1. TOP
  2. 不妊と貧血の関係は?妊活で知っておきたい不妊の原因と対策まとめ。

不妊と貧血の関係は?妊活で知っておきたい不妊の原因と対策まとめ。

 2017/05/11 妊活
 

妊活中の方なら不妊と貧血に大きな関係があることについてご存知の方もいらっしゃるかと思います。

貧血は妊娠するためのカラダづくりに大きく影響を及ぼすことは分かっており、そのメカニズムも明らかになっています。

そこで今回は、妊活中の女性に向けて不妊と貧血の関係性や妊活で知っておきたい不妊の原因や対策についてお伝えしていきます。

男性と比べ、女性は貧血になりやすい

女性は生理や妊娠・授乳期・出産時において出血することが多いので、それだけたくさんの血液が必要になり、貧血になりやすくなります。

妊娠中の妊婦さんであれば、お腹の胎児や胎盤の維持のために鉄分が優先的に使われるようになるためより一層の血液が必要になります。

授乳期のママであれば、母乳は血液から生成されますが、そのため血液の根幹である鉄分が必要になります。母乳がたくさん生成される=血液の消費=鉄分不足になりがちに。その結果、貧血になりやすくなります。

なお、妊娠や授乳と関係ない若い女性でも無理なダイエットや偏食によって栄養が偏ってしまうと鉄分の吸収を助けてくれるビタミンCなどの栄養素が不足するため注意が必要です。

一般的な成人女性は、生理だけで毎月17mgの鉄分が失われており、毎日の排泄なども含めると月に40mgもの鉄分が失われることになります。

食事摂取基準では1日に必要な鉄分の量は約10.5mgとなっていますが、鉄分は体内に吸収されにくい栄養素ですので普段の食事だけでは十分の量を摂取するのは難しいとされています。生レバーで約260g、ほうれん草だと約2束も食べないと足りなくなる計算です。

このような理由から、多くの女性は鉄分が不足している状態になってしまいがちな傾向があります。

貧血だと妊娠しない!?不妊と貧血の関係とは?

病院では不妊に悩む患者さんの約9割が鉄分不足による鉄欠乏性貧血と診断されています。そのため、貧血だと不妊につながるという考え方が一般的になっています。

このように不妊と貧血とは密接に関係していることは間違いないといえるでしょう。ここでは、不妊と貧血の関係性について詳しく説明します。

フェリチンに注目

フェリチンはタンパク質の一種で体内に鉄分を貯めることができることから「貯蔵鉄」や「第二の鉄」とも呼ばれてい体内にある要素です。

正確には貯蔵鉄と統合しているタンパク質のことを言いますので通常の鉄分とは少し異なるのですが、体内に貯蔵庫があり、その中に鉄分が入っているような状態を指します。

鉄分と同じように血液中にも少し含まれており、主に肝臓、脾臓の臓器や骨髄、小腸粘膜などの細胞内に存在しています。

このフェリチンが不足している状態が続くと不妊率が高くなると言われています。フェリチン不足は鉄分不足にも影響してきますが、鉄分は体の細胞を構成するための重要な役割を持っているため、不足すると卵細胞を育てることができなくなってしまうのです。

このフェリチンの数値は検査を行うことで、現在の値を知ることができます。理想の値は100ng/ml~150ng/mlくらいで、必要な値の最低ラインは30ng/ml~50ng/mlとされています。

フェリチン不足の原因は?貯蔵鉄が少ない方は要注意

フェリチン不足の原因のほとんどは貧血と同じで「鉄欠乏性貧血」によるものです。

一般的に貧血の原因を診断するのは赤血球中にあるヘモグロビン値の測定をします。ですが、「ヘモグロビンの値が正常だとしてもフェリチンの値は低い」といった潜在的な鉄分不足に陥っているケースもあります。

潜在的な鉄分不足に陥ってしまう理由は、血液中のヘモグロビンが不足している状態でもその不足分を補おうとフェリチンの内部に貯蔵されていた鉄分がヘモグロビンとして使われるから。

