1. TOP
  2. 妊娠
  3. つわり
  4. つわりはいつまであった?100人のつわり経験ママにアンケート。

つわりはいつまであった?100人のつわり経験ママにアンケート。

 2018/04/09つわり
 
    つわり いつまで

    妊娠したら主に妊娠初期に起こるつわり。そんなつわり症状はいつまであるのか?平均は?つわりのピークは?つわり症状によって感じる時期は異なるのか?など、気になる妊婦さんに向けて

    • 妊娠中に起こるつわり症状がいつまで続くのか?

    を先輩ママのアンケート結果もふまえてお伝えします。

    つわりとは?

    つわりとは

    つわりは妊娠初期に全妊婦の50~80%の方が経験する代表的な生理現象。症状や重さ・期間は個人差がありますが吐き気や嘔吐であることが多いです。

    つわりの原因

    • 妊娠すると妊娠を維持するために分泌される「hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)」というホルモンが急に増える
    • 「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という女性ホルモンが増加する

    などの妊娠に伴うホルモンバランスの変化が関係していると考えられていますが、まだはっきりした原因は解明されていません。

    妊娠したらつわりはいつからいつまで続くのか?

    つわり いつからいつまで

    早い人は妊娠超初期から

    早い方で妊娠超初期(※)と呼ばれる妊娠が成立する着床後からつわり症状を感じはじめます。

    (※)妊娠0~4週目までの期間。

    この期間が妊娠検査薬で検査できる前段階ほどのタイミングなので「なぜきもちわるいのか?」と感じる方もいます。

    ですが、妊活の方や妊娠の可能性がある行為を行っている方であれば妊娠の兆候として考えてください。

    なお、この時期はつわり症状に加え「妊娠超初期症状のセルフチェック診断!妊娠してるかも?を明確にする」でもお伝えした妊娠超初期症状が起こりやすいので、それぞれの症状が同時に発症していないか?で妊娠の有無を確認することもできますよ。

    平均は?

    つわりはいつ終わる?平均は?早い人は?終わり方のパターンと心構え」でもお伝えしているように、平均的には妊娠初期である妊娠6~8週あたりからつわりを感じる方が多く、1、2カ月ほどつわりと付き合っていくケースが多いです。

     

    妊娠初期のつわりはいつまで続く?

    胎盤ができあがる妊娠16週頃まで続き、それ以降(妊娠5カ月ごろ以降)から症状がおさまる方が多いです。

    食べづわりや食欲不振はいつまで?

    つわりに代表されるのが食べづわり(吐き気や食欲不振)。個人差はありますが妊娠初期の早いタイミングではじまり、胎盤ができあがる妊娠16週頃を目安に多くの方が治まります。

    よだれつわりはいつまで?

    食べづわりと同様、つわりに代表されるよだれつわ。

    こちらも個人差はありますが妊娠初期の早いタイミングではじまり、胎盤ができあがる妊娠16週頃を目安に多くの方が治まります。

    つわりのピークはいつまで?

    個人差ありますが8、9、10週あたりでつわりのピークを迎えます。

    なお、下記で紹介するアンケート結果からも妊娠10週目がピーク、という結果が一番多く寄せられました。

    続いて8週目、12週目、16週目が同率で2位。他は全体的にまばらですが妊娠初期段階(~15週目まで)がつわりのピークを迎えやすいようです。

    【参考】つわりのピークはいつだった?アンケート

    合計100人のつわり経験者からの「つわりはいつまでだったのか?」アンケート結果の内訳です。

    つわり アンケート
    ※オンライン上での100名アンケート集計結果[ikurich調べ]

     関連記事  つわりのピークはいつなの?症状の詳細と対処法まとめ

     

    つわりがない人もいる

    つわりがない

    中につわりが無い人もいます。

    つわりがない人に共通して見られる特徴として以下のな特徴をお持ちであることが多いです。

    [つわりがない方の特徴]

    • 胃腸が強い
    • ホルモンのバランスが安定している
    • ストレスに強い

    なお、つわりがなくとも妊娠している可能性がある以上、無理をすることなく身体を労わってくださいね。

    妊娠後期までずっとつわりが続く人もいる

    つわりには個人差があるため、妊娠期間中ずっとつわりが続く方もいます。

    また、妊娠初期はつわりがなかったのに妊娠後期になって急につわりがはじまる方もいます(後期つわり)。

    二人目・三人目だとつわりがない人も

    つわりは初産婦の方ほど起きやすいので、最初はつわりがあったのに、二人目・三人目の妊娠になるとつわりがなかった、という方もいます。

    つわり症状がひどいときの対処法

    つわりがひどい

    つわりで朝がつらいとき

    朝方になるとつわりで気持ちが悪くなる方は多く、特に食べづわりの傾向にあります。

    寝る前に軽食を摂る、朝起きてすぐに口にできるものを用意しておく・朝食は比較的食べやすい果物を摂る、などで対処しましょう。

    また、「つわりには炭酸飲料がおすすめ!摂るメリットと注意点は?」でもお伝えしたように炭酸飲料もおすすめです。

     

    妊娠して吐き気がいつまでも続くときは?

