出来なかったり、出血を伴う激しい腰痛がみられる場合は子宮外妊娠の可能性があります。しっかり検診を受け、妊娠状態を確認するようにしてください。

出産予定日がわかる

赤ちゃんの頭のてっぺんからお尻までの頭殿長を計測することでだいたいの出産予定日が判明します。とはいえ、胎芽はとても小さく、位置がずれやすいので、出産予定日が変わることも多々あります。赤ちゃんが更に成長していくと、頭の大きさや大腿骨の長さを測ることで総合的に判断することが可能になります。おおよその出産予定日を知ることで、出産までに必要な様々な準備を整えることが出来ますし、心構えも出来るでしょう。

妊娠6週目のママの状況や様子、妊娠初期症状は?

妊娠6週目のママは、体も心もどんどん変化していく不安定な状態になります。また、この頃からつわりに悩まされるママが多いので、無理のない生活を送るよう心がける必要があります。

絶対過敏期

「絶対過敏期」とは、ママが飲んだ薬の成分が赤ちゃんに大きな影響を与える時期のことをいい、妊娠4週~7週がこの時期にあたります。妊娠中は下痢や便秘を起こしやすかったり、体温も妊娠前と比べて高くなる傾向にあり、風邪と勘違いしてしまうことも。この時期は特に自己判断で安易に薬を飲まないように注意し、なんらかの不調を感じた場合は受診して医師の指示に従うようにしてください。

体が熱っぽくなる

妊娠すると体温が通常よりも高くなりやすく、37℃を超えることが多くなります。体温が高くなると倦怠感を感じやすく、中には風邪などの体調不良と勘違いしてしまう人も少なくありません。ですが、先にもお伝えしたとおり、この時期は「絶対過敏期」にあたりますから、ママが飲んだ薬の成分が赤ちゃんに悪影響を及ぼしてしまいます。体温が高い、熱がある=病気と判断せず、体調がどうしても優れないような場合は早めに受診し、医師に相談するようにしてください。

だるさ・倦怠感など

特に妊娠初期はつわりもあり、ママにとっては体が辛い時期でもあります。お腹に赤ちゃんを宿したことで体はどんどん変化していきますし、どうしてもだるさや倦怠感を感じやすくなるでしょう。この時期はまだママの体もお腹の中の赤ちゃんも不安定な状態ですから、無理は禁物。体が辛いなぁと感じたら、出来るだけ体を休めるよう心がけましょう。

疲れやすくなる

妊娠初期の頃は少し動いただけで息切れしたり、とにかく疲れやすくなります。妊娠して感じる変化のひとつに「疲れやすくなる」ことが挙げられるほど、ママの多くが妊娠前よりも疲れを感じるようになったと自覚しているようです。安定期に入るまでは何が起こるか分かりませんし、妊娠中にあまり無理することは好ましくありません。「なんだか疲れたな・・・」と感じたら、出来るだけ体を休めるようにしてください。周囲の人に理解してもらい、協力してもらうことも大切です。

頭痛が起こる

妊娠6週頃に起こりやすい症状に「頭痛」があり、原因としてホルモンの影響が大きいと考えられています。頭を使う作業を減らしたり中断するなどして、出来るだけ頭痛を緩和するように心がけましょう。短時間でも眠ること、横になることで頭痛を和らげることが出来ますよ。

つわりが出始める

妊娠初期症状の代表的なものとして「つわり」があります。ただ、一言でつわりといっても以下のように症状には様々なものがあります。

  • 食べつわり(空腹になると気持ちが悪くなる)
  • 眠りつわり(一日中、異常に眠くなる)
  • よだれつわり(よだれが多く出るようになる)
  • 匂いつわり(自分の周りの匂いで気持ちが悪くなる)

中でも、吐いてしまうことが一番辛いつわりの症状で、多くのママがこのつわりに苦しまされるようです。水を飲んだだけで吐いてしまうようなことも少なくなく、酷い場合は入院して様子をみることもあります。こうしたつわりが酷いときは脱水症状に陥ってしまいやすいので注意が必要です。

つわりない場合は?

