1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 野菜サプリのおすすめ15選。子供も大人も飲んで野菜不足対策

野菜サプリのおすすめ15選。子供も大人も飲んで野菜不足対策

    野菜サプリ おすすめ

    野菜不足が気になる…

    という方は多く、特に食生活が変わってきた近年においては尚更に悩まれる方が多くなってきています。

    そこでこの記事では、野菜不足を解消するべく野菜サプリを探している女性に向け、

    • 野菜サプリの正しい選び方・飲み方
    • おすすめの野菜サプリ

    についてお伝えします。

    野菜サプリを飲むメリット

    野菜サプリ メリット

    • 便秘解消に効果的な食物繊維や年齢とともに気になってくる肌荒れ
    • 髪のパサつきの改善を期待できるビタミン・ミネラルを補給
    • 生活習慣病予防による健康維持

    など、野菜不足の解消は普段の生活においてメリットでしかありません。

    そこで、不足気味の野菜を野菜サプリによって補っていくのがおすすめです。

    また、野菜サプリは生鮮野菜よりも安くて簡単に摂取できるのもメリットと言えます。

    1日の野菜摂取量である350gの摂取は難しい

    厚生労働省

    出典:厚生労働省

    厚生労働省でも推奨するように、普段の食事だけで1日の野菜摂取量である350gを摂取するのが理想です。

    ですが、実際の生鮮野菜に換算すると相当量が必要になります。

    品目1日の摂取目安量
    緑黄色野菜(ほうれん草、トマト、人参など)120g
    淡色野菜(キャベツ、ナス、キュウリなど)230g

    大人でも毎日の食事にこれだけの量の野菜を取り入れることは難しいもの、子供であれば尚更です。

    そこで、その不足分を野菜サプリで補うことで1日に必要な栄養量を摂取するのがおすすめです。

    参考出典:栄養・食生活|厚生労働省

    参考出典:野菜摂取量 野菜摂取量の平均値は 290g であり,「健康日本21」の目標値である350gに達していない。|厚生労働省

    参考出典:野菜、食べてる?一日に必要な野菜350gを上手に摂りましょう! : タニタ運営[からだカルテ]

    あくまで不足分を補うために活用

    いくら野菜サプリが便利だからといっても食事による栄養補給が第一です。

    あくまでも野菜サプリは普段の食事で不足する分を補う目的として活用してください。

    野菜が高いから

    近年、気候の変動が激しいため、その影響で野菜の価格が高いことがままあります。そのため、日々の野菜の購入がお財布に影響する、という場合一時的にサプリの力を借りることもできます。

    野菜サプリの選び方

    野菜サプリ 選び方

    野菜不足の方は野菜の配合されている種類の多さ

    野菜サプリには以下の2タイプあります。

    • 一種類の野菜が配合されるタイプのサプリメント
    • 複数の野菜が配合されたタイプのサプリメント

    そのため、ご自身が求めている野菜も含めて種類の多さで選ぶのがおすすめです。

    なお、同じ種類が配合されていても厳選して数種類の野菜を配合しているもの・とにかく多くの野菜を配合しているもの、の違いもありますので、自分にとって必要な栄養分が最低限配合されているものを選びましょう。

    野菜の配合率

    野菜の配合率はメーカーによってそれぞれ異なるため、ご自身が求めている効果を得られやすいかどうかも選ぶポイント。

    例えば、食物繊維が豊富なサツマイモやモロヘイヤが配合されている野菜サプリを選ぶと便秘解消に効果的ですので、便秘を解消したい場合は取り入れるとよいでしょう。免疫力を上げたい方はカロテンが高配合なニンジンなどの緑黄色野菜を選ぶと効果に期待できます。

    また、野菜だけでなく乳酸菌などを配合しているサプリメントもありますので、どのような成分が高配合なのか?を確認しましょう。

    補足

    複数の野菜が配合されたサプリメントは栄養をまんべんなく摂取できますが、一方で野菜の種類が多いほど含まれる栄養素の割合が少なりがちです。そのため、自身のにとって不足している野菜を補えるかどうか?を考慮して選ぶようにしてください。

    特定の効果を期待する方の場合は1種類の野菜

    ご自身が求めている『特定の効果』を期待する場合は、実は複数の野菜が含まれている野菜サプリを選ぶよりも1種類の野菜だけを使用した野菜サプリを選んだほうが効果が期待できます。

    例えば、抗酸化作用・血液サラサラ作用を得たい場合は玉ねぎだけに特化したサプリメントを選ぶのがいい、という具合です。

    得られる野菜の種類は少なくなりますが、特定の栄養摂取量が増えるので、野菜を普段から食事に取り入れていてるけど、更なる健康の底上げをしたい場合におすすめの選び方です。

