1. TOP
  2. コドミンの効果が嬉しい![子供の落ち着きに悩むママ向けサプリ]

コドミンの効果が嬉しい![子供の落ち着きに悩むママ向けサプリ]

 2017/08/03 育児
 
  • 子供が大きくなったけど、落ち着きや集中力がないから話を聞き逃してしまう。
  • 子供と一緒に外出するたびに落ち着きがないので心配に
  • ADHDかもしれない(もしくは専門医を紹介されてすでにADHDと診断されている)しどうしたらいいのか分からない。

親としてはこういった子供の症状がみられると悩まれることも多いかと思います。

そこで、いま注目されているのが専用サプリメントの「コドミン」。

コドミンは子供の落ち着きや集中力アップをサポートする有効成分が配合されているということで、ADHDに悩む多くのママさんから注目・話題を集めています。そこで今回は、集中力と落ち着きのないお子さんをお持ちでその解決策を探しているママに向けて、コドミンの効果や口コミなどをお伝えします。

→ こちらで紹介している『コドミン』の詳細はこちら

 

コドミンを実際に試してみました。【体験レビュー】


これくらいのパッケージサイズ。

落ち着きのない子供向けサプリメントである「コドミン」について、さっそくレビューをしていきたいと思います。

コドミンを調べてみた理由(キッカケ)

近年、ADHD(注意欠陥・多動性障害)にまつわるテーマが注目を集め出してきています。その注目度合いは大人・子ども問わずで、最近だとNHKなどでも取り上げられてました。

【参考】
ADHD 注意欠如・多動症を知る「大人のADHD」(2017年05月30日(火)放送)

ADHD 注意欠如・多動症を知る「子どものADHD」(2017年05月29日(月)放送)

また、他にもこのようなデータも。

子どもへの向精神薬処方の経年変化に関する研究について
~9 年間の処方変化、13~18 歳への抗精神病薬が 43%、抗うつ薬が 37%増加~

出典:子どもへの向精神薬処方の経年変化に関する研究について  医療経済研究機構医療経済研究機構

出典:厚生労働省「平成17年度知的障害児(者)基礎調査結果の概要」より

このように私たちの生活において子供の発達に関する悩みの件数は年々増加傾向にあり、特に上述したようにADHD関連の悩みは年々注目を集めているので『親としても心配』といった方も増えてきております。そこで、多動症は育児・子育てにおいて取り上げるべきテーマと考えたためコドミンについて今回は調べさせていただきました。

コドミンを開封してみた。

早速ですが、こちらがコドミンです。(注文後の中身一式。)

サプリが入っているかわいらしいパッケージに加え、


表裏。いまならはがき内容が採用されると500円分のクオカードプレゼント中。

こちらのガイドブックにコドミンを実際に試された方の声が掲載されています。

これらが同封されています。

1粒のサイズや味は?

手に取るとこれくらいのサイズ。イメージとしてはヨーグレット(※)にかなり近いサイズで、味はラムネ系。おやつ代わりにぼりぼりかじれるので子供は好きそうなタイプ。食べやすく・続けやすい味わいでありながら、健康的な身体を作る・落ち着くようになる、というのは非常に大きなポイントだと思います。

(※)参考:明治 ヨーグレット 18粒×10個

サイズはお財布の小銭と比較してみたのですがこんな感じ


1円玉と比較


全てとの比較

1円玉よりも小さいですね。

ホントに、サプリメントというよりはヨーグレットみたいなタブレットお菓子に近い形状(と味)なので子供からしたら食べやすくて(摂取しやすくて)嬉しいと思います。

コドミンってどんなサプリメント?

コドミンは子供の集中力や記憶力、行動の落ち着きなどをサポートしてくれる有効成分「ホスファチジルセリン(PS)」が豊富に含まれているADHD向けサプリ。ホスファチジルセリンは人の体内にある細胞膜にある大豆由来のリン脂質の一種で、スムーズな脳内情報伝達に役立つ(脳の細胞膜を柔らかくする・脳細胞の活性化)として、今もっとも注目を集めている成分。この有効成分ホスファチジルセリンは大豆にわずか0.003%程しか含まれていませんので普段の食事からだと十分な量のホスファチジルセリンを摂取するのは難しいのです。ですが、コドミンならたった1粒で100mgのホスファチジルセリンを効率的に摂取することができます。

【参考】ホスファチジルセリンはどんな成分?