中にはつわりがまったくないという人もいます。辛いつわりがないことはとてもありがたいものですが、つわりがない分無理をしてしまいがち。また、食べ過ぎて体重が急激に増加してしまうことも。ですが、つわりがなくても妊娠していることには変わりありませんから、様々な面で注意しなければなりません。

頻尿になりやすくなる

妊娠すると子宮が大きくなることで膀胱が圧迫され、頻尿になってしまいやすいです。時期が経過するにつれて症状を緩和させるコツが自分なりに分かるようになりますから、症状を楽にする方法などを研究してみると良いでしょう。トイレに行く回数を減らすために水分摂取を控えるようなことはせず、しっかり水分を補うことも忘れずに。

気持ちの乱れ、うつ傾向など

特に妊娠初期はお腹の中の赤ちゃんのことが心配なあまり、欝などになりやすい傾向にあります。体も心もまだ不安定ですから、ちょっとしたことで気持ちが乱れてしまうのです。こうした精神的なストレスは赤ちゃんにも悪影響を及ぼしてしまいますので、気分転換に散歩をしてみたり、友人と話をしたり、気持ちが明るくなるようなことをしてみましょう。ママがリラックスして日々を過ごすことが赤ちゃんにとっても大切なことなのです。

腰痛への影響

黄体ホルモンやリラキシンなど、妊娠中に分泌されるホルモンの影響や運動不足による筋力の低下などから、妊娠中は腰痛を感じやすくなります。腰や下半身を温めたり、重いものを持たない、抱き枕を活用する、横向きに寝るなど、腰痛を緩和するための対策をとるようにしましょう。また、中には流産の可能性を示す腰痛もあるので注意が必要です。この場合、腰の痛みに加えて下腹部の強い痛みやお腹の張り、出血などが伴います。自分に起きている腰痛の原因を見極めることが大切ですし、不安な場合は受診して相談すると安心ですね。

腹痛・下腹部の痛み・違和感など

赤ちゃんの成長に伴って子宮が収縮し、お腹が痛んだり違和感を感じることも少なくありません。これは、お腹の中で赤ちゃんが順調に成長してるという証でもありますから、あまり心配する必要はないでしょう。横になって体を休めたり、家事の負担を減らすなどして、無理のない生活を送るように心がけてください。

特妊娠6週目で出血、流産の可能性は?

妊娠6週目に出血が見られることは珍しいことではありません。問題のない出血も多いですが、中には早急に受診、処置が必要な場合もあります。出血に痛みを伴ったり、出血の量が多いような場合は流産の可能性も考えられますので注意が必要です。

この時期の出血はよくあること?

妊娠6週目に出血が見られること自体は、わりとよくあることです。ですから、すぐに「出血=流産」と直結して考えなければならない訳ではないのです。もしもその出血がいつまでも続いたり、痛みを伴ったり、大量の出血の場合は自己判断は避け、必ず医師の診察を受けるようにしてください。もう少し様子を見ても大丈夫かな・・・と、安易に考え、重大な問題に気付かないまま処置が遅れることで取り返しがつかないことになってしまうことも。少しでも不安を感じるのなら、なるべく早めに受診しましょう。

問題の無い出血もある?

問題のない出血として多くみられるものとしては、「絨毛膜下血腫」があります。これは、胎盤の元となる絨毛組織が子宮内にもぐりこむことで起きる出血です。また、その他にも疲れやストレスで出血することもあります。

内診後の出血で慌てない

指や器具を膣内に挿入して内診した場合、それが刺激となって出血することがあります。そうした出血がみられる場合があるということを医師側はきちんと理解していますし、あらかじめ診察前に説明してくれることもあります。小量の出血が数日で止まればまず心配はないでしょう。

自分での判断が難しいものはすぐに病院へ

とはいえ、実際に妊娠中に出血してしまったら本人は当然驚きますし、素人目で判断することはなかなか難しいもの。自己判断で「これは問題のない出血だろう!」と簡単に答えを出せないものですよね?出血があった場合、それが問題のある出血であろうとなかろうと、早めに診察を受けることをおすすめします。それが一番確実ですし、安心できるでしょう。

妊娠6週目で心がけたい過ごし方10選[おなかの赤ちゃんのために出来ること。]

不意のお腹への衝撃には注意を

妊娠6週目はまだまだ不安定な時期。何が起こるか分からないので、出来るだけ危険は避けて生活しましょう。特にお腹への衝撃には要注意。痛みや出血がなければ、ある程度の衝撃を受けても問題はないはずですが、注意するに越したことはありません。周りに小さなお子さんがいる場合は特に、急にお腹にぶつかってくることも考えられます。お腹に赤ちゃんがいるということを伝えて、出来るだけお腹に刺激を与えないように意識してもらいましょう。もしもお腹に衝撃を受けた場合は、念のため医師に連絡して指示を仰ぐと安心ですよ。

