1. TOP
  2. 妊娠超初期症状のおりものの特徴は?黄色い?生理前とは何が違う?

妊娠超初期症状のおりものの特徴は?黄色い?生理前とは何が違う?

 2017/06/01 妊娠 妊活
 

妊娠すると女性の心や体には様々な変化が現れてきます。「おりもの」の変化もそのひとつ。中には『おりものがいつもと違うことで妊娠の可能性を考えるきっかけになった』という人も少なくありません。

ですが、おりものの変化はとても微妙なものである場合が多く、量や色、匂いなど、個人差があるので分かりづらいもの。

また、妊娠超初期症状としての変化だけでなく、なんらかの感染症やトラブル起こしている場合にもおりものは変化しますから、判断しにくいものでもありますよね?

  • おりものの変化を見落としてしまいそうで不安・・・

そんなふうに考えている方も少なくないのではないでしょうか?

そこで今回は、妊娠超初期に起こるおりものの変化についてまとめました。色や量などの特徴について知っていきましょう。

『おりもの』とは?その役割や特徴について

「おりもの」は、膣内の粘液や膣壁の細胞の一部などが混ざり合った分泌物のことで、細菌が膣を通って体内に侵入することを防ぐ「自浄作用」と、精子が膣内に侵入することを助ける「受精のサポート」の2つの機能を果たしてくれています。

通常のおりものは無色透明や白っぽいものである場合が多く、生理周期(「卵胞期」、「排卵期」、「黄体期」)に合わせて色や粘り気などに変化が見られるようになります。

特に月経前後、排卵期などには量が多くなる傾向にあり、少し匂いがする場合もありますが、それ以外はあまり匂いは気にならないことが多いでしょう。

また、「排卵期出血」や「着床出血」など、ごく小量の出血によって薄いピンク色になったり血液が混ざっているような場合もあります。

また、このおりものは年齢によっても変化していきます。

おりものの分泌は「卵胞ホルモン」と関係しており、思春期に初潮が始まる頃から分泌され始め、20歳前後が最もおりものの量が多いといわれています。

更年期が近付くにつれて卵胞ホルモンの分泌は低下していき、おりものの量も減少していきます。

妊娠超初期のおりものが生理前のおりものから変化する理由

受精卵が着床せずに妊娠が成立しなかった場合、「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」の量は減っていき、同時におりものの量も少なくなっていきます。

ところが、受精卵が着床することで妊娠が成立すると、体内で「黄体ホルモン」や「卵胞ホルモン」が分泌され続けます。

この「黄体ホルモン」と「卵胞ホルモン」の影響により、おりものの色が変わったり、量が増えたりするのです。

なお、おりものの変化には個人差があり、着床後におりものが増えたり、サラサラとした状態のものに変化したり、白く濁る、黄色っぽくなる、クリーム色になるなど、様々です。

【参考】妊娠初期症状はいつから?

妊娠初期症状が現れる時期については個人差がありますが、早い人なら生理予定日の1週間前くらいから見られるようになります。

妊娠が成立することで妊娠初期症状が現れ始めるので、性交から1週間~10日後くらいだと覚えておくと良いでしょう。

『生理前のおりもの』で知っておきたい4つの特徴

おりものは、生理周期の「卵胞期」、「排卵期」、「黄体期」の3つの段階ごとに変化していきます。それぞれの時期のおりものの特徴を知っておきましょう。

1.水っぽい?卵胞期のおりもの

「卵胞期」は「卵胞ホルモン」が多く分泌されます。

生理直後は水のようにサラサラとした状態で、白っぽい色をしています。

排卵期が近付いてくると、精子を酸性から守るためにとろみが出てきて粘り気が強まります。

また、少しずつ量も増えていく傾向にあります。

この時期のおりものには、受精をサポートするという働きをあるようです。

2.量が増え始める排卵期のおりもの

おりものの色は透明のままで、量が更に増えてきます。

この時期のおりものはとろみのある状態ですから、精子が進みやすい状況であるともいえます。

3.色が変化しだす黄体期のおりもの

おりものの色は透明のままで、量が更に増えてきます。

この時期のおりものはとろみのある状態ですから、精子が進みやすい状況であるともいえます。

4.色が変わると妊娠超初期症状に?