ホスファチジルセリンとは、人間の体を構成している細胞の膜に存在するリン脂質の一種です。脳に多く存在しているため、脳の栄養素とも呼ばれています。脳の機能改善や、アルツハイマー病の改善、進行遅延作用があるとして注目を集めている成分です。

ホスファチジルセリンの健康効果
◎脳の機能を改善する効果
◎アルツハイマー病の予防・改善効果
◎ストレスをやわらげる効果
わかさの秘密

 

なお、ホスファチジルセリンは脳細胞に多く含まれている物質の1つであり、且つ脳の神経細胞の膜の中で10%近くを占めている非常に重要な栄養素とされています。ホスファチジルセリンを摂取する事で脳の神経伝達を活発にさせる働きや、意欲・モチベーションを高めるための成分である『ドーパミン』、精神の安定を司る『セロトニン』といった各種の神経伝達物質の流れをスムーズにしてくれます。これらの神経伝達物質の流れがスムーズになることは、『感情をうまく表現する』『人の言っている事を理解する』『物事を記憶する』といった働きが正常になることに繋がるので、ホスファチジルセリンは非常に大切な物質なんです。

 


配合の原材料など。

本来なら食事を通して大豆や大豆製品からホスファチジルセリンを摂取したほうがいいのですが、毎日100mgを補おうとすると大豆を3.3kgも食べ続けないといけません。大豆はカロリーが意外と高くて3.3kgだと13000kcalくらいになるので食べ過ぎで太ってしまいます。そもそも大人でも大豆を毎日3.3kgも食べれませんし、体重コントロールも難しくなります。子供の場合ならなおさらです。たとえ大豆が大好きな食べ物であったとしても、これだけの量を普段の食事から摂取するのは難しいと思いますし、そもそも栄養バランスが崩れてしまいます。そこで、過剰な食生活をせずとも効率的に栄養を補足できるコドミンのようなサプリメントは手軽で感謝されるわけです。コドミンを活用して無理なく希少なホスファチジルセリンをお子さんに摂取してあげてください。

配合される成分・原材料は?

より詳しく配合成分をまとめると、以下の原材料が使用されています。

還元麦芽糖水飴、ブドウ糖、ホスファチジルセリン(大豆を含む)/結晶セルロース、酸味料、ステアリン酸カルシウム、香料、微粒二酸化ケイ素、ビタミンB1、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)

特にコドミンによってホスファチジルセリンを摂取する事で、その働きにより『脳の神経伝達を活発』にし、物事への意欲・モチベーションを高める作用が大きく注目されています。

安全性は大丈夫?副作用はあるの?

配合の原材料から見るに副作用が起こりやすそうなものは入っていません。ただし、個々人の体質による面もありますので普段から注意したい成分をお持ちの方はあらかじめ確認しておくようにしましょう。万が一体調不良がでるようであれば、早めに使用を中止することをおススメします。特にコドミンは大豆由来の成分を使用しているので、その手のアレルギーをお持ちの方は体に合わない可能性がるので注意してください。なお、安心の国内製造なので商品の品質は安全に製造されています。

期待できる効果は?

落ち着きのない子供向けに開発された専用サプリメントなだけあり、集中力や記憶力の向上/サポート・反射能力の向上・リラックス作用やストレス軽減などを期待できる作りになっています。例えば、『これまで朝起きれなかったのに少しずつ自分で起きてくる日が増えてくる』『自分の思い通りにならなくてかんしゃくを起こしてたいのに、徐々に自制をもってコントロールできる回数が増えてくる』『学校で友達と喧嘩した、などとよく言われるが、その回数が減ってくる。』などを想像していただければよいでしょう。自分の子供が落ち着きが無いことで「自分の育て方はどうなんだろうか?」と悩まれている親御さんにとっては、非常に大きな助けになることでしょう。徐々にお子様が変わってきたら学校の先生に「お子様の様子が変わりますたけど、お母さん、何かされましたか?」と言われる日も近いでしょう。特に、落ち着きがない子の場合「毎日学校の先生から電話がかかってくる」「このままでは学校内でイジメにあうのでは?」などの心配が付きまといますからね。そういったお母さん・お父さんの心配の種がなくなる働きを期待できます。またシンプルに健康維持の一環としても活用できますよ。

しつけにおける親子間の誤解を解決して家庭内を良くするために

また、ADHDの傾向を持つ子がおり、さらには兄弟・姉妹といった家庭内環境の場合、「下の子はそんなことないのに、この子はどうして…」といったように兄弟・姉妹間でのしつけや待遇などに差が出てきてしまう(そう、子供に誤解されてしまう)ケースがあります。その結果「お母さんは弟の方が好で、僕のことは嫌いなんだ。。。」と言った誤解を生むことも。決してそんなことはないのにと、あらぬ誤解を生まないようにするためにもコドミンや配合成分のホスファチジルセリンを上手く取り入れ・活用してみて欲しいですね。最初は半信半疑な面も多いかと思いますが(まだ、コドミンのような国産での専用のサプリメントは少ないので。)ぜひ試してみて欲しいと思います。

 

何歳から?

