1. TOP
  2. 妊娠
  3. 妊娠中
  4. 妊娠中の便秘解消法!お腹の張り・腹痛がひどいを緩和しよう

妊娠中の便秘解消法!お腹の張り・腹痛がひどいを緩和しよう

 2018/02/06妊娠中
 

    妊娠中の頑固な便秘で悩んでいる妊婦さんはいっぱいいますよね。私も妊娠中の頑固な便秘で悩まされていました…妊娠中の頑固な便秘を解消する為には、様々な解消方法が紹介されていますが、その中でも効果があったという声が多かった解消方法を紹介します。

    関連記事

    妊娠中の体重管理のコツは?ストレス無くこの時期を乗り超える方法

     

    妊娠中の頑固な便秘の解消法

    妊娠中の頑固な便秘の妊婦さんにおすすめな解消方法は以下となります。

    • 玄米を食べる
    • いちご食べる
    • こんにゃくを食べる
    • マグミットやラキソベロンを飲む
    • お水を1日1リットル以上飲む
    • 炭酸水を飲む

    玄米

    玄米を食べる際は白米3号に玄米を1合入れて食べると食べやすいかと思います。

    いちご

    いちごには水溶性の食物繊維が豊富に含まれており、整腸作用もあるのでいちごはおすすめです!値段が高いのが難点ですが…

    こんにゃく

    こんにゃくは昔から腸の掃除をしてくれると言われていますが実は少し違います。こんにゃくにはグルコマンナンというものが含まれているんですが、グルコマンナンは不不溶性なんです。

    こんにゃくを食べることで、便の堅さを適度な堅さに保ってくれるので便秘にはもってこいな食材です。しかし、こんにゃくは飽きやすいので色々工夫をして食事に取り入れることをおすすめします。

    マグミット・ラキソベロン

    マグミットやラキソベロンは妊娠中でも飲むことができる便秘薬。妊娠中はお腹の赤ちゃんの為に、薬を飲むことは極力控えることが無難なのですが、マグミットやラキソベロンは産婦人科でも処方されている便秘薬なので、市販の便秘薬に比べると安全性は高いと言えます。

    ▼マグミット

    マグミットは、酸化マグネシウムを主成分としており、昔から妊婦さんにも使用されてきました。マグミットの主成分である酸化マグネシウムは、赤ちゃんにも影響が出ることはあまりなく、必要な分しか体内で吸収されないので安心して飲むことができます!!

    ▼ラキソベロン

    ラキソベロンはピコスルファートナトリウムを主成分としており、効果も緩やかで母体への負担も少ないです。腸にだけ作用され、妊婦さんには良く処方されるものの1つ。なお、液体タイプを処方された場合は自分で飲む量を調節することが可能ですが、飲み過ぎてしまうと下痢になってしまうこともあるので、様子を見ながら量を調節するようにしましょう。

    水を飲む

    1番簡単な便秘解消方法は水を飲むことです。

    水をあまり飲まない方は、便の水分量が少なく硬くなってしまいます…便が硬いとスムーズに排便ができず、痛みを伴う場合もあります。便をスムーズに出す為にも、毎日しっかりと水分を飲むように心がけてください♪

    なお、冷たい水ではなく常温か温かい水がおすすめです。冷たい水をたくさん飲んでしまうと、腸の動きが悪くなってしまいます。冷たいものは母体にも赤ちゃんにも良くないので、気を付けてくださいね。

    なお、水を飲む際は一気にたくさんの量を飲もうとせず「少しずつ飲む」のがベスト!

    炭酸水

    炭酸水も便秘解消に効果があると言われているので、天然の炭酸水を飲むことも効果的です。

    まとめ

    妊娠中の便秘は本当に大変!お腹がパンパンでお悩みであれば、ぜひこちらでお伝えした方法を取り入れてみてくださいね!

     

    ライター紹介 ライター一覧

    odamatsu

    odamatsu

    2人の子どもを育てるママライター。動物好き。
    普段はパパと子どもと一緒に動画をみて過ごしたりしています。
    出産・育児の苦労が多かったので、子育てではかなり悪戦苦闘しました。そんな経験をもとに産後の赤ちゃん子育てについて書いています。