    サプリ・カプセルなどの形状・飲みやすさ

    サプリの形状は大きく分けるとカプセル、錠剤、顆粒の3つのタイプがあります。

    カプセルタイプはつるつるしているので飲みやすいですが大きくなる傾向があります。一方で、錠剤タイプは1日に飲む粒量が多くなる傾向がありますので、手軽さで選ぶならカプセルタイプがおすすめです。

    内容量

    野菜サプリには内容量に加え、毎日飲んだときの消費日数も記載されていますので確認しておきましょう。

    野菜が不足した日だけ補給したいという人は内容量が大きすぎると使い切れなくなる恐れがあります。逆に毎日飲む、ご家族で飲む場合は大容量の徳用サイズを選ぶとコスパも日持ちも良くなりますよ。

    食品添加物の有無

    サプリメントは野菜粉末を粒にする過程において、粒同士がくっつかないようにするために増粘剤や固定防止剤などの添加物が使われるケースがあります。

    サプリメントに使われる添加物に基本的には毒性はほぼありませんが、もし心配な場合は「無添加のもの」や「添加物の少ないもの」を選びましょう。

    値段・価格

    野菜不足を解消するために野菜サプリを毎日飲むようでしたら、なるべくお財布に負担のかからない低価格の商品を選んだほうが続けやすいのでおすすめ。

    野菜サプリによって満足のいく効果を得るためにも、できるだけ続けた方が良いですからね。継続的な利用を考えている方は手頃な価格から始めることをおすすめします。

    医師はどう考えているのか?

    内閣府消費者委員会が平成24年に実施した「消費者の「健康食品」の利用に関する実態調査(アンケート調査) 」によると、日本に居住する20-79歳までの健康食品の利用男女10,000人から調査した内容では、健康食品を毎日、もしくは時々摂取している割合が6割にも及ん出いることがわかります。

    それだけ愛用者が多い健康食品(サプリメント)ですが医師による見解は良い・悪い、と様々。

    ですが、野菜の栄養価は1950年に比べて大幅に減少しているため(参考:現代の栄養事情 | ネイチャーメイド 公式サイト)、カロリーの摂取量に比べて栄養不足になってしまう状況です。そのため、不足しがちな栄養補給の対策としてサプリメントは有効な手段の1つといえます。

    複数のメーカーから比較検討する

    野菜サプリにはDHCやファンケルを筆頭に、多くのメーカーが展開しています。

    それぞれ、摂取して得られるものがことなるため、用途に合わせて各製品を比較しながらご自身に合わせた野菜サプリを選びましょう。

    特に摂取したい食品例と期待できる効果

    現代人の野菜不足とそれにまつわる体への影響を考えた時に、特に以下を摂取できるとおすすめです。

    クロロフィル

    造血作用があるクロロフィル。ほうれん草や小松菜などの緑色の葉菜に含まれます。貧ける改善・予防に働きかけ、且つ整腸作用もあるため、体のバランス調整に欠かせません。

    カリウム

    人間の体を形作る上で欠かせないミネラル分であるカリウム。ナトリウムとの関係により、正常な血圧維持の働きを促す・細胞を健康に保つ、などがあり、近年では高血圧予防として活躍してくれます。

    ビオチン

    アミノ酸の代謝やコラーゲンを作るために必要なビオチン。健康な髪の毛や皮膚を生成する働きがあるため、特に美容に気を遣う女性は摂取したいところ。忙しい毎日で肌荒れ・肌トラブルに悩む方に特におすすめです。

    スレオニン

    体内で生成できないため、食べ物から摂取する必要がある必須アミノ酸のひとつスレオニン。脂肪肝の予防・新陳代謝を促す・コラーゲンの原料となり、肌の健康に働きかける、など。ビオチン同様肌トラブルで悩む方は特に摂取をした方が良いでしょう。

    【補足】効果が出る・出ないは個人差がある

    もちろん効果のほどは個人差があります。ですが、栄養が不足しがちの現代人にとって、普段の食事から摂取しずらい各栄養を食事以外で補足的な摂取をすることは、健康維持においておすすめです。

