1. TOP
  2. 妊娠
  3. ピンクゼリーに危険や障害は?成功率はどう?女の子が欲しいママへ

ピンクゼリーに危険や障害は?成功率はどう?女の子が欲しいママへ

 2017/11/09 妊娠 妊活
 
  • 次の子は絶対に女の子が欲しい!
  • 女の子を産み分けしたい

このように女の子を希望されているママに人気のピンクゼリーですが、使用したら危険なんじゃないかと不安に思われているママは多いのではないでしょうか?

男の子も甘えん坊でとてもかわいいですが、女の子の赤ちゃんもやっぱりかわいいなって思いますよね。ですから、次は女の子を産んでみたいというお気持ちはすごく分かります。

そこで今回は、女の子の出産を希望されるママに向けて開発された「ピンクゼリー」についてご紹介いたします。安全かどうか心配されている方はぜひ参考にしてみてください。

▼【参考】こちらで紹介しているピンクゼリー▼

→ 【産婦人科医と共同開発】女の子が欲しい方へ『ピンクゼリー』

10926

 

ピンクゼリーとは?

ピンクゼリーとは、女の子を希望されているママに向けて開発された産み分けゼリーと呼ばれる商品です。

ベッドに入る前にタンポン型容器を膣内に入れてゼリーを注入することで、膣内のPH値(酸性レベル)を調整して女の子を妊娠する確率を高めることができます。

女の子か男の子かを決めるのは、精子の種類と膣内のPH値が大きく関わっています。精子にはX精子とY精子の2種類あり、女の子を産み分けるためにはX精子と卵子が結びつく必要があります。

このX精子は、膣内のPH値が低いと卵子に結びつきにくい性質を持っています。ところが、膣内のPH値は常に変化しているため、男女の産み分けはできないものと考えられていました。なのですが、ピンクゼリーは膣内のPH値を調整することができる商品ですので、X精子と卵子を結びつきやすくしてあげることができます。

産婦人科が監修

ピンクゼリーは産婦人科が監修していますので、危険じゃないかと心配されているママも安心してご使用することができます。また、医療的観点に基づいて成分、素材、形状など考慮されて開発されているので、赤ちゃんにもママにも優しい商品なんですね。

配合成分は?

体の中に入れるものなので、どういった成分が含まれているか気になりますよね。ピンクゼリーは危険ではない証明として公式では全成分が公開されています。

<ピンクゼリーの全成分>

・精製水

蒸留や濾過などの手法によって、水道水に含まれる塩素やミネラルなどの不純物を一切取り除いた無色透明で無味無臭の純粋なお水です。医療用機器やコンタクトレンズなどの洗浄にも使用される身体に優しいお水です。

・グリセリン

強い吸湿力を持つ無色透明の液体で化粧品や食品、医薬品など幅広く使われています。また、人間の体内に存在している安全な成分ですので、危険性についても問題視されていません。

・ヒドロキシエチルセルロース

植物から抽出した天然植物繊維から作られている成分ですので、体内に入れても人体への危険はありません。粘性を高める目的として幅広い分野で利用されている安全性の高い成分です。

・乳酸

疲労を軽減する成分とされていますが、膣内環境をケアしてくれる効果としても期待されています。

・クエン酸ナトリウム

PH調整や保湿作用を持っている成分で化粧品にも使用されている危険のない成分です。普段から馴染みのある乳酸品や清涼飲料水などの酸味を調整するためにも広く使われています。

・パラオキシ安息香酸メチル

腐敗やカビの増殖を防いで品質を安定させるために配合されており、安全性が高いことで有名な成分です。日常の食品や化粧品の防腐剤として幅広く用いられています。

・ニデト酸二ナトリウム

化粧水や乳液などの化粧品にも多用されている成分で、品質を安定させるために配合されています。

・ヒアルロン酸ナトリウム

安定性・安全性が非常に優れた高分子の保湿成分で、ヒアルロン酸1gで6000gの水を保つことができます。

以上がピンクゼリーの全成分になります。

ピンクゼリーに配合されている成分は、人体に含まれる成分を使用するなど、品質にはこだわりを持っていますので、安心してご使用できます。

ピンクゼリーの成功確率は?

ピンクゼリーの成功率については気になる点ですが、口コミでは他社の自分で出来る産み分け製品よりも確率は高いという声が多く寄せられています。ですが、PH値を調整する成分や仕組みについては似ているため、他社と比べて特別に高いというわけではありません。

ピンクゼリーに危険性や副作用はあるの?