    つわりの種類をチェック!5種類以上!?症状の詳細と対策方法まとめ」でもお伝えしましたが、つわりの影響で食べ物の好みが変わる・吐きやすい・食べることができない、といった症状になりやすいです。

    ですが、食べない・飲めないを繰り返すと栄養不足や水分不足による脱水症状を起こしてしまいます。そのため、つわりの時期は「食べられるものを、食べられるときに、食べられるだけ食べる」と考え食事や水分補給に努めてください。

    • おすすめはビタミンB6

    ビタミンB6は米国産科婦人科学会(ACOG)が11年ぶりに更新した悪阻(つわり)治療に関するガイドラインでも【持続的な重い吐き気や嘔吐の第一治療として、ビタミンB6と抗ヒスタミン薬ドキシラミン(国内未承認)の併用を推奨】と推奨するほどのつわり対策の栄養素。

    参考出典:Women Don’t Have to Suffer Through Severe Morning Sickness, Experts Say|HealthDay

    つわり症状がツラいときはビタミンB6配合の食べ物・飲み物・葉酸サプリメント(ビタミンB6が配合されるものが多い)、などを摂取することで症状の緩和を助けることができます。

    詳しくは「つわりに効く飲み物は何がおすすめ?妊娠中に飲みやすいドリンク特集」でも解説していますので、つわり症状にお悩みの際はご参考になさってくださいね。

     

    つわりで寝たきりの状態がいつまでの続くときは?

    つわり症状がひどく、寝たきりの状態が続くこともあります。

    つわりが楽な姿勢は寝ること?向きは右?楽になるツボはある?それ以外の方法は?」でもお伝えしたように、横になる際は右向き・ツボを押す、など行っていただくとつわり緩和におすすめです。

     

    ひどいときは病院へ

    つわり症状がひどく、どうにもならないときは病院へ行きましょう。

    特に「どうしても食べることができないor飲むことができない」ときは注意。おしっこの色が濃くなる・少なくなる、といった場合、脱水症状の可能性があり、症状の度合いによってはすぐに入院となることもあります。

    参考出典:妊娠悪阻にまつわる諸問題

    • 上の子がいる場合

    二人目・三人目出産の場合すでに上の子がいますが、家族に預けることがベストですが、それが難しければお住いの地域の保健センターに相談して子供を預けることができるか?相談してみましょう。

    つわりを乗り越えた先輩ママたちの声[体験談]

    私はコーンフレーク、トマト、スイカ、アイス、缶詰のみかんなど、甘くてさっぱりしたものをよく食べていました。

    出典:つわりでまともな食事ができません。|Yahoo!知恵袋

    一平ちゃん(カップ焼きそば)、レモンのかき氷、いなり寿司、ポテトサラダ、きゅうり、冷麺、冷やし中華でした。冷めてるものなら まあまあたべれた記憶があります。

    レモンのスライスが上に乗っかってるかき氷、おススメです。

    出典:つわりでまともな食事ができません。|Yahoo!知恵袋

    私は炭酸水うがいとサラダ巻きで乗り切りました。(何が食べたいのかわからず、でも食べたいから買い物に出ても食べたいものがわからず店で1人で泣きました)後は寝る。今は寝る。仕事に出てないなら寝る。

    出典:つわりを乗り切るアドバイスをください。|Yahoo!知恵袋

     

    まとめ

    つわり症状があることは=お腹に赤ちゃんがいることの証。妊娠希望さんであれば「無事妊娠してお腹の中で赤ちゃんが成長している」と言い換えることができます。

    つわりはいつか終わります。一生続くわけではありません。

    今の時期だけ我慢して無事の出産を迎えるべく頑張って乗り越えていきましょう!

    つわり対策ならこちらもおすすめ

    なお、つわりがツラいときは葉酸サプリの活用も併用してみましょう。

    厳密にはつわりに効くサプリというわけではないのですが、葉酸サプリにはつわりを緩和させるビタミンB6 が併せて高水準に配合されています。中でもベルタ葉酸サプリは「3.23mg」も配合しています。

    栄養成分表示(4粒当たり)

    エネルギー3.99Kcal、たんぱく質0.13g、脂質0.06g、炭水化物0.74g、食塩相当量0.015g、ビタミンB6 3.23mg、ビタミンC 31.4mg、葉酸400μg、カルシウム232mg

    出典:ベルタ葉酸サプリの成分について|ベルタ葉酸サプリ公式ショップ

    葉酸サプリはお腹の赤ちゃんの無事の成長の助けとなる成分として有名ですが、同時にママのつわり緩和にも役立ってくれます。そのため、葉酸サプリでつわり対策と無事の出産対策を同時にケアしてみてくださいね。

    なお、つわり時である妊娠初期時におすすめの葉酸サプリについて詳しくは「妊娠初期に摂りたい葉酸サプリおすすめランキング|先輩ママも愛用!」をご参考になさってください。

    • 参考:おすすめ葉酸サプリ

    \ 妊娠初期に必要な葉酸を摂取できる!ベルタ葉酸サプリ /

    ベルタ葉酸サプリ

    → ベルタ葉酸サプリ 詳細はこちら

     

    ライター紹介 ライター一覧

    IKURICH編集部

    IKURICH編集部

    IKURICH編集部です。育児ママの毎日がちょっとでも豊かになるような情報を発信していきます。よろしくお願いいたします。