1. TOP
  2. 妊娠
  3. 妊娠超初期
  4. 生理のような出血だったのに妊娠していた!そんな可能性はあるの?

生理のような出血だったのに妊娠していた!そんな可能性はあるの?

    生理のような出血 妊娠していた

    生理と思ってたのに妊娠してるだなんて信じられない!

    普段の生理並みに出血していたのに、気になって検査したら妊娠していたという人は少なくありません。

    本記事では

    • 生理と思ったら妊娠してた方の体験談
    • どうして妊娠してたのか?
    • 生理と妊娠の見分け方

    についてお伝えします。

    生理のような出血だと思ったら妊娠していた【体験談】

    [体験談]

    1人目のときに1週間近く続く生理のような出血がありました。
    2ヶ月後にもともと生理不順だったので気にもとめておらず、動物病院へのインターンシップ後吐き気がひどく体調が悪いのを期に病院にて検査したら、尿検査で妊娠が発覚。その後産婦人科に行ったのですが、2ヶ月前の生理よりもさらに1ヶ月前に妊娠しているといわれ最終生理の思い違いだろう・・・といわれました。

    引用:Yahoo!知恵袋

    出血したので普段の生理かと思っていたのに実は妊娠していた、という人は少なくありません。

    特に妊娠を希望される場合、妊娠したことを理解せず普段通りに過ごし、結果お腹の赤ちゃんに悪影響なことをしていた、とならないよう生理なのか?妊娠したのか?を見分ける必要があります。

    誤解する主な原因

    生理不順

    おととし出産しましたが、相変わらず生理不順だし不正出血もありますが、定期的にがん検診やエコーを欠かさず過ごしています。参考になったか分かりませんがお互い体大切にしましょう。

    引用:発言小町

    生理不順のため予測が立てにくく、改めて検査したときに妊娠が発覚する方もいます。

    最終生理

    2ヶ月前の生理よりもさらに1ヶ月前に妊娠しているといわれ最終生理の思い違いだろう・・・といわれました。

    引用:Yahoo!知恵袋

    最終生理の勘違いで実は予定より前に妊娠をしていたケースもあります。

    生理がきたのに何故妊娠したか?信じられない!?という場合、生理不順や最終生理の勘違いなど、なにかしらのイレギュラーが誤解の原因になっていることがあります。

    そのため、生理だけでなく妊娠特有の症状があわせて起こっていないか?が見分けるポイントになります。

    不正出血

    妊娠していた場合、生理による出血と思ってたものが実は妊娠に関する不正出血と誤解することがあります。

    [妊娠初期の不正出の例]
    • 着床出血(受精卵が子宮内膜に着床したときに起こる出血、少量の出血であることが多い)
    • 子宮外妊娠(受精卵が子宮内膜以外の箇所に着床する症状で、放置すると大量出血に繋がる)

    不正出血は流産に繋がる危険なものもあるため、事前に性行為がある上で少しでも違和感を感じる出血があればすぐに産婦人科で診てもらってください。

    生理と妊娠の見分け方

    妊娠超初期症状

    妊娠すると妊娠超初期症状がはじまります。

    [症状例]
    • 吐き気
    • 味覚の変化
    • 眠気
    • おりものの変化

    など

    該当する症状があれば妊娠の可能性があります。

    詳しくは「妊娠超初期症状のセルフチェック診断!妊娠してるかも?を明確にする」をご参考ください。

    妊娠検査薬

    一般的な妊娠検査薬は生理予定日から1週間を過ぎれば判定が可能、薬局や通販でも手に入るので陽性反応が出るか?確認してください。

    いつものと違う出血

    いつもの生理の出血とは違うと感じたら妊娠の可能性がありますので、産婦人科で診てもらいましょう。

     関連記事   生理が来たのに妊娠症状がある可能性は?9つの見分け方でチェック

    後で後悔しないために/まとめ

    妊娠とは思わずに体に悪影響な生活をしていた、という方は多くいます。

    後で後悔しないためにも普段とは違う出血や妊娠初期症状を感じたら、すぐに産婦人科で診てもらってくださいね。

    妊娠・出産希望の方へ

    妊娠・出産を希望の方であれば、妊娠の可能性が見られた時点でお腹の赤ちゃんが無事の出産を迎えるために葉酸を摂取してください。

    厚生労働省

    出典:厚生労働省

    妊娠中の葉酸不足は無脳症や二分脊椎など、神経管閉鎖障害(先天性異常)のリスクが高まるとが分かっており、厚生労働省も妊娠可能性のある女性に向け、食事からの摂取に加えて付加的に1日400μgの葉酸を食事以外の栄養補助食品(葉酸サプリ)で摂取することを推奨しています。

    参考出典:厚生労働省日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要葉酸普及研究会

    特に妊娠初期までの期間は葉酸の摂取不足にならないよう、必要な葉酸量を補ってくださいね。

     関連記事  妊娠中の葉酸不足が不安な方へ。今から間に合わせる!葉酸対策

    ライター紹介 ライター一覧

    IKURICH編集部

    IKURICH編集部

    IKURICH編集部です。育児ママの毎日がちょっとでも豊かになるような情報を発信していきます。よろしくお願いいたします。