1. TOP
  2. 【妊娠9週目】つわり・便秘・流産は?胎児の大きさは?過ごし方は?

【妊娠9週目】つわり・便秘・流産は?胎児の大きさは?過ごし方は?

 2017/03/25 妊娠
 

妊娠8週目からのつわりのピークが続き、身体的にも精神的にも1番辛い時期が妊娠9週目。ですが、一方で安定期も近付き、お腹の中の赤ちゃんもどんどん成長を続けていますから、あとひと分張りです!

この時期を乗り越えれば流産のリスクもぐっと下がりますし、一息付けるようになるまでもう少し。前向きに頑張っていきましょう。

そこで今回は、妊娠9週目の妊婦さんに心がけてほしいこの時期の過ごし方やお腹の中にいる胎児の様子についてお伝えしていきます。

好きなところから読めます

『妊娠9週の壁』?妊娠9週目はどんな時期?

お腹の大きさなど、ママの外見上は妊娠前と比べても大きな変化はありませんが、下腹部を触ってみるとややふっくらとしてきていることが分かると思います。この時期に入ると締め付けのきつい下着や衣類は避け、出来るだけ楽に過ごせるようにしてください。

また、つわり以外のトラブル(便秘、肌荒れなど)も現れてくるのが9週目だといわれていますから、様子を見ながら無理のない生活を送りましょう。

この頃になると、多くの人が胎児の心拍を確認出来るようになります。心拍が確認出来ると流産の確率もぐっと低くなりますから、ひとつの目安となりますね。

ちなみに、流産の約7割が妊娠9週目までに起こることから、「妊娠9週の壁」ともいわれています。

妊娠9週目、お腹の赤ちゃんの様子は?

この頃のお腹の赤ちゃんの様子として、頭が大きい2頭身の姿をしており、だいぶ人間らしくなってきます。また、手足の指や爪など、体の細かい部分が作られ始め、目、鼻、口などのパーツもほとんど出来てきます。

胎児の大きさや体重は?

妊娠9週目の胎児は約20~30mm、体重約3g。さくらんぼくらいの大きさだとイメージしてみてください。

エコーで確認できる?【参考動画】

出典:胎児9週3日【9w3d (CRL=26.7mm)】

この頃になるとエコーでも胎児の様子を確認出来るようになります。最近では3Dエコー、4Dエコーを取り入れている病院も少なくはなく、より立体的でリアルな胎児の様子を確認出来るようになりました。

ダウン症もエコーでわかる?

エコー検査で分かるダウン症の特徴としては、

  • 首の後ろのむくみが大きい
  • 鼻骨に異常が見られる
  • 心臓の形や動きに異常が見られる
  • 指に異常が見られる

などがあります。

近年導入されている3D、4Dエコーにより、こうしたダウン症の特徴を早期に発見しやすくなりました。とはいえ、9週目ではまだまだ赤ちゃんも発育の途中段階にありますから、実際にはチェックしにくいのが現状だといえるでしょう。

手・足・心臓・顔などが作られる

顔のそれぞれのパーツ、手、足など、細かい部分が出来てきます。また、心臓の重要な部分はほぼ完成し、超音波診断(エコー検査)でも赤ちゃんの心拍をはっきり確認出来るようになるでしょう。ちなみに、この時期の心拍が最も速いといわれています。

生殖器が作られる

妊娠9週目になると、赤ちゃんの生殖器も発達してきますが、この時点ではまだ性別までは判断出来ないことがほとんどです。

心音心拍確認できる?

妊娠8週の時点で確認出来なかった人も、9週目になるとほとんどの人が赤ちゃんの心拍を確認出来るようになります。また、この週は脳や肺などといった重要な器官が次々と形成されていきます。

性別はまだ不明

妊娠11週目くらいになると赤ちゃんの性差がはっきりしてきますが、外性器が形成され、それを確認出来るまではもう少し時間がかかります。それまでは焦らず楽しみにしておきましょう。

妊娠9週目の妊婦さんは「つわり」がピークになる時期。

妊娠9週目は特につわりがピークに達する時期になります。食べ物を受け付けない、匂いだけでもむかむかする、中には食べ物の写真を見ただけで吐き気を催してしまうなんて人も。

辛い時期ですから、無理なく過ごすことを優先するようにしてください。

つわりを軽減させる方法はある?