妊娠超初期症状のひとつでもある「着床出血」が起こることで、おりものの色が茶色っぽくなることがあります。

とはいえ、おりものの色の変化だけで妊娠の可能性を確実に知ることは難しいですから、普段からおりものの状態をよく観察しておくことで変化に気付きやすいようにしておくことが大切です。

血液が混ざった茶色のおりものは、「着床出血」である可能性以外にも、「異所性妊娠(子宮外妊娠)」である場合にも見られる症状です。

茶色いおりものがいつまでも続く場合や、下腹部に痛みを感じるような場合は早めに受診し、医師の診察を受ける必要がありますから注意しておきましょう。

生理前と違う『妊娠超初期のおりもの』9の特徴

おりものの変化はとても微妙である場合が多いのですが、以下のような変化が見られた場合は妊娠超初期であることを示すおりもののサインである可能性もありますから、覚えておくと良いでしょう。

おりものの変化はなかなか判断が難しい場合も多いですが、妊娠超初期症状として起こりえる変化を知り、知識として頭に入れておくことはとても重要なポイントですよ。

1.おりものの量が増える

排卵後~生理までの間、おりものの量は減少していくことが一般的ですが、多くの場合は妊娠すると分泌量が増える傾向にあります。

普段よりもおりものが多いような場合は妊娠の可能性もありますので、しばらく経過を観察してみるようにしてください。

また、併せておりものの匂い、形状(ドロッとしている、サラサラしているなど)についても観察し、普段との違いがないかどうかチェックしてみてください。

2.量が減るケースも

妊娠することで膣内は酸性の状態に近くなり、ホルモンの影響や、細菌の侵入を防ぐためにもおりものの量が増えるのが一般的ですが、稀に妊娠超初期におりものの量が減少する人もいます。

おりものの変化については個人差が大きいものですから、おりものの量が減少したからといって異常なわけではありませんので安心してください。

明らかにおりものに異常がある(生臭い匂い、痒みを伴うなど)場合は、感染症やなんらかのトラブルを起こしている可能性がありますから、早めに受診することをおすすめします。

3.白いおりものが出る

妊娠超初期のおりものの色についても個人差がありますが、色が濃くなり、白色やクリーム色に近いおりものが見られる人も少なくありません。

おりものの量が増え、おりものの色が変化することで妊娠の可能性に気付いたという人もいるようです。

普段のおりものの状態をしっかり把握しておくことで、こうした変化にも気付きやすいでしょう。

4.黄色いおりものが出る

妊娠超初期のおりものの色として多く聞かれるのが、「黄色いおりものが出た」という声です。

白や黄色など、普段とは違った色に変化することが多いのが妊娠超初期のおりものの特徴ですから、色の変化を見極めることがポイントだともいえるでしょう。

また、おりものの色の変化には個人差が大きく現れますので、中には黄色いおりものが見られない人もいます。

これは特に異常なことではありませんから、心配する必要はありませんよ。

5.茶色いおりものが出る

妊娠超初期のおりものの色として「茶色のおりもの」も少なくありません。

これは、「着床出血」によるものである可能性が高いでしょう。

ですが、茶色のおりものがいつまでも続いていたり、色が赤色に変化してくるようであれば、不正出血やなんらかの異常を示すサインである場合もありますので、早めに受診して医師の診察を受けるようにしてください。

着床出血によって茶色く変化することがあるとはいえ、着床出血自体はあまり多く見られるものではありませんし、とても微量な出血であることがほとんどなので着床出血に気付かない人も多いようです。

ですから、あくまでも可能性のひとつとして頭に入れておくと良いでしょう。

6.ピンク色のおりものが出る(血が混ざる)