パッケージや同梱物、よくある質問などを見ても特定の年齢制限は記載がありせんでしたから特定の制限はないかと思われます。もし、どうしても気になるようでしたらコドミンカスタマーサポートがあるので(以下、参考)あらかじめ確認しておくと良いでしょう。なお、症状としては子供が4歳、5歳になったくらいから徐々にわかりやすく現れることも多いようで4歳、5歳くらいから息子さんにコドミンを飲ませている方も多いようです。

【参考】コドミンカスタマーサポート

  • 電話:0120-82-3902(受付時間 平日 10時~17時)
  • メール:[email protected](24時間/年中無休)

 

国内製造だから安心

コドミンは健康食品GMP(※)の認定を持つ国内優良工場にて生産されています。どこで作られているか?特に口に含んで摂取するものだと気になることも多いかと思います。その点、コドミンは安心の国内製造であり、医薬品と同じレベルでの製造・品質の管理を行ってますので安全です。

(※)健康食品GMPとは?

GMPは『Good Manufacturing Practice』の略称で【適正製造規範】という意味です。原料の入庫→製造→出荷にいたる全ての過程において、製品が安全に作られ、一定の品質が保たれるように定められた規則とシステムのことを指します

参考:一般社団法人 日本健康食品規格協会「GMPとは?」

 

メリット・デメリットまとめ

[メリット]

  • 定期購入で、割引価格・送料無料・手数料無料
  • 返金保障(60日)
  • 落ち着きのない子へのサポートとして活躍
  • 子どもでも飲みやすい味とサイズ

[デメリット]

  • キャンペーンがいつ終了するかが不明(一定人数に達すると終了)
  • 定期購入は3回以上の利用が原則
  • 単品だと通常価格
  • 効果の有無は個人差アリ
  • アレルギー持ちの方は注意(体質の問題)

デメリットは一番最初以外は半ば強引にまとめてみましたが(どこの通販でもこの手の内容は同じなので)、個人的には子供でも摂取しやすい味・形状という点が大きなメリットかと思ってます。

こんな人にオススメ

コドミンは以下のような子供の悩みを抱えているママさんにオススメです。

  • 毎朝、起きられないから苦労する
  • 日中は注意力散漫なことが多く、注意を受けやすい
  • 小学校の先生から何度も注意される
  • 自分の思い通りにならないと癇癪を起してしまう
  • ルールや順番が守れない(何度注意しても聞かない)
  • 忘れ物ばかりする
  • すぐに飽きたと言って宿題をやめて遊びだしてしまう
  • 幼稚園・保育園に行くのを嫌がるからどうにかしたい
  • 小学校に行くのを嫌がるからどうにかしたい
  • 教室から出ていっちゃう
  • 落ち着きがないせいで友達との付き合いが上手くいってない
  • 何が起こるのか毎日が心配
  • 一緒に外出するときにどこかへ勝手に行ってしまうので、その心配を減らしたい
  • 勝手にどこかに行ってしまい、何度も迷子の呼び出しをされたことがある
  • 誰にも人に相談できない
  • 子供と笑顔で接することができない
  • 旦那のご両親に「しつけがなってない」と怒られる
  • お友達と仲良くできないでトラブルになる
  • いつも周りに迷惑を掛けてしまう
  • 子供の将来に不安を感じている
  • 病院に行ったほうがいいのか分からない
  • いつもわが子が一人だけ授業中にじっとしていられない
  • 場所を考えずに騒ぐ
  • ママ友から教えてもらったので
  • うちの子はほかの子と少し違う気がする
  • ダメ元でもいから何か新しい解決方法が知りたい・欲しい
  • 何回も注意しているのに聞かない
  • 不安で子供から目が離せない・心配

