1. TOP
  2. 育児
  3. 産後
  4. 産後のホルモンバランスの乱れはいつまで?変化を改善して整える方法

産後のホルモンバランスの乱れはいつまで?変化を改善して整える方法

 2016/11/20産後
 
    産後 ホルモンバランス

    産後のホルモンバランスの乱れによるトラブルはいつまで続くのか?

    産後ママが抱える悩みの一つである「産後のホルモンバランスの乱れ」による諸症状。

    普段なら気にかけないようなことでも、この時期は人一倍気になるようになり過度なストレスや周りへの八つ当たりなどに繋がって後で後悔することも。

    そんな産後のホルモンバランスの乱れに悩むママに向けて、

    • 産後のホルモンバランスによる影響はいつまで続くのか?
    • 原因と対策

    についてお伝えします。

    産後のホルモンバランスの乱れはいつまで続く?

    産後 ホルモンバランス 乱れ

    産後ホルモンバランスの乱れは産褥期(さんじょくき)とよばれる産後の体が元通りになるまでの期間(6~8週間)に強く反映されます。

    慢性的な産後のイライラ感がいつまで続くのか?は1~1,5年ほどが多いですが3年以上の長期間イライラが続くケースもあり人それぞれ。

    なお、産褥期は育児がはじまり体を動かすことが増えて大変ですが、この時期をどのように過ごしたか?によって体に現れる症状にも影響します。

    \ こちらの記事も読まれてます /

    ▶ ぜひ知っておきたい!産後のイライラの9つの原因と7つの対策とは?

    産後にホルモンバランスが乱れる原因

    [原因]
    • 妊娠中、妊娠の維持と赤ちゃんの発育のためにゆったりと、且つ大量に分泌された女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)が出産後に急激に減少する
    • 出産後に母乳を作り出す女性ホルモン(プロラクチン)の分泌量が増える

    女性ホルモンの分泌量が大きく増減するためにホルモンバランスが乱れます。

    慣れない子育てによる睡眠不足・母乳育児の不安・パパが育児参加しない、など生活環境の変化もストレスを感じるとホルモンバランスが乱れる原因に繋がります。

    産後のホルモンバランスが乱れると起こる症状

    自律神経

    産後はホルモンバランスが乱れることで自律神経を崩しやすく、且つ育児による睡眠不足による睡眠リズムの乱れも自律神経の乱れに影響します。

    むくみ

    ホルモンバランスが乱れると自律神経を崩しやすくなるので血流が悪化する原因となりま、顔・手・足がむくみやすくなります。

    また、妊娠中に身体に蓄えられた血液が出産によって体外へ多く排出されるため体内で水分バランスを保とうとし、一時的に水分を溜め込もうとするため更にむくみやすくなります。

    生理不順

    生理不順は母乳を作り出すために分泌される女性ホルモンのプロラクチンが排卵を抑えようとする働きによって起きます。

    授乳時に赤ちゃんがおっぱいを吸うと乳頭を刺激されてプロラクチンが分泌されるため、母乳育児のママに起きやすい傾向があると考えられています。

    肌荒れ

    ホルモンバランス(プロゲステロン)が乱れると皮脂の分泌を促進させ、ニキビや肌荒れが起きやすくなります。

    加えて、肌が外部のほこりや紫外線などの刺激を受けやすくなるため肌が荒れ安くなります。

    普段から使っている化粧品が肌に合わなくなることもあるため、より刺激の少ない化粧品に変えるなど工夫しましょう。

    かゆみ・湿疹

    産後のホルモンバランスが乱れが肌環境に影響し、肌が敏感になってかゆみや湿疹が起きやすくなります。

    加えて、育児によってしばらく睡眠時間が削られる(睡眠不足)・ストレス、も肌トラブルの原因となります。

    かさつき

    女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少すると肌にハリを失うためにかさつきの原因になります。

    抜け毛

    抜け毛は産後2~3ヶ月後くらいから始まることが多く、出産を経験した先輩ママの約7割の方が悩まされる症状。 精神的なストレスも大きく影響します。

     関連記事  産後ハゲはいつまで続く?出産後のひどい抜け毛の原因と対策

    めまい

    ホルモンバランスの乱れに加え、慣れない育児による睡眠不足やストレスが影響してめまいが起こりやすくなります。

    吐き気

    産後はホルモンバランスの乱れによってセロトニンが減少し血管を収縮することで偏頭痛が起きますが、それに伴って吐き気をもよおしやすくなります。

    加えて、睡眠不足・ストレス・肩こりも偏頭痛を起こす原因となります。

    イライラ・情緒不安定

    ホルモンバランスの乱れが自律神経を崩し、イライラしやすくなります。

    加えて、

    • 育児が大変で休がな(おまけにお給料だって出ない)
    • パパの育児参加の意思が薄いことでの夫婦喧嘩

    などが重なり、イライラをどこへぶつけたらいいのか分からなくなることもあります。

    旦那さんを信用できない

    産後は育児の大変さからイライラしやすく、そこへ旦那さんから心ない言葉をかけられる・理解してもらえない、などが続くと信用できなくなり夫婦間トラブルが増えることがあります。