受精卵が着床することで起こる「着床出血」が見られた場合、小量の血液がおりものに混ざることがあります。

ですが、それ以外の可能性として、「切迫流産」や「子宮外妊娠」、「胞状奇胎」などであることも考えられます。

また、それ以外にも婦人科系の病気である場合もありますので、着床の時期や生理前後以外でピンク色のおりものが出た場合には注意が必要です。

7.おりものが水っぽい

妊娠すると、超初期の頃のおりものは排卵前後に近い状態が維持されるため、水っぽいものになることがあります。

これは異常なことではありませんので心配する必要はありません。

8.臭いに変化がでる

妊娠超初期のおりものは、匂いが変化する場合が少なくありません。

「いつもよりなんとなく臭い」、「ツンとした匂いがする」などの変化があり、こうした匂いの変化で妊娠の可能性に気付いたという人もいるようです。

また、明らかに不快を感じりるような匂い(生臭い、腐ったような匂いなど)の場合、なんらかの感染症を発症している可能性があります。

放置することでさらにトラブルを招くこともありますから、匂いの変化には注意しておきましょう。

9.伸び・粘り気のあるおりもの

普段のおりものよりも粘り気があり、トロトロとしたりドロッとしたおりものが出ることがあります。

おりものの形状の変化については、感染症にかかっている場合もありますので注意が必要です。

例えば、白いカッテージチーズのようなボロボロとしたおりものが見られ、同時に強い痒みを伴うような場合は「カンジダ膣炎」に感染している可能性があります。

このような場合は早めに受診し、医師の診察を受けるようにしてください。

注意すべき妊娠超初期症状のおりものの変化7ポイント

妊娠超初期のおりものの変化についてですが、中には感染症などのトラブルのサインである場合も少なくありません。

以下のようなおりものが見られた場合は、早めに産婦人科で診察を受けることをおすすめします。

自己判断で安易に放置することのないようにしましょう。

早期発見、早期治療が大切ですよ。

1.濃い黄色・緑・灰白色

おりものの色が濃い黄色で膿が混ざったようなものの場合は「クラミジア感染症」の可能性があります。

感染に気付かずに放置すると、クラミジアが子宮内膜から卵管、腹腔内にまで広がり、「子宮内膜症」や「卵管炎」を引き起こし、最悪の場合は不妊症に繋がってしまう恐れがあります。

また、灰色のおりものが見られた場合も「膣炎」になっている可能性があります。

これは痒みなどの自覚症状がないケースもありますので、見落とさないようにしなければなりません。

ホルモンバランスの低下や、体調不良による抵抗力の低下が原因で膣の自浄作用が落ちてしまうことで引き起こされるとされています。

2.黒み・赤み・茶色

生理周期とは関係なく、茶色いおりものや赤黒いようなおりものが見られた場合、なんらかの病気が原因で出血している可能性があります。

その病気のひとつには、「子宮体癌」もありますので注意が必要です。

また、妊娠と関係する出血のひとつである「着床出血」が起こった場合もほんの少し血が混ざって茶色いおりものが出る場合があります。

これは素人にはなかなか判断が難しいですから、茶色いおりものがいつまでもダラダラと続くような場合は産婦人科を受診するようにしてみましょう。

生理予定日を1週間過ぎても生理が来ないような場合は市販の「妊娠検査薬」を使って検査してみてください。

3.血液まじり(ピンク色)

おりものに血が混ざっている場合(ピンク色をしている)、流産や早産の予兆であることがあります。

ほかにも、「子宮頸癌」や「子宮頚管ポリープ」、「萎縮性膣炎」などの場合にこうした症状が見られるケースがあるようです。

また、「着床出血」が起こった場合にもおりものにほんの少し血が混ざってるケースがあります。

血液の量が増えていったり、いつまでも治まらない、腹痛を伴うような場合は早めに受診してみましょう。

4.明らかな異臭であることがわかる

排卵後は黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が増え、おりものが酸性の状態になり、酸っぱいような匂いがするようになります。

これは異常なことではありませんが、「魚が腐ったような匂い」や「「生臭い」など、明らかに不快を感じるような異臭である場合、陰部で雑菌などが繁殖している可能性があります。

おりものが異臭を放つ病気としては、「トリコモナス膣炎」や「淋菌感染症」などがあります。

これらは放置することで不妊症を引き起こす可能性もありますので、一度産婦人科でしっかり検査してもらうことをおすすめします。

5.クリーム色で泡状

クリーム色で泡状のおりものが見られる場合、「トリコモナス膣炎」である可能性があります。

おりものの量も増え、不快を感じるような強い悪臭を放つのも特徴的な症状として挙げられます。

また、おりものの異常にも、「陰部の痒み」、「熱感」、「ヒリヒリした感じ」などが見られるようですから、こうした症状が現れたら早めに診察を受けるようにしましょう。

6.豆腐カスのようにぽろぽろしている

豆腐のカスのようだったり、白くボロボロとしたカッテージチーズのようだったり、ヨーグルトのように白く濁りのあるおりものが見られた場合、「カンジダ膣炎」を発症している可能性があります。