どれもADHD(多動性障害)の可能性を連想させる症状。

このような子供の悩みを抱えているママさんにコドミンはオススメです。その他、「集中して勉強をしたい」「頭脳や反射能力が必要なスポーツ、将棋などのゲームを頑張りたい」といったお子さんにもオススメです。なお、コドミンは薬ではなくあくまでサプリメント(食品)という扱いです。そのため、決して即効性があるものではありませんので、飲んですぐにすべてが解決!というわけではございません。その点はしっかりと理解しておきましょう。ですが、薬を服用するわけではないからこそ副作用を心配することが無いので体に優しくケアすることができます。下手に体調に異常がでないよう、様々な症状に向けた対策ができるのは非常に心強いと言えます。コドミンで多動性の症状に大切な栄養成分をしっかり補給して、徐々にこれまでとは違って、静かで落ち着きをもって遊んだり、過ごしたりできる子になるよう、コドミンを使用して、お母さんもしっかりお子様をサポートしてあげてください。

 

『どうすれば?』子供の落ち着きのなさ、集中力の無さに悩む親御さんは増加している

「落ち着きがなくて集中力の無い子供に対して厳しくしつけているのに一向に改善しない」「しつけが原因で親子関係が悪くなったから、もっと親子関係を良くしたい」「そもそもこれは親のせいなのか?どうすれば??」など、お悩みの親御さんは増加しています。ですが、発達障害のある子供が増えているとは一概には言えないと考えられています。昔は落ち着きがなく集中力が無い子供は結構たくさんいました。ところが、一部の子供達に発達障害が認められるようになり、今現在では教育現場では発達障害の存在が疑われる子供が増えています。


子供とどう付き合ったらいいのか?勉強するためのガイドブックもついています。

発達障害の診断基準や診断概念は昔とは変わってきていますし、発達障害を分ける境界線なども違っています。実は、近年では大人でも強い落ち着きがなくて集中力の無さに悩んでいる人が増えてきていると言われているほどに。つまり、健常児なのに発達障害児に取り込んでしまっている可能性があるということです。ですから、あなたのお子さんも発達障害ではなく“個性のある子”ということも考えられますので、発達障害かどうかは冷静に判断しなくてはいけません。

また、一方では単にしつけがうまくいっていないということも考えられています。いくら口うるさく注意しても、生まれてその時期に合った厳しさが必要だからです。子供が自立しようとする思春期が来るまでは、近くにいる存在のご両親の安心感を過敏なくらい必要としています。


どのように子供と付き合っていけば良いのか?ガイドブックでまとめています。

見た目では甘えているように見えますが、実は安心感を求めているだけなんですね。時にはだだをこねていたとしても、黙って抱っこしたり手を繋いであげたりすることも大切になります。子供も大きくなっていくうちに手を繋いでくれる意味も解かるようになります。「あぶなくないようにママが守ってくれている。」と理解できるようになってくると、だんだんと落ち着きのある子になっていきます。それでも「うちの子が落ち着きがないのは障害なのか?」「性格によるものなのか?」がわからない、と不安になる方もいると思います。その場合、落ち着きのない子供の病気についてご紹介しますので症状の参考にしてみてください。

<ADHD(注意欠陥・多動性障害)>

ADHDとは発達障害の一つで「Attention Deficit Hyperactivity Disorder」の略です。日本での名称は注意欠陥・多動性障害と言われます。子供は一般的に落ち着きはないですが、ADHDの場合は「学校や家庭での生活に支障が出るくらい注意欠陥や多動性がある」のが特徴です。症状としては不注意(集中力がない)、多動性(じっとしていられない)、衝動性(考える前に行動してしまう)の3つの要素が強く現れる傾向があります。これらの症状は子供の発達する上においての障害で、今では決して珍しく病気という訳ではありません。ですが、周りの人にはまだまだ認識がされていないため、理解されづらいのが現状です。

 

なお、ADHDの具体的な症状は以下のとおりです。

 

<ADHDの症状>

(注意欠陥の症状)

  • 集中力が持続できない
  • 忘れ物が多い
  • 集団行動ができない
  • 人間関係が築けない
  • 人の言うことが聞けない
  • 理解することができない
  • 失敗することが多い

(多動性の症状)

  • 落ち着きがない
  • じっとしていられない
  • じっとするのが苦手
  • 手足をよく動かす

(衝動性の症状)

  • 人の話を最後まで聞けない
  • 話をさえぎってしまう
  • 順番が待てない
  • 人にちょっかいを出してしまう

これらの3つの要素がみられる場合はADHDの可能性が考えられます。

 

次にADHDと性格による違いについてです。

 

