1. TOP
  2. 化学流産の原因は?冷えやタバコは影響する?繰り返さないためには?

化学流産の原因は?冷えやタバコは影響する?繰り返さないためには?

妊娠 妊活
 

妊娠超初期に起きやすいと言われている『化学流産』。妊娠検査薬で陽性反応が出るとすごく嬉しい気持ちになりますが、その後の検査で化学流産とわかると悲しい気持ちになってしまいますよね?非常にデリケートな時期に起こりうる現象なだけに人一倍気にしてしまうもの。そこで今回の記事では化学流産について詳しく知りたい女性に向けて、

  • 化学流産の原因や予防法

についてをご紹介いたします。

化学流産とは?

化学流産とは、市販の妊娠検査薬を使用して陽性反応が出たもののその後のエコー検査では妊娠を確認することができなかった状態のことをいいます。精子と卵子が受精して受精卵が子宮内に着床すると妊娠検査薬では陽性反応が出ますが、妊娠状態を継続することができないと赤ちゃんを包む胎嚢を確認できないため、結果として化学流産と判定されます。一般的に言われている流産は、エコー検査で胎嚢を確認できたあとに、妊娠22週目未満の検査では胎児の確認もしくは心拍が確認できなかったときに診断されます。

なぜ科学流産という名称?

なぜ化学流産という名称なのかというと、妊娠したという結果を化学的反応で示されたのにその後の生理による出血によって胎嚢が確認できない状態になるからです。最近では化学流産の件数が増加していますが、その背景には化学的反応によって妊娠したかどうかが確認できる市販の妊娠検査薬を利用される方が増えていることが一因として考えられています。なお、一般的に化学流産という言葉が使われていますが正しい医学用語では「生化学妊娠」と呼ばれています。

15%の確率で起こる

流産は大きく分けて人工流産と自然流産の2種類に分類されます。化学流産は自然流産に分類されますが、全体の15%の確率で起こると言われています。化学流産の原因は、受精卵の染色体異常によるものがほとんどですので、母体側では予防・対策をすることができないのが現状です。染色体異常によって起こる流産は全体の80%の割合とされており、妊娠初期であるほど染色体異常が原因で流産が起こる割合が高くなる傾向があります。なお、染色体異常について詳しくは「染色体異常による流産・ダウン症への影響は?何に心掛けるべきか?」でもお伝えしていますので、あわせてご参考になさってください。

 

厳密に言えば流産には含まれない症状

化学流産は妊娠検査薬が使われる以前の昔は誰もわからなかった症状です。今は昔と違って市販で妊娠検査薬を手軽に利用できるようになりましたので、化学流産が起きたと気づいてしまうケースが増えてきています。子宮内膜に受精卵が着床だけに留まるごく初期の妊娠は尿検査を行うことで確認できますが、産婦人科での検診で妊娠が確認できなければ化学流産と解釈できてしまいます。尿検査によってわかる化学流産が一般的になれば、妊娠検査薬と同じように不安要素の一つとなりえますので、厳密に言えば化学流産は流産には含まれない症状ということがわかります。

化学流産はどんな症状?生理との違いは?

化学流産は一般的な流産特有の腹痛やだるさなどの症状を患うことがないため、化学流産だと気づかないことが多いですが、通常の生理との違いを見て判断することができます。

1.生理が重い・遅れる

化学流産は一般的な流産とは違って自覚症状はほとんど出ませんが、個人差で生理が重い、生理が遅れるなどの症状で気づくことがあります。

2.腹痛や腰痛

妊娠するために厚くなった子宮内膜が剥がれるため、通常の生理よりも腹痛を強かったり、腰痛を感じることがあります。

3.塊の出血・出血量は多め

化学流産したときの生理予定日後の出血量は多めですが、今回だけ多かったと判断して気づかないことがあります。ですが、出血の状態を見ると違いがわかりやすくなります。通常の生理の出血はサラサラして流れてくるのに対して、化学流産が起きた場合の出血はドロッとして塊が排出されることがあります。出血量については、受精卵が体外へ排出されますので、通常の出血量よりも多くなることがあります。

4.痛みはある?

