1. TOP
  2. 育児
  3. 乳腺炎の初期症状でしこりがチクチク痛い!産後トラブルの予防と対策

乳腺炎の初期症状でしこりがチクチク痛い!産後トラブルの予防と対策

 2016/10/07 育児
 

    産後のトラブルでよくあるのが授乳中に母乳が詰まる乳腺炎。

    チクチクして痛い・しこりでお悩みのママは多く、母乳育児におけるおっぱいトラブルの一つ。

    そんな乳腺炎に悩むママに向けて

    • 乳腺炎の初期症状
    • 乳腺炎の原因・予防・対策

    についてお伝えします。

    乳腺炎の初期症状とは?

    photo-1466592261899-a095b126a484

    乳腺炎になりかけている状態

    乳腺炎になりかけているのが乳腺炎の初期症状。主に以下の特徴があります。

    [乳腺炎初期症状の特徴]

    • 授乳中におっぱいがチクチクした痛みが生じる
    • 乳房にしこりがある
    • 乳房が熱くなる
    • 乳頭に白いものが詰まる

    乳腺炎とは?

    母乳を運ぶ管である乳腺が炎症を起こし、おっぱいがパンパンに張れる・痛みを伴うしこりができる・ひどい時は発熱にいたる、などが主な乳腺炎の状態です。およそ4人に1名のママが乳腺炎にかかるため、子育てママの間では有名な症状です。

    参考:乳腺炎、参考出典:【乳腺炎】妊婦さん・産後の整体【かたこり整体院】

    【参考】乳腺炎は乳がん?

    乳腺炎はその症状から乳がんと混同されることがありますが別物です。

    乳がんによるしこりは乳腺炎のしこりとは異なり石のように固くゴツゴツしているので押しても動かないほどのもの。また、乳腺炎と違って発熱や痛みもありません。

    ただし、乳腺炎が慢性化すると腫瘍ができやすくなる可能性があるため、放置することなく早めに母乳外来で相談してください。

    乳腺炎の初期症状の原因

    c12d3cd4bc6cfb632d6afef3403ccf7c_s

    高カロリーな食事・水分不足

    血液中のコレステロールが上がると乳腺炎の初期症状となるリスクが高まります。そのため、高カロリーの脂肪分・糖分が高い食事は控え、水分をこまめに補給しましょう。

    母乳は血液からできているため、高カロリーな食事や水分不足は母乳の質に影響します。なお、乳腺が太い人は乳腺炎になりにくい・乳腺が細い人は乳腺炎を起こしやすい、など個人差があります。

    授乳姿勢や授乳間隔

    授乳姿勢がいつも同じだと、赤ちゃんに母乳を吸われる量が偏ってしまいます。また、母乳の分泌量が多いのに授乳間隔が空きすぎると乳房内に母乳が溜まりやすくなります。何度も繰り返すうちに母乳が詰まりやすくなり乳腺炎の原因に。

    • 夜間の授乳に注意

    母乳はホルモンの関係で夜中に多く分泌されますが、夜間はママが疲れてしまい寝てしまいがち。また、赤ちゃんも長く寝ついてしまうこともあるため、ついそれに合わせて授乳間隔が伸びることがあります。ですが、通常より授乳の間隔が空いてしまわないよう注意が必要です。

    育児疲れ・疲労・ストレス

    育児中は大きな疲労やストレスにかかりやすい時期。疲労やストレスが溜まると自律神経が乱れるため、血液の循環が悪くなり母乳に悪影響。また、疲れやストレスは生活習慣の乱れ・免疫力の低下にもつながるため乳腺炎に影響します。

