1. TOP
  2. 妊活
  3. 妊活でマカが持つ影響とは?おすすめマカの選び方・必要量を総まとめ

妊活でマカが持つ影響とは?おすすめマカの選び方・必要量を総まとめ

 2017/08/08妊活
 
    妊活 カップル

    妊活期の体づくりの一環として、栄養豊富な『マカ』から妊娠するための体づくりを行う方も多くいます。

    そこでこの記事では、

    • 妊活期におけるマカの働き
    • 妊活期におけるおすすめのマカサプリメント

    についてお伝えします。

    妊活にはマカがおすすめ

    妊活 夫婦

    マカとは?

    マカ(Maca)とはペルーのフニンなどの南アメリカの標高4000メートルから5000メートルほどの山岳で栽培されているアブラナ科の植物。

    日本で最も高い富士山の標高は3776メートルなので、マカの栽培されている地域は日本よりもはるかに高く、空気の薄い地域といえます。

    本来植物の育ちにくい環境でも強く育つマカは、土から栄養を豊富に吸収し、根茎部分が大きく膨らんだカブのような形をしています。

    • 栄養の缶詰と呼ばれる

    「幻の秘草」と呼ばれるほど重宝されており、別名「栄養の缶詰」とも呼ばれるほど様々な薬効を持ち、その栄養素の高さからNASAでは宇宙食として採用しているほど。

    • 妊活における体づくりをサポート

    マカは天然のバイアグラとも呼ばれ、男性の精力増強剤としてのイメージが強いかもしれません。ですが、近年では妊活における体づくりを助けるものとして注目を集め、愛用者を増やしています。

    ペルーでは乾燥させたマカを肉や野菜と一緒に煮て食べる方法がオーソドックスですが、対して日本ではサプリメントとして服用するのが一般的です。

    妊活でマカが人気の理由|期待できる6つの効果

    妊活 マカ 女性

    1.血流やホルモンバランスを改善

    マカにはスーパーアミノ酸と呼ばれるアルギニンが豊富に含まれています。

    アルギニンには成長ホルモンを分泌し、血流を改善する効果がありますが、人間の体内で生成されるアルギニン量には限りがあります。そのため、より良い血流の改善のためにも食品などからマカを服用することがおすすめ。

    血流の改善は子宮内膜において着床しやすい体づくりにも影響します。

    2.冷え症を改善

    マカには新陳代謝を促す細胞賦活作用や、月経などによって乱れがちな自律神経のバランスを整える女性ホルモン(エストロゲン)働きをもつだけでなく、抗酸化作用で血管を若く保つことで血液の循環アップさせるので冷え性の緩和改善に役立ちます。

    3.便秘の解消

    便秘解消は妊活に必要不可欠ですが、マカは食物繊維が豊富なので便秘解消にも役立ちます。

    便秘の状態が続くと体内に毒素が貯まり、血行が悪くなる原因となります。また、腎臓の活力も弱めてしまうので妊娠に必要なパワーが弱まってしまう原因にもなります。

    4.美肌効果

    マカにはコラーゲンを構成し、弱った肌のコラーゲンの修復までするプロリンと呼ばれるアミノ酸も含まれています。

    肌が荒れがちの妊活期における美肌対策に欠かせない大切な栄養素の1つです。

    5.妊娠しやすい体づくり

    マカに含まれているグルコシノレートには、月経サイクルを正し、性ホルモンの分泌を促す作用があります。

    グルコシノレートの働きによりにより妊娠しやすい体がつくられます。

    6.妊活中は男性もマカがおすすめ(旦那さんと一緒に)

    不妊は男性側に原因があることも多いため、妻または夫のどちらか一方のみが頑張って妊活するのではなく、二人で協力する必要があります。

    マカの栄養は男性の精子が増える働きをもつため、妊活中はパートナー同士でマカの摂取をすることで妊娠の確率が高まりますのでおすすめです。

    妊活でおすすめのマカの選び方

    国産マカ

    ペルーでは2003年から生のマカを国外に輸出することを禁じています。そのため、日本で市販されているマカはペルーで粉末にしたマカを輸入したものです。

    一方、上述した血流を改善させるアルギニン・美肌効果のあるプロリン・妊娠しやすい体をつくるグルコシノレートはペルー産のマカよりも国産マカの方が豊富に含まれています。

    そのため、マカを選ぶ際は国産マカを使用したサプリメントを選ぶのがおすすめです。

    オーガニックなマカ

    ペルー産のマカを使用したサプリメントにはオーガニック以外のものもあります。

    一方、国産のマカは通常有機農法で作られているので、ほとんどがオーガニックなもの。有機JASマークを目印に国産のマカを使用したサプリメントを選んでください。

    妊活で必要なマカの必要量を満たすことができる

    妊活期におけるマカの必要量は厳密には定められていませんが、マカの摂取目安量は1,000~3,000mgほど。販売先のメーカーから摂取時の目安が設けられているため、記載の量を守って摂取してください。

