1. TOP
  2. 妊娠
  3. 妊娠中
  4. マタニティインナー(下着)の選び方・おすすめ通販店舗を総まとめ

マタニティインナー(下着)の選び方・おすすめ通販店舗を総まとめ

 2017/02/22妊娠中
 

    妊娠すると、女性の体は大きく変化していきます。それまで着ていた下着や洋服も入らなくなりますし、妊娠することで様々な刺激に対して敏感になるので、ちょっとしたことで肌荒れを起こすことも。

    そこで必要なのが「マタニティインナー」なのですが、段階に応じて適したインナーを選びたいものの、種類が多くてわからない・・・そんな方も多いのではないでしょうか?

    そこで今回は、より快適なマタニティライフを送れるよう、最適なマタニティインナーの選び方やその種類についてまとめたのでお伝えしていきます。

    マタニティインナー(妊婦さんの下着)はいつから必要?

    マタニティインナーとは、妊婦さんならではの体型に対応した専用の下着のことをいいます。先輩ママの話を聞くと、多くの方が妊娠5ヶ月までにはマタニティインナーを購入しているとのこと。原則的にはお腹が大きくなり始める妊娠4ヶ月頃を目安に切り替えると良いでしょう。

    とはいえ、妊娠初期から少しずつ体の変化は始まっていますから、早めに取り入れておくと安心です。どんな商品があるのか、どの時期にどの下着が必要なのかをあらかじめピックアップしておくと良いでしょう。

    マタニティ―インナーはなぜ必要?どんなものがあるの?

    妊娠すると、胸やお腹が大きくなるというような見た目の変化だけではなく、生理面や感覚面などにも様々な影響が見られます。ちょっとしたゴムの締め付けがストレスになってしまうことも少なくありませんから、その時期の応じた最適な下着を着用することでより快適に過ごせるようにしましょう。

    妊娠中は妊婦の体型に合わせたマタニティショーツ、マタニティガードル(腹帯)、マタニティブラジャー、ハーフトップなど。産後は授乳キャミや肌着、産後リフォームインナーなどがあります。

    なぜ大切?妊婦さんの体の変化にあわせて下着を選ぶべき理由

    妊娠するとちょっとした締め付けが苦しかったり、皮膚が敏感になるために皮膚炎になるなど、様々な変化が生じます。そうしたストレスを回避するため、また、妊婦の体型の変化を妨げずにお腹を優しくガードして守るため、マタニティインナーは大切なアイテムなのです。

    バストの変化

    前ではなく、乳房の下半分から脇へとかけて大きくなります。中には妊娠前より2カップ大きくなる人も少なくありません。

    ウエストの変化

    子宮の発達により押し上げられるので、くびれがなくなっていきます。

    おなか周りの変化

    前にどんどんせり出していき、突き出すようなラインになります。おへそ周りは約20cmも大きくなります。

    「ゴムが無い(脱ゴム)」というだけでもストレスが全く違う!?

    「ゴムがかゆい、きつい」というストレスに悩まされる妊婦さんは非常に多く、特につわりが酷いようなときは体を締め付けから解放してあげるだけでかなりラクになります。妊娠中はゴムのない洋服を着用するなどして、楽なスタイルで生活するように心がけるようにしましょう。

    【妊娠期別】何が必要?マタニティ―インナーの選び方

    それぞれの妊娠期ごとで着用すべきインナーの種類も違います。上手に使い分けて最適な下着を着用するようにしましょう。

    妊娠初期(妊娠2~4ヶ月)

    体の様々な変化に敏感な時期。普段の下着からマタニティ専用に下着に切り替えましょう。マタニティブラ、ハーフトップ、マタニティキャミ、マタニティショーツなどがあります。

    妊娠中期(妊娠5~7ヶ月)

    お腹が膨らみ始めるので冷やさないことが大切。また、しっかりお腹をガードして守る必要があります。妊娠帯、腹帯、妊婦帯パンツ型などがあります。

    妊娠後期(妊娠8~10ヶ月)

    お腹はどんどん大きく、前にせり出してきます。産後の下着の準備も少しずつ始めていきましょう。産褥ショーツや骨盤ベルトなども準備しておくと良いですね。

    産後

    産後は授乳が楽に出来るようなインナーを着用すると便利です。体型を戻していくことも頭において。授乳キャミや肌着、産後リフォームインナー、体型戻しインナーなどがあります。

    【アイテム別】マタニティ―インナーのサイズ選びのポイント

    マタニティブラ

    妊娠前より1~2カップ上を選ぶと良いでしょう。妊娠6ヶ月までは1カップ、7ヶ月以降はそのときのサイズより1カップ大き目を選んでください。

    ハーフトップ

    マタニティブラと同じ基準で選んでください。

    マタニティショーツ

    妊娠前とほぼ同じサイズでOK です。股上が深く、ゆとりのある設計になっているのが特徴です。

    妊婦帯(腹帯・ガードル)

    サイズ調整が出来るので、通常サイズを目安に選んでください。

    産後の引き締め下着(リフォームインナー)

    だいたい妊娠10ヶ月の体重を目安にして選びましょう。妊娠中の体重増加が8kg未満のときは妊娠前と同じサイズ、8kg以上のときは1サイズ上、11kg以上のときは2サイズ上を選ぶようにしてください。

    マタニティ―インナーは何枚くらい必要?