    乳首に傷ができている

    毎日の授乳は乳首に傷ができやすいため、その傷から細菌が侵入すると乳腺炎を引き起こす可能性があります。

    そのため、授乳後は洗浄綿で乳首を拭くようにしましょう。母乳パッドはこまめに交換して清潔を保つよう心がけてください。

    母乳の飲み残し

    生れて間もない赤ちゃんは、まだおっぱいを飲むことが得意ではないため、おっぱいを飲みきれずにママのおっぱいに母乳を残してしまうことがあります。

    その際、搾乳して調整せずにおっぱいに残したままにしてしまうと乳腺炎の原因となります。

    また、母乳は左右から分泌されるのでバランス良く左右のおっぱいから飲み残しが無いように赤ちゃんに飲んでもらう必要がありますが、左右どちらかに残ってしまうと乳腺炎の原因となります。

    どんな人が乳腺炎にかかりやすい?

    woman-smartphone-girl-technology

    好発年齢

    乳腺炎の好発年齢(特定の病気にかかりやすい年齢)は、主に生後一ヶ月以内の乳児に授乳中のママとされています。

    授乳期だけとは限らない

    乳腺炎は授乳期に限らず発症することもあります。

    乳腺炎は乳腺組織が何らかの影響で炎症を起こした際の症状。例えば乳輪下膿瘍のように陥没乳頭の方や乳腺の動きが活発でない女性は授乳期に限らず発症する可能性があります。

    特に陥没乳頭ぎみの方は普段から乳頭をつまんで出しておくなどのケアが大切です。

    みんなはどうだった?乳腺炎体験談

    ??これだけではありません! 朝、新作スタバフラペチーノ 昼、チーズケーキ 夜、抹茶パフェ でおかんは、乳腺炎になりました。 そりゃ、なるやろ!?? 出産してこの方、 暴飲暴食をしてもならなかった 乳腺炎 私はならないものだと思っていた 乳腺炎 ある日突然やってきた?? あれ?体がおかしい(´Д` ) インフルエンザ級に体が痛い… 寒い、寒い、寒い…風邪?? ん…?? おっぱい痛い……?? これは… 噂の乳腺炎((((;゚Д゚))))))) 2日後… やっと復活しました! まだしこりあるけど… ほんと皆様、 お気をつけください?? ほんと辛いかった?? #こんな時に #しんのすけ #ゲリピ5日目 #新生児並みにオムツ替える #オムツ替えるのが辛い… #オムツかぶれ #毎回洗う #おかんは辛い #節々痛いながら #息子を朝病院へ連れて行く #おかんはすごい #乳腺炎 #桶谷式マッサージ #乳腺炎なっても、産婦人科って対応してくれないんやね #4件断られて泣きそうになる #保育園見学もキャンセル #今日からまた保活がんばる

    眞乃介 しんのすけさん(@shinnosuke20160316)が投稿した写真 –

    こんな人も乳腺炎の経験者に!(有名人・芸能人)

    東尾理子さん

    おっぱいトラブルは、今まで一回もなかった私ですが、息子1歳2ヶ月にして、やりました(>_<) 乳腺炎|東尾理子オフィシャルブログ

    福田萌さん

    とりあえずその日は様子をみて、

    次の日も熱が上がったり下がったりするので、

    念のため娘のいる病院で受診。

    すると、乳腺炎だったことがわかりました(>_<)
    高熱!?|福田萌オフィシャルブログ

    SHEILAさん

    痛い~
    とっても痛いの、左のお胸が…。

    右も痛いけど、
    左が特に痛い。
    あ~。涙。|SHEILAオフィシャルブログ

    根本 美緒さん

    ヤバイです。

    ついに
    この時が…

    おっぱいが…

    詰まりそう( ̄□ ̄;)!!