つまり、表面上は鉄分が足りているけど内部の鉄分は徐々に失われているために貯蔵鉄が少ない状態ということです。つまりそれは鉄分が欠乏していることには変わりありません。

そのため、フェリチン不足は『隠れ貧血』とも呼ばれ、不妊に悩む多くの女性に多い症状として知られています。

なお、貯蔵鉄が少なくなってフェリチン不足が進行すると、不妊だけでなく貧血などの症状が深刻化するので注意が必要です。また、鉄分は体内で合成して作ることができない栄養素ですので食事かサプリメントで鉄分を補給しないと貯蔵鉄は減っていく一方です。

妊活中の場合は、こういった鉄分とフェリチンの特性を知って、早めに貧血の対策をしていきましょう。

フェリチン値が低いと不妊に影響を

フェリチン値が低いと妊娠するために大切な卵細胞の生成を妨げるリスクが高くなるので、不妊に影響することがあります。

フェリチン値が低くなると活性酸素が発生して抗酸化酵素の作用を低下します。抗酸化酵素の作用が低下すると、卵子の染色体異常を増加して、不妊の原因となる酸化ストレスに陥ってしまいます。その結果、妊娠するために大切な卵細胞が上手く育たなくなってしまいます。

酸化ストレスは酸化反応によって引き起こされる生体にとって有害な作用があります。フェリチン値が低下して酸化ストレスが高くなると妊娠が難しくなるので、妊娠を希望されている方はフェリチン不足の解消は必要です。

フェリチン5未満は注意!

フェリチン値が5ng/ml未満になると、産婦人科では妊娠が難しくなると言われています。

前途もしましたが、フェリチンは検査を行うことで数値を測定することができます。理想の値は100ng/ml~150ng/mlくらいで、必要な値の最低ラインは30ng/ml~50ng/mlとされています。必要な値の最低ライン30ng/ml~50ng/mlよりも下回ると貧血や冷え性、めまいなどの症状が出やすくなり、不妊にもつながることがあります。

フェリチン不足を解消するには?

フェリチン不足を解消するに、まずは血液検査を行ってフェリチンの値を知る必要があります。一般的な血液検査ではフェリチンの値は調べられないので事前に医師へ伝えておきます。

フェリチンが不足していると分かったら、普段から鉄分を意識した食事を心掛けましょう。もちろん鉄分だけに偏るのはいけないので、栄養バランスの良い食事をとることが大切。

最近では栄養バランスや吸収性も考えて配合された鉄分補給サプリも増えてきています。ですので、食事だけで補うのは難しい場合は、手軽に鉄分を摂取できる鉄分サプリを活用してみるといいでしょう。

貧血が不妊につながる3つの理由。

日本人の成人女性の1000万人以上が隠れ貧血と言われています。(参考出典:日本女性の1000万人以上が隠れ貧血!?ヘモグロビン正常値でも疲れやすく息切れがあれば血液検査を)この数値は妊活中の女性にとっては深刻といえる割合として見られることもあります。貧血が不妊につながる理由として以下3点はあらかじめ確認しておくと良いかと思います。

1.卵巣の機能低下

貧血は血中のヘモグロビンの値が低下して血液が薄くなることで起きます。血液が薄くなると酸素や栄養を運搬する量が半分に減ってしまい、この状況が続くと体の細胞に悪影響が出てきます。その悪影響の一つとして「妊娠が難しくなる卵巣の機能低下」が考えられています。酸素や栄養の供給量が半分に減少してしまうと卵巣の働きが悪くなり卵巣の機能低下につながりやすくなります。

2.生理不順

貧血によって起きる生理不順は不妊の原因の一つとされています。貧血は生理のサイクルを乱れを招くために生理不順になりやすくなります。生理不順が長引くと不妊のリスクも高くなるので早めの貧血対策が必要です。