    野菜サプリのおすすめの飲み方

    野菜サプリ 飲み方

    基本は食後に飲む

    サプリメントは食品に分類されるので医薬品のように飲むタイミングは決まっていません。

    ですが、吸収効率を考えると食後に飲むのがおすすめ。特に食事で消化器官が活発になっている『食後30分以内』が良いでしょう。

    参考出典:サプリメント | サプリメントの飲み方のご紹介|サントリーウエルネスオンライン

    こまめに分けて飲む

    水溶性ビタミン・ミネラルは体内に吸収されなかった分は体外に排出される性質をもっています。

    このように、成分によってそれぞれ体内に吸収できる栄養量は決まっているため、1回でまとめて飲むよりこまめに飲んだほうが吸収効率は良くなります。

    例えば、1日4粒のサプリの場合は朝一、朝食、昼食、夕食の4回に分けて飲むなど。ご自身に合うタイミングで小まめに分けて飲むのがおすすめです。

    水と一緒に飲む

    コーヒーや紅茶など飲み物の中には栄養の吸収を阻害させる成分も入っているため、野菜サプリは水と一緒に飲みましょう。

    またコップ1杯の水と一緒に飲むことで適度に胃を刺激してスムーズに腸へ届けてくれます。

    野菜サプリの人気・おすすめランキング15選

    1.ステラの贅沢青汁(粒タイプ)[無添加]

    ステラの贅沢青汁

    出典:http://www.stella-s.com/

    健康野菜の代表的な青汁を贅沢に使った野菜サプリ。青汁の主成分の代名詞でもあるケールをはじめ、厳選されたクロレラ、ボタンボウフウ(長命草)粉末の3種類の原材料を配合しています。

    粒状に固めるための添加物は一切使用せずクロレラの粘りで粉末を固めている無添加さも安心して摂取できるポイント。

    クロレアは17種類のビタミン・18種類のアミノ酸・7種類のミネラル・食物繊維・葉緑素、のすべてを含む貴重な原材料。ケールは緑黄色野菜の王様と呼ばれており、ボタンボウフウは沖縄伝統野菜の中でポリフェノール含有量がもっとも多く含まれる注目の健康野菜。

    それぞれの素材は無農薬栽培で、しかも国内の決められた生産地で作られている安心感も飲む人にやさしいおすすめポイント。

    → 商品の詳細はこちら

     

    2.ファンケル 満点野菜[無添加]

    ファンケル 満点野菜

    出典:http://www.fancl.co.jp/

    健康野菜で人気の大麦若葉をはじめ、タマネギ・タイム・緑茶・ローズマリー・トマトなど18種類の野菜を配合しており、抗酸化作用も期待できる野菜サプリ。

    450粒入り(90日分)の徳用セットもあり、添加物も使用されていないので家族で安心して健康維持したい方におすすめ。150粒入り(30日分)のお試しサイズもあります。

    → 商品の詳細はこちら

     

    3.純モロヘイヤ[無添加]

    純モロヘイヤ

    出典:https://lipusa.co.jp/

    食物繊維や鉄分を摂取できる健康野菜の最高峰「モロヘイヤ」の粉末をカプセルにぎゅっと閉じ込めた野菜サプリ。カプセルタイプなので不必要な増粘剤などの添加物を使用しておらず安心して飲むことができます。

    最新設備による国内の自社工場で作られているので品質も安心。パッケージコストの削減・ネットのみの販売・メディア広告のコスト削減、などにより高品質ながらもコスパが良い点も高いポイント。

    → 商品の詳細はこちら

     

    4.酵素ミドリムシ[無添加]

    酵素ミドリムシ

    出典:https://www.epauler-store.jp

    健康分野だけにとどまらず、食料・環境分野からも大きな注目を集めているミドリムシと酵素をひとつにしたスーパーマルチサプリメント。59種類の栄養素を含むミドリムシを配合し、さらに85種類の植物を使用した野草酵素(植物発酵エキス)を配合しています。

    話題の健康成分「ミドリムシ」には優れた食物繊維「パラミロン」が含まれており、野菜よりも効率よく栄養を摂ることができる特徴を持っています。香料・保存料・着色料は一切使用していないので子供も大人も安心して毎日続けられます。

    → 商品の詳細はこちら

     

    5.元気な青汁 粒タイプ[無添加]

    元気な青汁

    出典:http://www.blueflag.co.jp/pc/top.do

    国産の有機ケール100%使用の青汁を粒に凝縮した野菜サプリです。独自製法によってケール以外の原料や添加物を一切使用していない無添加のサプリなので、安心して栄養を摂取できます。

    有機栽培の証明もあるのでとにかく安心して飲みたい方におすすめです。

    → 商品の詳細はこちら

     

    6.元気セブン[無添加]