化学流産には痛みを感じるような症状ではありません。生理痛と症状が似ているため、いつもと変わらない生理だったと気づかないケースがほとんどです。ですが、1回だけ生理痛よりも痛みがひどかったり、今までになくうずくまるほどの苦しい生理痛を経験される方は少なくはないようです。化学流産による生理の痛みに関しては、着床しかかっていたり、一度着床したあとに流れてしまったときは、生理の痛みがひどくなる傾向があると考えられます。

5.基礎体温が下がる

妊娠した状態になると妊娠を維持するために女性ホルモンの一つ「黄体ホルモン」が分泌されて高温期が続きますが、化学流産が起こると高温期から低温期に変わるため、基礎体温が下がります。

化学流産の原因は?

化学流産の原因については、一般的な流産を含めて明らかにはなっていませんが、化学流産の主な原因は以下のようなことが考えられています。

染色体異常が主な原因

化学流産の主な原因は受精卵の染色体異常によるものと考えられており自然に起こるものです。受精卵の約45%が染色体異常を起こしていると考えられており、着床障害を起こしやすい性質を持っています。また、染色体異常を起こしている受精卵の半数近くは着床されずに月経で流れてしまうため、妊娠の維持が難しくなります。

ママの体の冷えやタバコが原因になる可能性は?

体の冷えやタバコが原因で化学流産になる可能性があります。体の冷えは受精卵が着床しても化学流産を起こしやすい体質に変えさせてしまいます。子宮内膜を形成している子宮と卵巣は、冷えに対して弱い器官と言われています。子宮内膜は受精卵が着床して継続することで出産へ結びつきますが、子宮と卵巣が冷えると子宮内膜の環境に深く関わる黄体機能が十分に働くことができなくなります。タバコの煙には、子宮内環境に悪影響を及ぼすと考えられている以下の有害物質が含まれています。

  • 一酸化炭素・・・血液を介して胎児への酸素供給を鈍らせてしまいます。
  • ニコチン・・・血管収縮作用によって胎盤の血液量を低下させ、胎児への酸素や栄養を十分に運ぶことができなくなります。
  • シアン化合物・・・タンパク合成の妨げとなるため胎児の成長に悪影響が及びます。

このように、タバコを吸うことで血行を悪くさせるなどの作用によって子宮内環境を悪化させて胎児の健やかな成長を妨げてしまいます。また、間接的にタバコの煙を吸ってしまう受動喫煙によっても同じような悪影響が及びますので周囲には注意をしなくてはいけません。

化学流産が起こる時期は?

化学流産が起こる時期は、妊娠4週後半~妊娠5週前半です。計画をされて妊娠を希望されている方の場合は、排卵日近くの夫婦生活後、7日頃から次の生理予定日の1週間後くらいまでの時期になります。ですから、妊娠5週前半以降及び計画をされて妊娠を希望される方は、次の生理予定日の1週間後くらいの時期に妊娠検査薬で陽性反応を示すと、妊娠している可能性が高いということになります。

科学流産を繰り返すことはある?

妊娠検査薬を生理予定日から1週間を過ぎる前の早いタイミングで使用してしまうと、化学流産を繰り返すという結果になってしまいます。ただし、化学流産を何回も繰り返す場合は、不妊症の原因の一つとされている着床障害の疑いが考えられます。着床障害は子宮筋腫や子宮内膜ポリープなどの病気によって起こる症状ですので、早急に検査が必要になります。また、着床障害以外にも化学流産を何回も繰り返す場合には以下のような母体側の原因が考えられます。

  • 黄体ホルモンの分泌量が不十分
  • 子宮奇形や子宮の病気
  • 免疫異常
  • 感染症
  • ストレス

化学流産を何回も繰り返すようでしたら上記の症状が疑われますので、一度産婦人科の医師に相談をしてみてください。

妊娠検査薬の使い方。時期・タイミングに注意

妊娠検査薬の正しく使用するために、前提として知っておかないといけないことがあります。それは、排卵日から14日後は生理予定日だということです。生理周期は個人差が出て28日や30日になりますが、排卵日から14日後に共通して誰でも生理がきますので明確にわかりやすくなります。着床の時期については、排卵日から1週間前後で受精卵が子宮内膜に着床します。受精卵が子宮内膜に着床しただけでは妊娠したとは言えませんが、このタイミングで妊娠検査薬を使用してしまうと、受精卵が着床すると分泌されるhcgホルモンに反応して陽性反応を示すことがあります。妊娠検査薬は、hcgホルモンの濃度を計測して妊娠したかどうかを判定する仕組みになっていますので、ちょうど着床したタイミングで使用するとフライング検査となってしまい、化学流産を何回も繰り返してしまうことにつながってしまいます。

