1. TOP
  2. 美容
  3. どうにかしたい!産後に増えるシミの原因と自分で出来る9つの対策

どうにかしたい!産後に増えるシミの原因と自分で出来る9つの対策

 2017/05/29美容育児
 

    産後に増えてしまったシミがなかなか消えてくれない…

    出産すると普段の生活もままならなくなるため、スキンケアをする時間も失いがち。その結果、ふと気づくとシミが急に増えてしまい「これは消えるのだろうか?」と心配されるママは多くいます。そんなママに向けて、産後シミの原因と解決策をお伝えします。

    さっそくチェック!

    ▼産後のシミ取り対策。セルフケア9選

    産後にシミが増えた!原因は女性ホルモンの変化?

    産後のシミは女性ホルモンの変化が影響してシミが増えやすい肌状態になってしまうのが原因とされます。

    産後のシミの原因は妊娠中からできる[メラニン色素の生成]

    妊娠中に活性化する女性ホルモンが影響し、シミの原因となるメラニン色素が生成されるのが産後のシミの原因とされます。産後の育児が中心となる生活によってスキンケアが疎かになる・不慣れな育児で睡眠不足が続く、などが影響してメラニン色素がシミへ変化します。妊娠前の元の状態に戻るまで、個人差はありますが産後から半年くらいかかるとされます。

    通常の100倍以上!?妊娠中に増加する女性ホルモン量

    妊娠中に増加する女性ホルモン量は通常の100倍以上と言われます。増加した女性ホルモンは産後1ヶ月後には急激に減少し、妊娠前の量まで戻るため、ホルモンバランスが乱れやすくなります。なお、ホルモンバランスの乱れは肌状態の悪化だけでな、イライラ・うつ・不眠症など更年期に似た症状にもなり、これらの諸症状に悩まされるママも多くいます。

    エストロゲン・プロゲステロンの変化

    妊娠するとエストロゲン・プロゲステロンの分泌が活性化します。

    ▶ エストロゲン

    肌の老化につながる活性酸素の抑制、肌のハリとツヤを維持を助けてくれますが、エストロゲンの分泌量は産後に減少するため、抑制されてた活性酸素が活発になりシミができやすくなります。

    ▶ プロゲステロン

    プロゲステロンが活発になると体が疲れやすくなりますが、実はお腹の赤ちゃんを守るためにママが体を動かさないようにする役割も担っています。また、お腹の赤ちゃんの健やかな成長のために子宮周りの環境を整えるという働きも持っています。その反面、シミが増えたり濃くさせてしまうことがあります。

    肌のバリア機能が低下

    産後、エストロゲンの分泌が減少する影響で肌のバリア機能が低下し、紫外線など外部からのダメージを受けやすい肌状態になります。その状態で外部ダメージを受けて炎症を起こすことでメラニン色素が沈着してシミになります。

    ストレスもシミの原因

    産後のストレスも肌のダメージに影響します。肌のターンオーバーを遅らせシミができやすい肌状態になります。

    シミは体中に発症

    産後のシミは顔以外にバストトップ・脇・外陰部・お腹など体中に発症することもあります。

    産後のシミは消える?消えない?このまま付き合っていくしかない?

    産後の肌ってこんなに変わるものなんですね。
    妊娠中、つわりもひどかったので、自分の肌のケアまで行きとどかなくて、結構放置していました。
    出産後、少し育児も落ち着いてきて久々に友人と会う時があったので鏡を見たら、妊娠前になかったシミがいくつも出来ていました。
    こんなにあったっけ?まさか・・・と言うのがあってショックでした。
    妊娠中はシミが出来やすいと聞いていましたがまさかこんなに?という気持ちでいっぱいです。
    何かいい方法はないか調べて行っても効果は出ず・・。
    このままシミと付き合っていくしかないでしょうか?
    鏡を見るたび憂鬱になります。。

    出典:鏡でみたらびっくりしました|教えて!goo

    産後のシミは消えるのか?心配するママは多いですが、産後のシミの大半は一時的なもの。ホルモンバランスが元に戻ると徐々にシミは薄くなります。年齢によってシミが若い頃よりも目立つのは仕方ないですが、もし心配であれば皮膚の専門医に診てもらいましょう。

    『消えるシミ』と『消えないシミ』の違い

    消えるシミ・消えないシミの違いはホルモンバランスの変化が原因でできたシミかどうか?で異なります。ホルモンバランスの変化によってできたシミは消えるシミです。一方、ホルモンバランスの変化によって肌ダメージを受けやすい肌状態のまま、紫外線など外的刺激が原因で出来たシミは消えないシミです。

