1. TOP
  2. 妊活
  3. ピニトールが妊活や不妊で注目の理由とは?特徴と摂取方法まとめ。

ピニトールが妊活や不妊で注目の理由とは?特徴と摂取方法まとめ。

 2017/06/14 妊活
 

「赤ちゃんが欲しいけどなかなか授からない」、「頑張って妊活してるのにうまくいかない」・・・

そんな風にお悩みの方は少なくないのではないでしょうか?

妊娠を望んでいるのにプレッシャーばかりが大きくなっていくと、ますます精神的に追い詰められるものですよね?そんな人たちに今注目されているのが「ピニトール」という成分。妊活中に強い味方となってくれるであろう「ピニトール」ですが、まだまだその特徴について知らない人も多いの。

そこで今回は、気になる「ピニトール」のについて詳しくまとめました。

妊活で注目のピニトール、5つの特徴とは?

「PCO(多嚢胞性卵巣症候群)」や「ED(勃起不全)」に効果があるとされる「ピニトール」。その特徴を知り、「ピニトール」について正しく理解しましょう。

1.ピニトールって?

「ピニトール」は日本ではまだまだ認知度が低く、馴染みがないものですが、ヨーロッパではすでに不妊に効果があるといことで注目されています。

また、「ピニトール」は血糖を下げる効果があるビタミンBの一種であることから、近年は糖尿病予防のサプリメントも発売されています。

2.ピニトールは不妊・妊活にどんな効果が?どんな人におすすめ?

「ピニトール」はビタミンBの一種であり、不妊の原因である「PCO(多嚢胞性卵巣症候群)」や「ED(勃起不全)」に効果があるとされています。

これは、「ピ二トール」の成分が血糖値を下げてくれる働きをしているからですが、こうした原因による不妊にお悩みの方に効果が期待されるでしょう。

3.ピニトールが持つ働きは?

不妊に効果があることでも注目されている「ピニトール」ですが、それだけではなく、インスリンの働きを向上させることで糖尿病の治療にも効果があることで知られています。

不妊に関しては、特に「PCO(多嚢胞性卵巣症候群)」に効果があるといわれています。「PCO(多嚢胞性卵巣症候群)」の特徴として、正常な人よりも男性ホルモンが多いことが挙げられます。この男性ホルモンの値を正常にし、ホルモンバランスを整えることで妊娠しやすい体へと導いてくれるのです。

4.葉酸と併せて摂取しよう

糖尿病は流産や早産、胎児の奇形などのリスクを上げる恐れがあり、妊活中からしっかり対策をとることが大切。妊娠してから血糖値をコントロールすることは難しいですから、妊娠を望むのであれば普段から食生活に気を配っておく必要があるのです。

また、同じく胎児の先天性異常などを防ぐために必要とされているのが「葉酸」。「ピニトール」と「葉酸」を併せてしっかり摂取することで、様々なトラブルを回避することに繋がります。

サプリメントを上手に活用し、これらを意識的に取り入れるようにしていきましょう。

関連記事:ベルタ葉酸サプリのスタッフに聞いた、妊活・妊娠中に
葉酸が必要な理由とは?【実録インタビュー】

関連記事:妊娠中におすすめ!お腹の赤ちゃんに安心・安全の葉酸サプリ

 

5.副作用ってある?

「ピニトール」を摂取した場合の副作用ですが、現時点では特に確認されていません。これは「ピニトール」が水溶性であるため、余分に摂取した分が尿として外に排出されるためでもあるでしょう。

ですが、「ピニトール」をサプリメントから摂取した場合はお腹がゆるくなってしまう可能性があります。

これは「ピニトール」に限らず、どんなサプリメントにもいえることですので、用量、用法を守って正しく使うようにしましょう。

ピニトールの摂取方法

もっとも理想的な摂取方法は、やはり食事から取り入れることでしょう。ですが、「ピニトール」をもっとも多く含んでいるとされる「アイスプラント」でさえ、1日に必要な量を考えるととても食事から補うことは難しいもの。

そこでおすすめなのが、「サプリメントの活用」です。

サプリメントなら手軽に無理なく必要な量を補うことが出来るので、忙しい人でもサッと口にすることが出来ます。サプリメントを活用する場合、定められた量を守り、しっかり継続することがとても大切です。

代表的な「アイスプラント」からの摂取

「アイスプラント」とは、欧州やアフリカなどを原産とするハマミズナ科の食用の植物。砂漠や乾いた土壌の過酷な環境下で育ち、根から吸い上げた少ない水分に含まれている塩分を葉や茎の細胞が隔離して葉の外に排出し、その塩分が凍っているように見えることから「アイスプラント」と名付けられました。

アイスプラントの「ピニトール含有量」は、大豆の約8倍、ルイボス茶葉の約30倍とされています。ですが、アイスプラントは非常に流通量が少なく高価な植物なので一般のスーパーでは手に入れにくく、あまり目にすることはありません。

そういった意味でも、アイスプラントからピニトールを摂取することは現実的には難しいといえるでしょう。

その他の食べ物は?

「ピニトール」を含む食べ物としては、「大豆製品」が挙げられます。

特に多く含まれているのは「豆乳」や「きな粉」など。同じ大豆製品でも、発酵の際にピニトールの成分が分解されてしまうという理由で「納豆」にはほとんど含まれていません。

他にも、「ルイボスティー」、「銀杏」、「イナゴ豆のさや」などに含まれているといわれています。ルイボスティーならカフェインも含まれていませんし、水分摂取という意味からも積極的に摂取しても良いでしょう。

サプリメントから摂取

「ピニトール」を含む食べ物自体は様々なものがありますが、それらから1日に必要とされる量を補うことは現実的には難しいでしょう。ですから、サプリメントから必要量をしっかり補うことが理想的だといえます。

もちろん、それだけではなく、日々バランスのとれた食事をしっかり摂ることが大切ですから、食事内容の見直し、改善に努めていきましょう。

脂肪分、糖分の摂りすぎには注意し、スナック菓子、甘いお菓子、インスタント食品やジャンクフードも控えめにするとなお良いですね。

まとめ

妊活中にストレスを溜めてしまうことはスムーズな妊娠の妨げになってしまいます。

あまり気を張らず、思い詰めないことも大切なこと。自分の出来る範囲での努力と意識付けを心がけていくようにしましょう。

その中でピニトールを摂取する機会があれば、上手に摂取できるよう取り入れてみてくださいね。

関連記事:ピニトールとは?不妊・妊活で注目される理由を総まとめ。

 

\ SNSでシェアしよう! /

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Konno

Konno

ライター/天然石アクセサリーアーティスト/飲食スタッフ/飲食スタッフ(パート)/2児の母親



普段は男女の双子を育てる子育て経験豊富なママライター。
ライターの他にも、天然石アクセサリーアーティスト・飲食スタッフ、としての顔も持つ。
これまでの育児経験をもとに鋭意執筆中。

【site】http://blog.goo.ne.jp/rukanata

【Facebook】https://www.facebook.com/profile.php?id=100004266756347