着床してからすぐに分泌されるhcgホルモン量は少ないですが、排卵日から10日前後から濃度が上がってきて、排卵日から12日後には25mlU/mL、14日後には50mlU/mL以上まで上がります。ただし、hcgホルモンの濃度は50mlU/mL以上に上がるまでの日数は個人差があるため、絶対に排卵日から14日後というわけではありませんので注意してください。市販されている多くの妊娠検査薬は、50mlU/mL以上い反応するタイプですが、化学流産を起こさない妊娠の判定をするためには、排卵日から14日後ではなく、生理予定日から1週間後に使用するとより確かな判定結果を出すことができます。また、妊娠検査薬にはhcgホルモン濃度が25mlU/mLで反応する高感度タイプの早期妊娠検査薬がありますので、一日も早く妊娠の判定結果を知りたい場合は、こちらを使用するようにしましょう。順調にhcgホルモンが分泌されていれば、生理予定日から2日~3日前から使用することができますよ。

生理予定日の1週間後に使おう

妊娠したかな?と思ったときに手軽に試すことができる妊娠検査薬ですが、正確な判定結果を調べるためには生理予定日の1週間後に使うようにしましょう。生理予定日から1週間後に妊娠検査薬を試してみて陽性反応が出たらほぼ確実に妊娠していると判断できます。hcgホルモンは、前途でもお伝えしたように妊娠したとは判断できない着床したタイミングでも分泌されるため、妊娠検査薬が陽性反応を示すことがあります。着床が続くかどうかわからない状態で、その後エコー検査で妊娠が継続できていない気づくと、その結果として化学流産を受け止めないといけないのは心の大きな負担になります。心の負担を軽くするためにも、妊娠検査薬は生理予定日の1週間後に使うようにして出来る限り正確な妊娠の判定をしてください。

化学流産は予防するために!心掛けたいこと。

化学流産を予防するために心掛けたいポイントについてご説明していきます。

着床しやすい体質づくり

着床しやすい体質づくりは、妊娠を継続して化学流産のリスクを減らすとともに、赤ちゃんを育むための大切なポイントになります。受精はするけれど着床しにくかったり、続かないために妊娠が継続できないというケースは大変多いです。流産のほとんどが染色体異常によるもので、母体側が原因ではありませんが、着床しにくい体質は母体側に問題といえるかもしれません。ですが、改善は可能ですのでぜひ着床しにくい体質を目指していきましょう。着床しやすい体質づくりに大切なのは、着床しやすい状態を維持するために、心と身体を常に温かくしてあげることです。季節が変わるタイミングや職場の室温などの温度変化にもしっかり対応していくことが必要になります。

黄体機能の働きを整える

黄体機能の働きが整えられていると、子宮内膜に十分に厚みをもたせることができるため、着床を継続することができます。子宮内膜の厚みは数mmですが、着床を続けるためには厚くしたふわふわのベッドのような状態を維持させてあげないといけません。このような着床が維持しやすい子宮内膜を形成するためには、黄体機能の働きが整えられているかどうかが大切になります。

逆に黄体機能の働きが不十分になると、着床を継続しにくい子宮内環境となってしまうため、化学流産を起こすリスクを高めてしまいます。この場合は、黄体機能不全の疑いが考えられます。黄体機能不全の症状の特徴として高温期が短い、高温期の途中で体温が下がるなどありますので確認してみてください。黄体機能不全が疑われる場合は、産婦人科の先生に相談してみましょう。医師の確認のもとで治療を行われることもありますが、食生活を見直すことで改善されることもあります。

身体の『冷え』を防止する。

身体の冷えは、黄体機能不全の方や着床しにくい体質の方の多くが悩みとして抱えている傾向があります。黄体機能の働きに深く関わる卵子と子宮は冷えに弱い性質を持っているため、普段から冷えには十分に注意する必要があります。足や腰回りを温めると冷えに効果的です。