ピンクゼリーを販売するジュンビーは、妊娠を希望される女性をサポートする国内の専門会社で、産婦人科医との共同開発によって生まれた商品ですので、危険性や副作用の心配はありません。

また、厚生労働省が指定した第三者機関による厳しい審査で承認を受けた商品ですので、品質の高さにおいても問題はありません。過去にピンクゼリーを使用して問題があったという報告は1件もありませんので、安心してお試しすることができますよ。

母子への影響や障害は?

ピンクゼリーは、口に入れても安心な天然成分など原材料に徹底したこだわりを持っていますので、母子への影響や障害などの心配はありません。また、1回ずつの使いきりタイプなので衛生的ですし、成分が劣化しづらい容器を独自開発によって実現していますので、安心して使用することができます。

ピンクゼリーを使用した方々の口コミまとめ

D14??☆ ??以下長文?笑 , 最近寒いせいか下がり続ける体温???? まぁ、あんまり低温期って気にすることないみたいだからいっか???♀??? , 排卵検査薬を始めて一週間?? とうとう濃くなってきた???? 今夜もタイミング取ろうと思ってるんだけど、明日はどうしよっかなー?? ってか、こんなに仲良ししてるの何年ぶり?ってくらい旦那さん頑張ってくれてる???? ホントに協力的すぎて複雑???? プレッシャーと言うか、なんと言うか…???? 一周期目めからこんなに飛ばしちゃって大丈夫かな?と…( .. ) 燃え尽きないか心配です???? , でででで。 ここからはピンクゼリーについて?? なので、聞きたくないわーって方は見ないでください?笑 , , , 我が家は新しく発売されたジュンビーという会社のピンクゼリーを購入?? 特に挿入何分前にピンクゼリーいれるとかは書いてなかったので、とりあえずピンクゼリーいれてすぐに挿入?? 手前で頑張るも時間がかかりそうなので???? 奥までいれてOKにして、出す時だけ手前でってことにした?? ホントは腰振るのもあんまり良くないらしいけど、夫婦で話し合って、とりあえずこの方法でやることに???? あとピンクゼリーが垂れてこないように、腰にクッション置いてやったらほとんど出なかったかな??? フィニッシュ後も30分腰上げもやることに?? そうじゃないと手前に出してるから、おたまさん達出てきそうで???? これが凶と出るか吉と出るかは謎です(  ̄ω ̄ )?? こんな感じで練習終えたので、今夜も同じ感じでやりまーす???? , 旦那さんは熱いお風呂に入ってもらって、ビネガー飲んでからトライ予定???? トライ15分前にお酢飲むといいと言うのは旦那さんが調べたらしいので、私はよく分かっておりません????笑 , #ジュンビー #ピンクゼリー #女の子産み分け #妊活#2人目妊活 #基礎体温#排卵検査薬

ぽんちゃんさん(@mmtt0626)がシェアした投稿 –

ピンクゼリーの使い方は?

ピンクゼリーの使い方についてご説明いたします。

<ピンクゼリーの使い方>

STEP1
包装の上端のギザギザを切って容器を取り出してください。

STEP2
キャップを指で折るようにして引き抜いてください。

STEP3
容器を手に持って身体をリラックスさせた状態で、シリンジの先端から5cm~8cmを膣に挿入します。

STEP4
ワンプッシュでピストンを押し出してジェルを注入してください。

STEP5
容器をゆっくり抜いてください。

初めてご使用されるときは、少し不安に思わえるかもしれませんが、容器の形状や使いやすさを追求して特許を取得した容器ですので、安心で簡単にご使用していただけますよ。

まとめ

今回は女の子の出産を希望されるママに向けて開発された「ピンクゼリー」についてお伝えしました。

ピンクゼリーは、産み分けをサポートしてくれる心強い味方になってくれますが、個人差もありますので100%女の子を産み分けできるわけではありません。ですから、本気で産み分けをしたいとお考えでしたら、普段の食生活や夫からの協力も重要です。

とくに夫からの理解と協力を得られなければ、女の子が生まれる有利な環境を準備することができなくなりますので、ぜひお話をする場を作って相談してみてくださいね。

 

▼本記事で紹介してたピンクゼリーはこちら▼

【産婦人科医と共同開発】女の子が欲しい方へ『ピンクゼリー』

10926

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

IKURICH編集部

IKURICH編集部

IKURICH編集部です。育児ママの毎日がちょっとでも豊かになるような情報を発信していきます。よろしくお願いいたします。