性格は発達の状況によって個人差がありますが、主に年齢によって変化していきます。多動性については8歳前後の小学2年生くらいには性格は落ち着いてきます。周りの子たちと比べて多動性が強く見られる場合は、ADHDの可能性が考えられます。1歳~3歳くらいまでは、健診などでADHDかどうかの確認がされるようですが、多くの場合は発育の個人差と判断されて、様子見という対応がされるそうです。もしお子さんにADHDの疑いがある場合は、病院や行政などで相談をしてみてください。

ADHD向けサプリとは?【子供から大人まで注目を集めはじめています】

ADHD向けのサプリは主に脳の神経伝達を活発にしたり、スムーズにしたり、脳内の血流を良くするなど、脳の働きを改善するのが目的としています。脳の働きが改善すると集中力の持続や認知症予防などに役立つということで、子供から大人まで注目を集めはじめています。

これまでの代表的なサプリ例

代表的なサプリの効果については、上述したように脳の働きを改善することを目的としているものがほとんどです。

<代表的なサプリ例>

・ホスファチジルセリン配合のサプリ
ホスファチジルセリンは脳細胞に多く含まれる物質ですので、ホスファチジルセリンが配合されているサプリは脳の神経伝達をスムーズにさせることを目的としています。希少なホスファチジルセリンが配合されたサプリはADHDの改善に役立つとして注目を集めています。

・オメガ3(DHA、EPA、DPA)配合のサプリ
脳の情報伝達をスムーズにして、血流を良くする効果を目的としたサプリです。

・チロシン配合のサプリ
ノルアドレナリンの元になる物質を作ってくれるとして、ADHDの方におすすめされているサプリです。

・レシチン配合のサプリ
レシチンは脳の神経伝達物質の一つの、アセチルコリンを増やす目的として考えられたサプリです。

・システイン配合のサプリ
インシュリン抵抗による脳の損傷を修復して、ADHDを改善することを目的としたサプリです。

・テアニン配合のサプリ
テアニンの感情の高ぶりを抑制して落ち着かせる効果を目的として考えられたサプリです。

コドミンの口コミは?

 

友達と1日遊べるようになった
小学校2年生になるうちの息子は、自分の思い通りにいかないとすぐに癇癪を起こし、友達と遊ぶといってもすぐにケンカ。
だんだん友達がいなくなるのではと悩み、コドミンを飲ませ始めると、次第に友達づき合いが上手くなったのか、遊びに出かけると1日帰ってきません。心配は耐えませんが、よかったです。
月岡加奈さん 28歳 2児のママ

 

夜しっかり寝てくれる!
5歳になる息子は、夜になると活動的になって、ひどいときは深夜2時過ぎまで寝ません。
ベッドにいれてもそわそわしてすぐに脱出し、テレビを見たいと騒ぎます。
夜寝ないせいか、朝はなかなか起きず、日中は注意力散漫で注意を受けていました。
でもコドミンのおかげか今は9時就寝です!
斉藤直子さん 38歳 働くママ

 

座って食事ができるように
息子はとにかく落ち着きがなくて、5分以上じっと座っていることができません。
小学校入学前に、座って食事もできない状況をだめだと思い、コドミンを飲ませ始めました。
将来が不安な息子でしたが、今では座って食事どころか、落ち着きのある子とほめられています。
ゆかりさん 41歳 1児のママ

 

娘の笑顔が増えました
小学校に入って、娘は明らかに他の子より先生から注意されることが多く、本人も苦しんでいたと思います。
本人なりに頑張っているのにうまくいかないことが多く、次第に娘から笑顔が消えていました。でも、コドミンを飲んでからか、できることが増えて、娘の笑顔も増えたのがわります。
うまママさん 29歳 1児のママ

 

座っていられない、授業についていけない息子についつい怒鳴ってしまう自分に落ち込む毎日
小学校3年生になる長男は年中さんの時くらいから『他の子に比べて…』と悩みの種でした。 座っていられない、先生の言うことを聞かない、お遊戯も参加しない、思い通りにいかないと暴れるなどなど、思えばコドミンを飲ませる前は、長男を怒鳴ってばかりで、怒ってしまっては落ち込む毎日を繰り返していました。
『下の子はそんなことないのに、この子は何か問題があるんだろうか』と悩んでいても誰にも相談できず、小学校に入ってからは勉強がついていけない、遊んでばかりで他の子に悪影響と先生に呼び出されることが増え、本格的に将来を心配していました。

