1. TOP
  2. 妊娠
  3. 妊娠初期
  4. 妊娠7週目、下痢が続くと流産の可能性?腹痛を感じたらどうする?

妊娠7週目、下痢が続くと流産の可能性?腹痛を感じたらどうする?

 2018/02/20妊娠初期
 

    下痢が続いてるからお腹の赤ちゃんが心配…

    下痢が続いてお腹の赤ちゃんを心配されている妊娠7週目の妊婦さんは多いのではないでしょうか?お腹の赤ちゃんに影響が出ないか不安だから下痢対策をしたい方も多いと思います。

    そんな妊娠7週目の下痢に悩む方へ、

    • 下痢が続くとどうなるのか?
    • 妊娠7週目の下痢対策

    についてお伝えします。

    妊娠7週目(妊娠初期)の下痢に悩まされる原因は?

    妊娠7週目に引き起こす下痢の原因は主に以下の7つが考えられます。

    1.プロゲステロンの分泌

    妊娠すると大量に分泌される女性ホルモン「プロゲステロン」の影響によって、ホルモンバランスが変化することで下痢を引き起こします。

    このプロゲステロンは、妊娠を継続させるために重要な役割を持っていますが、同時にさまざまな不調の原因になります。その一つに自律神経にも影響が及んでしまうため、下痢を引き起こしやすくなります。

    2.自律神経の乱れ

    自律神経は循環器、消化器、呼吸器など身体のあらゆる機能を周囲の状況に応じて自動的にコントロールする重要な神経ですが、ホルモンバランスの変化によって乱れることがあります。自律神経が乱れると消火器管の一つの腸のぜん動運動に影響するため、下痢や便秘を引き起こしやすくなります。

    3.便秘

    下痢は慢性的な便秘を繰り返すことによっても引き起こします。腸内に溜まった便を排出しようとする働きが強まることで下痢になりやすくなります。

    4.つわりによる食生活の変化

    妊娠初期のつわりは妊娠7週目頃に起きやすい症状ですが、食べ物や匂いに対する変化があるため、食生活が大きく変わって胃が対応できず下痢を引き起こすことがあります。

    例えば、水分が多い流動食ばかりの偏った食生活になっていたり、冷たいものを摂り続ける、脂っこい食べ物ばかりを食べる、などを繰り返すと下痢を引き起こしやすくなります。また、果物やヨーグルトなど便秘解消に良いとされている食べ物も下痢を引き起こすことがあります。

    5.食べづわり

    つわりの症状の一つ「食べづわり」によっても下痢を引き起こすことがあります。食べづわりは、常に口に食べ物を入れておかないと気持ち悪くなる症状で、胃がついていけず下痢になってしまいます。また、妊娠中は食欲が増すため、通常の2~3倍もの食事量になってしまい、消化不良によって下痢になることもあります。

    6.鉄剤の服用

    下痢は貧血の治療として処方される鉄剤によっても引き起こすことがあります。妊娠中はお腹の赤ちゃんの成長のために多くの血液を作る必要があるため、鉄が不足して貧血になりやすくなります。ところが、鉄剤には副作用として胃腸を刺激する作用があるため、下痢を引き起こしやすくなります。

    7.免疫力の低下

    下痢は感染することによっても引き起こすため、免疫力が一時的に低下する妊娠中は下痢を引き起こしやすくなります。妊娠中は生ものを避けるように言われますが、こういった理由があるからです。

    また、妊娠中は赤ちゃんを優先的に守ろうとする働きが体内で起きているため、母体にとっては危険でないものを下痢の作用によって排除しようとするので、結果的に下痢になりやすくなってしまいます。

    腹痛も併発する

    腹痛も下痢と同じように妊娠初期のさまざまな不調の原因となるホルモンバランスの変化によって引き起こすことがあります。

    下痢が続くとどうなる?

    妊娠初期の下痢の症状は珍しくはありませんが、体重が減少してしまうくらい長く続いた場合は入院が必要になることがあります。

    また、妊娠7週目はつわりの時期になりますが、つわりと重なって下痢なってしまうと深刻な脱水状態に陥ると肌がカサカサになったり腕を動かすこともままならなくなります。

    赤ちゃんへの発育にも影響が出ますので、早めにかかりつけの医師に相談してください。

    流産の可能性は?

    妊娠中の下痢が原因で流産になる可能性はありません。下痢は体外へ排出する働きがあるため、流産になるかもしれないと不安になる方は多いですが、下痢が直接的に赤ちゃんに悪影響を及ぼすことはありません。

    妊娠7週目の下痢対策

    体を温める

    妊娠7週目の下痢は、ホルモンバランスの変化によるものなので、根本的に解決することはできませんが、体を温めることで症状を軽くすることはできます。

    体を温めるには鍋物やお味噌汁などの温かい料理が効果的ですが、つわりの影響で冷たいものしか食べられない方は多いと思います。そういう場合は、お腹周りはタオルやカイロなどで冷やさないようして、足元もタイツやレッグウォーマーなどを着用して暖かい格好で過ごしましょう。

    脱水症状に注意

    下痢が長く続くと身体の水分が通常よりも多く体外へ排出されるため、脱水症状を引き起こす可能性が出てきます。また、赤ちゃんの成長のために子宮にも水分が優先して使われるので、水分不足になりやすい状況になっています。

    また、つわりなどで食欲不振になると水分を不足しやすくなりますので、こまめに水分を補給するようにしましょう。妊娠中に脱水症状が長く続いた場合、慢性的な栄養不足に陥って、赤ちゃんの発育に影響が出る危険性がありますので注意してください。

    市販薬は控える

    下痢が長引くと不安になって市販薬に頼りたくなりがちですが控えてください。市販薬を自己判断で使用すると赤ちゃんに危険が及ぶ可能性があります。

    不安なら医師に相談

    下痢が続いてどうしても不安な場合は、かかりつけの医師に相談しましょう。下痢の原因はさまざまですが、そのときの状況に合わせて適切に処置してくれます。不安な毎日を過ごすよりも、医師に相談して不安をひとつひとつ払拭していったほうがお腹の赤ちゃんに良い影響を与えてくれます。

    まとめ

    下痢が続くと気持ちが不安になってきますが、精神的に安定して毎日を過ごすことがママにとっても赤ちゃんに大切なこと。

    ひどすぎる症状は医師に相談しつつ、日頃からできる下痢対策はお伝えした内容を参考に進めていただき、7週目を乗り切っていきましょう。

    なお、妊娠7週目について詳しくは「妊娠7週目、心拍確認やつわり・おりもの・各症状とどう向き合う?」でお伝えしてますので、あわせてご参考になさってくださいね。

     

    ライター紹介 ライター一覧

    IKURICH編集部

    IKURICH編集部

    IKURICH編集部です。育児ママの毎日がちょっとでも豊かになるような情報を発信していきます。よろしくお願いいたします。