1. TOP
  2. 妊活でストレスが溜まる…知っておきたいストレス解消法を大特集!

妊活でストレスが溜まる…知っておきたいストレス解消法を大特集!

 2017/08/08 妊活
 

妊活をはじめようと考え始めたとき、几帳面な方であればこんなことしたら妊活に影響があるのではないだろうか、と真剣に考えてしまいがちです。普段の生活の中では、妊活のほかにもやらなければいけないことはたくさんあります。そのため、無意識のうちにストレスが溜まってしまうことがあります。なるべくストレスなく妊活をするためには、どのような点に気をつければよいのでしょうか。

こんな人は注意!ストレス対策をすべき人物像

妊活中は、できるだけ普段の生活でストレスを遠ざけるように気をつけたいものです。どのようなタイプの方が、ストレス対策が必要な可能性があるのかみていきましょう。

ストレスの溜まりがちな生活をしている

ストレスが溜まっていると、女性ホルモンのバランスが乱れてしまいがちです。その結果、妊娠しにくい傾向があるといわれています。妊活したい方にとって大切なのは、まずストレスを自覚し、溜め込まないことです。心を元気にすることで、妊娠しやすい体になるということを意識しておきましょう。ストレスをケアすることは、妊活には欠かせません。

自分の話を聞いてくれる人がいない

誰かに話をすることで、気持ちがすっきりしたことはありませんか。もちろん、相手をしっかり選ばなければなりませんが、親しい友人、親、姉妹、自分の心の内を受け止めてくれる信頼できる話相手を見つけることで、ストレスを発散できる可能性があります。

眠れないことがよくある

ストレス解消法のひとつに、質の高い睡眠があげられます。妊活中の方は今まで以上によい眠りにこだわることを意識してみましょう。質の高い睡眠がとれていると心の安定につながりますし、リラックス効果も期待できます。寝室の温度や環境にもこだわってみてはいかがでしょうか。

生理周期が安定しない

ストレスを感じる生活をしていると、生理周期が安定しない原因になることがあります。生理周期を知ることで、排卵予定日の予想を立てやすくなります。生理不順になりがちな方は排卵日が予測できないために、妊娠できるタイミングが分かりにくくなる可能性があります。常にリラックスした生活を心がけて、生理周期を整えましょう。

生理前や生理中に気持ちが落ち着かない

生理前は、妊娠を願ってなんとなく気持ちが落ち着かないこともあるでしょう。しかし、いざ生理が来てしまったらがっかりした気持ちになり落ち込む、そんなときには、気持ちを一旦リセットしましょう。おすすめは、生理中に妊娠中ではできないことを楽しむことです。お酒が好きな方はお酒を楽しむ、などの工夫をしてストレスを溜めないようにしましょう。

妊娠のことに執着し過ぎている

妊活に真剣に取り組めば取り組むほど、妊娠できないと気持ちが落ち込んでしまうことがあります。ちょっと考えすぎているかなと思ったら、別の楽しいことを考えたり、悩む時間をつくらないように遊びに行ったりして妊活を少し忘れるくらいの時間を作ることが大切です。

劣等感を抱いている

なぜ私だけ妊娠できないのだろう、とマイナス思考に陥ったり、劣等感を感じてしまったりするときもあるでしょう。そんな思考回路に陥りそうになったら、同じような悩みを抱えている方の話を聞くことで、自分だけではないんだ、自分のペースでいいんだと前向きに気持ちをリセットするように心がけてみてはいかがでしょうか。

低温期中の体温が激しく上下する

生理周期は28日が目安ですが、その周期の中で低温期と高温期の間が排卵期です。妊活中は基礎体温を測っている方も多いですが、低温期中の体温の変化が激しい場合には、排卵日の予想が難しくなり、妊娠できるタイミングの予想が難しくなる可能性が高いです。そのため、まずリラックスした生活を心がけて様子をみてみましょう。

たった3つのポイントで!妊活に役立つストレス解消法

もしかしてストレスが溜まっているかもしれない。既に自覚症状がある方もいるのではないでしょうか。妊活はたった3つのポイントに気をつけることで対策できることがあります。意識して新しい習慣を取り入れてみましょう。

