1. TOP
  2. 妊娠
  3. 基礎体温は妊娠してから下がることもある?妊娠への影響は?

基礎体温は妊娠してから下がることもある?妊娠への影響は?

妊活中の女性なら気になる「基礎体温の変化」。妊娠したら高温期が続くのが一般的なため、急に体温が下がると不安になる女性は多くいます。ですが、その変化が=妊娠できなかったとはならないことも。

そこで、妊娠を希望する女性へ向けて

  • 基礎体温は妊娠してから下がるのか?
  • 体温変化の特徴と対策

についてお伝えします。

妊娠したら基礎体温はどうなる?

基礎体温とは?

基礎体温は就寝から覚めたばかりの体(もっとも安静な状態にあるとき)の体温を指します。まだ体を動かしていない、その時の必要最低限の体温と考えてください。

基礎体温は人それぞれによって基礎体温の周期・ホルモンバランス・生活環境が異なるため個人差があります。

妊娠希望の方は継続して基礎体温を測り、自分のバイオリズムを理解しておきましょう。

基礎体温の上手な測り方

  • 体を動かさない準備

寝返りを打つなどの小さな動作でも体は活動し、体温上昇にかかわることになります。そのため、寝たままの姿勢で安静にし、そのままの状態で体温を計測できるように準備しておきましょう。

  • 毎日同じ時間に計測

起床時間がずれてしまった・前日の就寝時間が遅かった、などが無いよう、基礎体温は毎日同じ時間に計測しましょう。ずれてしまったときはその旨も記録しておくことで、後で見返した時に基礎体温のグラフのずれや乱れの原因を探るきっかけになりますなお、仮にズレてしまったとしても検温は毎日続けてください。毎日継続して測ることが大切です。

妊娠の可能性がある基礎体温の特徴

ホルモンバランスが正常に保たれている場合、基礎体温は4つに分かれて変化します。

周期 特徴
月経期 月経初日から終了までのおよそ7日間
卵胞期 卵胞が育ち始めて卵子を形成する時期
排卵期 排卵がある時期
黄体期 体が排卵後に妊娠しやすい体に変化する時期

そして、月経期と卵胞期がはじまるころを「低温期」、排卵期と黄体期を「高温期」と2大別し、体温の変化を見守ります。

妊娠したら高温期が続く

排卵期から黄体期にかけては、卵子が着床しやすいように黄体刺激ホルモンが活発に働きはじめます。黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌により子宮膜は柔らかくなり卵子が子宮に着床しやすくなります。ここで、卵子が着床すればさらに黄体ホルモンの分泌は続き、高温期も長く続くようになります。

  • 高温期の継続期間

高温期の一般的な体温は36.5~36.7℃ほど。妊娠希望の女性なら、高温期に入ってからどのくらいの間、高温期が維持されるか?に注視するでしょう。

14日以上の高温期が続けば妊娠の兆候だという見方が一般的ですが、個人差があるので高温期の間にわずかな体温変化が生じる女性もいます。

妊娠しなかったら低温期に戻る

卵子の着床がなく妊娠が成立しなければプロゲステロンの分泌量が減ります。その後、排出した卵子と子宮膜をいったんリセットし、次の妊娠に備えるためのサイクルに戻ります。プロゲステロンの作用は10~14日ほど続き、月経初日が来て低温期に戻ります。

基礎体温は妊娠後、一時的に体温が下がる時期もある

インプランテーションディップの可能性

高温期が続くと想像していた高温期の開始7日目あたりに突然体温が低下することがあります。

この体温変化から『今月も妊娠しなかったのかな?』と心配する方も多いですが、卵子が着床しはじめると急激にホルモンバランスが変化する「インプランテーションディップ」と呼ばれる症状である可能性があります。

  • 妊娠の可能性をすぐにあきらめるべきではない

インプランテーションディップは高温期5~12日目ころ、着床したその日一日のみ急に体温が下がる現象。日本ではまだあまり知られていませんが、アメリカでは妊娠の兆候のひとつとして理解されています。

まだインプランテーションディップには医学的な根拠がはっきりしない面もありますが、日本でもインプランテーションディップから妊娠を確認したという女性もいますので、体温が下がった=妊娠できなかった、と考えることなく様子を見てください。

妊娠超初期・初期は基礎体温がガタガタなこともある

長くなりましたが、基礎体温がガタガタでも妊娠できました。
ただ、何か原因があるかもしれないので受診するのも一つの手だと思いますよ(^-^)

出典:基礎体温ガタガタでも妊娠された方いらっしゃいますか?|Yahoo!知恵袋

個人差はありますが妊娠調初期・初期時は高温期が続かずに基礎体温が安定しないこともあります。

上記の先輩体験談からもわかるように、基礎体温が安定せずとも妊娠することはできるのであきらめる必要は全くありませんが、少しでも安定させた方が良いことには違いありません。

  • 基礎体温を安定させるために

基礎体温が安定しない場合の対策は「妊娠超初期の基礎体温がガタガタでも妊娠出来た?安定させる方法は?」でもお伝えしてますので、ぜひ併せてご参考になさってください。

 

妊娠14週目が基礎体温の変化の境目

妊娠14週頃から下がる傾向に

妊娠・着床して分泌が盛んになっていた黄体ホルモンは胎盤を形成し、胎盤ができ上がったころから徐々に分泌量を減らしていきます。

この胎盤形成にかかる時間はおよそ妊娠14週~15週目あたりが目安となり、「14週までの高温期」という考えは広く知られていますが、それよりも早い段階で基礎体温が低下する人もいます。

妊娠14週未満(妊娠初期)に基礎体温が下がったときの原因は?

妊娠14週目より早い段階で体温が下がったときの原因は以下が考えられます。

[妊娠14週未満での基礎体温低下の原因]

  • つわりがひどく十分に睡眠がとれていなかった
  • きちんと体温が測れなかった
  • 胎盤形成が早かった

ですが、胎盤の形成が順調になされていれば徐々にもとの体温に戻ります。

妊娠14週に固執しすぎない

なお、14週というワードにとらわれる必要はありません。人それぞれ個人差があるため身体状態・バイオリズム・生活環境などが異なります。

基礎体温が一定ではない人でも妊娠することがありますし、低温期と高温期のバランスが1~2日ことなることも十分にあり得ます。

まとめ

妊娠後の基礎体温の低下は妊娠を希望する女性にとって不安を掻き立てることも多いかと思います。

ですが、お伝えしたように体温の変化には個人差があるため、すぐに妊娠をあきらめる必要などはありません。

医師に相談しながら経過を見ていきましょう。

無事の出産を目指すために

無事の出産を目指す妊婦さんなら、妊娠中の体づくりとが欠かせません。

妊娠中のお腹の赤ちゃんの成長を助けるママの体づくりについて詳しくは「妊娠初期に摂りたい葉酸サプリおすすめランキング|先輩ママも愛用!」もぜひあわせてご参考になさってくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

IKURICH編集部

IKURICH編集部

IKURICH編集部です。育児ママの毎日がちょっとでも豊かになるような情報を発信していきます。よろしくお願いいたします。