3.黄体ホルモンの低下

黄体ホルモンは妊娠するために必要な子宮と密接に関わっています。ですが、貧血状態が続くと黄体ホルモンの分泌を妨げる原因になってしまい、黄体ホルモンの低下は排卵障害や子宮内膜の状態が悪化させる要因となるために妊娠しやすい状態を維持することが難しくなります。

【補足】抗酸化酸素の作用

また、これら3つ意外にも「抗酸化酸素の作用と不妊の影響」についても見過ごすわけにはいきません。というのも、抗酸化酸素は卵子に悪い影響を与える活性酸素の働きを抑制してくれる作用を持ちますが貧血状態だとその抑制作用が弱まってしまいます。こちらも不妊への影響が関与しますので併せて理解しておきましょう。

以上、貧血が不妊につながる3つの理由と抗酸化酸素の作用について、ご理解いただけましたら、次の「貧血症状を放置するのは各種トラブルの元に。」へ読み進めてください。

貧血症状を放置するのは各種トラブルの元に。

上述したように貧血を放置することは不妊へつながる可能性があります。また他にも、生理痛を酷くさせたり経血量が多くなるなど、不妊以外の各種トラブルの元にもなりますので一層の注意が必要です。

ただでさえ妊活中の女性はデリケートな状態です、とりわけ貧血症状がみられる場合は症状を放置をせず、根本的な解決のためにヘモグロビン値とフェリチン値を測定する検査を受けておくと良いでしょう。

自身が貧血かどうか?が分かれば、妊娠するための具体的な対策が見えてきますし、貧血でないと分かれば安心して妊活を進めることができますからね。

いずれにしても、不妊につながる貧血を根本的に解決を目指すならフェリチン値を把握しておくことは必須です。不妊治療はとても大変ですし、何よりも妊活を安心して進めるためにも、1日も早く辛い貧血から抜け出しましょう。

不妊治療を受ける方に多い鉄欠乏性貧血

不妊治療を受ける患者さんの多くが鉄欠乏性貧血と診断されています。(参考出典:妊娠しやすい身体作り | 中村漢方堂薬品店)鉄欠乏性貧血は一般的な鉄分不足が招く症状ですので普段から鉄分を意識した食事を心掛けることが重要です。仮に現時点で深刻な鉄欠乏性貧血に陥っていたとしても「鉄分不足が改善したら妊娠につながった」という事例は実際にありますから、貧血気味の妊活中の女性は早めの貧血対策に取り組んでもらえたらと思います。

虚血性貧血に注意しよう

虚血性貧血は生理時に起きる貧血のことを指しますが、一般的な鉄分不足によって起きる貧血とは異なります。生理中に起きる貧血は経血が原因と思われている方が多いと思いますが、実は虚血性貧血によるものがほとんど。

また、生理時に頭痛になりやすいのも虚血性貧血が原因とされており、通常なら脳に運ばれるはずの血液が子宮に集まってしまうことで引き起こされると考えられています。

脳へ供給する血液量が局所的に少なくなるだけなので、生理が落ち着いてきたらほとんどは治まるため、それほど気にする必要はありません。ただし、貧血症状が慢性的に続いている状態で虚血性貧血が起きると心筋梗塞などの重度な病気を発症するリスクが高くなるので注意が必要です。

不妊以外にも肩こり・めまい・冷え性にも影響

不妊に悩まされている女性のほとんどが潜在的に鉄分が不足している状態ですが、貧血症状を放置して鉄分としての役割が失われてしまうと肩こり・めまい・冷え性などの症状が出ることがあります。言い換えると、肩こり・めまい・冷え性などの症状が現れた場合はフェリチン値が30ng/mlを下回っていることが考えられる、と言えます。

フェリチン値が30ng/ml以下ということは、不妊につながりやすくなることがあるので早めに貧血対策が求められます。フェリチン値が30ng/mlを超えたら肩こり・めまい・冷え性などの症状はかなり治まってきて、50ng/mlを超えれば完治した以前の状態に戻ります。これらの症状はフェリチン値のバロメーターにもなるので症状をしっかり把握しておくと貧血対策にも役立ちます。