    妊活マカ(妊活サプリ)のおすすめランキング

    妊活向け葉酸サプリのおすすめ3選。妊活サプリの選び方から解説」の記事でもお伝えしていますが、マカを配合した専用の妊活サプリメントなら以下がおすすめです。

    マカナ(makana)|「マカ」を中心とした妊活サプリ

    購入はこちら

     

    [サプリの持つ特徴]

    妊活専門の管理栄養士が開発。不妊クリニックの産婦人医も推奨するオールインワン妊活サプリ「makana」。

    妊活の王様と呼ばれるマカを配合し(日本産100%)、厚生労働省が推奨している1日400μgの合成葉酸に加え、8.7mgの鉄分、84.5mgのカルシウム、妊活で欠かせないビタミンEをはじめ、葉酸との相性が良いビタミンB12、ビタミンB6、などを配合。

    [ポイント]
    • 合成葉酸
    • マカを配合
    • 飲みやすい(1日4粒でOK・1粒9mmと小さい)
    • GMP認定工場にて製造
    • 放射能検査実施済み
    • たまごクラブなど人気雑誌に掲載
    • 夫婦プラン有り
    [価格]

    ¥ 3,980 ※定期便申し込み価格

    \ 不妊クリニックの産婦人科医も推奨 /

    → マカナ(makana)公式サイト

     

    ママナチュレ|ピニトール・葉酸・マカの効果を配合

    購入はこちら

     

    [サプリの持つ特徴]

    ママナチュレは多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)に効果的な「ピニトール:300mg」をはじめ、妊活の王様とも呼ばれる「マカ(冷え性改善・ホルモンバランス整える、など):300mg」「葉酸(着床しやすい環境づくり):400μg」の3つの妊活サポート成分をたっぷり配合したサプリメント。

    その他の有効成分として乳酸菌(腸内環境を改善して摂取した栄養を効率よく吸収します。)、シールド乳酸菌(シールド乳酸菌 )、ビタミン・ミネラル(胎児の健やかな成長に必須。普段の食生活っで不足しやすい栄養素。)、鉄分(赤ちゃんに栄養を送る血液を増やしてくれる栄養素。貧血によるめまいや立ちくらみなどの症状の改善にも働きます。)、ルイボス(女性ホルモンの分泌を促す作用があり、妊娠準備・体づくりにおいて大切な子宮内環境を整えます。)、大豆イソフラボン(美容や生理不順など女性の悩みを改善してくれる栄養素。妊活中に不足しやすい成分でもある。)、ざくろエキス(女性ホルモンの分泌を促すだけでなく、ポリフェノール・ミネラル・ビタミンなど女性に嬉しい成分も含む。

    [ポイント]
    • 合成葉酸
    • マカを配合
    • 飲みやすい(1日4粒でOK・1粒9mmと小さい)
    • GMP認定工場にて製造
    • 放射能検査実施済み
    • たまごクラブなど人気雑誌に掲載
    • 180日間の返金保証
    [価格]

    ¥ 3,980 ※定期便申し込み価格

    \ 先着300名限定、初回3,980円OFFキャンペーン中! /

    → 『ママナチュレ』詳細はこちら

     

    妊活でマカの効果をより実感するための摂取方法

    3ヶ月は継続

    マカを使用したサプリメントに限らず、ほとんどのサプリメントは1日、2日で効果を実感するものではありません。少なくとも3ヶ月の継続を目安に摂取してください。

    他のサプリと併用しても大丈夫?

    マカは他のサプリと併用しても特に問題ありませが、アレルギーなどの持病がある方は摂取するサプリメントとマカの併用により思わぬ副作用を招くこともあります。そのため、心配な方はあらかじめ医師に相談してください。

    薬と併用しても大丈夫?

    マカは天然の栄養素なので、副作用の心配は特にありません。風邪薬など一般の市販薬と併用しても大丈夫とされています。もっとも、アミノ酸などの栄養素が豊富に含まれているため、別途アミノ酸を含んだ薬剤と併用すると、栄養の過剰服用になることがあります。たとえばパーキンソン病の方等に処方されるモノアミン酸化酵素阻害薬と併用すると副作用を発症する危険性があります。

    過剰摂取や副作用に注意

    マカ自体は植物の一種で薬とは異なるため、妊活期の服用量の制限や副作用はほとんどありません。

    ですが、キャベツやブロッコリーなどアブラナ科の食物に食物アレルギーを持っている場合、マカを服用することでアレルギー反応があらわれることがあります

    また、上述したように1日の目安は1500~3000mgほど。商品によってマカの量や含まれている成分が異なりますので、商品パッケージに掲載されている目安量に従い、過剰摂取にならないようご注意ください。

    まとめ

    妊活中は妊娠しやすくなるための体づくりが第一。体づくりにはマカだけでなく、適度な運動・冷え改善・葉酸の摂取、など多くありますが、その中で「自分で今できること」から一つずつ取り組んでいきましょう。

    できることの1つが今回お伝えしたマカの摂取であれば、ぜひご参考の上、妊活期に取り入れてみてくださいね。

     

    ライター紹介 ライター一覧

    IKURICH編集部

    IKURICH編集部

    IKURICH編集部です。育児ママの毎日がちょっとでも豊かになるような情報を発信していきます。よろしくお願いいたします。