自分のせいではないと言ってもらってからは長男の良いところを見るように
自分の妊娠中の行動や育てかたが悪かったのかと自問自答する日々でしたが、『今は落ち着きのない子が増えていて、親のせいじゃない。まずは子供を理解しよう』と、知人に言ってもらい、救われました。ついついだめなところに目を向けていましたが、長男には人を笑わせようとがんばったりい、良いところもたくさんあることを改めて実感。それからは長男を怒るより、ほめて会話するように意識しました。するとある日息子から、『ママは弟が好きで、僕のことはきらいなんだと思っていた」と言われ、衝撃。大反省しました。
私だけでなく、うまくできない息子も苦しんでいた事実に気づき、息子が毎日楽しく暮らせるように、私が頑張らねばと思い、ネットで検索してコドミンを知りました。

ラムネ味は長男のお気に入りで、毎日楽しく続けています。
コドミンのラムネ味は子供もすぐに気に入り、毎日楽しく飲んでいます。まだ飲み始めて3ヵ月ですが、最近息子が授業に集中しているそうで、先生に『お母さん何かしました?』と聞かれました。
飯島さほさん36歳2児のママ

各口コミは商品に同封されている「コドミンPERFECT GUIDE BOOK vol1」より

コドミンに出会う前は息子の出来ないことに目が行って、ついイライラしてしまっていました。
他の子は出来るのに、どうしてうちの子は・・・ と思うこともありました。
最近は息子も落ち着いてきて、周りの人にもそういっていただけるようになり、非常にうれしく思います。
何より、息子自身がお友だちといる時楽しそうで、笑顔が増えました。「きっと本人もつらかったんだろうな」初めてそう思え、涙が出ました。本当に続けてよかったと思いました。
これからも家族で楽しい時間を過ごせるように、頑張っていきたいと思っています。 公式販売ページより

 

など、特に小学校に入学してからの段階で悩まれる方が多い印象。こういった体験者さまの声はひとつの参考となるかと思います。

→ もっと詳しくコドミンの口コミをチェックする

 

コドミンだけの話ではないですが、同じ学校や幼稚園・保育園に通っている子供のママ友同士って、『こんなのあるんだけど知っている?』といった会話は多くなされています。そのため、コドミンの口コミはこちらで届いている以上に、より多くの口コミや噂が現場で話されていると思われます。

 

【注意】悪い口コミってあるの?

これを書いている現時点(2017年8月時点の調査した結果として。)では「ありません」。

「コドミン」で検索するとコドミンを紹介しているいくつかのサイトに【コドミンを体験した人の悪い口コミ】【悪い口コミ&感想】【実は口コミにこんなデメリットが・・・】などと書かれているのですが、あれはただの「嘘」かと思います。苦笑

というのも、コドミンの口コミ自体がいま現時点では少ない状況。(これは販売から間もないから、というのが大きな理由になるかと思ってます。)そんな中、口コミが出てきそうな各種の大型のメディアさんなどを確認してみましたが(フェイスブック、ツイッター、インスタグラム、ヤフー知恵袋、教えてgoo、LINEQなど)今の時点では1つもありませんでした。また、楽天やAmazonといった口コミが反映される大型通販サイトを見てもコドミンに関する口コミ自体がありませんでした。よって、現時点では悪い口コミは無いと言い切って良いでしょう。(なかには藁にも縋る思いの方もいると思いますが、流石にそういった方が居る中で嘘はよくないですよね。汗)

ですが、そうだからといってもコドミン=悪い口コミが無くて完璧・最高!、みたいに持ち上げる気もありません。今後どうなるかはわかりませんからね。(味の好みが違うとか、1粒のサイズをもう少し工夫して欲しい、とかは出てくると思ってます。)ですが取り急ぎ現時点では悪い口コミ書いているところは全て嘘なので、もしこの辺りを気にされているのであれば過度に心配なさらなくても良いかと思います。

コドミンの飲み方は?何粒?

コドミンは1日1~2粒を目安にして飲んでください。いきなり大量に飲んでも良いわけではないので、初めの1ヶ月は最高でも1日あたり3粒を目安にして、基本的には1日1~2粒で摂取していくのが良いでしょう。あくまで食品ですので飲む量や時間・タイミングは特に決まっていません。毎日の習慣になりやすいように朝起きてすぐや、夕食後など決めてもらったほうがいいでしょう。なお、過剰摂取だけは控えましょう(1日10粒以上など)。実際に飲んでみるとわかるのですが、過剰摂取をするといきなり『ガクン!』となります。(ここまで効果あるものか、とちょっと焦りました。)影響度合いが強いので、あくまで容量・用法は守って適量の摂取を心がけるようにしてください。重要なのは多量に摂取することよりも定期的に毎日続けることですからね。

コドミンの購入方法は?[最安値の購入先はどこ?]