    特に妊娠中はメラニン色素が生成されやすい肌状態。外部ダメージによってメラニンが層のような状態になると、ターンオーバーの周期が正常でも消えにくくなくなります。

    産後のシミは2種類。原因と対策

    産後のシミは以下の2種類があります。

    1.妊娠性肝斑(かんぱん)

    妊娠性肝斑は妊娠して女性ホルモン(プロゲステロン)が急激に変化することによって肌のメラニンの生成を活性化させてできるシミ。紫外線など外部刺激を受けなくてもシミができます。

    妊婦さん全体のおよそ7割の方が経験しますが、症状は個人差により異なるため気付きにくいことも。なお、肝斑は顔以外の体のシミも濃くなる傾向があります。

    [肝斑の特徴]

    • シミの輪郭がぼんやりしている(くすみと勘違いしやすい)
    • 左右対称に広い範囲にできる
    • 口周り・こめかみ・頬骨沿いなどにできる
    • シミの濃さが季節によって変化する

    [原因]

    妊娠する・ピルの服用がきっかけで症状が出る・閉経すると治る、などから女性ホルモンが影響で起きると考えられてます。

    紫外線や日焼けが直接的な原因とはなりませんが、紫外線は消えないシミができる原因の一つ。肝斑をさらに濃くさせてしまいますので、紫外線・日焼け対策は忘れず行いましょう。

    [対策]

    肝斑対策は体の内部から働きかけるインナーケアが効果的。体の内部から色素沈着を抑制してくれる作用があるトラネキサム酸という成分を配合した内服薬を活用するとインナーケアを行うことができますので肝斑対策に効果的です。

    なお、産後2~3ヶ月でホルモンバランスが安定して徐々に肝斑が薄くなり出すため、しばらく様子を見て「なかなかシミが薄くならない」と感じてから服用してください。

    なお、インナーケアについて詳しくは後述する「シミ消しにおすすめのインナーケア」もご参照ください。

    [注意]

    肝斑はレーザー治療をすると悪化する恐れがあります。また、肌を強く刺激するような誤ったマッサージや洗顔も肝斑を悪化させる原因になりますのでご注意ください。

    2.老人性色素斑

    一般的にできるシミのこと。特徴も肝斑とは異なります。

    [特徴]

    • シミの輪郭がはっきりしている
    • 薄茶色で円形
    • 左右非対称で集中してできる
    • 左右同じ部分に集中してできる(まれに起きる症状です)
    • 季節によってシミの濃さは変化しない

    妊娠性肝斑と違いシミの輪郭がはっきりしていたり、スキンケアをせずに放置するとシミが大きく・濃くなる傾向があります。

    [原因]

    老人性色素斑のほとんどの原因は紫外線ダメージによるもの。長期間、紫外線対策を怠るとシミができやすい肌状態になります。

    [対策1:ビタミンC誘導体]

    放置するとシミは大きく・濃く悪化するので悪化を防ぐスキンケア対策を行いましょう。

    シミ対策に有効な化粧水や美容液に配合されているビタミンC誘導体がシミの元となるメラニン生成を抑制するとともに、肌のターンオーバーを整えてくれることで透明な肌を取り戻してくれます。普段使いでも十分に美白効果を期待できますが、コットンにたっぷり含ませ、気になるシミの部分に集中ケアするとより効果的。

    なお、おすすめのビタミンC誘導体はパルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)と表示されている化粧品。刺激が少ないので産後の隠れ敏感肌の妊婦さんも安心して使用できます。

    [対策2:洗顔]

    洗顔はよく泡立てる、低刺激の洗顔料で洗顔をしましょう。間違った洗顔方法はシミの悪化を招きます。

    [対策3:美容皮膚科・美容クリニック]

    シミの状態によりますが、普段の肌ケアだけでは完全に消すことが難しい場合、美容皮膚科や美容クリニックでレーザー治療・ハイドロキノンクリームなど、専門医のもとでシミを根底から対策することが出来ます。どうしてもの場合は、費用や期間も考慮した上で専門医に相談してください。

    産後のシミ取り対策。セルフケア9選

    1.日焼け対策

    紫外線はシミの原因の一つ。特に産後、外部ダメージを受けやすい肌状態なら日焼け止めクリーム・日傘・帽子での日焼け対策は必須です。紫外線は夏の季節だけでなく年中降り注いでますので日々の習慣として日焼け対策を心掛けましょう。

    2.食事・サプリでビタミンC・Aを摂取

    ビタミンCはメラニンの沈着の抑制、ビタミンAは新陳代謝を促すなど、シミ対策として有効です。普段の食事で補いきれない分はサプリを活用してビタミンC・ビタミンAが不足しないよう心掛けてください。