多くの人が悩まされるつわりですが、「葉酸」や「ビタミンB6 」にはつわりの軽減を手伝ってくれる働きがあります。

関連記事:いつまで必要?妊娠したら葉酸の摂取がお腹の赤ちゃんに優しい理由

 

これらを含んだ食材(バナナ、あさり、豚肉、ブロッコリーなど)を食べやすく工夫して摂取してみたり、サプリメントを試してみるのも良いでしょう。

また、カフェインレスのハーブティーを飲むのもおすすめです。

いずれにせよ、つわりが酷いようなときは無理をしないことが大切。何をするにも、家族や身近な友人に協力してもらいながら乗り越えていきましょう。

ツラいときは食べたいものを食べよう

何も食べられない状態が続くことで考えられるのが「脱水症状に陥ってしまう可能性がある」ということです。

この時期は、バランスの取れた食事や栄養面のことはひとまず考えることはありませんから、自分がなんとか食べられるようなものを、食べられるタイミングで食べるようにしてください。

他にも、冷たく冷やした果物やアイスクリームなどは比較的食べやすいことがあるので、お悩みの際はぜひ試してみてください。

関連記事:安産祈願!妊娠初期の妊婦さんにおすすめの食べ物12選

 

フルーツやレモン水なども選択肢に

果物の多くが妊婦に必要な栄養素である「葉酸」や「ビタミン類」を豊富に含んでいますし、低カロリーですからおすすめ。

また、水さえも飲めないような人は「レモン水」を試してみてください。水にレモンの汁を数滴たらしたものならなんとか飲むことが出来た、という人もいます。さわやかなレモンの香りも気分をすっきりさせてくれることでしょう。

常温でも温めても、どちらでもおいしく飲むことが出来ますよ。

妊娠9週目の妊婦さんの状態や起こりうる症状は?

妊娠9週目はつわりのピークが続きとても辛い時期になりますが、加えてつわり以外にも様々な不快症状が現れてきます。

お腹の大きさ・お腹の膨らみ

外見上は妊娠前とさほど変わりませんが、触ってみると下腹部のあたりがなんとなくふっくらしてきたことが分かります。普段着ている下着や衣類がキツいと感じたら、マタニティパンツなどを購入してみましょう。

関連記事:マタニティインナー(下着)の選び方・おすすめ通販店舗を総まとめ

 

無理に妊娠前のキツい服を着ていることで血行が悪くなり、体調不良を引き起こしたりつわりの悪化を招くこともありますから、体を締め付けない下着、衣服を着用するようにしてください。

関連記事:【選び方から解説】マタニティルームウェアのおすすめ20選。

関連記事:妊婦さん用パジャマの選び方は?おすすめのマタニティパジャマ15選

 

乳輪の変化

妊娠9週目あたりから、乳輪に「モントゴメリー腺」と呼ばれる10~30個の小さなブツブツが現れることがあります。これは乳輪を保護するために皮脂を分泌する組織が発達して出現したもので、乳首を柔らかく保つ働きをしてくれます。

この「モントゴメリー腺」の出現と同時に、ホルモンバランスの変化による乳頭、乳輪の色素沈着が見られ始め、それに伴み痛みや痒みを感じるようになる人も少なくありません。もし、あまりにも症状が酷いような場合は医師に相談してみてください。

胸の張り

ホルモンの影響により、胸が張るようになるでしょう。マタニティブラ、スポーツブラを着用するなど、なるべく胸を締め付けることのないようにして楽に過ごしてください。

便秘・頻尿・下痢

子宮が大きくなってくると、その周囲の膀胱や大腸などを圧迫するようになるので、どうしても便秘や頻尿などのトラブルが起こりやすくなります。これは妊娠後期まで続くと考えてください。なお、トイレが近くなってしまいますが我慢は禁物ですよ。