コドミンは公式サイトより定期コースに申し込むことで購入することができます。また、公式サイトでは現在キャンペーンを実施中で、今なら以下の7つの特典を全て受取ることができます。

<コドミンのトクトクコース7大特典>

コドミン(1袋30粒入 約1ヶ月分)
通常価格 8980円

【特典1】初回限定価格89%オフの980円

【特典2】2~4回目3000円割引

【特典3】5回目以降はずっと5000円割引

【特典4】送料無料

【特典5】決済手数料無料

【特典6】定期周期変更自由

【特典7】60日間返金保証

以上の7つの特典を全て貰うことができます。

ただし、コドミンの効果をしっかり実感いただくためにも最低3回(3ヶ月)以上の継続が条件となります。4回目以降はいつでも休止、解除は可能です。ですが、これはコドミンにかぎらずで、サプリメントは少なくとも3ヶ月くらいは継続して「飲みだしてどうなったか?」と様子をみてあげないと判断がつきにくいことが多いもの。そのため「3カ月」を1つ目安として継続してみてください。他にも、定期コースは継続するごとに安くなるのでお子さんを長くサポートしてあげたいママさんにとってはお得なコースといえます。なお、今回のキャンペーンは一定人数を達したら予告なく終了するそうなので、お早めに公式サイトを確認してくださいね。

60日返金保証キャンペーン

いまなら期間限定で60日返金保証キャンペーンが実施されているますので、お子さんに合うかをどうか安心してお試しできます。これもすべては1人でも多くの方にコドミンを試していただきたいから。まずは1度試してみるのが大事ですからね。返金保証があると嬉しいですね。

【参考】解約手順は2つ

なお、万が一商品を解約するのでしたら方法は2通りあります。念のためお伝えしておきます。(なお、PC画面からの解約手順として説明しますが、スマホからでも同様に可能です。

 

▼会員専用ページからの解約

 

会員専用ページにログインすると「定期申し込み履歴」というメニューがあるのでクリックして下さい。クリック後の画面で『「申込み詳細」から登録の変更・停止・解約などを行うことができます。』 との記載がありますので、そちらに従って「申込み詳細」から定期コース解約の連絡をすることができます。

[参考]

 

▼電話からの解約

コドミンの販売ページ最下部にある「当サイトについて」をクリックすると出てくる画面です。こちらに記載されている連絡先から直接電話でお問い合わせください。なお、お電話の際は電話番号をお間違いの無いようにご注意くださいね。

[参考]

  • 電話番号:0120-82-3902
  • 営業時間:10:00~17:00

 

【ワンポイント】

なお、解約の際の注意点として。公式販売サイトでも説明されているように『5回目以降のお受け取りからはペースに合わせて、周期の変更・一時休止・再開・ご解約などは自由お手続きしていただけます。』と書かれているます。そのため、最低4回継続してからでないと解約はできませんので注意してください。参考までに4回継続した場合の金額は以下のようになります。

  • 初回980円+消費税=1058円
  • 2~4回目5980円+消費税=6458円
  • 1058円+6458円×3=20,432円

4回まで使用した場合、

  • 1日1粒であれば1日あたり約162円(4回=120日、小数点繰り上げで計算)

およそ、1日1本のペットボトル+αの金額です。もし、1,2ヶ月間試してみて自分の子どもに合わなかったという場合は、60日間の返金保証があるうちに忘れず連絡をしたのち解約の手続きしてくださいね。

 

販売店はネット通販のみ?薬局やドラッグストアには?

コドミンは最寄りのドラッグストアや薬局、ドンキホーテなどの販売店では残念ながら購入することができません。ネット通販のみの販売となっています。なお、大手ネット通販内において代理店という形で販売しているケースがありますが、新しいパッケージじゃない可能性や賞味期限が古いなどの心配があります。もちろんキャンペーンや特典なども適用されませんので、安心できる公式サイトより購入するほうがオススメです。

楽天・amazon・ヤフーショッピングでの取り扱いは?