薬を飲むのには注意を

妊娠6週目は「絶対過敏期」にあたり、ママが飲んだ薬の成分が赤ちゃんに強く影響してしまう繊細な時期です。妊娠中は安易に市販の薬を飲むようなことはせず、担当の医師や薬剤師に必ず相談するようにしてください。また、妊娠中はなにかと体調の変化を感じやすくもあります。それが妊娠による不調なのか、風邪などによる不調なのか、しっかり見極めてから対処することが大切です。

妊娠検査薬で陽性反応ならすぐお医者さんに相談

現在販売されている妊娠検査薬は非常に精度が高いものが多く、陽性反応がみられたら妊娠していると考えてほぼ間違いないでしょう。とはいえ、いくら精度の高い妊娠検査薬でもその妊娠が正常なものなのかどうかまでは分かりません。中には子宮外妊娠(異所性妊娠)、胞状奇胎などの異常妊娠である場合もあります。これらは放置するとママや赤ちゃんに重大な影響を及ぼすこともありますから、妊娠検査薬で陽性反応がみられたらなるべく早めに受診し、診察を受けるようにしてください。

まわりや職場への妊娠報告は最低限で

一般的には、「16週以降の安定期に入った頃」が妊娠報告のタイミングとしてベストな時期だといわれています。妊娠の喜びを早くみんなに伝えたい、分かち合いたい、という気持ちはとてもよくわかりますが、特に妊娠初期の段階では何があるか分からず、残念ながら流産してしまうケースも少なくはありません。早すぎる報告が自分のことも周りのことも傷付けてしまうこともありますから、妊娠の発表は慎重に。初期のうちは、妊娠の報告は家族や近しい身内のみに留め、体に無理がかからないように協力してもらいましょう。

立ち仕事や思いもの運びに注意

働くママの場合、仕事の内容によっては重いものを運んだり、立ちっぱなしの仕事をしなければならない人もいるでしょう。妊娠は病気ではないとはいえ、お腹の中に大事な命を宿しているわけですから無理は禁物です。仕事中の事故やトラブルが流産に繋がることも十分考えられますから、まずは自分の体を一番に考えましょう。そのまま出産まで働くことが可能なのかどうか、上司や家族と相談しながら冷静に考えることも必要ですよ。

定期検診はしっかり受けよう

妊娠初期の場合、検診の頻度は基本的に2週間に1回です。この時期は母体も胎児も不安定な状態ですし、子宮の内部が今現在どのような状態なのかを自分で知ることは出来ないのですから、定期健診は忘れずにきちんと受けるようにしてください。妊娠が進むにつれ、検診の頻度は少なくなります。状態に応じてこまめに検診を受ける必要がある場合もありますが、いずれもしっかり受けるようにしてください。

無理な食事は控える

妊娠初期の赤ちゃんは「卵黄嚢」という細胞から栄養を供給されているため、ママが十分に栄養を摂れない状態だとしても赤ちゃんが栄養不足に陥るということはありません。つわりがひどいときは無理に食べようとせず、水分補給だけしっかり心がけましょう。食べやすいもの、食べれるものを食べるようにしてください。サプリメントで栄養素を補うのもおすすめですよ。

スタバってこの時期大丈夫?

基本的に、妊娠中は出来るだけカフェインは控えるべきです。また、糖分、脂質の摂りすぎもよくありませんから、飲み過ぎないように注意する必要があります。どうしてもスタバの飲み物が飲みたいようなら、回数を減らしたり、飲み物の内容を考慮するよう努力してください。絶対飲んではダメ!とはいいませんが、お腹の中の赤ちゃんのことを考え、何を優先すべきなのかを考えて行動するようにしてください。

ゼリーって大丈夫?

特につわりがひどいとき、食欲がないときの食べ物としてゼリーはおすすめです。余裕があって手作り出来るようなら、果物を入れたりなどの工夫も出来ます。

私は食欲のない時は自分でゼラチンを使いゼリーを作ってました。
一箱に4袋ぐらい入ってたと思います。 一袋で200CCのゼリーが出来たと思います。
箱に作り方が書いてあります。 教えて!goo

このように、ゼリーを食べて辛いつわりを乗り切ったというママは少なくありません。

参考:食べづわりのときの食べ物は?

