1. TOP
  2. 妊娠
  3. 妊娠超初期症状の下痢はいつ頃からいつまで?腹痛や嘔吐も併発する?

妊娠超初期症状の下痢はいつ頃からいつまで?腹痛や嘔吐も併発する?

 2017/05/29 妊娠
 

妊娠超初期に起こる下痢は生理前に起こりやすい下痢と見分けが難しいため判断に不安になる人も少なくありません。下痢=お腹が下るのイメージから流産の危険性も心配してしまうこともあるのではないでしょうか?

そこでこの記事では、妊娠超初期症状として起こる下痢の特徴や注意点などについて解説します。

妊娠超初期症状で下痢はなぜ起きる?着床時期が発症原因?

妊娠超初期で起こる下痢は、受精卵が着床しホルモンバランスが変化することが主な原因だとされてますが、加えて以下の要因も考えられています。

①プロゲステロンが原因

妊娠すると分泌される「プロゲステロン」が子宮の収縮を抑えると同時に腸の運動も抑制してしまい腸内バランスが不安定になる。

②自律神経の乱れ

ホルモンバランスが崩れると自律神経も乱れ排泄機能に悪影響を与えてしまう。

③食生活の乱れや冷え

妊娠初期のつわりが影響して食生活が乱れてしまったり、体を冷してしまうことにで腸の働きが鈍くなることが下痢を引き起こしてしまう。

④精神的ストレス

自律神経が乱れることで寝不足を招く・精神的なストレスが蓄積してしまう、などが下痢を引き起こしてしまう。

⑤貧血治療薬の影響

妊娠することで貧血になる人が多くいますが、産婦人科から処方される貧血治療薬は下痢を起こしやすいことも。

 

以上が妊娠超初期の下痢の原因として挙げられます。

妊娠超初期症状の下痢の特徴は?

妊娠超初期に起こる下痢かどうか?判断するには「下痢以外の妊娠の兆候の有無」にも注目しましょう。中には下痢だけでなく、早めに受診して治療が必要な症状が起きてる場合もあるので気になったら早めに受診してくださいね。

1.流産の危険性は?

下痢は流産の直接的な原因にはなりませんので心配の必要はありませんが、下痢の原因にもなる食生活の乱れ・冷え・精神的ストレス、はお腹の中の赤ちゃんに悪影響ですから間接的に流産のリスクを引き上げてしまう可能性があります。ご注意ください。

2.吐き気(嘔吐)

下痢にともない酷い吐き気・嘔吐が続く場合、なんらかの感染症の可能性があります。いつまでも治まらない場合、医師の診察を受けてください。

3.腹痛

下痢と同時に軽い腹痛が有っても、直接流産の原因にはならず心配する必要はありません。ですが、吐き気や嘔吐の場合と同じく激しい痛みが続くときはなんらかの病気の可能性があるので早めに医師の診察を受けてください。

4.腰痛

腰痛も妊娠超初期症のひとつ。下痢に伴い腰痛が現れる場合もあります。激しい腰痛と腹痛、それに伴い出血まで見られる場合は流産の兆候・可能性があるので早めに医師の診察を受けてください。

5.水っぽい下痢の場合は?

1日に何回も水っぽい下痢が見られる・いつまでも続く場合、それが刺激となり子宮収縮を招く恐れや食中毒やウイルス性の病気である可能性も。また、何日も続くことで脱水症状をの原因にもなるので、早めに医師の診察を受けてください。

6.いつから、いつまで続く?

個人差があるので明確にいつからいつまで続く、とはっきりしたことは言えませんが、妊娠超初期症状としての下痢が起こる時期はあれど妊娠中期頃には落ち着くケースが多いです。

妊娠超初期と生理前の下痢を見極め方

生理前の下痢との違い

生理前に起こる下痢・妊娠超初期症状として起こる下痢、いずれもホルモンバランスの乱れが原因なので、はっきり見分けることは困難です。そのため、妊娠超初期症状の下痢のときと同様、下痢妊娠の兆候がある?ない?で判断します。

関連記事:妊娠超初期症状はいつから?生理前症状(月経前症候群)との違いは?

妊娠超初期の症状としては以下が挙げることができます。

  • 着床出血
  • 高温期の持続
  • つわり(吐き気、むかつき)
  • 腹痛
  • 腰痛

中でも「高温期が続いている」は非常に重要な違いを示すサイン。高温期の継続は妊娠の兆候としてわかりやすいので、基礎体温を毎日つけておきましょう。特に妊活中である場合は毎日の基礎体温の記録は必須です。毎朝決まった時間に横になったままの状態で測りましょう。

妊娠超初期症状の下痢への対処法

妊娠初期症状に下痢が5日以上続くということはありますか?

Yahoo!知恵袋|妊娠初期症状に下痢が5日以上続くということ 

このような悩みは多くありますが、妊娠超初期症状として起こる下痢は一時的なもので自然と治まるケースが多いです。体を温める・体を冷やす飲み物や食べ物を避ける・お腹に負担のかからない食事を摂る、などで対策しましょう。

妊娠の可能性を考えると、この時期は安易に市販の下痢止めを飲むことは避けるべき。そこで産婦人科に相談するとお腹の中の赤ちゃんに影響のない薬を処方してくれます。あまり心配してしまうと精神的ストレスにも繋がりますます悪影響になることもあります。下痢が長引いて辛い・不快と感じる場合処方してもらいましょう。

まとめ

妊娠超初期症状の下痢は自然と治まることが多いですが、なんらかの病気の可能性(感染症や食中毒など)もあるので、あきらかに異常な症状が見られる場合、早めに受診し医師の診察を受けてください。

なお、妊娠超初期の下痢自体は珍しいことではありませんがストレスや負担であることには違いありません。できるだけ症状が楽になるよう自分の体をいたわってくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Konno

Konno

ライター/天然石アクセサリーアーティスト/飲食スタッフ/飲食スタッフ(パート)/2児の母親



普段は男女の双子を育てる子育て経験豊富なママライター。
ライターの他にも、天然石アクセサリーアーティスト・飲食スタッフ、としての顔も持つ。
これまでの育児経験をもとに鋭意執筆中。

【site】http://blog.goo.ne.jp/rukanata

【Facebook】https://www.facebook.com/profile.php?id=100004266756347