1. TOP
  2. つわり中のげっぷを抑えたい!原因とおすすめの対策方法

つわり中のげっぷを抑えたい!原因とおすすめの対策方法

つわりの時期にげっぷに悩まされているといった妊婦さんは多いのではないでしょうか。つわり中は身体もだるいのに、それに加えてげっぷまで出てしまうと、本当に辛いですよね。そこで今回は、つわり中に起こるげっぷの原因と、おすすめの対策方法についてご紹介します。

なぜげっぷは出てしまうの?原因は?

妊娠したということが分かったのとほぼ同時期に、つわりの症状を自覚したという妊婦さんはたくさんいるのではないでしょうか?つわりの時期は、ムカムカする胸やけや胃痛、吐き気などの症状があらわれる人が多いようです。そして、これらの症状に加えて、げっぷに苦しむ妊婦さんも少なくありません。

妊娠すると、女性ホルモンのひとつであるプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が増加します。プロゲステロンは、胃腸の機能を弱める作用を持っています。このことが原因となって消化不良が起こり、おなかの中にガスが発生し、げっぷが起こってしまいます。この時、胃もたれを伴う妊婦さんもいます。

妊娠やつわりとの関係を知りたい!妊娠初期にげっぷが増える原因は?

妊娠やつわりとげっぷの関係性が分からないと、つわり時期にげっぷが続くことで不安を感じてしまいます。妊娠初期にげっぷが増える原因というのは、人によってさまざまです。

まず、つわり特有の症状であるムカつきや吐き気を抑制するために、無意識のうちに唾を飲み込む回数が増えていることが原因として考えられます。人によっては、「よだれづわり」と呼ばれるように、唾液が過剰に分泌されるといった症状があらわれる場合があります。唾を飲み込む回数が増加すると、唾と一緒に空気も飲み込んでしまうため、げっぷが増えてしまいます。

妊娠中に起こるげっぷは、頻度や出方には個人差がありますが、その特有の症状が生じていることから、つわりに該当するものと考えて良いと言えるでしょう。

関連記事:妊娠中におすすめ!お腹の赤ちゃんに安心・安全の葉酸サプリ

 

食べつわりは危険?げっぷを悪化させるって本当?

妊娠中に「食べつわり」になって苦しい思いをしたという妊婦さんも多いのではないでしょうか。「食べつわり」を経験している妊婦さんというのは、空腹になると胸やけや吐き気などといった症状を感じます。

「食べつわり」は、空腹になると不快な症状が続くといったことから、1日あたりに食べる量や食べる回数が増えると言われています。食べ物を口にする回数が増えると、食べ物と一緒に空気を飲み込むことになりますから、げっぷの回数も増えてしまいます。そのため、結果的に食べつわりがげっぷを悪化させているということになっていると考えられます。もし、妊娠中の食べつわりで悩んでいるのなら、食べる回数や量を工夫してみると良いでしょう。

例えば、1度に食べる回数を減らしてみたり、少量を複数回に分けて食べてみたりすると、症状を軽減することができるかも知れません。また、外出時に食べつわりを感じて辛い思いをしないためにも、手軽にささっと食べることができるものを持ち歩くようにしておくこともおすすめです。クラッカーなどは持ち歩きやすくかさばる心配がないので、いつも手元に置いておくと便利です。

さらに、食べつわりの時は、消化に良い食事を心がけると良いでしょう。麺類やお雑炊、豆腐、りんご、バナナ、ヨーグルトなどは消化が良いことに加えて口当たりがよく、食べやすいと言えます。こういったものを積極的に食べて胃腸の調子を整え、げっぷが悪化しないように気を付けましょう。

関連記事:妊娠初期でおすすめの飲み物2選、注意すべき飲み物5選。

 

つわり中のげっぷ対策と予防策!実践しやすいのは?

つわり中に最も簡単にできるげっぷ対策と言えば、「リラックスすること」です。自律神経の乱れがげっぷの原因になっているといったことも考えられますから、ゆったりとした気持ちで、リラックスできるようなことを実践してみると良いでしょう。

例えば、身体の調子が良かったら散歩に出かけてみたり、マタニティヨガなどに参加したりすると気分転換になるのではないでしょうか。また、ハーブティーを飲んでリフレッシュすることもおすすめです。家族の協力が得られるのであれば、簡単なマッサージをしてもらって、筋肉の緊張をほぐしてみても良いでしょう。

これらのことは、誰でも簡単にできるにもかかわらず、自律神経のバランスを整えてくれる可能性があります。妊娠中は、思わぬストレスを溜めてしまうことがないよう、リラックスした状態で過ごすことができるよう心がけておきましょう。

げっぷを悪化させないために!おすすめと注意すべき食べ物

つわり中に口にする食べ物によっては、げっぷを軽減することができます。しかし反対にげっぷが悪化してしまう食べ物もあるので、注意が必要です。おすすめは、おかゆやお雑炊、めん類などといった消化に良い食べ物です。また、ヨーグルトやフルーツなども口当たりが良いため、つわり中であっても食べやすいと感じる人が多いのではないでしょうか。

対して、控えた方が良い食べ物は、脂っこい食事やスパイスが効いた刺激的な食事などです。これらは、胃もたれや胸やけを起こしやすいことが考えられますので、注意すべき食べものに分類されます。他には、妊婦さんの間で「口当たりが良く、飲みやすい」とされる炭酸飲料も、飲み過ぎてしまうとげっぷの原因となってしまいます。炭酸飲料を飲む時には、量にも注意しましょう。

関連記事:お腹の赤ちゃんに優しい、妊娠中におすすめの食べ物12選。

関連記事:いつまで必要?妊娠したら葉酸の摂取がお腹の赤ちゃんに優しい理由

妊娠中のげっぷはいつまで続くものなの?

妊娠初期にはじまったげっぷについて、「いつまで続くんだろう?」といった不安を抱えてしまう妊婦さんは少なくありません。妊娠2~3か月頃につわりのピークを迎えるという妊婦さんはたくさんいますが、「つわりの症状が落ち着く妊娠5か月頃とほぼ同時期に、げっぷもなくなっていた」という人もいます。また、「後期つわりの頃までげっぷは続いていた」というように、長期に渡ってげっぷの症状を感じる人もいます。このように、妊娠中にげっぷが続く期間というのには個人差があります。

まとめ、適切な対策で症状の改善を!げっぷの時期を上手く乗り越えよう

つわりの時期・妊娠中に見られるげっぷの症状には個人差があります。しかし、たくさんの妊婦さんがげっぷの悩みを改善したいと考えています。妊娠中はストレスを抱え込まないよう、自分に合った方法でリフレッシュを行うことが大切です。

身体の調子が良ければストレッチをしたり、お散歩をしたりすると気分転換にもなります。妊娠中にこういった方法を取り入れると、自律神経のバランスを整えてくれることに役立ちます。また、妊娠中に口にする食べ物も、できるだけ消化が良いものを食べるように心がけることで、げっぷの悩みが改善されることが見込めます。きちんと対策をして、快適なマタニティライフを過ごしましょう。

関連記事:妊婦さん用パジャマの選び方は?おすすめのマタニティパジャマ15選

 

\ SNSでシェアしよう! /

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

IKURICH編集部

IKURICH編集部

IKURICH編集部です。育児ママの毎日がちょっとでも豊かになるような情報を発信していきます。よろしくお願いいたします。