1. TOP
  2. 妊娠
  3. 妊娠超初期の基礎体温はガタガタに変化するもの?目安や特徴はある?

妊娠超初期の基礎体温はガタガタに変化するもの?目安や特徴はある?

 2017/05/31 妊娠 妊活
 

妊活中の女性にとって【基礎体温の記録とチェック】はとても大切なことです。妊娠超初期症状には様々なサインが挙げられますが、判断が難しいものが多いですから日々の基礎体温を把握しておくことは欠かせません。また、基礎体温が安定しているかどうか?は不妊への影響してくるので、妊活中のか方にとっては尚更のこと大切に。ですが、基礎体温を測ったことがない、基礎体温をつけているけど、実はよく分かっていない・・・そんな人も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では

・基礎体温の特徴や、気にすべきポイント

・安定しない基礎体温を安定させるためには?

について詳しくお伝えします。

おさらい『基礎体温』とは?

「基礎体温」とは、体が一番安静な状態(寝起き直後)にあるときの体温のことを指します。女性の基礎体温は生理周期によって体温が低い「低体温期」と、低体温期から0.3~0.5度高い「高温期」とに分かれる特徴があります。「生理不順」で生理周期が乱れている場合や、排卵していない「無排卵」の場合はこの「低温期」と「高温期」の差があまりなく、体温の変化が見られない場合もあります。

高温期と低温期の違いは?

ホルモンバランスがきちんと整っていれば、生理周期によって「低体温期」と「高温期」にきれいに分かれるようになっています。

高温期

別名「黄体期」とも呼ばれ、排卵日から次の生理までの期間に見られ、排卵して黄体ホルモン(プロゲステロン)が増える時期に体温が上昇します。この「高温期」に入ると体調不良を感じる人が多くなります。例えば頭痛や倦怠感、眠気、足腰や下腹部の痛みなどなど・・・多くの場合は特に問題のない場合がほとんどですが、中には何らかの病気である可能性もありますので、様子をみるようにしてください。異常を感じたら早めに受診してみると安心ですね。

低温期

生理開始から次の排卵日までのことで、黄体ホルモン(エストロゲン)の量が増加しているために体温が低い状態が続きます。また、低温期の終わり頃に急に体温が下がる日があり、この日が「排卵日」にあたります。

妊娠したときの基礎体温の変化や特徴は?

妊娠した場合、基礎体温に見られる主な変化としては、

  • 高温期が14日以上続く
  • 普段の基礎体温より0.5度~1度高くなる

などが挙げられます。

高温期は通常14日間ですが、2それ以上続くと「もしかして妊娠しているのかも・・・?」と、妊娠の可能性について考え始める人は少なくありません。もしも高温期が28日以上続いた場合、ほぼ妊娠は間違いないと考えても良いでしょう。時期を見て「妊娠検査薬」を使用し、検査してみることをおすすめします。なお、あまり早い段階で検査しても結果が正しく出ない場合がありますので、最低でも21日間高温期が継続してから使用するようにしてください。検査の結果、「陽性」の反応が見られたらほぼ確実に妊娠していますので、早めに産婦人科を受診し、きちんと診察してもらうようにしてください。妊娠していない場合は、高温期と低温期の2つのサイクルをずっと繰り返していくことになります。

【例】妊娠初期の体温は何度が目安?

体温には個人差がありますが、36.7度以上くらいが目安だといえるでしょう。もともとの体温が高い人・低い人がいますので、それによっても違ってきます。

妊娠超初期の基礎体温グラフは上がる?下がる?

妊娠超初期の基礎体温のグラフは高温期が持続した状態で推移していくことがほとんどです。低温期と高温期の差はわすかなものですから、専用の基礎体温系を使用して毎日記録することがとても大切です。

インプランテーションディップ

妊娠すると高温期の途中で突然体温が下がる日があり、これを「インプランテーションディップ」といいます。しかし、医学的には証明されていない現象ですし個人差がありますから、必ずしもインプランテーションディップが起こるとは限りません。インプランテーションディップがなくても妊娠しているケースがほとんどですので、知識として頭においれておく程度に留めておいても良いでしょう。