    3.シミ消しにおすすめのインナーケア

    シミを消すときにおすすめのインナーケアは美白医薬品の「ホワイピュア」。

    1. 美白医薬品
    2. TV・人気雑誌・メディアへの掲載
    3. メラニン色素の排出

    など、透明感のある素肌へと整えます。

    ▶ シミ対策インナーケア【ホワイピュア】しみ・そばかすに効く医薬品)

     

    4.産後のシミにおすすめの化粧品

    産後のシミ取り対策におすすめの化粧品ならサエルがおすすめ。サエルは敏感肌専門ブランド「ディセンシア」の美白化粧品。産後の敏感肌にも安心な成分構成なので肌への負担も少ないのが特徴です。

    1. 肌のバリア機能強化
    2. 保湿
    3. 美白

    3つの効果で美白を実感することができます。美白美容液が加わったトライアルセットが人気です。

    ▶  敏感肌向け美肌化粧品【サエル】

    5.産後のシミとりにレーザー可能?いつからできる?

    産後のシミとりにレーザーはいつからできるか?が専門医によって異なります。少なくとも産後すぐは体が十分に回復してないので難しいと判断されるでしょう。また、レーザー治療後は「紫外線を浴びてはいけない」などの条件あります。いつからできるか?どんな条件か?気になる方は皮膚科医に相談ましょう。

    6.産後のホルモンバランス調整

    産後のホルモンバランスの乱れを調整することでダメージを受けやすい肌状態を元気な肌に戻すことができます。個人差がありますが産後のホルモンバランスの乱れが整うまでの期間は一般的には1年~2年ほど。ですが、以下の栄養素を摂取することで女性ホルモンを分泌させてホルモンバランスを調整することができます。

    ▼大豆イソフラボン
    豆・味噌・大豆類、など

    ▼ビタミンB6
    まぐろ・かつお・大豆・バナナ、など

    ▼ビタミンE
    うなぎ・いくら・かぼちゃ・ナッツ、など

    これらの栄養素をバランス良く摂取することでホルモンバランスを調整することができます。

    他にも運動やストレスの緩和もホルモンバランス調整の助けになります。ウォーキングを15分程度でも十分に効果的ですし、運動はストレスの緩和にも繋がります。無理のない程度でチャレンジしてみてください。

    7.母乳をあげる(授乳)

    赤ちゃんに母乳をあげる(授乳)こともシミ取り対策に有効です。産後、母乳をあげると女性ホルモンに影響してシミが薄くなると言われています。ただし、母乳を作るためには多くのビタミンCが必要になるので、母乳を上げることでビタミンC不足になりがちに。ビタミンC不足は紫外線のダメージを受けやすくなるため、あわせて日焼け対策も行わないと消えないシミを生みだす原因にもなりかねないので注意してください。

    8.消せないなら「目立たなくさせる」

    日々の家事・育児が忙しくシミ取り対策・スキンケアが不十分になり、すぐにシミを消すのが難しくなることも。その場合、ゆっくりとシミを目立たなくさせる様にしましょう。シミを目立たなくさせるために大切なことは「化粧を落とす」「保湿する」「日焼け対策」の3つを丁寧に行うことで肌のターンオーバーを正常に戻すことです。シミはすぐに消えてくれませんが徐々にターンオーバーが正常に戻り、シミは目立たなくなってきます。

    9.どうしても判断ができないときは皮膚科へ

    どうしても自分で判断ができないときは皮膚科へ相談してみましょう。専門医の下、シミを薄くする・消すことが可能なレーザー治療を施すこともできます。

    特に30、40代に入るとシミができやすくなる

    産後の肌状態にもよりますが、紫外線・肌のメラニン生成量・古い角質などの影響で新しくできるシミもあれば濃くなってシミが目立つようになるなど、特に30、40代にシミができやすくなる傾向があります。

    体の「内」と「外」から小まめな対策を

    産後に増えたシミをすぐに消したい!というお気持ちは大変理解できます。日々の肌ケアを丁寧に行い肌のターンオーバーが正常化を目指しながら、化粧品やインナー対策によるスキンケアを続け、妊娠前の透明感のある肌を戻しましょう。

    こちらも読まれてます。

    関連記事:産後のシミ対策に人気・おすすめの化粧品7選【2018年版】

     

    ライター紹介 ライター一覧

    IKURICH編集部

    IKURICH編集部

    IKURICH編集部です。育児ママの毎日がちょっとでも豊かになるような情報を発信していきます。よろしくお願いいたします。