不妊と貧血の対策に効果的な食べ物・食品

以下より不妊と貧血の対策に効果的な食べ物・食品をご紹介します。鉄分をより効率的に摂取できますので、ぜひ参考にしてください。

アサイー

アサイーはスーパーフードとして注目されている果物で、不妊と貧血の対策に効果的です。

アサイーから摂取できる鉄分の量は、鉄分が豊富なお肉として代表的なレバーの約3倍も含まれています。さらに、鉄分の吸収を助けてくれるビタミンCや血液をつくってくれる葉酸も豊富に含まれています。

お肉をたくさん食べられない女性にとって、アサイーは貧血対策として最適な果物の1つと言えるかもしれませんね。なお、鉄分の含有量や自然な栄養バランスを考えるとヘタなサプリメントよりも効果が期待できます。

また、アサイーには鉄分を補えるだけでなく「アルファトコフェロール」という成分も含まれているため、女性ホルモンの分泌を改善する働きがあることから不妊対策に効果的とされています。他にも不妊対策以外に、生理痛を緩やかにしてくれたり、更年期障害にも有効とされています。

将来的にもずっと食べていけるという意味では、アサイーは本当に良い果物だと思います。なお、アサイーはスーパーフードということでも注目されているので、ネット上で多彩にレシピが公開されてます。そのため、食事のアレンジも広がって楽しみながら不妊と貧血の対策ができるのも嬉しいところですね。

複合炭水化物

複合炭水化物は、米・パン・そば・うどん・いも類などがありますが、食べると排卵が規則的になるため不妊の対策に効果的と言われています。(参考出典:食生活と不妊の関係を理解して見直しを – 神奈川不妊整体センター)また、玄米や胚芽米などの穀類にはタンパク質やミネラル、食物繊維が多く含まれるので不妊対策に役立ちます。

注意点としては、うどんとご飯、ラーメンとチャーハンといったメニューが多くなると栄養が偏ってしまうこと。そのため、お肉や野菜などもしっかり取り入れ、バランスの良い食事を摂るようにしましょう。

その他、鉄分を多く含む食べ物

鉄分は「動物性のヘム鉄」と「植物性の非ヘム鉄」の2つ分けられます。動物性のヘム鉄のほうが非ヘム鉄よりも吸収率が高いという特徴があります。

動物性のヘム鉄はお肉やお魚といった食事のメインになりやすい食品に多く含まれている傾向があります。一方、植物性の非ヘム鉄は油揚げ、厚揚げなどの大豆食品や切り干し大根、ひじきなど鍋料理や和食に使いやすい食品に多く含まれる傾向があります。

ヘム鉄と非ヘム鉄が多く含まれる食べ物は以下のとおりです。

<ヘム鉄が多く含まれる食べ物>

成人女性の1日推奨量:10.5mg

  • 豚レバー・・・13mg
  • 鶏レバー・・・9.0mg
  • 牛レバー・・・4.0mg
  • 煮干し・・・18.0mg
  • 干しエビ・・・15.1mg
  • カツオ・・・8.0mg
  • ワカサギ・・・5.0mg
  • レバーペースト・・・6.5mg
  • ハマグリの佃煮・・・7.2mg
  • アサリ・・・7.0mg
  • シジミ・・・5.3mg

など
※100gあたりの含有量

<非ヘム鉄が多く含まれる食べ物>

成人女性の1日推奨量:10.5mg

  • 切り干し大根(乾燥)・・・9.4mg
  • ひじき(乾燥)・・・55.0mg
  • 大豆(乾燥)・・・9.5mg
  • 大豆(茹で)・・・2.0mg
  • 高野豆腐・・・7.0mg
  • 油揚げ・・・4.2mg
  • がんもどき・・・3.6mg
  • 厚揚げ・・・2.6mg
  • 枝豆・・・2.5mg
  • 小松菜・・・2.4mg
  • ほうれん草・・・0.9mg