    人によって準備する枚数は違いますが、選択することも考えて3、4枚準備しておくと安心ですよ。あまりにも多すぎると無駄になってしまうこともあるので、想定しながら準備しましょう。

    痩せ型の人が選ぶときのポイントは?

    どんなに痩せ型の人でも、妊娠すれば体型は変わります。マタニティ下着売り場で相談しながら選びましょう。試着可能な店であれば、実際に試して感覚を確かめることが出来るので試着してみることをおすすめします。

    『ブライダルマタニティインナー』を選ぶときは?

    ブライダル専用のマタニティインナーもありますが、中には専用インナーは使わず普通のマタニティブラを着用した、という人も。大きいサイズのマタニティブライダルインナーを取り扱っているサイトもありますから、チェックしてみてください。また、準備していたものが合わなくなることもありますから、挙式直前に最終確認をすることをおすすめします。

    マタニティインナー選びで人気!おすすめ店舗(通販・実店舗)まとめ

     

    ワコール(肌着屋ランファン。楽天市場)

    【URL】

    https://item.rakuten.co.jp/ranfan/wacoal-matanity-mbr431d/

    【概要】

    妊娠から出産、産後まで、体型変化に合わせてママの毎日をサポートしてくれます。

    【商品例】

    ワコール マタニティ よくばり産後リボンブラ

    前中心が高めのカップでバストを包み込み、しっかりサポートします。ワイヤーを低い位置で止めることでカップがめくりやすく、授乳しやすい4分の3カップブラです。

    → 詳細はこちら

    【時期】

    産後

     

    ベルメゾン

    【URL】

    http://www.bellemaison.jp/cpg/mama/maternity_innershop/innershop_index.html

    【概要】

    妊婦下着のおすすめ特集や、マタニティブラ、ハーフトップなど、アイテムごとの売れ筋ランキングがひと目でわかる「妊婦下着(産後下着)」専門ショップです。

    【商品例】

    授乳対応マタニティレースタイプクロスオープンキャミソール【ネット限定カラーあり】

    長めの着丈で大きなお腹をすっぽり包み、ゆったりとした着心地が特徴です。授乳しやすいクロスオープンで、産後インナーとして長く活躍してくれます。

    → 詳細はこちら

    【時期】

    産後

     

    ユニクロ

    【URL】
    http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/172181

    【概要】

    老若男女幅広い世代に人気のユニクロ。マタニティラインがあるわけではありませんが、シンプルで着心地がよく、産後も使えるようなアイテムがたくさんあるのでママたちにも人気です。

    【商品例】

    WOMEN ヒートテックブラUネックT(8分袖)

    ヒートテックのブラつきインナー。着心地がよく、着込まずにオシャレが出来るので冬の妊娠中に1枚は持っていたいアイテムです。

    → 詳細はこちら

    【時期】

    その他

     

    トリンプ

    【URL】
    http://www.angeliebe.co.jp/disp/CSfDispListPage_001.jsp?dispNo=001001002&entr_nm=%83g%83%8A%83%93%83v

    【概要】

    安心、快適なマタニティインナーが多数揃っており、信頼後の高いお店です。

    【商品例】
    トリンプ 妊婦帯ガードル

    トリンプとピジョンが共同開発した、お腹をしっかり支えるガードルタイプの妊婦帯。エレガントなデザインでお腹を締め付けずに優しくガードしてくれます。

    →詳細はこちら

    【時期】

    中期

     

    犬印本舗

    【URL】

    https://item.rakuten.co.jp/smilemarket/224-8301/

    【概要】

    初期から後期のマタニティインナー&マタニティアウター、産後ケア商品までのマタニティウェアが揃うトップブランドメーカーです。

    【商品例】

    産前産後らくちんパンツ10分丈 レギンス

    伸縮性の良いウエスト部分が、お腹を締め付けずに対応してくれます。お腹が小さい時期はウエスト部分を折り返して着用することも出来ます。

    → 詳細はこちら

    【時期】

    その他

     