    元気セブン

    出典:http://www.blueflag.co.jp/pc/top.do

    亜鉛・鉄分・カルシウム・コエンザイムQ10・ビタミンB群に加え、卵黄コリン・DHA・EPA、など30種類の栄養成分を摂取できるキューピーの元気セブン。普段の食事だけでは不足しがちな栄養素を補うことができるマルチバランスサプリメント。添加物の使用していないので安心して続けられます。

    30種類の栄養素が7種類7粒ずつ小分けにパックされているので面倒くさがりの方にもおすすめです。

    → 商品の詳細はこちら

     

    7.DHC 国産パーフェクト野菜 プレミアム 30日分

    DHC 国産パーフェクト野菜 プレミアム

    出典:https://www.dhc.co.jp/

    ほうれん草・ニンジン・かぼちゃなど、健康維持に不可欠な緑黄色野菜から健康野菜として人気の高い大麦若葉・ケールなど国産の野菜を32種類も配合。腸の調子を整える乳酸菌と酵母も配合し、他のメーカーと比べても野菜の多さはピカイチ。

    たくさんの野菜成分を摂取しながらすっきり健康も目指したい方におすすめの野菜サプリですが、粒状に整える過程で添加物が使用されています。

    → 商品の詳細はこちら

     

    8.ディアナチュラスタイル 20種類の国産野菜

    ディアナチュラスタイル 20種類の国産野菜

    出典:https://www.dear-natura.com

    サツマイモ・かぼちゃ・大麦若葉・ケールなど、20種類の国産野菜を配合。口コミでは便通が良くなったとも評判の野菜サプリ。

    80粒入(20日分)と少量サイズなので1人で野菜不足の解消とすっきりの調子を整えたい方におすすめです。なお、成分を混ぜ合わせるため添加物を使用しています。

    → 商品の詳細はこちら

     

    9.玉葱エキス粒

    玉葱エキス粒

    出典:http://health.orihiro.com/

    血液サラサラ効果やダイエット効果に期待できる玉ねぎの成分をたっぷり配合。ポリフェノールが豊富な外皮部分も配合することで強い抗酸化作用も得られます。

    口コミでは血流の改善効果を実感したという喜びの声が多く、600粒の徳用サイズで続けやすいという声など口コミで評判の野菜サプリ。なお、成分を混ぜ合わせるために添加物を使用しています。

    → 商品の詳細はこちら

     

    10.満足野菜+充実果実 酵素MIX

    満足野菜+充実果実 酵素MIX

    出典:http://japangalssc.jp/

    厳選した栄養価の高い大麦若葉・ケール・ブロッコリーなど14種類の野菜に加え、リンゴ・洋梨・グレープフルーツなど16種類の果実も配合。さらに人気の酵素が139種類も入っているのが特徴です。

    健康・美容・ダイエットにも効果が期待できるので、体のトータルサポートとしておすすめの野菜サプリ。各成分を混ぜ合わせるために使われる添加物が含まれています。

    → 商品の詳細はこちら

     

    11.小林製薬 野菜粒

    野菜粒

    出典:https://www.kobayashi.co.jp/

    製薬会社としては老舗の小林製薬であるこちらの製品は医薬品と同レベルの製造工程で作られているため衛生・安全・品質においては安心の野菜サプリ。

    有用性が期待できる健康野菜として注目のムラサキイモ・赤キャベツ・モロヘイヤに加え、カボチャ・ほうれん草・ニンニク・ショウ・大豆など厳選した野菜を18種類も配合しています。なお、粒の形状を整えるために使われる添加物が含まれます。

    → 商品の詳細はこちら

     

    12.毎日トマト生活

    毎日トマト生活

    出典:http://www.mt-lab.info

    トマトといえばリコピンとカロテンが有名ですが、ダイエット効果が期待できる新成分「13-oxo-ODA」が新たに発見されてこちらもたっぷり配合。

    トマトが嫌いだけどトマトで美しく健康的にダイエットしたい方におすすめの野菜サプリ。なお、形状を整えるためにバターやマーガリンに含まれる添加物が使用されています。

    → 商品の詳細はこちら

     

    13.25品目の野菜&果実粒

    25品目の野菜&果実粒

    出典:http://464981.com/

    普段の食事だけでは不足しがちな25種類の野菜や果実が配合、トマト味で噛んでもおいしい野菜サプリ。

    500円シリーズのサプリということでコスパも良く1ヶ月分をお菓子感覚で手軽に続けられるのが特徴ですが、甘味料、酸味料、酸化防止剤といった添加物が使用されています。

    → 商品の詳細はこちら

     