下痢

大きくなった子宮の圧迫は下痢を引き起こすこともあります。また、つわりにより栄養が偏ってしまうことも原因のひとつだといえます。

下痢の症状が治まらず、いつまでも長引くような場合は医師に相談し、適切に対処していくようにしてください。

乾燥肌やかゆみ

ホルモンバランスが崩れることによって皮膚が敏感になり、体に痒みが出現しやすくなります。特にお腹周りが痒くなりやすい傾向にあるようです。対策として、クリームなどを使用して「保湿」をしっかり行うようにしてみてください。

なお、この保湿クリームには妊娠線を予防する効果も期待出来ます。妊娠後期になると更にお腹周りの皮膚が伸びて痒みが増してしまいますので、こまめに保湿クリームを塗るようにしてみてください。

【参考】保湿・妊娠性予防クリーム『ベルタマザークリーム』

 

つわり

上述したように、妊娠9週目は多くの妊婦さんにとってつわりのピークが続いている時期。匂いを嗅いだだけで吐いてしまったり、慢性的な吐き気に悩まされる人が少なくありません。

とても辛い時期ですが、ここを乗り越えればだいぶ楽になります。スポーツドリンクを常備しておいたり、「これならなんとか食べれれる」というものがあれば、それがなんであれ、気にしないで食べるようにしましょう。

また、家事や仕事での負担は出来るだけ減らすようにし、無理なく過ごすことを優先してください。

関連記事:妊娠中はいつまで仕事を続ける?辞めるべき?心掛けたい30のコト

 

おりものの量が増える

この時期はおりものが増える傾向にあります。そのため、おりものシートなどを使用して出来るだけ清潔を保つように心がけてください。

痒みを感じたり、白いカッテージチーズのようなボロボロとしたおりものが見られた場合は「カンジダ膣炎」の可能性もありますから、早めに診察を受けるようにしましょう。

においに敏感になる?

妊娠9週目は、様々な匂いが気になってしまう時期でもあります。匂いが強いものや、自分が「これはダメだ」と感じるような匂いのものを避けるなどの工夫をして、出来るだけリラックスして過ごせるようにしましょう。

なお、自分以外の人からすると「どうして?」と思われてしまうこともあるので、できるだけ、周囲の人にも伝えて理解してもらうことも大切です。

腰痛

妊娠中に分泌される「リラキシン」というホルモンの影響により、腰痛が起きやすいともいわれています。

長時間立ちっぱなしで作業をしたり、重いものはなるべく持たないようにするなど、意識的に腰痛を緩和する工夫が必要です。腰痛が酷い場合は無理せず横になって体を休めるように心がけましょう。

関連記事:立つのが大変、腰が痛い。そんな妊婦さんにおすすめの座椅子8選。

 

妊娠予定日が変更されることもある?

これまでに伝えられていた出産予定日は、最終月経日などから推測される予定日でしたが、妊娠9週目を過ぎると胎児の大きさがはっきりしてくるので、赤ちゃんの頭からお尻の先までの長さを表す「頭腎長(CRL)」を測定して判断するようになります。そのため、初期に伝えられていた妊娠予定日が変更されることも多々あります。

おおよその出産予定日を把握しておくことで、必要な物を揃えたり、心の準備をしておくことが出来ます。

出血に注意

この時期、出血してしまうことはそれほど珍しいことではありません。ですが、痛みを伴う大量の出血や、いつまでも止まらない出血は流産の可能性もありますから、出来るだけ早めに受診し、診察を受けるようにしてください。

流産のリスクが下がるタイミング?

一般的に、妊娠12週までは流産が起こりやすい時期だとされ、そのうちの多くが妊娠9週目までに起こることから、「妊娠9週目の壁」ともいわれています。

この9週目を過ぎれば流産する確率は一気に低下しますから、この時期をひとつの目安として慎重に行動するように心がけましょう。

静脈瘤に注意

「プロゲステロン」というホルモンの影響で、妊娠中は血行が悪くなりますから、どうしてもむくみやすくなってしまいます。

このホルモンは筋肉の働きを抑制し、子宮が伸びやすいように働きかけてくれるのですが、同時に血管が収縮して血液を送り出す働きを抑えてしまうという欠点もあり、足のあちこちに静脈血液が溜まってコブのようになってしまう「静脈瘤」をっ引き起こす危険があります。

