1. TOP
  2. 妊活
  3. 生活
  4. 妊活でカフェインの摂取は支障あり?女性も男性も影響する?

妊活でカフェインの摂取は支障あり?女性も男性も影響する?

 2017/06/15 生活
 
    妊活 カフェイン

    普段からカフェイン飲料を愛飲している方であれば妊活中のカフェイン摂取の影響について気になることも多いことでしょう。

    そんな妊活中の方に向けて

    • 妊活中のカフェイン摂取の影響

    についてお伝えします。

    \ 妊活のための体づくりを! /

    【PR】不妊・妊活でおすすめのピニトールサプリメント厳選3選

     

    妊活中のカフェインの摂取は危険?具体的な悪影響は?

    カフェイン

    不妊症のリスクが高まる

    妊娠中のカフェインの摂取は控えるべき、ということはよく知られてますが、妊活中も同様に過剰なカフェインの摂取は控えるべきと考えられています。

    カフェインの量摂取は妊娠の確率に影響します。特にカフェインによる不妊症の影響が懸念されます。

    また、これは女性に限ったことではなく男性にも当てはまります。

    男女共に生殖能力に悪影響を及ぼすため、不妊症で悩んでいるという人は特にカフェインの摂取は控えてください。

    水分不足・栄養不足

    カフェインには利尿作用あります。そのため、カフェインの過剰摂取は体外に過剰に水分を排出させてしまうので体に必要な栄養分やミネラルが不足してしまう可能性があります。

    冷えによる妊娠率や着床率の低下

    カフェインには体を冷やす働きがあります。

    不妊症に悩む人の中には「冷え性」に悩んでいる方も少なくありませんが、冷え性は手先や足先の冷えだけではなく内臓の冷えにも影響します。

    子宮が冷えてしまうと妊娠率や着床率の低下にも影響します。

    • 着床率をアップさせるために

    なお、妊娠するための体づくりとして着床率をアップさせる方法については「着床を助けるサプリとは?妊活に欠かせない成分と選び方のポイント」をぜひご参考になさってください。

     

    生理前・生理中のカフェインには注意

    生理 カフェイン

    カフェインには血管を収縮させる作用・神経を刺激して覚醒させる作用があり、特にカフェインの過剰摂取は女性ホルモンのバランスを崩してしまう原因にもなります。

    そのため、生理前のイライラ・生理痛などで悩む女性・体の冷え、などの症状を抱える女性はカフェインの過剰摂取は控えてください。

    『生理前にどうしてもコーヒーが飲みたい』という人は代わりにカフェインレス飲料に切り替えると良いでしょう。

    摂取時の目安量

    カフェイン 摂取

    完全に控えなきゃいけないわけじゃない

    妊活中のカフェインは完全に控えなければいけないという訳ではありません。

    例えば、コーヒーなら一日あたりコップ1~2杯程度であれば問題ないと言えます。

    コーヒー以外に注意すべきカフェイン飲料

    カフェインはコーヒー以外にも紅茶・緑茶など、身近なさまざまな飲み物にも含まれています。

    また、同じ摂取量で比べるとコーヒーより紅茶や玉露のほうがカフェイン含有量が多いほどです。

    そのため、妊活中のカフェインの摂取量を適切に保つためも、普段からよく飲む可能性がある各飲料のカフェイン含有量を知っておく必要があります。

    どの組み合わせで一日に何杯まで飲んでもいいかという見当をつけておくといいでしょう。

    [カフェイン飲料例]
    名称含有量(100gあたり)
    レギュラーコーヒー浸出液(※1)約60mg
    玉露(※2)約160mg
    紅茶(※3)約30mg

    (※1)コーヒー豆の粉末10gを熱湯150mlで浸出。 (※2)茶葉10gに60℃の湯60mlを加え2.5分浸出。 (※3)茶葉5gに熱湯360mlを加え1.5~4分浸出。

    カフェインの代わりに妊活でおすすめの飲み物

    普段からコーヒーが好きで愛飲されている方でも満足できるような、カフェインの代わりとなる妊活中の飲料ならノンカフェインのたんぽぽコーヒー・デカフェ・ハーブティー、などがあります。