    14.ブロリコ

    ブロリコ

    出典:http://www.brolico.jp/

    新鮮な国産のブロッコリーのみを配合した野菜サプリ。ブロッコリーをそのまま食べても摂取できない注目の健康成分「ブロリコ」を東京大学と共同出願した特許技術によって抽出しています。

    品質・安全面においては全製造工程を第三者機関によって医薬品と同様の厳しい審査をクリアした証「GMP認定工場」にて製造されていますので、品質の高い天然成分100%の健康成分を摂取できます。

    錠剤をコーティングする目的として添加物を使用しています。

    → 商品の詳細はこちら

     

    15.野菜と酵素

    野菜と酵素

    出典:https://www2.kobayashi.co.jp/

    17種類の野菜と7種類の穀物を発酵成熟させた生きた酵素も摂取できる野菜サプリ。

    発酵させるとグルコン酸などの有用成分も一緒に体に取り入れられるので毎日の健康サポートにおすすめです。

    錠剤をコーティングするために添加物が含まれています。

    → 商品の詳細はこちら

     

    子供におすすめの野菜サプリ3選

    子供 おすすめ 野菜サプリ

    子供の野菜嫌い・野菜不足対策としてサプリを活用

    子供の野菜嫌いに悩んでいる親御さんは多いもの。味付けを工夫しても子供の野菜嫌いは簡単には直らないものですよね?

    ですが、放って置くと栄養が偏って不健康に育ってしまいますので放置できないもの。

    • 子供の健康・発育に欠かせない栄養

    野菜に豊富に含まれるビタミンは体調を整えるだけでなく、体を支えるたんぱく質やカルシウムの吸収を助ける働きも担っています。また、食物繊維は腸内環境を整えて健康維持や食べすぎの予防にも役立ちます。またそれだけでなく、集中力、精神面にも大きく影響します。

    このように野菜から摂取できる栄養素は子供の健康や発育に欠かせません。そのため、子供の将来のためにも野菜不足にならないように野菜サプリで対策してあげてください。

    1.ステラの贅沢青汁(粒タイプ)

    ステラの贅沢青汁

    出典:http://www.stella-s.com/

    「野菜サプリのおすすめ15選」でもお伝えした野菜サプリ。ケールやクロレラなどクセのある原材料を液体で飲めないほど凝縮した栄養価の高い青汁を手軽に摂取できるメリットは大きいです。

    また、無農薬栽培に加えて添加物を一切使用していないので子供にも安心して飲ませてあげられます。

    → 商品の詳細はこちら

     

    2.ノビーノ

    ノビーノ

    出典:https://smilekidsbasic.com/

    子供が嫌いな野菜ランキングで毎年必ず登場するほうれん草・ニンジン・セロリ・ブロッコリー・かぼちゃ・トマト・パセリ・アスパラガスを含む21種類の野菜を配合した子供向けの野菜サプリ。

    お菓子感覚で食べられるミックスフルーツ風味のタブレットタイプですので、野菜嫌いのお子さんも美味しく続けられるのが特徴です。

    合成甘味料のアスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物が含まれていますが、日本の食品衛生調査会において自然食品と同じ成分からできていることから安全な物質であると確認されているので安心して食べさせてあげられますよ。

    → 商品の詳細はこちら

    3.キッズサプリmitete

    キッズサプリmitete

    出典:https://464981.com/

    100組以上の親子の声から生まれた日本予防医学研究所とAFC共同開発の子供のための栄養マルチサプリメントです。

    野菜は国産のかぼちゃ、ニンジン、ほうれん草の3種類に加えて子供の成長・免疫力・勉強をサポートする成分「乳酸菌・DHA・カルシウム・鉄分」をバランスよく配合しています。子供の大好きなパイン味なので野菜嫌いのお子さんも続けやすいのも特徴です。

    甘味料としてキシリトール、スクラロース、アセスルファムKが含まれていますが、特定保健用食品でも使用が許可された添加物ですので悪影響を及ぼす心配はありません。安全性については徹底した品質管理と放射線検査を実施しているのでお子さんにも安心です。

    → 商品の詳細はこちら

    まとめ

    日々の食生活は体調や健康に大きく影響するため、野菜不足が続いている場合は野菜サプリを活用することで健康維持を目指すことができます。

    製法技術の進歩によって大人も子供も安心して飲むことができる野菜サプリや安全性にこだわりを持っているメーカーも増えてきていますので、その中から選んで、日々の栄養補給・野菜不足対策に役立ててくださいね。

     

    ライター紹介 ライター一覧

    IKURICH編集部

    IKURICH編集部

    IKURICH編集部です。育児ママの毎日がちょっとでも豊かになるような情報を発信していきます。よろしくお願いいたします。