適度な運動で運動不足を解消。

普段の生活の中で運動不足が続くと、血行不良を起こして子宮や卵巣周りにある骨盤内の血液の循環が悪くなります。化学流産を予防するためには、血液のめぐりはとても大切な要素になります。職場で立ったまま作業や座る時間が長い仕事をされている方は血行を悪くさせやすくなります。特に下半身の動きは重要ですので、ウォーキングや散歩などの適度な運動を日常に取り入れて運動不足を解消していきましょう。

禁煙

タバコは老化をさせる作用があるため、着床を続けるための子宮内環境に悪い影響を及ぼします。老化は化学流産を含む流産のリスクを高めると考えられていますので、将来の赤ちゃんのためにもこの機会に禁煙しましょう。

自律神経が乱れていませんか?

自律神経が乱れた状態が続くと化学流産のリスクを高めてしまいます。生活リズムの乱れによって自律神経は乱れてしまいますので、規則正しい生活を心掛けることが大切になります。

ストレスを溜めない

ストレスは女性ホルモンの分泌を低下させて、生理不順や生殖機能の低下などの原因になります。着床を継続するための子宮内膜にも影響しますので、化学流産のリスクにつながってしまいます。ゆったりとリラックスできる環境に身をおいたり、ストレス解消法を見つけて、ストレスを溜め込まないようにしていきましょう。

葉酸など栄養バランスを整える

栄養バランスを整えることで、子宮や卵子の酸化を抑えて質の低下を防ぐことができますし、着床力に深く関わる黄体機能の働きを活発にさせることができます。1日3食をしっかりとって、できる範囲で野菜や果物も取り入れて栄養バランスを意識した食事を心がけていきましょう。

特に妊娠するための体づくりとして大切な成分が「葉酸」。葉酸は子宮内膜に良い影響を与えてくれるため、化学流産予防におすすめの栄養素です。また、葉酸は造血ビタミンと言われており、血液を作ってくれる栄養素ですので、化学流産を起こしやすくさせる血行不良の改善に非常に役立ちます。

さらに、葉酸は化学流産の予防だけでなく妊娠後も胎児の先天性異常のリスクを軽減してくれます。ただし、葉酸は調理による水や熱によって栄養価を失いやすい栄養素ですので、十分に摂取することが難しくなります。そのため、厚生労働省ではサプリメントでの葉酸の摂取(1日400μg)が推奨されています。

なお、手軽に400μgの葉酸量を摂取するなら、私たちikurich(いくリッチ)でも取材させていただきましたベルタ葉酸サプリがおすすめ。ベルタ葉酸サプリなら、葉酸を400μg配合しているだけでなく、『20mgの鉄分(ブロッコリーだと約1470g相当)』『232mgのカルシウム(牛乳だと約211ml相当)』『ビタミンB12を含む27種類のビタミン・ミネラル、21種類の野菜』などをバランスよく配合し、香料・着色料など無添加の栄養価にこだわったサプリメントですので、安全に且つ手軽に摂取することができます。まずは、毎日できることを積み重ねてみましょう。

まとめ、自分を責めないで。

今回は化学流産について詳しく知りたい女性に向けて、原因や予防法についてお伝えしました。妊娠検査薬の普及とともに化学流産でお悩みの女性は多くおられるようですが、化学流産になってしまったとしても自分を決して責めないでください。受精後に日頃の過ごし方を気をつけたことが化学流産につながるというわけではありません。

ただ、着床しやすい体質というのは妊娠しやすいことにつながりますので、もし改善すべきところがある場合には前向きに取り組んでいってもらえたらと思います。その結果として、心身ともに赤ちゃんを育みやすい身体に結びついていきますし、化学流産の起きにくい体質に改善されていきますよ。

 

\ SNSでシェアしよう! /

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

IKURICH[いくリッチ] | 育児ママの毎日をちょっと豊かにの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

IKURICH編集部

IKURICH編集部

IKURICH編集部です。育児ママの毎日がちょっとでも豊かになるような情報を発信していきます。よろしくお願いいたします。