自分を労わるように習慣づける

妊活をしていると、心も体も疲れてしまうことがあります。いつも以上に自分を労わることを習慣にしておくことで、ストレスを溜め込まない強い心と体を維持することができます。生理が来てしまったら、落ち込むのではなく美味しいものを食べに行ったり、友達と遊びに行ったりとリフレッシュする時間を確保して、次の月に備えましょう。

リラックスできる時間を作る

ときには家事や仕事をすべて休んでみることも大切です。一旦自分を普段の生活から解放してあげることで、心身共にリラックスしてみてはいかがでしょうか。自分の好きな公園でしばらくゆっくりしてみたり、好きな映画や本を思いっきり楽しんだり、リラックスできるようなことだけに集中してみましょう。

達成感のある趣味を始める

なかなか妊娠できないと、ときには寂しい気持ちになることがあります。料理を徹底的にこだわって作ってみたり、ベランダや室内で植物を育ててみたり、形に残るような趣味をはじめてみるのはストレスの解消に役に立ちます。達成感を感じることがとても大切です。

ストレスに負けない!効果的な癒しの生活習慣

毎日の生活の中で、癒しの時間をつくることがストレスに負けない心と体をつくります。癒されること、好きなことは人それぞれです。自分に効果のありそうなものから試してみることをおすすめします。

マッサージをする

自宅や職場での空き時間にちょっとしたマッサージで気分転換をしましょう。特に頭のツボ押しはストレス解消に効果が期待できます。両手の指の腹でやさしく頭全体をつかみながら頭頂部にむけて押していきます。また、マッサージに通うとリラックスして気持ちがすっきりするものです。美容院でヘッドスパをするのもおすすめです。

アロマテラピーをする

好きな香りにつつまれると、リラックスした気持ちになるものです。アロマテラピーは心が落ち着きますし、好きな香りのアロマオイルをお風呂に入れると入浴タイムも一味違った雰囲気になります。また、部屋でリラックスするときにもアロマポットでゆっくりと香りを楽しむ心の余裕があるとストレス解消に役立つでしょう。

身だしなみのケアをする

忙しいとつい忘れがちなのは身だしなみのケアです。特に妊活中に仕事をしていて時間に余裕がない方は、おしゃれの優先順位が下がることもあるでしょう。身だしなみを整えることは、女性ホルモンの働きを向上させる効果があるといわれていますので、美容院で新しいヘアスタイルに挑戦してみたり、女性らしい色の服を意識的に着たり、気分転換もかねて工夫してみましょう。

頑張った自分へのご褒美をする

妊活は周りの方が考える以上にストレスを感じるものです。自分なりに頑張ったな、と感じたら遠慮なく自分にご褒美をしましょう。プチ贅沢は疲れた自分を労うきっかけになることがあります。心が満たされると、引き続きがんばろうという気持ちになります。

緑のある所で深呼吸をする

妊活でイライラしてしまうことは、よくあります。そんなときには呼吸が浅くなっていることが多いです。ゆっくりと深呼吸をするように意識してみましょう。できれば、近所に緑が多い公園などに行って体を伸ばして外の空気をいっぱい吸い込むことをおすすめします。自然にふれることでリラックス効果も期待できるでしょう。

動植物に触れる

動物が好きな方は、大好きな犬や猫と遊んでいるだけでも心が癒されませんか。見ているだけで楽しい気持ちになる、という方は好きな動物と触れ合ってみてはいかがでしょうか。花が好きな方は花見を楽しんだり、植物園などに出かけたりすると心が洗われるでしょう。身近な生命に触れることで元気になります。

妊活のストレス対策には食べ物が効果的!

妊活に欠かせないのは心身共に健康な体です。体の内側からストレスを追い出すためには、普段食べているものに注目することが大切といえるでしょう。食べて元気になり、ストレスと無縁な体づくりをしましょう。

気力を取り戻す食べ物

妊活を継続していくためには相当の気力が必要です。ストレスを感じたまま妊活を続けていると、ふいに気力がわかなくなってしまうことがあります。そんなときには、食べ物から元気をもらいましょう。気力を取り戻す食べ物は少し香りや味に刺激のあるものです。シソやセロリ、パクチーなど香りが強い香味野菜は元気の元です。ローズマリー、ミントなどのハーブ類もおすすめです。ローズマリーはお肉との相性もよいですし、ミントはミントティーにして楽しむ方法があります。また、黒酢や梅干し、レモンなど、ちょっとすっぱい感じの調味料や食べ物も目が覚めたように気持ちが引き締まります。普段の料理に少しずつこれらの食べ物を取り入れてみてはいかがでしょう。