基礎体温が下がったときに知っておきたい4つのポイント

通常は高温期が続いていく妊娠初期であっても、基礎体温が下がることもあります。理由としては、以下のような原因が考えられます。

1.胎盤が完成

妊娠すると黄体ホルモンである「プロゲステロン」が増加します。しかし、「胎盤」が完成することでこの「プロゲステロン」が胎盤から分泌されるようになりますから、体に及ぼす作用は少なくなります。このことにより、それまで高温期が続いていた基礎体温が低下するのです。

2.流産の可能性

妊娠12週より前に基礎体温が低下してしまった場合、流産の可能性があります。自覚症状がない場合もありますし、基礎体温の低下に伴い、出血や腹痛などが見られることもあります。そうした症状が現れたら、早めに産婦人科を受診し医師の診察を受けるようにしてください。

3.基礎体温の測り方の問題|正しい測り方4ステップ

基礎体温を測る際は、専用の基礎体温計を使い、舌の裏に入れて測定するのが基本です。ちょっと体を動かしたり、口を開いていた時間が長がったりしただけでも基礎体温は変化してしまいますので注意が必要です。正しい方法で測定するようにしてください。

1.専用の体温計で測る

低温期と高温期との差は1度程度しかありませんので、0.01度刻みで計測することが出来る専用の基礎体温計を使って測定するようにしてください。記録する際も体温のわずかな差をしっかり記載することが出来るので、目安にしやすいでしょう。

2.朝、起きたら測る

基礎体温を測る場合、朝、目覚めたときの体が一番安静な状態で図ることが最も正確で望ましいでしょう。枕元に基礎体温計を準備しておき、目が覚めたら体を起こす前に横になったままの状態で測定するようにしてください。

3.舌の裏(舌小帯)で図る

基礎体温は口の中で測定しますが、舌の上で測ると0.04~0.10度の差が出てしまいますので、舌の裏の奥にある筋のすじ(舌小帯)の左右どちらかで測定するようにしてください。

4.しっかりと確認・記入

正しい測定結果を得るために、測る時間帯や場所を統一し、毎日欠かさず記録に残すようにしてください。体温がもともと低い人、高い人など、それぞれ個人差がありますが、毎日グラフにして記録することで自分の基礎体温の特徴が分かるようになりますよ。

4.体温低下をできるだけ防ごう

女性の体はとても繊細なものですから、日々のストレスや体調不良、冷えなどによって体温が低下してしまうことが多々あります。低体温状態はお腹の中の赤ちゃんにも良くありませんので、出来るだけ体を冷やさないようにすることが大切です。体を冷やすような食べ物や冷たい飲み物を控え、出来るだけ体を冷やさないような洋服を選んで着るようにしてください。こうしたことを意識し、少し工夫するだけでも違いますよ。

基礎体温が上がったときに知っておきたい5つのポイント

高温期が継続されている場合、以下のことを頭に入れておくと良いでしょう。

1.高温期が続く理由

妊娠すると、体温を上げる働きをする黄体ホルモン「プロゲステロン」が分泌され続けることで高温期が続いていきます。この「プロゲステロン」には、同時に腸の働きを抑制する働きもしていますので、便秘や下痢を引き起こしてしまうことも少なくありません。

2.2段階で上昇することがある

妊娠超初期の頃、基礎体温が2段階で上昇するケースがよく見られます。原因としては、体温を上昇させる働きをする黄体ホルモン「プロゲステロン」が着床時期から更に多く分泌されるためだとされています。ですが、これは人それぞれであり、必ずしも2段階で体温が上昇するとは限りません。2段階で体温が上がらなくても異常なことではありませんので、安心してくださいね。

3.高温期が14日以上続くと早期妊娠検査薬は使える?

一般的な妊娠検査薬は、「生理開始予定日の1週間後」に測定が可能なものがほとんどです。生理開始予定日の1週間後とは、つまり「高温期が3週間以上続いた頃」ということになりますので、14日以上高温期が続いたからといってすぐには結果が出ない場合が多いでしょう。ですが、生理開始予定日当日に測定可能な「早期妊娠検査薬」を使えば、それよりも早い段階で測定することが可能になってきます。どうしても早く結果が知りたい!という人は、こちらの「早期妊娠検査薬」を試してみることをおすすめします。

4.高温期が続いても流産の可能性はある?

