1. TOP
  2. 育児
  3. 母乳育児
  4. 授乳期のママ注目!何故ルイボスティーが母乳育児におすすめなのか?

授乳期のママ注目!何故ルイボスティーが母乳育児におすすめなのか?

 2017/01/10 母乳育児
 

母乳育児では水分補給が欠かせない!

母乳育児中のママにとって十分な水分補給は母乳づくりに欠かせません。

母乳として水分が赤ちゃんにもっていかれるわけですから、普段と同じ気持ちで水分補給をしているとあっ!という間にママ自身が水分不足になり母乳の出も悪くなります。

そこで母乳育児中にオススメの水分補給が「ルイボスティー」。この記事では母乳へポジティブに働きかけるルイボスティー特徴についてお伝えします。

▼こちらもおすすめ

母乳育児におすすめのハーブティー13選。授乳中のママの悩み対策を

ルイボスティーってどんなもの?

5595341861_042178e7d5_z

ルイボスティーは「ルイボス」というマメ科の植物の葉を乾燥したお茶を指し、300年以上もの歴史がある飲み物。

マグネシウム・亜鉛・カリウム・カルシウム・リンなどのミネラルが豊富で人間の体液組織と非常に似ている成分のため体になじみやすいのが特徴で、薄めて直接赤ちゃんに飲ませたり、粉ミルクをルイボスティーで溶いて飲ませることも可能です。

  • 授乳期だけじゃなく、妊活や不妊にもおすすめ

ルイボスティーのもつ抗酸化作用は卵子や精子の老化を食い止め、より健康的な受精環境を整えます。そのため、実は授乳期だけでなく妊活や不妊の悩みを持つ方にもおすすめです。

妊活・不妊にルイボスティーがおすすめ!生理周期や卵子へ働きかける」でもお伝えしてますが、二人目、三人目をお考えの方もルイボスティーの働きを実感して欲しいですね。

 

ルイボスティーが母乳育児で重要な3つの理由

1e823aa19ab546f0843a70700ea50de2_s

1.母乳の質を高める働きが期待できる

母乳はたんぱく質・脂質・炭水化物・ビタミン・ミネラルで形成されていますが、ルイボスティーはカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれているので飲むことで母乳の質を高める助けになります。

また、温かいルイボスティーは飲むことで体を温めることが出来るので冷えの防止になりますし、リラックス作用もあるので大変なことも多い授乳期間中はほっこり気持ちが安らぐ助けにもなります。

質を高めてしこり・乳腺炎予防

母乳の質を高めることは赤ちゃんが飲みやすい「おいしいおっぱい作り」やママの乳腺炎予防に役立つため、ルイボスティーの働きは母乳育児において重宝します。

なお、質の悪い母乳は赤ちゃんに苦味や渋みを感じさせるだけでなく、ママにとっても乳腺を詰まらせる原因(乳腺炎)にもなります。

乳腺炎は母乳がドロドロにり乳腺が詰まる→「しこり」ができる→しこりが悪化する→炎症を起こす&硬くなって痛みを生じる、という流れで生まれます。

最悪の場合、「肩が上がらない」「腕を動かすことができないい」などの症状にまで悪化が広がることもあります。

このよう事態を未然に回避するためにも母乳の質を高めてサラサラな状態を保っておきましょう。

母乳の出が良くなるわけではない

誤解されがちですがルイボスティーを飲んだから母乳の出が良くなるわけではありません。

ルイボスティーを飲んで母乳の質が高まることで母乳がサラサラになり、結果的に母乳の出が良くなることはあります。

なお、母乳の出を良くしたいのであれば別の対策が必要なので「母乳をよく出す“15”の方法【母乳育児の新米ママ必見!】」をご参考になさってください。

2.ノンカフェインで安心

ルイボスティーはノンカフェインなのでママの母乳を通じて赤ちゃんへカフェインが移行する心配はありません。

そのため、ノンカフェインのルイボスティーは水分補給が欠かせない授乳期ママにとって非常に重宝します。

カフェインは赤ちゃんを興奮させ夜泣きの原因となるので授乳期間中のママはカフェインの摂取を控えてください。他にもアルコールた糖分が多い(砂糖がたっぷり含まれている)清涼飲料水も授乳期間中は避けた方が良いです。

もし赤ちゃんに飲ませるなら【注意点】

消化器官が未発達な赤ちゃんにはそのままルイボスティーを飲ませると下痢になる可能性があるので薄めて飲ませてあげてください。

3.便秘改善に重宝

便秘の改善や整腸作用としても高い効果を発揮してくれるので、便秘になりやすい授乳中のママのミネラル補給をサポートしてくれます。

ルイボスティーは母乳が出すぎのママにもおすすめ

24510f01e4d5a55046c2d0b5280561b2_s

『母乳が出すぎて困っている』というママも少なくありません。

母乳の出が厳しい方にとってはうらやましく感じるかもしれませんが、母乳がたくさん出すぎても乳腺のつまりや痛みにを引き起こす原因になります。

減らすよりも改善に

赤ちゃんにはたくさんの母乳を飲ませてあげるべきなので、母乳が出過ぎて悩むママは「母乳を減らす」のではなく『母乳の質を高め、改善していく』ようにして下さい。

その一環としてルイボスティーを飲むことで母乳がおっぱいでつまりにくいサラサラした母乳になるようにしていきましょう。

相乗効果を狙って総合的な母乳改善を目指す

ルイボスティーは魔法の薬でも万能薬でもありません。そのため、ルイボスティーを飲むだけでどうにかしようとせず、同時に普段の食生活の見直し・定期的なおっぱいケアも心がけることで母乳改善の相乗効果を高めてください。

関連記事:授乳中のママが意識しておきたい栄養は?普段の食事から見直そう

まとめ

ルイボスティーはスーパーやドラッグストアでも購入できるので手に入りやすいので、授乳期間中は水分補給の一助としてぜひ活用してみてください。

母乳の質を改善し、ママのお腹の調子も整えてくれるルイボスティー。日ごろからストックしておけば母乳育児を頑張っているママの味方になってくれるので重宝しますよ。

  • 授乳中に重宝するオーガニックルイボスティー

→ 【ノバテック】オーガニックルイボスティーお試しセット≪送料無料≫ 詳細はこちら

赤ちゃんにたくさんの母乳を飲ませてあげたいママはこちらもおすすめ

母乳 ハーブティー

母乳体質を目指す専用の母乳ハーブティーが授乳期ママの大きな助けになります。

→ 母乳育児を目指すママ向けおすすめハーブティーはこちら

 

\ SNSでシェアしよう! /

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

Konno

Konno

ライター/天然石アクセサリーアーティスト/飲食スタッフ/飲食スタッフ(パート)/2児の母親



普段は男女の双子を育てる子育て経験豊富なママライター。
ライターの他にも、天然石アクセサリーアーティスト・飲食スタッフ、としての顔も持つ。
これまでの育児経験をもとに鋭意執筆中。

【site】http://blog.goo.ne.jp/rukanata

【Facebook】https://www.facebook.com/profile.php?id=100004266756347