定期的にマッサージをするなどして、血行不良を防ぐよう意識しておくことも大切です。

尿路感染症

子宮が大きくなることで膀胱が圧迫され、多くの妊婦さんが頻尿になりやすい傾向にあります。中にはトイレが近くなることで我慢してしまう人もいますが、トイレを我慢することで「尿路感染症」を引き起こしてしまう危険がありますので注意が必要です。

女性は年齢を問わずにこの尿路感染症にかかりやすいとされ、特に妊娠中は免疫力の低下やホルモンの影響でさらに感染率が高くなってしまいます。

もしも発症してしまっても、妊婦専用の抗生物質で治療することが出来ますが、やあり早めの対処が大切。普段からトイレを我慢しないことも重要なポイントです。

カンジダに注意

免疫力の低下、ホルモンバランスの乱れが引き起こす病気のひとつに「カンジダ膣炎」があります。

「カンジダ菌」は性器周辺に常在している菌なのですが、体が弱ったりすることで膣内に侵入し、炎症を引きこしてしまうことがあるのです。

白いボロボロとしたカッテージチーズのようなおりものが見られたり、痒みがあるような場合は注意がカンジダ膣炎の可能性がありますから、早めに受診して診察を受けてください。

また、以前カンジダ膣炎になったことがある人は再発する可能性が高いですから、普段から清潔を保つなどして注意しておきましょう。

 

このように、つわり以外でも起こりうる各症状についても出来るだけ軽減出来るように生活習慣を工夫し、少しでも快適に過ごせるようにしていきましょう。なお、体質にもよりますが、中には“まだ自覚症状が無い”という方もいます。

妊娠に気づかないことも

中には、この時期になっても自身が妊娠していることに気付いていない人もいます。特につわりなどの自覚症状がほとんどない人だと気付きにくいというケースもあるでしょう。

妊娠していることに気付かないでいると、日常生活で気を付けるべきポイントにも注意を向けることが出来ず、流産のリスクが高まることにもなりかねません。生理がこない、妊娠の可能性がある・・・そんなときは、まず妊娠検査薬で検査してみることをおすすめします。

関連記事:フライング検査で確認を!そんなときにおすすめの妊娠検査薬17選

 

妊娠9週目で心がけたい18の過ごし方

1.定期健診に行こう

医師から指定されている定期健診は、忘れずに必ず行くようにしてください。

中には、赤ちゃんの心拍が確認出来たことで安心してしまい、検診に行かなくなる人もいますが、まだまだ何が起こるか分からない時期ですから、気を抜いてはいけません。気付かないうちに切迫流産になってしまっていることもありますから、しっかり検診を受けるようにしましょう。

2.血液検査や子宮頸がん検診をしよう

妊娠9週目頃から、初期の血液検査が行われます。

これには、風疹、エイズ(HIV)、C型肝炎の抗体、B型肝炎の抗体、梅毒結成反応、子宮頸がん検査も含まれます。しっかり検査し、安心して妊婦生活を送れるようにしていきましょう。

3.出生前診断をしよう

お腹の中の赤ちゃんに先天性の病気などがないかどうかを調べる検査のことを「出生前診断」といいます。

この検査は、妊娠9週目から妊娠11週目頃に受けることが出来ます。この検査を受けることで、赤ちゃんに先天性の病気や障害がある可能性を知ることが出来るでしょう。

もしも赤ちゃんに先天性の病気の可能性が見られた場合、どうしていけばいいのか・・・そうした心の準備をすることも出来ますし、夫婦で話し合って決めていく必要があります。
軽い気持ちでこの検査を受けるのではなく、パートナーとよく相談して検査するかどうかを検討してみてください。

4.職場に報告を

妊娠9週目に入り、赤ちゃんの心拍も無事確認出来れば流産の確率が一気に下がりますから、この時期をひとつの目安として職場への報告を行いましょう。

妊娠中は何が起こるか分かりませんし、体調不良による欠勤や産前産後の休暇の際には人員の補充や配置換えなどが必要になってくる場合もありますから、自身の妊娠をきちんと伝えて理解してもらうことが大切です。