▼amazonで検索した場合

 

▼楽天で検索した場合

 

▼amazonで検索した場合

現在、コドミンが販売されているのは公式サイト・amazon・Yahoo!ショッピングの3店舗のみ。楽天や、その他大手通販サイトでは取り扱いがない状況です。また同様に、実際の店頭での取り扱いもありません。なおamazonの場合、定価の単品販売しか行っていないため割引購入ができないのが難点です。また、1個8980円で送料は無料となりますが定期コースはありません。Yahoo!ショッピングの場合も、定価の単品販売しか行っておらず、1個8980円。且つ送料(800~3240円)がかかり、定期コースはありません。結果として、お得に購入するなら公式販売ページからの方がお得です。値段も安く・返金保証もついており、且つ、公式ページですのでより安全に購入できます。

公式サイトならトクトクコースもついて一番お得に購入できる

結果として上述した公式販売ページからが一番お得に購入できます。初回89%オフ(980円)、2~4回目は3000円オフ(5980円)、5回目以降は5000円オフ(3980円)など、明らかに定価よりも大幅値下げで購入できるのは大きな強みと言えるでしょう。お財布にも優しいのでおすすめです。

 ▼▼「コドミン」の公式販売ページ▼▼

コドモのミカタサプリ【コドミン】 詳細はこちら

 

知っておきたい!コドミンに関するQ&Aまとめ

あわせてコドミンにまつわる「よくある疑問・質問」もまとめておきますね。

Q、いつ、何粒飲んだらいい?
コドミンは薬ではなく、あくまで食品です。そのため飲む時間や量に特に決まりはありません。摂取の目安としては1日に1~2粒をお召し上がりください。
Q、使用期限は?
未開封で2年間、開封後は個人差や季節的なものもありますが、目安として2~3ヶ月で使い切っていただくのが理想です。また、直射日光が当たる場所、高温の場所、温度変化の激しい場所等に保管されますと品質の劣化が早まる場合がございますので、保管にはご注意ください。
Q、どういう人が飲んだらいい?
落ち着きや注意力を必要とするお子様さまに摂取していただくのがおすすめ。ホスファチジルセリン(PS)の働きにより(脳細胞の活性化・脳細胞を柔らかくする)情報伝達をサポートしますので、勉強に集中したい受験生、頭脳を使うスポーツやゲーム(囲碁、将棋、対戦ゲームなど)をする方、集中力、反射能力が必要なスポーツをする方にもおすすめです。
Q、1日3粒以上の摂取は大丈夫?
大丈夫ですが、1度に大量に摂取するよりも、毎日継続して飲むことが大切。初めの一ヶ月ほどは3粒と少し多めの摂取をするのも良いかと思います。ですが、やはり一番大切なのは毎日継続的に飲んで習慣化させてしまうことです。
Q、どのくらい実感できる?
目安として少なくとも3ヶ月間の継続がおすすめ。食品ですので、長期間でも安心してお召し上がりいただけます。
Q、他の健康食品と一緒に飲んでも大丈夫?
基本的には問題はありません。
Q、商品の届け日は変更できる?
次回お届け予定7日前までに、サポートセンターにご連絡ください。ご希望のお届け日時に変更させていただきます。7日以降ですとご希望に添えない場合がございますので、ご了承ください。
Q、まとめ買いは出来る?
まず問題なく摂取できるか?を知っていただくためにも、初回のお届けば1個とさせていただいております。2回目以降のお届けは1度に3個まで可能です。気になる際はサポートセンターまでお気軽にご要望をお申し付けください。

※公式サイト、商品同梱物などより参考。

 

まとめ

今回は集中力と落ち着きのないお子さんをお持ちでその解決策を探しているママに向けて、コドミンの効果や口コミなどをお伝えしました。一般的にサプリメントは3ヶ月は飲み続けないと効果を実感しにくいと言われているので少し長く感じるかもしれません。ですが、その先にはきっとお子さんに友だちと楽しく遊べる喜びや、学校が楽しいという実感をさせてあげられることができます。

どうしても不安がぬぐえない場合は、決して一人で抱え込まずに、かかりつけの医者や行政の窓口で相談をしてみるのも大切だと思います。ですが、コドミンのように普段の生活からできそうなことは、日々の生活に取り入れて、お子様へのケアとして検討してみてください。また、もちろんですがサプリメントだけに頼り過ぎずに、普段の生活からの栄養補給や適度な運動なども大切ですのでそちらも忘れないようにしてください。

大切なお子さんをサポートしてあげられるのは母親のあなたしかいません。ぜひこの機会にADHD向けサプリのコドミンを試してあげてください。

【コドミン 公式販売ページ】

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

IKURICH編集部

IKURICH編集部

IKURICH編集部です。育児ママの毎日がちょっとでも豊かになるような情報を発信していきます。よろしくお願いいたします。