心に栄養を与えてくれる食べ物

心が疲れてしまって体は疲れていないけれど、心や気持ちが落ち着かない、という状態になることがあります。気持ちが落ち着かないとなかなか眠れないという悩みに発展することもあり、ストレスをつくる原因になってしまいます。身近な食材で、心を落ち着ける効果が期待できますので、積極的に摂りたい食べ物を紹介します。ヨーグルトや牛乳に含まれるトリプトファンという成分は寝つきがよくなるといわれています。さらに、押し麦やプルーンなどもおすすめです。朝食にヨーグルト、乾燥フルーツが入ったグラノーラに牛乳、これだけで心が落ち着くのであれば試してみる価値がありそうです。また、黒豆などの豆類にふくまれる良質のたんぱく質もおすすめです。

必要な栄養補給も忘れずに

妊活時は、気力や心を元気にするだけでなく、「妊娠するための体づくり」を意識した栄養補給も大切なこと。中でも「葉酸」の栄養補給は子宝を授かるさいの大きなポイントで、厚生労働省も葉酸摂取の推奨をしているほど。気力や心に栄養補給をしつつ、体づくりの栄養として「葉酸」もしっかり補給しておきましょう。なお、葉酸は普段の食事から栄養を摂取するのが難しい栄養素の1つですので、サプリメントを上手に活用するのがおすすめです。詳しくは「妊活で飲みたい葉酸サプリのおすすめ厳選3選[選び方から徹底解説]」の記事でもまとめていますので、あわせてご参考になさってくださいね。

 

厳重注意!止めるべきストレス悪化の悪習慣

ストレス対策はしっかりできている、という方でも、ついやりがちなストレスを悪化させてしまっている習慣はありませんか?このような習慣がある、と心あたりがある方はすぐに見直しましょう。

気が進まない外出をする

妊活中でなくても、付き合いなどでやむを得ず、気の進まない外出の予定を入れてしまうことがあります。このようなイベントは気づかないうちにストレスになっていることがあります。特に妊活中は自分に対してやさしく接してあげることが大切です。この期間はストレスが大敵ですので、なるべく気が進まないことはしない、というポリシーで乗り切るようにしましょう。

夜に思い悩んでしまう

リラックスしているつもりでも、ふと夜に不安や焦りから妊活はいつまで続くのだろうか、本当に妊娠できるのだろうか、と悶々と悩んでしまうことも少なくないでしょう。夜になると時間があるので余計なことを考えがちだ、という自覚がある方は、気を紛らわす方法を見つけておくことが大切です。ストレッチしたり、好きな本を読んだりするような習慣をつくりましょう。

適度なストレス解消を!リフレッシュできる解消方法

気持ちをリフレッシュする方法を知っておくと、気づいたらいつのまにかストレス発散につながっていることがあります。自分なりのリフレッシュ方法を見つけてみませんか。

身体を動かす

妊活中は身体を積極的に動かすことを心がけましょう。仕事をしている方は通勤時に一駅歩いてみると普段見えなかった風景があることに気づきます。運動が苦手でも、ヨガやストレッチなどに挑戦してみてはいかがでしょうか。身体の血行をよくしますし、リラックス効果が期待できます。

スキンシップを大切にする

リフレッシュできるとき、人それぞれに方法は違いますが、普段よりスキンシップを増やすことを心がけましょう。パートナーと暫く手を繋ぐなんてことはなかった、というようなときは、恥ずかしがらずに手を繋いで散歩してみましょう。付き合っていたときのような気持ちがよみがえるきっかけにもなり、新鮮な気持ちになります。

思いっきり泣いてみる

涙を流すことで、ストレス解消になり、心がリセットされる効果があるといわれています。ときには思いっきり泣いてみませんか。泣いたあとは気持ちがすっきりするものです。感動した映画などに、ときにはどっぷり浸かって感情移入する時間を作ってみましょう。