また、仕事中に無理することのないよう、周りの人の協力を得ることも重要なポイント。思うように仕事が出来ないことで肩身の狭い思いをしたり、申し訳なく思う必要はありません。

何よりも自分自身のこと、お腹の中の赤ちゃんのことを優先するようにしてください。

5.仕事で無理は禁物!つらいときはこまめに休憩を。

働く妊婦さんには、「母子健康管理指導事項連絡カード」を医師に作成してもらい、職場でも協力してもらうようにしましょう。

職場の仲間に理解してもらうことはとても大切なことですから、無理なことは無理だとしっかり伝え、適度に休憩しながら仕事を進めていくように心がけてください。

6.できるだけ満員電車を避けよう

特に通勤ラッシュの満員電車などはお腹を押されてしまったり、様々な危険が考えられます。電車内では出来るだけ妊婦専用シートを使用したりしながら、しっかり安全を確保することを頭に入れておきましょう。

可能であればラッシュ時を避けた時差出勤なども検討してもらえると助かりますね。

7.宅配サービスやお弁当を活用

つわりが酷かったり、思うように日常生活を送れないような場合、家事は大きな負担となってしまうもの。そんなときは、宅配サービスを上手に活用していくこともおすすめ。地域によって宅配サービスの内容も様々ですから、じっくり調べてみましょう。

また、こんな辛い時期はお弁当やレトルト食品に頼ることもひとつの方法です。

パートナーや家族にも協力してもらいながら、出来るだけ家事の負担を減らすようにしてみてください。

8.上の子にかまってあげられないときは?

第2子を妊娠した場合、上の子と一緒に遊んであげられない、かまってあげる余裕がないと自分を責めてしまう人も少なくありません。

上の子が理解できるような年齢であれば、「お腹の中に赤ちゃんがいるんだよ」と優しく教えてあげてみてください。小さいながらもそのことを理解してくれる子も多いようです。
また、外遊びは控えて室内でゆっくり過ごす時間を増やしたり、パートナーや家族にも協力してもらうようにしてださい。

9.禁酒・禁煙

妊娠中は出来るだけお酒、タバコは控えるようにしてください。

飲酒することでお腹の中の赤ちゃんに「胎児性アルコール症候群」、「発育障害」、「成長の阻害」、「流産、早産」などのリスクが高まります。

また、喫煙は「低体重児」、「流産、早産」のリスクを高めることに繋がり、その可能性は非喫煙者の1.5倍~2.5倍にもなるといわれています。

パートナーが喫煙者の場合は、これを機に禁煙してもらうのもいいと思います。お腹の赤ちゃんのことを考え、禁煙、禁酒に努めていきましょう。

10.カフェインや薬の摂取に注意

カフェインは胎児の中枢神経を興奮させたり、血管を収縮させ、胎盤への血流を減少させてしまいます。

ママがカフェインを摂ることで、同じ濃度のカフェインが赤ちゃんにも届いてしまいます。お腹の中の赤ちゃんは、送られてきたカフェインを分解して排出することが出来ず、そのまま体内に蓄積されてしまいます。

こうして体内に残留したカフェインは、生まれてきた赤ちゃんの「夜泣き」を引き起こす原因になるともいわれていますから注意しなければならないのです。

妊娠中のママはこうしたことをしっかり理解し、出来るだけカフェインを控える必要があります。

また、安易に市販薬を使用することも控えましょう。

鎮痛剤や風邪薬、外用薬など、市販薬はお腹の中の赤ちゃんに様々な影響を及ぼすことが考えられますから、自己判断は危険です。医師や薬剤師に相談し、指示を仰ぐようにしてください。

11.葉酸の摂取を

妊娠前、妊娠初期に積極的に摂取すべきな栄養素として「葉酸」が挙げられます。

この葉酸が不足することで、胎児の「無脳症」や「二分脊椎」など、先天性異常のリスクが高まるといわれているのです。

とはいえ、普段の食事から十分な量の葉酸を補うことはなかなか難しいことが多いですから、サプリメントを上手に活用して葉酸を補うことをおすすめします。

関連記事:妊娠中におすすめ!お腹の赤ちゃんに安心・安全の葉酸サプリ

 

また、葉酸入りのハーブティーなどもありますから、自分に合ったアイテムを探してみてください。

12.咳や鼻水は大丈夫か?