空腹になってくると気持ち悪くなってくる「食べつわり」。お腹が空いたら我慢せず、小さなおにぎりなどを準備しておき、こまめに食べるようにしましょう。また、トマトや果物などがおすすめです。基本的には、食べたいものを食べれるときに食べてOKです。

「葉酸」を摂取して流産リスクや先天的な病気(神経管閉鎖障害など)のリスクを軽減

妊活時から始まり、特に妊娠6週目のような妊娠初期ではなおさらのこと、この時期に積極的に摂取すべき栄養素が「葉酸」。葉酸の摂取は胎児の「無脳症」や「二分脊椎」など、赤ちゃんの先天的な病気や神経管閉鎖障害などを予防するだけでなく流産のリスクを軽減させてくれることもあり、厚生労働省をはじめ母子手帳でも強く推奨されている非常に重要な成分ですので妊娠中もしっかりと摂取しておく必要があります。お腹の赤ちゃんの健やかな成長を考えるなら、日頃から厚生労働省が推奨する葉酸量(400μg)を摂取するようにしてください。

手軽に400μgの葉酸量を摂取するなら、私たちikurich(いくリッチ)でも取材させていただきましたベルタ葉酸サプリがおすすめ。ベルタ葉酸サプリなら、葉酸を400μg配合しているだけでなく、『20mgの鉄分(ブロッコリーだと約1470g相当)』『232mgのカルシウム(牛乳だと約211ml相当)』『ビタミンB12を含む27種類のビタミン・ミネラル、21種類の野菜』などをバランスよく配合し、香料・着色料など無添加の栄養価にこだわったサプリメントですので、安全に且つ手軽に摂取することができます。まずは、毎日できることを積み重ねてみましょう。

【編集部オススメ】ベルタ葉酸サプリ

→ ベルタ葉酸サプリの詳細はこちら

 

妊娠初期でも葉酸を摂ってない人はお腹の赤ちゃんのことを考えまず葉酸の摂取から始めてください。葉酸(ビタミンB9)は水溶性ビタミンB郡の一種で「赤ちゃんのためのビタミン」とも呼ばれています。体の細胞を作るときには欠かせないビタミンの一種であり、細胞の分裂と増殖、組織と臓器の形成、巨赤芽球性貧血(きょせきがきゅうせいひんけつ)、胎盤早期剥離や流産の防止などの働きがあるため、お腹の赤ちゃんが順調に成長していく助けとなります。

参考出典:厚生労働省「神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について」
参考出典:厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要」
参考出典:葉酸普及研究会

 

 

産院選び・バースプランを考えるはじめよう

分娩方法や産後のケア(カンガルーケアなど)はその病院ごとに異なります。また、里帰り出産をするかどうかによっても選択肢は変わってきますから、早めに具体的なイメージを持っておくことが大切です。パートナーや家族とも話し合いながらバースプランを考え始めましょう。

おおよその妊娠→出産費用を知っておこう

分娩入院費には、健康保険が適用されませんので、出産にあたって40万円前後のまとまった費用が必要になってきます。ですが、健康保険に加入している人の場合、健康保険から42万円(産科医療保障精度に加入していない産院での出産なら39万円)の「出産育児一時金」が給付されますから、実質的な負担は数万円程度になるでしょう。こうした費用の部分は、出産予定の産院に早めに確認しておくと安心です。また、このほかにもベビー用品、出産内祝いなど、色々な面でお金がかかります。こうした現実的な部分について、パートナーと話し合っておくことも大切なことですから覚えておくようにしましょう。

まとめ

妊娠6週のママの状態、赤ちゃんの状態を知ることで、起こりうる危険を回避することにも繋がります。妊娠初期はつわりが始まったり、様々な面でどんどん変化していくとても大切な、そして繊細な時期でもあります。ママは自分自身とお腹の中の赤ちゃんのことを一番に考え、最優先するように心がけてください。まだお腹の膨らみが目立たず、妊娠した実感が湧かないという人も多いと思いますが、確実に成長している小さな存在をしっかり守ってあげてくださいね。

【参考】

この一週後は「妊娠7週目の症状や過ごし方。心拍・大きさ・つわり・流産はどう?」で紹介しています。

この一週前は「【妊娠5週目】胎嚢の確認・体の症状・注意したい過ごし方を総まとめ」で紹介しています。

 

▼他の方はこちらの記事も読まれてます。

 

\ SNSでシェアしよう! /

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Konno

Konno

ライター/天然石アクセサリーアーティスト/飲食スタッフ/飲食スタッフ(パート)/2児の母親



普段は男女の双子を育てる子育て経験豊富なママライター。
ライターの他にも、天然石アクセサリーアーティスト・飲食スタッフ、としての顔も持つ。
これまでの育児経験をもとに鋭意執筆中。

【site】http://blog.goo.ne.jp/rukanata

【Facebook】https://www.facebook.com/profile.php?id=100004266756347