    怖い>_<!|根本 美緒 オフィシャルブログ

    他にもまだあるみんなの体験談

    乳腺炎の初期症状への対処法

    d0dffede384190f0b3bce16ebab6ad41_s

    赤ちゃんにたくさん吸ってもらい、母乳のしこりや詰まりを解消する

    赤ちゃんにたくさん吸ってもらうことで母乳の詰まりを改善できます。そのため、頻回授乳を心がけてください。

    また、授乳角度も意識して縦抱きやフットボール抱きを行いましょう。

    • しこりがある場合

    しこりがある場合、しこり部分を軽く圧迫しながら吸わせてあげましょう。また、しこりのあるおっぱい側から赤ちゃんに吸ってもらってください。

    詰まりを起こさないためにも飲み残しは搾乳して出し切っておきましょう。他にも、入浴によって体を温め乳房マッサージをするのもおすすめです。

    炎症の悪化を防ぐために適度に冷やす|発熱するほど悪化した場合

    冷却ジェルシート・湿布・カーゼで保冷剤を包んだものを肌にあてると炎症の悪化を防ぐことができます。

    逆に冷やし過ぎ・氷など冷たいもので一気に冷やす、などはは母乳の出を悪くしてしまうので授乳後には適度に冷やしましょう。

    • 適度に冷やす目安

    「キャベツの葉っぱ程度の温度」を適温の目安と考えて下さい。古くには実際にキャベツの葉っぱを貼り付けておっぱいを冷やす方法もあります。

    とにかくおっぱいの熱を滞留させずに散らしてあげることで楽になります。

    水分をたくさんとり、食事内容を見直す

    サラサラとした母乳の出を良くするためにも水分をたくさん摂りましょう。

    食事内容は母乳育児に良い食事を意識してください。脂肪分・糖分・塩分控えめの和食ベースに野菜中心の料理を心がけましょう。

    良い食事は母乳の質にも大きく影響しますよ。

    (※)初期ではなく乳腺炎の症状が進んでいる状態で水分を多くとると母乳の量が増えすぎてしまう恐れがあるので、その点ご注意ください。

    • 乳腺炎におすすめの食事は?

    例えば一見すると健康そうなヨーグルトなどの乳製品は脂肪分が多く、果物類も糖分が多いのでそれぞれ控えたいところ。

    おすすめは和食中心のバランスのとれた食事を心がけること。過度に脂肪分が多い食事は控えてください。

    他にも海藻類や根菜類はママの体を内側からぽかぽかにしてくれる働きがあり血行促進に役立ちますので、母乳の分泌を助けます。

    詳しくは「【授乳中のママ必見!】母乳がよく出る食べ物・飲み物11選をご紹介」も併せてご参考になさってください。

     

    母乳の質を良くする飲み物|ハーブティー

    母乳育児におすすめのハーブティー13選。授乳中のママの悩み対策を」でもお伝えしているように、ハーブティーは母乳に働きを助けつつ水分補給によって血液サラサラも助けてくれる働きが期待できるので母乳の質を改善し、乳腺炎対策はもちろん母乳の出も助けてくれます。

    たんぽぽコーヒー・たんぽぽ茶も乳腺炎対策におすすめ

    たんぽぽコーヒー(たんぽぽ茶)もハーブティーと同様、母乳の詰まり解消の助けが期待できるので乳腺炎対策におすすめの飲み物。ほかにもプーアル茶・白湯などの飲み物もおすすめ。

    詳しくは「たんぽぽコーヒーのおすすめ5選。悩み別(妊活・母乳)の人気一覧」をご参考になさってください。

    飲み薬

    乳腺炎に悩まれる方が飲む飲み物としては葛根湯が多く飲まれておりおすすめ。

    他にもごぼう茶(ごぼうの種を煎じたもの)も人気があります。

    休養をとる

    睡眠不足や疲れは母乳の出に影響しますので休養は欠かせません。

    また、ストレスも母乳の出に影響するためリラックスできる時間をつくってストレス解消も心がけてください。

    • 産後ママのリラックス対策

    産後のストレス解消や疲労回復なら産後ママ向けのプラセンタもおすすめ。

    中でも「フワリ(FUWARI)の効果がスゴい!おすすめしたい7つの理由。」でご紹介させていただいたフワリは産後ママ向けに開発された専用の美容プラセンタとして、産後育児疲れのママに愛飲されていますよ。

     

    入浴で体を温めながらマッサージをする・搾乳

    入浴中の体が温まっている状態でマッサージをすると効果的です。

    ぬるめのお湯に入ってしこりの部分を乳頭に向けて流すようにやさしくマッサージしてください。入浴後は体が温まっている間に授乳・搾乳をすると詰まりを改善できます。

    また、予防段階や初期症状であれば搾乳して母乳が溜まらないようケアしてください。

    乳房マッサージをうける(自分ではできない場合)

    自分では乳房マッサージができない・自信がない場合、産婦人科でマッサージをうけて、しこり解消対策をしましょう。

    乳腺炎は何科で診てもらう?