    • 妊活用たんぽぽコーヒー

    特にたんぽぽコーヒーは通販やドラッグストアなどでも販売され、簡単に手に入るのでこの時期におすすめです。詳しくは「たんぽぽコーヒーのおすすめ5選。悩み別(妊活・母乳)の人気一覧」をご参考になさってください。

    • 妊活用ハーブティー

    ハーブティーはさまざまな種類があるため飽きることなく飲み続けることができます。

    また、ハーブティーは香りも豊かなのでリラックス効果も期待できます。

    \ 妊活専用ハーブティー /

    AMOMA 妊活 ハーブティー

    ▶ AMOMAのハーブティー『妊活ブレンド』

     

    妊活で男性がカフェインを摂取する際の影響

    妊活 男性 カフェイン

    妊活中は男性もコーヒーを控える

    実は女性だけでなく、パートナーである男性も妊活中にカフェインを大量摂取すると不妊や流産への影響が分かっています。

    また、今回の調査から分かったことのひとつに、女性が流産するリスクは妊娠後のコーヒーの摂取によってさらに高くなる一方(これは、予想されていた結果だ)、パートナーがコーヒーを飲んだ場合でも、女性の場合ほどではないものの、可能性自体は高まるということだ。つまり、単純に妊婦がコーヒーを飲むということにとどまらない、何か複雑な作用が働く可能性があるということだ。

    出典:男性のコーヒー摂取、流産の一因か 米調査結果 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

     

    カフェインの摂取量は男女共に1日あたり300mg以下が目安。コーヒーに換算するとコップ1杯程度です。

    妊活中、または不妊治療を希望しているカップルは摂取量に気を付けてください。

    妊活の男性におすすめの飲み物

    妊活中の男性にはルイボスティーがおすすめ。

    ルイボスには男性の精子の老化を遅らせる働きがあるといわれるリフェノール、マグネシウム、亜鉛などがふくまれています。もちろんノンカフェインなので安心して飲めます。

    ルイボスティーは男性はもちろん、女性の不妊・妊活対策としても注目されているため、パートナーと一緒に妊活中の飲み物として活用してみてください。

    • 妊活用ルイボスティー

    なお、妊活中におすすめのルイボスティーについて詳しくは「妊活・不妊にルイボスティーがおすすめ!生理周期や卵子へ働きかける」をご参考になさってください。

     

    妊娠中におけるカフェインの影響は?

    妊娠中 カフェイン

    妊娠初期からカフェインの影響に注意

    妊娠中のカフェインの大量摂取はママの体を通じてお腹の中の赤ちゃんにも影響します。

    お腹の赤ちゃんは内蔵器官が未熟なためにカフェインを分解することができないため、なおさらに影響を受けてしまいます。

    妊娠中に1日あたり4杯以上のコーヒーを常飲していると出産後の乳児に突然死症候群の危険性が出てくるという報告があるほどですので、やはり妊活中・妊娠中はカフェインの摂取により慎重になる必要があります。

    まとめ

    カフェインはコーヒーだけではなく、身近なさまざまな飲料に含まれています。

    妊活中は妊娠するための体づくりに影響が出ない心がけが欠かせません。そのため、妊活期にカフェインを摂取する場合は誤ってカフェインの過剰摂取にならないよう注意していただき、「どうしても不安」という場合は妊活中はカフェインの摂取を一旦ストップしてみてくださいね。

    こちらもチェック!葉酸で妊娠するための体づくりを

    なお、妊活中における妊娠するための体づくり・より着床しやすい体づくりで大切なのが葉酸の摂取。

    葉酸は妊娠前~妊娠初期の間に摂取すべき大切な栄養素。普段の食事に加え、葉酸サプリでの摂取(400/日)が厚生労働省からも推奨されています。

    妊活中、より着床しやすい体づくりをして妊娠の確率を少しでも上げるためにも、必要な葉酸量を摂取していてください。

    なお、妊活中におすすめの葉酸サプリについては「妊活向け葉酸サプリのおすすめ3選。妊活サプリの選び方から解説」で詳しくお伝えしていますので、ぜひご参考になさってください。

     

    ライター紹介 ライター一覧

    IKURICH編集部

    IKURICH編集部

    IKURICH編集部です。育児ママの毎日がちょっとでも豊かになるような情報を発信していきます。よろしくお願いいたします。