    赤ちゃん本舗

    【URL】

    http://www.akachan.jp/maternity/goods/maternityinner.html

    【概要】

    豊富な種類をタイプごとに陳列してあるので大変見やすいです。ブラジャーは試着してから購入出来るので安心ですね。試着のポイントもスタッフが丁寧に教えてくれます。

    【商品例】

    ママラボ 授乳ブラトップ フロントオープン グリーン

    ゆったり設計されており、産前から産後まで長く着られます。フロントオープンなので授乳も楽チンです。

    → 詳細はこちら

    【時期】

    産後

     

    ニッセン

    【URL】
    http://www.nissen.co.jp/cate002/sho_index/cate002_010_000_000-01.htm

    【概要】

    オンラインショップなら、インターネット限定お買い得商品も豊富です。大きめサイズの妊婦さんのためのカテゴリもあるので、ふくよかな体型の人、大きいサイズをお探しの人にもおすすめです。

    【商品例】

    ドット柄クロスオープンハーフトップ

    肩ひもの太さやフィット感に定評があるおすすめアイテムです。ホックのないハーフトップなので苦しくなりにくく、着け心地も抜群です。

    → 詳細はこちら

    【時期】

    妊娠初期

     

    西松屋

    【URL】
    http://www.24028.jp/product/maternity/maternityinner

    【概要】

    マタニティインナーから新生児用品まで、様々な商品が豊富に揃った専門店です。

    【商品例】

    オーガニックコットン ハーフトップ(ボーダー)

    取り外しパット付きのお肌に優しいオーガニックコットンを使用したハーフトップです。お肌が敏感になってしまっている人でも安心して身に着けることが出来ます。

    → 詳細はこちら

    【時期】

    その他

     

    楽天

    【URL】

    http://ranking.rakuten.co.jp/daily/200872/

    【概要】

    日本最大級の通販ショップ楽天市場。マタニティ用品も豊富に揃っており、口コミやランキングを参考にしながらじっくり選ぶことが出来ます。

    【商品例】
    日本製 授乳ママの常識を変えた 伝説の美胸授乳ブラ

    出産期や授乳期のデリケートなおっぱいの悩みやトラブルを解決してくれる、美胸、安心、ストレスフリーを第一に考えたこだわりの授乳ブラです。

    → 詳細はこちら

    【時期】

    産後

     

    amazon

    【URL】

    https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9E%E3%82%BF%E3%83%8B%E3%83%86%E3%82%A3%E4%B8%8B%E7%9D%80-%E3%83%9E%E3%82%BF%E3%83%8B%E3%83%86%E3%82%A3-%E9%80%9A%E8%B2%A9/b?ie=UTF8&node=346165011

    【概要】

    お急ぎ便なら当日、翌日のお届けも可能。マタニティウェア、ベビー用品など多数揃っています。

    【商品例】

    ローズマダム(Rosemadame) ワンタッチ妊婦帯 M-L ピンク 017-0650-03

    お腹にあたる部分は面100%。ベルトは伸縮性に優れた素材で出来ています。着用する位置やお腹を支える強さを簡単に調節することが出来るので、ひとりひとりに合わせて着用することが出来て安心です。

    → 詳細はこちら

    【時期】

    中期

     

    まとめ

    妊娠すると女性の体は大きく変わり、なにかと敏感になるもの。また、お腹に赤ちゃんがいることで様々な面で更にストレスを感じてしまいやすいですから、自分の体にかかる負担や刺激は出来るだけ少なくしていきましょう。

    普段の食事や必要な栄養素を摂取を通じてお腹の赤ちゃんにとって優しい体づくりをしていくのはもちろんのこと、その時期に適したマタニティインナー、マタニティ用品も上手に活用し、快適な妊娠生活を送っていきたいですね。

    これまでにまとめた内容を是非参考にしながら、10ヶ月間の妊婦生活を楽しんでみてください。

    関連記事:妊婦さんにおすすめの部屋着23選。通販で購入できる人気商品まとめ

    関連記事:妊婦さん向けパジャマのおすすめ15選。選び方から知っておこう。

    関連記事:胎児の栄養のもらい方は?妊婦の栄養補給は赤ちゃんの成長に影響する

    ライター紹介 ライター一覧

    Konno

    Konno

    ライター/天然石アクセサリーアーティスト/飲食スタッフ/飲食スタッフ(パート)/2児の母親



    普段は男女の双子を育てる子育て経験豊富なママライター。
    ライターの他にも、天然石アクセサリーアーティスト・飲食スタッフ、としての顔も持つ。
    これまでの育児経験をもとに鋭意執筆中。

    【site】http://blog.goo.ne.jp/rukanata

    【Facebook】https://www.facebook.com/profile.php?id=100004266756347