    特に初めての乳腺炎の場合は迷われることもあるかと思いますが、乳腺炎トラブルは助産院・産婦人科・乳腺外科を受診しましょう。

    また、通っていた産婦人科に診てもらえるのであればそちらを受診してください。

    乳腺炎は自己解決にこだわると悪化を招く危険があるため、早々にお医者様に相談してください。

    抗生物質

    乳腺炎の初期症状の段階を超え、本格的に痛くなり出したら抗生物質の検討も視野にいれてください。

    なお、摂取した抗生物質はおっぱいを通じて母乳からも分泌されるため、母乳育児中のママは事前にその旨をお医者さんに伝えておきましょう。

    事情が分かっていれば授乳中のママが飲んでも大丈夫(母乳を与えても大丈夫)な弱い抗生物質を検討してくれることでしょう。

    海外で乳腺炎になったときはどうする?

    国内ではない分、不安を感じることもあるかと思います。

    1. 周りに漢方薬局が無いか?を確認し、有るなら授乳中でも飲めるお薬を紹介してもらう
    2. 少々割高でも日本から薬を注文する
    3. 自分でできるケア(マッサージや食事ケアなど)を行う

    などで対応していきましょう。

    乳腺炎の予防をしよう

    7af60530d543237dde3140023e2d614c_s

    症状前の予防段階としての対処法・心構え

    • 授乳後におっぱいに母乳が残っていれば搾乳
    • おっぱいに張りを感じはじめたらおっぱいマッサージ
    • 陥没乳頭の場合はベビーオイルなどを塗ってから乳頭をつまみ出すように乳頭マッサージ
    • 普段の食事では脂分が多いものや甘いものなどを控える
    • 和食を中心としたあっさり目の食生活を意識する

    など、普段から乳腺炎予防を心がけてください。

    初期・なりかけのころの対処法・心構え

    初期症状のころは医学的なケアをしなくても自分で対処して改善される段階です。授乳を続けて母乳の流れを維持し、母乳づまりの解消を目指すことを基本としてください。

    そのためにも、赤ちゃんがしっかりおっぱいを吸えているか?吸着具合を確認し、飲みやすい位置になるよう抱き方の調整も心がけましょう。また、できる限る乳腺炎症状のある側のおっぱいから授乳してください。

    理想は赤ちゃんにたくさん母乳を飲んでもらうことですので、特に授乳初期は回数を多めにすると良いでしょう。

    それでも残ってしまう場合、搾乳機やおっぱいマッサージなどで定期的に搾乳してください。

    なお、搾乳した母乳は外出先などで重宝します。近日中に外出予定がある際は冷蔵または冷凍保存しておきましょう。

    授乳の方法にも工夫を取り入れる

    乳腺は乳首を中心に放射状に広がっています。そのため、授乳中の姿勢が悪い・いつも同じような授乳姿勢・片方のおっぱいばかりで授乳している、等いつも同じような授乳姿勢だと全ての母乳を出し切ることができず乳腺に残って詰まりやすくなるため乳腺炎の原因となります。

    1日に1、2回は授乳姿勢を変え、まんべんなく母乳を飲ませるようにして下さい。

    授乳姿勢に関して詳しくは「赤ちゃんの正しい授乳姿勢や抱き方まとめ。楽な姿勢が必要な理由とは?」もご参考になさって下さい。

    特に産後すぐは乳腺の開通が不完全・赤ちゃんが母乳をたくさん飲めない、などが影響して乳腺炎になりやすく、加えて乳腺が細い体質のママであれば母乳が詰まりやすくなるので更なる注意が必要です。