妊活や不妊治療を一旦休んでみる

妊活に煮詰まってしまうことは、よくあります。適度にストレス解消するためには、メリハリも大切です。ときには妊活や不妊治療を忘れてお休みする時間も必要です。妊娠したらできなくなることをやってみるとストレス発散できます。やりたかった激しいスポーツに挑戦してみるのもひとつの方法です。

美味しいものを食べる

食べることがなによりも好き!そのような方は美味しいものを食べることがストレス発散になります。次はどこに食べに行こうと計画している間も楽しいので、妊活中のリフレッシュ方法に取り入れてみましょう。

アロママッサージをしてみる

アロマは心を落ち着ける効果が期待できますので、毎日の生活に気軽に取り入れている方も多いでしょう。ときには、サロンでアロママッサージを受けてみたり、自分でアロマオイルを使ってマッサージしてみたりするとさらにリラックスできます。

ストレス対策のために仕事は辞めるべき?会社を辞めるメリットは?

仕事を続けながら妊活をしている方も多いでしょう。忙しく、時間に余裕がないためストレスを溜め込みがちです。仮に仕事を辞めたときに得られるメリットについて考えてみましょう。

仕事のストレスを無くせる

仕事を辞めると、通勤や仕事から解放されることになります。そのため、忙しかった生活が一転して時間にゆとりがもてます。仕事のストレスもなくなりますので、心身共に落ち着くことにより女性ホルモンのバランスが整いやすくなるでしょう。

生活リズムが整う

仕事で残業が多かった方は、夜遅くに夕食をとることが多かったのではないでしょうか。また、家事と仕事の両立のために睡眠時間を削っている傾向にあります。仕事を辞めることで、早寝早起きの健康的な生活リズムをつくることができます。生理不順も生活リズムが整うことで改善される可能性があります。

不妊治療に集中できる

不妊治療をしながら、仕事を続けている方は、病院に行くことだけでもストレスに感じていることがあります。仕事を辞めると、不妊治療にかける時間を捻出することが容易になるため、落ち着いて不妊治療に集中できます。

自分の時間を作れる

仕事をしていると、平日の朝から夜までの時間は自由に使うことが難しいでしょう。仕事を辞めると、この時間を全て自分のために使うことができます。自炊を始めて栄養に気を遣うこともできますし、自分の時間だけでなく、パートナーに対しても時間を作ることが可能になります。

ストレスや妊活のプレッシャーで辛い… 気持ちを変えるテクニック

妊活を続けていくうちに、成果がすぐに出ないために自分自身にプレッシャーをかけてしまっていませんか。辛い気持ちになることは誰にでも起こりえます。気持ちをポジティブに変えるちょっとしたテクニックを身に着けましょう。

友人や家族と遊びに行く

時には辛く感じることもある妊活、気持ちを変えるための簡単なテクニックは気分転換をすることです。気の合う友達とショッピングに行ったり、親を食事に連れて行ったり、ちょっとした外出をしてみましょう。

妊娠したらできないことを今のうちにやる

妊娠したらつわりが辛くて身体を動かすことも辛くなる可能性があります。今のうちにやりたかったことをまとめてやっておきましょう。家のプチリフォームや、スポーツなどを気分転換にしてみるとよいです。

周りのおめでた報告を気にしない

同じようなタイミングで妊活をスタートした周囲の方が妊娠、嬉しい気持ちもあるけれど、ちょっと複雑な気持ちになることがあります。しかし、妊娠のタイミングは人それぞれです。周りのおめでた報告にプレッシャーを感じる必要はありません。気にしないようにしましょう。

好きなものを食べる

妊娠したら、体重管理も大切なので食べ物に気をつけなければいけないことが多いです。今のうちに、好きなものを思いっきり食べておこう、と妊活中の間に大好きなスイーツを楽しむなどの心の余裕をもつことが大切です。

自分に合ったストレス解消方法を見つけよう!

ちょっと妊活に疲れてしまったと感じたら、自分なりのストレス解消方法を見つけておくと妊活にもメリハリがでます。また頑張ろう!と前向きな気持ちになれるような発散方法を見つけましょう。

 

\ SNSでシェアしよう! /

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

IKURICH編集部

IKURICH編集部

IKURICH編集部です。育児ママの毎日がちょっとでも豊かになるような情報を発信していきます。よろしくお願いいたします。