    最悪の場合、「産後クライシス」とよばれる大きな家庭間トラブルに発展する恐れも。

     関連記事   産後のイライラはどうすれば?9つの原因と7つの対策|産後クライシスにならないために

    産後うつ

    ホルモンバランスが崩れることで心身共に不安定な状態になります。

    その結果、出産前なら普通にできていた家事ができなくなり自己嫌悪から産後うつになることがあります。

    一般的に産後うつは産後2~3週間くらいに起こりやすいですが、個人差で産後3~4ヶ月経ってからのパターンもあります。

    産後のホルモンバランスを改善する6つの対策

    産後 ホルモンバランス 改善

    産後のホルモンバランスの乱れはホルモンの分泌変化だけでなく生活の変化によっても乱れやすくいため生活環境の改善から対策していきましょう。

    1.健康的な食事

    女性ホルモン物質を含む栄養素、もしくは女性ホルモンを分泌させる卵巣の元となる細胞に影響がある「たんぱく質」を意識的に摂ってください。

    ホルモンバランスの乱れを整えつつ、たんぱく質の吸収を高めるビタミン群が豊富に含まれる野菜や果物も一緒に摂りましょう。

    品目特徴
    肉類(鶏肉)、魚類、卵たんぱく質が豊富に含まれているので、1日1回は必ず食事に1,2品を取り入れてください。
    大豆製品豆腐や納豆などの大豆製品にも女性ホルモン物質が多く含まれます。さらに、大豆製品にはホルモンバランスを整えるのに有効なイソフラボンも含まれています。朝食で必ず納豆ご飯を食べる。苦手な場合、卵かけご飯や目玉焼きでもOKです。
    海藻類豊富に含まれるミネラルがホルモンバランスを整えてくれます。
    バナナバナナに含まれるビタミンB6が女性ホルモンの分泌に効果的。

    2.適度な運動

    適度な運動は自律神経を活性化させ、ホルモンバランスの乱れを整えるのに効果的です。

    天気が良い日に30分ほど赤ちゃんと一緒に近所をお散歩する、一時的に子供を預けることができるなら気分転換も兼ねてヨガ教室に通っても良いでしょう。

    \ 産後ママ向けのヨガをチェック /

    ▶  マタニティヨガ・ママヨガも行う『ホットヨガスタジオLAVA』

     

    3.ストレスを溜めない

    育児ストレスもホルモンバランスを乱す原因となります。

    一人で抱え込み過ぎず、周りに相談する・5分、10分で良いので1人の時間作る・短い時間でも音楽を聞く、などストレス解消となる時間を設けてください。

    4.身体を冷やさない

    身体の冷えはホルモンバランスの乱れに影響するだけでなく、産後の疲労にもつながります。

    冷たい飲み物や夏野菜の摂取は冷えの原因となるので、産後の摂取にはご注意ください。

    5.漢方

    漢方薬は症状に直接的に働きかける西洋とは違い、血行改善により徐々に代謝を高めていく特性があります。そのため、2週間以上もしくは3ヶ月以上の服用が必要ですがホルモンバランスを整える助けとなります。

    初めて漢方薬を扱う場合、医療機関や漢方薬局で相談して自信に合う漢方を処方してもらいましょう。

    6.生活リズムを整える

    生活リズムが崩れると身体への負担が大きくなります。特に育児で忙しくなると生活リズムが崩れやすくなります。

    中でも重要なのが食事を摂取するタイミング。朝昼晩の食べる時間が不規則になると生活リズムが大きく崩れやすくなるのでご注意ください。

    旦那さんも「どうすれば?」と悩んでいる

    旦那

    育児中、旦那さんが会社の付き合いで帰りが遅い・手を洗っていないのに赤ちゃんに触ろうとする、などママとして理解できない行動が目に付くことも多いでしょう。

    ですが、決してないがしろにしているわけでなく、旦那さんは産後イライラする奥様に対して理解をし違っている一方で、どうすればいいのか分からなくて毎日悩んでいます。

    お互いにぎくしゃくしないためにも相手に言葉で伝えていきましょう。

    必要なことはもちろん、「ありがとう」「ごめんね」という言葉も意識してみてください。

    それだけで普段の言動がやわらかくなり、夫婦関係も良くなります。

    まとめ

    出産後にあらわれる苦しい症状ですが、原因はあなたでも周りでもなく「ホルモンバランスの乱れ」です。

    思いこみ過ぎず、一時的な体質的トラブルのせいだと割り切って乗り越えていきましょう。

    ライター紹介 ライター一覧

    IKURICH編集部

    IKURICH編集部

    IKURICH編集部です。育児ママの毎日がちょっとでも豊かになるような情報を発信していきます。よろしくお願いいたします。