など
※100gあたりの含有量

動物性のヘム鉄のほうが吸収率が高いため、それだけを摂取したほうが効率的に思われるかもしれません。ですがヘム鉄だけに偏らず、非ヘム鉄も摂取したほうが体内への吸収率を高められるのでヘム鉄と非ヘム鉄の両方をバランス良く取り入れたほうが効率良く鉄分を摂取することができます。

関連記事:ヘム鉄サプリで鉄分不足を解消!おすすめサプリと選び方・摂取方法まとめ

 

なお、鉄分の吸収率を高められる食品については以下も参考になります。

鉄の吸収を高める栄養分

鉄の吸収を高める栄養分はビタミンCです。ビタミンCを多く含む食べ物は以下のとおりになります。せっかく摂取した鉄分を無駄にしないためにも、ぜひ参考にしてください。

<ビタミンCが多く含まれる食べ物>

成人女性の1日推奨量:100mg

  • 赤ピーマン・・・170mg
  • 黄ピーマン・・・150mg
  • 緑ピーマン・・・76mg
  • ケール・・・81mg
  • ゴーヤ・・・76mg
  • ブロッコリー・・・54mg
  • レモン・・・100mg
  • 柿・・・70mg
  • キウイ・・・69mg
  • アセロラジュース・・・120mg

など
※100gあたりの含有量

ビタミンCはほとんどの野菜や果物に含まれていますので、上記の食べ物以外からも積極的に取り入れましょう。

造血作用を助ける食品

造血作用を助けてくれる食品は葉酸とビタミンB12が多く含まれているものです。葉酸とビタミンB12が多く含まれる食品は以下のとおりです。

<葉酸が多く含まれる食品>

成人女性推奨量:240μg

  • 鶏レバー・・・1300μg
  • 牛レバー・・・1000μg
  • 豚レバー・・・810μg
  • レバーペースト・・・140μg
  • たまごの卵黄・・・140μg
  • アスパラガス・・・180μg
  • ブロッコリー・・・120μg
  • ほうれん草・・・110μg
  • 菜の花・・・190μg
  • そら豆・・・120μg
  • 納豆・・・120μg
  • ごま・・・150μg
  • カマンベールチーズ・・・47μg
  • プロセスチーズ・・・27μg
  • さつまいも・・・47μg
  • イチゴ・・・90μg

など
※100gあたりの含有量

<ビタミンB12が多く含まれる食品>

成人女性の1日推奨量:24μg

  • 牛レバー・・・52.8μg
  • 鶏レバー・・・44.4μg
  • 豚レバー・・・25.2μg
  • 焼きたらこ・・・23.3μg
  • さんま(焼き)・・・19.3μg
  • いわしの丸干・・・29.3μg
  • しゃこ・・・12.9μg
  • めざし・・・14.6μg
  • しじみ・・・62.4μg
  • 赤貝・・・59.2μg
  • あさり・・・52.4μg
  • はまぐり・・・28.4μg
  • 牡蠣・・・28.1μg
  • 味付け海苔・・・58.1μg
  • 焼き海苔・・・57.6μg

など
※100gあたりの含有量

造血作用を助けてくれる食品は、貧血の改善に効果的ですので、不妊対策に大きく役立ちます。

乳製品

牛乳やチーズ、ヨーグルト、バターなどの乳製品はカルシウムが豊富に含まれているので子宮と卵巣の健康維持に役立ちます。特に脂肪分を取り除いていない全乳は正常な排卵を促進させてくれるため、不妊の対策に効果的。日々の食事にぜひ1品は取り入れましょう。

食べ方で注意すべきは?