このとき、強い痒みを伴うことが多いようです。

「カンジダ菌」は常在菌として誰もが持っている菌ですが、体調不良などで抵抗力が落ちている場合などにこうしたトラブルを引き起こすことが多々あるのです。

また、カンジダ膣炎は繰り返し発症することが多いですから、しっかり治療することが大切です。

自然に治まる場合もありますが、再発を防ぐために婦人科できちんとした治療を受けることをおすすめします。

7.外陰部にただれ・かゆみの症状が現れる

外陰部のただれや痒みなどのトラブルは、乾燥や皮膚炎などで引き起こされることがあります。

また、細菌が原因で炎症を起こしている可能性もあります。

女性のデリケートゾーンは蒸れやすく、痒みやただれなどを引き起こしやすいですから、普段から清潔を保つことを意識しておくことも大切です。

また、痒みは様々な感染症の症状のひとつである場合が多いですから、異常を感じたら早めに医師の診察を受けるようにしましょう。

大切なのは「おりものが普段と違う」と気付くこと

おりものの変化の裏には、何らかの病気が隠れている可能性があります。

なかなか他人には相談できないデリケートゾーンのトラブルですが、放置することで不妊症の原因になってしまうことも少なくありません。

大切なのは、おりものやデリケートゾーン周辺の変化、異常に気付くこと。早期発見、早期治療がポイントなのです。

自己判断で放置することで、症状の悪化や治療の遅れを招いてしまうこともあるので、「なんだかおりものがおかしいような気がする・・・」そんな風に感じたら、恥ずかしがらずに早めに婦人科、産婦人科を受診し、医師の診察を受けるようにしましょう。

妊娠超初期症状のおりものと感じたら心掛けたい4つのポイント

おりものに何らかの変化があり、それが妊娠超初期の症状である可能性がある場合、この時期の女性の体は免疫力が低下しており、様々な感染症にかかりやすい状態にありますので注意が必要です。

自分の体としっかり向き合い、些細な変化や異常にも敏感に気付けるようにしておきましょう。

1.体調変化

おりものの変化以外にも、その他の妊娠超初期症状がないかどうか、体調の変化に注意するようにしましょう。

おりもの以外の妊娠超初期症状としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 高温期が続く
  • 着床出血
  • つわりのような気分不快感
  • 腹痛
  • 倦怠感
  • 腰痛
  • 眠気

これらの症状の多くは、「風邪症状」と非常に似通っているため、判断しにくいものが多いようです。

妊娠の可能性を知るためには、毎日「基礎体温」をつけることがポイント。

基礎体温を記録しておくことで、高温期が持続しているという変化に気付くことが出来るようになります。

普段から基礎体温を測り、記録しておくことをおすすめします。

特に妊活中の方にとっては必須だといっても良いでしょう。

2.婦人科を受診

おりものになんらかの変化が見られ、生理開始予定日を1週間過ぎても生理が見られない場合、市販の妊娠検査薬で検査してみることをおすすめします。

妊娠検査薬で陽性反応が出た場合はほぼ妊娠が確実ですから、お近くの産婦人科を受診し、医師の診察を受けましょう。

また、国内販売の妊娠検査薬の多くが「生理開始予定日の1週間後から」検査が可能なものがほとんどです。

海外製品には、それよりも早い段階で検査が可能なものもありますから、早く妊娠しているかどうか確認したいという人はそちらを使ってみるのも良いでしょう。

3.弱酸性の石鹸で体を清潔に

妊娠すると、女性の体は様々な面で変化し、繊細なものになっていきます。

特に皮膚は刺激を受けやすくなっていますから、出来るだけお肌に優しい繊維のものを身につけるようにしましょう。

また、洗体用のボディソープや石鹸は、出来るだけ低刺激のものを選ぶことも大切なポイントです。

肌が敏感になることで、普段使っていた石鹸が急に合わなくなることも少なくありませんから、気を付けて様子をみるようにしましょう。

また、陰部を激しく洗うことで膣内の常在菌をも洗い流してしまうこともあります。

常在菌がなくなることで感染症を引き起こしてしまったり、様々なトラブルの原因にもなってしまうことがありますから、出来るだけ優しく丁寧に荒うように心がけてくださいね。

4.下着は小まめに着替える

妊娠超初期症状として、おりものの量が増える傾向にありますが、おりものが下着に付着していると、そこから雑菌が繁殖してしまうことがあります。

おりものシートを使用し、こまめに交換するなどして出来るだけ清潔な状態を保つように心がけましょう。

妊娠して皮膚が敏感な状態になると、少しの刺激でも皮膚が反応してしまうこともありますし、下着選びにも工夫してみると良いですね。

膣内、外陰部で細菌が繁殖してしまうと「カンジダ膣炎」などのトラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

おりものの状態や皮膚の異常などにも併せて注意しておくことが大切ですよ。

まとめ

妊娠超初期症状のおりものの変化はとても微妙なものであることが多く、それだけで妊娠を判断することは難しいといえます。

ですが、こうした小さな変化に気付くことで避けられるトラブルや病気もありますし、妊娠していることが早期に分かれば、それだけ危険を回避する意識付けにも繋がりますし、なにより妊娠生活に向けての心の準備も出来ます。

おりものの変化と併せて、その他に起こりえる妊娠超初期症状としての体の変化にも気付けるようにしておきたいですね。

 

\ SNSでシェアしよう! /

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

IKURICH編集部

IKURICH編集部

IKURICH編集部です。育児ママの毎日がちょっとでも豊かになるような情報を発信していきます。よろしくお願いいたします。