咳をしたり鼻水をかむことでお腹にかかる多少の腹圧は、赤ちゃんに特に影響を及ぼすことはありませんから心配する必要はありません。

ですが、風邪をひいてしまった場合は長引かせず、出来るだけ早いうちに治したほうがいいですから、医師に相談して対処するようにしてください。

自己判断で安易に市販薬を服薬することは避けてくださいね。

13.持病に注意

妊婦さんに持病がある場合、それがどんな病気なのかにもよりますが、きめ細かく経過を観察し、必要な治療の継続と、規則正しい生活を送ることが大切です。

いずれにしても、医師としっかり連携し、お腹の中の赤ちゃんの成長過程と照らし合わせながら様子を見ていくことが必要でしょう。

14.妊娠9週目での性行為は避けるべき?

妊娠中は性行為禁止と思い込んでいる人も少なくありませんが、ルールを守りながらの性行為なら問題はないともいえます。

とはいえ、妊娠9週目はまだ母子共に安定した状態とはいえませんから、出来るだけ母体を優先して考えてあげましょう。

この時期に性行為を行うことで切迫流産を引き起こしてしまう可能性もありますから、注意が必要だということを理解しておいてください。

15.お腹への衝撃に注意

妊娠9週目の妊婦さんの体は、外見上は妊娠前とほぼ変わりありません。そのため、お腹が大きくなっていないと妊娠中だと気付いてもらえませんから、急に子供がぶつかってきたりしてお腹に衝撃が加えられる危険があります。

お腹への不必要な衝撃を避けるよう、細心の注意を払いながら行動するようにしてください。また、転倒にも十分気を付けてくださいね。

16.普段よりも睡眠時間を確保

ホルモンの影響により、この時期は普段よりも疲れやすかったり、1日中眠気が続くという人も少なくありません。

いつもより早めに就寝したり、昼寝の時間を作るなどして、十分な睡眠時間を確保するように心がけておきましょう。

17.お風呂に注意

長時間の入浴は血液量を増加させ、子宮収縮の原因となってしまいます。そうなると流産のリスクも高まってしまいますから、長風呂は避け、湯船に浸かる時間は10~15分程度を目安にすると良いでしょう。

適度に湯船につかることで得られるリラックス効果や血の巡りを良くするなどのメリットもありますから、入浴時間には気を配るようにしてくださいね。

18.旦那さんには繰り返し状況を説明してできるだけ理解してもらう

昔と比べ、今はだいぶ「出産・育児」に協力的なパパが多くなってきましたが、すべてのパパがそうだというわけではありません。ですが、1番身近な存在であるパートナーに理解してもらえないこと、関心を示してもらえないことほど辛いものはありませんよね?

そのため、しっかりとお互いの立場について話し合い、ママとしての自覚、パパとしての自覚を持つようにして行きましょう。仮に、すべてを協力してもらえなくても、「この部分だけでも協力してもらえると助かる」ということを伝えるだけでも違いますよ。

まとめ

妊娠9週目までくると、流産の確率も下がることから少しママの不安も軽減されるでしょう。とはいえ、まだまだ辛い時期・不安定な時期ですからどんな場面でも無理は禁物。

協力してもらえる場面では出来るだけ手を貸してもらい、自分自身とお腹の中の命を守ることに集中してください。

ここを乗り越えれば少しずつ楽になっていきます。赤ちゃんの成長を支えに踏ん張っていきましょう。

【参考】

この一週後は「妊娠10週目の症状は?つわりはピーク?お腹・胎児の大きさは?」で紹介しています。

この一週前は「妊娠8週目の症状を胎児と乗り越えよう!つわりは?出血や流産は?」で紹介しています。

 

\ SNSでシェアしよう! /

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

IKURICH編集部

IKURICH編集部

IKURICH編集部です。育児ママの毎日がちょっとでも豊かになるような情報を発信していきます。よろしくお願いいたします。