    胸を圧迫しないよう、下着に注意

    胸の圧迫・締め付けは乳腺に負担をかけてしまうので乳腺炎の原因になります。

    特に、通常の下着はスタイルを良く見せることを基本として作られているので胸を圧迫してしまう作りになっているものも多く、この時期は注意が必要です。

    産後すぐの段階では妊娠前に使用していた下着に戻すのではなく授乳用のブラジャーを着用してください。

    胸を圧迫しないよう、寝る姿勢に注意

    就寝時の姿勢も胸の圧迫に影響します。

    うつ伏せはもちろん、横向きに寝ても横を向いたときに下側になるおっぱいの乳腺を圧迫してしまうため、睡眠中の知らぬ間に乳腺炎になってしまうことも。

    片側のおっぱいだけに負担をかけぬよう、寝る向きを変える・意識して上向きになって寝る、など寝る姿勢にも注意してバランスをとりましょう。

    豊胸が乳腺炎発症に影響することも

    出産後に胸がさらに大きくなり、中に挿入されていたパックが乳腺を圧迫したことも理由だと思いますが、乳腺炎に罹りました。

    出典:豊胸の過去を隠していた妻。出産後に乳房トラブルが続出| Yahoo!知恵袋

    乳腺炎のときは授乳してもいい?

    症状の具合・状況にも影響しますが、ママの母乳に膿が出ていない・赤ちゃんに影響のある薬を飲んでいない、という状況なら授乳はできます。

    症状の状況によっては乳腺炎になった母乳は美味しくないので赤ちゃんが飲んでくれないこともあります。

    赤ちゃんの様子を見ながら授乳の有無を検討してください。

    乳腺炎を繰り返し発症しやすいママの卒乳・断乳は?

    いずれ卒乳・断乳して子どももおっぱい離れになる時期を迎えます。

    卒乳・断乳時は『また乳腺炎になるんじゃないか?』と心配になることでしょう。一時的に胸の痛みなども出てきますがマッサージでケアすることができます。

    まずは断乳したおっぱいのマッサージする日を決め、その日に合わせて赤ちゃんにも『もう、おっぱいとはバイバイだよ』と伝えながら断乳をすすめてきましょう。

    スタバも乳腺炎に影響する可能性が

    愛飲者が多いスターバックス(スタバ)。ですが、スタバのフラペチーノやフルーツジュース、キャラメル スチーマーは脂肪分・糖分が多いので乳腺炎になる可能性があります。

    また、コーヒー・抹茶・お茶にはカフェインが入っているので授乳中は控えてください。

    乳腺炎症状が悪化する前に防ごう/まとめ

    乳腺炎症状が悪すると胸の痛みが増す、38度以上の高熱を出すといった症状になる恐れがあるだけでなく、そのまま放置して重症化すると、入院や手術も必要になることもあります。

    倒れてしまってはママだけでなく赤ちゃんにとっても悪影響です。

    なりかけの初期症状の内に乳腺炎対策をすることで症状も悪化することなく、しこりや詰まりは解消されます。

    産後トラブルでよくある乳腺炎ですが普段からおっぱいの状態に気をかけ、早めの対策を心がけてくださいね。

    母乳の出や乳腺炎のつまりに悩んでいるならこちらもおすすめ

    母乳 ハーブティー

    母乳の出に悩むママにおすすめの水分補給方法である母乳ハーブティー選びに迷ったらぜひご覧ください。

    → 母乳育児を目指すママ向けおすすめハーブティーはこちら

     

    ライター紹介 ライター一覧

    IKURICH編集部

    IKURICH編集部

    IKURICH編集部です。育児ママの毎日がちょっとでも豊かになるような情報を発信していきます。よろしくお願いいたします。