通常、流産するとホルモンバランスが変化し、体温は低下します。ですが、母体内で胎児が亡くなってしまう「繋留流産」の場合、胎児が死亡したままの状態でお腹の中に存在しているため、高温期が続いていく場合があります。また、「子宮外妊娠」の場合にも同様に高温期が続くことがあります。

5.体温が上がらないケースもある

体温が上がらないケースとしては、以下のようなことが考えられます。

  • 排卵していない(無排卵)
  • 黄体ホルモンが機能していない
  • ストレスや体調不良である場合
  • しっかり測定が出来ていない可能性
  • ストレスや生活リズムなどによる影響
  • もともとの平熱が低い場合

必見!基礎体温を安定させるためには?

ガタガタに変化する基礎体温は不妊にも影響が。そのため、妊娠するための体づくりにおいては基礎体温を安定させることが重要になってきます。基礎体温を安定させるポイントは「葉酸」の摂取。葉酸には「造血作用」「ホルモンバランスや自律神経の調整」「基礎代謝を上げる働き」などがあります。造血作用やホルモンバランス・自律神経の調整により血流が良くなることで基礎体温を安定させ、基礎代謝を上げるげることで下がった基礎体温の向上や、仮に上がっても安定しない基礎体温の調整に役立ってくれます。そのため、基礎体温を安定させるためにも葉酸の摂取は非常に大切な役割を果たしてくれるのです。

また、基礎体温の安定だけでなく少しでも『妊娠しているかも?』と思い始めた時点で葉酸や葉酸サプリの摂取が必要になります。葉酸は胎児が健康に育つために必要な大切な栄養素。葉酸は胎児の神経管閉鎖障害発症のリスクに繋がります。ですが、葉酸は普段の食事からだと毎日必要量を摂取することが難しい傾向があり、専用の葉酸サプリを摂取することを厚生労働省からも推奨されています。

なお、葉酸は妊娠前から飲む方が良いともいわれてますが妊娠超初期症状に気がついてからでも遅くはありません。赤ちゃんが一番葉酸を必要とするのは妊娠6週目頃ですので妊娠の可能性に気がついたら早めに葉酸を摂取し始めましょう。そして、妊娠検査薬の正式な使用期間内で陽性反応が出たらできるだけ早めに産婦人科を受診しましょう。なお、葉酸摂取でオススメなら私たちikurich(いくリッチ)でも取材をさせていただいたベルタ葉酸サプリがおすすめ。妊娠時に必要な1日の葉酸量(400㎍)を手軽に摂取することができますよ。

【編集部オススメ】ベルタ葉酸サプリ

→ ベルタ葉酸サプリの詳細はこちら

 

妊娠するための体づくりとしてお腹の赤ちゃんのことを考え、まずは葉酸の摂取から始めてください。葉酸(ビタミンB9)は水溶性ビタミンB郡の一種で「赤ちゃんのためのビタミン」とも呼ばれています。体の細胞を作るときには欠かせないビタミンの一種であり、細胞の分裂と増殖、組織と臓器の形成、巨赤芽球性貧血(きょせきがきゅうせいひんけつ)、胎盤早期剥離や流産の防止などの働きがあるため、お腹の赤ちゃんがその後順調に成長していく助けとなりますよ。

参考出典:厚生労働省「神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について」
参考出典:厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要」
参考出典:葉酸普及研究会

まとめ

基礎体温を毎日きちんと測定し、グラフとして記録しておくことは妊娠の可能性を早期に知るためには欠かせない重要なポイントです。特に妊娠を望んでいる妊活中の方にはぜひ毎日基礎体温を測定することをおすすめします。基礎体温をつけることで、それまであまり意識していなかった「生理不順」や「無排卵」にも気が付くことが出来ますし、自分の体に目を向けるきっかけにもなりますよ。(参考記事:妊娠の可能性がある5種の症状と妊娠発覚後に心掛けたい17のコト

また、妊娠超初期症状としては「高温期の持続」のほかにも「着床出血」や「気分のむかつき」、「腰痛」「腹痛」などが挙げられます。こうしたサインについても頭に入れておくことで、妊娠に気付くきっかけになるでしょう。詳しくは「妊娠超初期症状はいつから?生理前症状(月経前症候群)との違いは?」の記事でもお伝えしますので、あわせてご参考になさってください。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

IKURICH編集部

IKURICH編集部

IKURICH編集部です。育児ママの毎日がちょっとでも豊かになるような情報を発信していきます。よろしくお願いいたします。