食べ方で注意すべき点は3つあります。

1.1日3食を守る

食事の回数がバラバラだと、自律神経の乱れやホルモンバランスを崩してしまう原因になります。時間もなるべく合わせて、規則正しく1日3食を守りましょう。

2.バランスの良い食事を心掛ける

1日30品目の食品を食べるのが理想ですが、栄養が偏らないようにバランスの良い食事を心掛けましょう。

3.よく噛んで食べる

よく噛んで食べることで、過食による栄養の偏りを防ぐことができます。また、消化も良くなるので取り入れた栄養を無駄なく吸収できるようになります。

[参考]貧血や不妊にもおススメの鉄分配合サプリといえば?

貧血や不妊でお悩みの妊活中の女性におすすめの鉄分配合サプリは『ベルタ葉酸サプリ』です。

ベルタ葉酸サプリは鉄分に加えて葉酸も同時に摂取することができる葉酸サプリということで多くの妊活中の女性に愛用されています。また、葉酸サプリの摂取は妊活中の女性に向けて、安心して妊娠・出産を迎えるために厚生労働省からも推奨されています。

出典:モンドセレクション

ベルタ葉酸サプリは、2015年モンドセレクションで金賞を受賞した安心の葉酸サプリで、その品質は世界にも認められています。葉酸は血液をつくってくれる水溶性ビタミンで、着床率を上げたり排卵障害を改善してくれるため妊娠しやすいカラダをつくってくれます。

また、ベルタ葉酸サプリは酵母葉酸100%ですので通常の合成葉酸と比べて体内に滞在する時間が長く、より効率的に葉酸を摂取することがで、健康な赤ちゃんを妊娠するためにも良い影響をもたらしてくれます。また、葉酸は新しい血液をつくってくれる成分ですので細胞にも新しい血液が届くようになります。その結果、細胞の再生や分裂が活性化して代謝が上がり、胎児の健やかな成長に結びつきます。

ベルタ葉酸サプリで摂取できる鉄分の量ですが、14.7mgで鉄分が含まれる葉酸サプリの中でもっとも多い量となっています。他にも血液をつくるためのサポート成分「ビタミン6」「ビタミン12」も豊富に含まれています。

自然妊娠ができない原因不明の不妊症の方がいましたが、ベルタ葉酸サプリを飲むようになって、健康な赤ちゃんを授かったという事例は多くあります。受精卵を着床させて、元気な赤ちゃんを育むのは母体ですので、カラダをつくってくれる栄養は大切です。

関連記事:ベルタ葉酸サプリで注目の株式会社ビーボに聞いた『葉酸』が必要な理由【取材インタビュー】

 

妊娠に必要な鉄分と葉酸に加え、体内への吸収率をちゃんと考えてバランス良くビタミンなどの栄養素が配合されているベルタ葉酸サプリは妊活中の女性にピッタリの鉄分配合サプリといえます。

<ベルタ葉酸サプリに含まれる主成分>

  • 鉄分14.7mg
  • 葉酸400μg
  • カルシウム234mg
  • 27種類のビタミン・ミネラル
  • 21種類の野菜
  • 美容成分6種類(ツバメの巣、ヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲン、珊瑚カルシウム、黒酢もろみ)

【参考サイト】:ベルタ葉酸サプリ 公式ショップ

 

まとめ

今回は妊活中の女性に向けて、不妊と貧血の関係性や妊活で知っておきたい不妊の原因や対策についてお伝えしました。

女性は生理などの出血の機会が多くなるため、貧血になりやすくなります。貧血と不妊は密接に関わっているため、貧血の原因である鉄分不足を改善することで解決へと導くことができます。ですので、妊活を頑張っているけどなかなか妊娠できないとお悩みでしたら、まずは鉄分不足による貧血を疑ってみてください。

関連記事:妊婦が鉄分を摂取するための4つの方法。[妊娠貧血への予防・対策]

 

\ SNSでシェアしよう! /

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

IKURICH編集部

IKURICH編集部

IKURICH編集部です。育児ママの毎日がちょっとでも豊かになるような情報を発信していきます。よろしくお願いいたします。